晩 御飯 献立。 炊き込みご飯に合うおかずの簡単レシピ31選|献立と副菜の付け合わせも

炊き込みご飯に合うおかずの簡単レシピ31選|献立と副菜の付け合わせも

晩 御飯 献立

たけのこご飯に合う肉・魚のおかずは? たけのこご飯は和食の一つで、味付けには、だし、醤油、塩を中心に使います。 このため、塩や醤油を使った料理との相性が良いです。 それでは、具体的にたけのこご飯に合う肉や魚のおかずをご紹介していきます。 焼き魚 塩焼きがあっさりして食べやすく、たけのこご飯の アクセントになります。 和風煮込みハンバーグ 味付けは ケチャップと醤油を使い、和風に仕上げるとたけのこご飯とよく合います。 具に玉ねぎ、にんじん、なすなども一緒に煮こむと野菜も一緒に摂れます。 野菜もハンバーグも煮込むため、軟らかくなり、 たけのこの硬さとのギャップが楽しめます。 竜田揚げ 鶏肉だけでなく、さばなどの魚も合います。 竜田揚げは 味付けに醤油を使っているため、から揚げよりもたけのこご飯に合います。 フライ 白身魚、鶏肉などをフライにします。 ソースを醤油にするとたけのこご飯により合います。 豚角煮 醤油で煮込むため、たけのこご飯に合います。 たけのこが歯ごたえがあるため、 軟らかく煮こんだ煮豚は食感が変わるため、美味しく食べられます。 たけのこご飯に合う副菜は? たけのこご飯に合う副菜は、醤油や塩味を中心とした和食が合います。 それでは、順にご紹介していきます。 煮物 煮物には、 ひじき、切り干し大根、にんじん、こんにゃく、高野豆腐、絹さや、フキなどを具に選びます。 たけのこは噛み応えがあるため、煮て軟らかくした副菜があるとメリハリがあり、最後まで美味しく食べられます。 浸し 具には、 ほうれん草、小松菜、菜の花、にんじんなどを選びます。 一度茹でているため、食べやすく、たけのこの噛み応えとの差があり、食感を楽しめます。 酢の物 具には きゅうり、レタス、キャベツ、にんじん、わかめ、しょうがなどを選びます。 酢の酸味が食欲をそそってくれ、塩も入っているため、たけのこご飯と相性が良いです。 酢のさっぱり感が口の中をすっきりさせてくれるので、たけのこご飯を最後まで美味しくいただけます。 和風サラダ 具には、 キャベツ、きゅうり、トマト、ブロッコロー、レタス、わかめなどを選びます。 ドレッシングは和風タイプを選ぶとたけのこご飯と相性が良くなります。 スポンサーリンク たけのこご飯に合う汁物・スープは? たけのこご飯に合うのは和食の汁物です。 特にたけのこご飯は繊維が多く、喉が渇きやすいご飯のため、汁物があると最後まで美味しく食べられます。 具体的にいくつか紹介します。 みそ汁 和食の定番のみそ汁はたけのこご飯に合います。 具には、 豆腐、キャベツ、にんじん、菜の花、ふきのとう、わかめなどを選びます。 すまし汁 味噌汁よりも上品なすまし汁もたけのこご飯に合います。 少しごちそう感を出したい時にはすまし汁が特に合います。 具には 豆腐、えのき、にんじん、菜の花、ほうれん草、ふなどを選びます。 かきたま汁 卵の ふわふわ感がたけのこと食感が異なり、美味しく食べられます。 具には 卵の他に、ネギ、にんじん、わかめなどを選びます。 茶碗蒸しも卵のぷるぷる感とたけのこご飯の相性が良いです。 豚汁 豚汁の豚肉のコッテリと汁のさっぱりが、たけのこご飯と合います。 味付けに 醤油やみそを使っているため、たけのこご飯の味付けをジャマせずに美味しく食べられます。 たけのこご飯におすすめの献立は? たけのこご飯にあうおかずを紹介していきましたが、組み合わせに悩みます。 献立例を5つ紹介していきます。

次の

毎日の献立が決まらない!悩むあなたに簡単なローテーションのコツを教えます

晩 御飯 献立

夏だからこそ食べたいcookpadで見つけたおすすめレシピ62選 cookpadにある200万を超えるレシピの中から、これは!と思ったものを厳選してまとめました。 正直結構主観も入っていますが、会員登録しなくても見れるレシピを中心に、様々な料理を紹介していきますので、参考になれば嬉しい。 冷製明太子スパ 出典: 明太スパは温かいのも美味しいですけど、冷たくても結構いけますよ! 作り方も凄く簡単できゅうりがなければ、入れなくても全然問題ありません。 黒こしょうでさらに味が引き締まりますね。 冷製ツナパスタ 出典: 1つ前に紹介した明太子もとっても美味しいのですが、あっさり系が好みならこちらがおすすめです。 具も麺も最大限に冷やしていきましょう。 トマトときゅうりにツナは凄くありますので、野菜をあまり摂取できてない方は是非。 冷やしチキンラーメン 出典: チキンラーメンを冷やすアイデアは私の中になかったです・・・。 冷やしラーメンは市販に売っているものでも、美味しいので案外いけるかも。 チキンラーメン好きって案外多いですよね、これは流行そう! SPONSORED LINK 4. 豚しゃぶサラダ 出典: 夏の定番料理の豚しゃぶサラダです。 今は5月ですが既に1週間に1回くらいのペースで食べています。 メイン料理としても全然いけますし、なによりさっぱりしていて食べやすいですよね。 ドレッシングはお好みで。 ピザトースト 出典: トースターを持っていない人はあまりいないですよね?夏らしく青じそでアレンジしたピザトーストです。 レシピ考案者は思いつきとのことですが、トマトが入っていて野菜も摂取できるし私は好きです。 美味しくて簡単!冷やし坦々麺 出典: チャーハンなどの中華料理にとっても合うと評判のウエイパー。 実は坦々麺にもめっちゃ使えます。 さらにラー油をを加えるのですが、こちらはお好みで調整しながら足していきましょう。 SPONSORED LINK 7. トマトの夏おでん 出典: おでんが夏に食べられるとは思いませんでした(笑)鶏肉と煮込まれたトマトがとても美味しそう! ちなみにこちらのレシピは初月無料のクックパッドユーザー登録をすると見ることが出来ます。 プロのレシピはどれも高品質なものばかりなので、見る価値ありです。 夏カレー 出典: カレーが大好きな人は特に夏になると、食べる機会が増えますよね?スタミナも付くし元気も出ます。 それにしてもなぜカレーは熱いのに、夏食べると美味しいのだろうか。 コチュジャンの春雨サラダ 出典: 辛さと冷たさが合体したレシピです。 夏の暑い日には、辛い物が自然と欲しくなりますよね。 きゅうりや大葉などの野菜で健康にも凄く良いです。 コチュジャンはお好みで調整していきましょう! 10. 夏だからこそ!タコライス 出典: タコライスと言えば沖縄!だからこそあまり馴染みがないという方も、多いのではないでしょうか。 ご飯以外はトマトソースを含めて冷えていてもOKです。 カルピスソフトカップケーキ 出典: デザートが大好きな人は作ってみたくなるね。 カルピス味のケーキとか聞くだけで、食べる前からうまいことが確定してる! 生地にツヤがでるまで混ぜるのがポイント。 梅しそ納豆 出典: 梅、しそ、納豆、全部体に良い食材ですね。 夏の暑い朝とかに食べると良さそうだな。 誰でも簡単に作れて良いですね! オクラと納豆でネバネバが凄いことになってるので、こばさないように食べてくださいね。 温玉うどん 出典: 水菜はしゃきしゃきしていて、食べるだけで涼しい気分になれますよね。 ラーメンにもよく使われてるので、食べる機会は多いです。 食べやすいように水菜は一口サイズに切るのがポイント。 少ない材料でお腹いっぱいになりたい時に作ってみよう! 14. さっぱりしらすそうめん 出典: 続いてこちらもしゃきしゃきシリーズです(笑)しゃきしゃきシリーズってなんだよ!すみません勝手につけました。 山芋のネバネバがたまりません。 コツがない程簡単に作ることが出来るので、料理に苦手な人や時間がない方はお試しあれ。 簡単!水ようかん 出典: ようかんは皆さんお店で買ってくることが多いですか?そんな人にこそ、作ってほしいのがこちらの水ようかん。 ポイントは砂糖です。 砂糖で味が大きく変わってきます。 甘党な方は多めに入れましょう。 夏だけではなく冬にも美味しく食べれてますよ! 見た目も美味しそうですね。 SPONSORED LINK 16. 夏だ!スタミナ!カリカリ豚丼! 出典: 夏と言えばスタミナがつくものを食べたい。 食べ盛りの学生は特にそう思うでしょう。 温玉を入れると美味しさが倍増します。 でも私は卵かけとかしない派なので、ノーマル状態で食べることにします(笑) 濃い味が好みの方はタレを多めにしましょう。 ゴマ油の極太中華つけ麺 出典: 夏に定番のつけ麺です。 私は面倒なのでついついコンビニで済ませてしまうのですが、たまには自分で作ってみようかな、と思わせるくらい簡単。 麺はお好みのものを使ってください。 青のりをかけるだけで大分印象が違いますね。 夏にぴったり!ビビン麺 出典: ビビンバ丼ではなくビビン麺です。 言うまでもなくコチュジャンはお好みで調整されてください。 野菜や卵が入っているので、シンプルだけど栄養も取れてなかなか良い。 スタミナざるうどん 出典: スタミナが名前に付いているとついつい食べたくなってしまう私です(笑) ほうれん草が入ってるので、栄養バランスも悪くない・・・と思う。 やっぱり夏はざるうどんだな。 いつもあまり自分で作らないから、気が向いたら作ってみよう。 牛肉でさっぱり!夏レシピ 出典: 夏を乗り切るために野菜たっぷりのレシピです。 牛肉も入っているので野菜嫌いでも食べれるはず。 野菜を細かく切ることがポイントです。 SPONSORED LINK 21. すいかクッキー 出典: スイカは一般的にそのまま食べますよね。 でもこちらクッキーです。 野菜がお菓子になりました。 薄いと焦げやすいので、気持ち厚めに切って時間を調節しながら調理を行ってください。 定番のラーメンサラダ 出典: 野菜は家にあるものを適当に投入して良いかも。 ラーメン好きは多いけど、野菜不足になってしまっている人は多いですよね。 水菜、ほうれん草、夏の定番のズッキーニ、何でもいけちゃいます! 23. さっぱり風味!夏焼きそば 出典: 夏祭りなどでも屋台で焼きそばが販売されていることでも、夏と焼きそばを結びつける人は多いですよね。 塩昆布の塩が味付けのポイントとなるので、余計な味付けは不要です。 夏のチキンソテー 出典: 通常しつこい味のチキンソテーも、夏の暑い日にはさっぱり味で食べたいですよね。 お肉は柔らかくジューシーに。 ほどよい酸味が食欲をそそりますよ! 25. 簡易冷製スープ 出典: 完成したら器ごと2時間ほど、冷蔵庫でじっくり冷やしましょう。 なんとロシア、ウクライナで夏の定番メニューになっているそうです。 鶏肉が入っているので、野菜嫌いでも頑張れば食べれますよ(笑) 26. 私はいんげんやピーマンが嫌いなので、食べれる野菜を入れることにします・・・。 スタミナうどんランチ夜ごはん 出典: スタミナがつくうどんですよ!肉はしっかり焼肉のタレを絡めてください。 スタミナがつくだけではなく、レタスで野菜も摂取できます。 ちらし寿司 出典: 少ない材料で酢めしが簡単に作れます。 夏だからといって毎日冷製のそうめんで飽き飽きしていませんか? 気分転換にたまにはちらし寿司も挟んでみてはいかがでしょうか。 和風ぶっかけうどん 出典: 夏になると色々な飲食店で見かけるようになるぶっかけうどん。 卵があるだけで大分印象が違いますね。 ビールと一緒に食べる枝豆は最高ですよね!ガーリックの香りとだしが効いているので、枝豆があっと言う間になくなります(笑) 31. まぐろのだし醤油・ゴマ油漬け 出典: 夏の晩酌に。 何か足りない。 そんな時にサッと作れます。 醤油はお好みに合わせて、いつも使っているものでOKですよ! 32. すっきり!グリーンスムージ 出典: 見るからに栄養たっぷりな飲み物です。 ミキサーがないと作れないのと、種類によっては一気に具材を入れると壊れてしまいますので、注意してください。 果物はバナナ以外にもオレンジ、りんご、キウイなどでも美味しく召し上がれます。 野菜たっぷり豆腐サラダ 出典: 冷奴などでも暑い日は豆腐が大活躍ですよね。 マンネリしてきたら野菜を色々変えてみましょう。 豆腐だけだと質素で飽きやすいですが、野菜も加えることでバリエーションが一気に増します。 はちみつレモンゼリー 出典: 冷たいデザートを食べたい時に。 レモンとはちみつがあれば作れますが、完成までに一晩かかるので、サッと作って食べることはできません。 ひんやり薬味ソーメン 出典: 夏にぴったりな大葉を使ったレシピ。 とりあえず全ての材料を冷やし、できれば器も事前に冷やしておきましょう。 サラッといける焼肉のせ天津丼 出典: 卵と牛肉が美味しそう!暑い日でも食べやすいようにあんでさらっと食べれますよ! 具材が揃っていれば卵も牛肉も火が通りやすいので、比較的早く作ることができます。 オクラとトマトのカレー 出典: オクラとミニトマトが入ったカレーです。 カレーにヨーグルトを使うとは斬新すぎる。 カレーは甘い人が好きな人もいますし、辛いのが好きな人もいますよね?好みに合わせて、カレー粉やスパイスで調整してくださいね。 ポテトサラダ 出典: じゃがいもを茹で過ぎると、出来上がり時に水っぽくなるので注意してください。 豆乳マヨネーズを使うことで悪玉コレステロールを摂取せずに済みます。 グリーティーでクラッシュゼリー 出典: 見た目に似合わず甘くて美味しい。 緑色は涼しさを感じさせてくれますよね。 急いでるときにすぐ作れるレシピではないので、お時間に余裕がある時にチャレンジしてみてください。 レンジで簡単ゼリー 出典: 暑い日に動きたくない時ってありますよね。 そんな時におすすめなのが、こちらのレンジでチンするだけで作れる簡単ゼリー。 このレシピでは野菜ジュースを使用していますが、オレンジ、りんごなど他のジュースでも美味しくできますよ! 41. 夏野菜の素麺チャンプルー 出典: 夏の定番メニューであるチャンプルーのレシピ。 低たんぱくなので体にも優しい。 赤パプリカ、万能ねぎ、なす、など野菜も充実していますね。 冷凍バナナときな粉のひんやりおやつ 出典: レシピ考案者はたまたま生み出したそうなのですが、そういうのに限って案外上手くいく。 料理を普段全く作らない人でも迷わず、すぐ作れるのがポイント。 カリカリ梅チキン 出典: から揚げが好きな私にとっては、見た目だけでよだれが出そうになる。 お肉と梅ドレッシングは絶対合いますね。 お酒のおつまみからサラダのトッピング、子供のお弁当のおかずまで幅広く便利に使えますよ! 44. ローズヒップ寒天 出典: 寒天を入れて沸騰させれば固まります。 こちらのレシピだと甘さ控えめなので、砂糖を入れるなどして調整されてください。 暑い日にエアコンに当たりながらゆっくり飲みたい。 低カロリーのトンテキ 出典: がっつり食べたいけど夏だからさっぱりしたものが食べたいわがままなあなたにおすすめ(笑) 味付けはちょっと甘めなので、甘すぎると感じる方は、塩、こしょうなどで調節していきましょう。 低カロリーなので女性にもぴったり。 マルちゃん正麺 冷やし中華 出典: 完全にマルちゃんというタイトルに惹かれました。 普通の冷やし中華なのですが、さくらえびやブロッコリーを入れたり変わっていると思う。 私の家の冷やし中華はベーコンときゅうりだけなので。 もちもちコーンかき揚げ 出典: お子さんの運動会、体育祭などの応援時にお弁当にいれるのがおすすめですよ! もちもち食感が好きな人にはたまらない一品。 おやつにもぴったりなのですが、食べ過ぎないように注意してね。 トマトサンドイッチ 出典: ピクニックの定番であるサンドイッチ。 夏休みは色々な場所にお出かけする人が多いですよね?じめじめした夏にフレッシュなトマトを挟んだサンドイッチはいかがでしょうか。 パイナップルミルクゼリー 出典: パイナップルと言えば夏の沖縄を思い出します。 夏にぴったりなデザートを手作りしたい方に。 カツオのたたき 出典: カツオとにんにくはたんぱく質の代謝に必要なビタミンB6が含まれています。 ヘルシーでカロリーオフなものを求めている私にとってはご飯と一緒に食べたいです。 アイスは市販のものを購入する方が多いと思いますが、自分で作ったアイスは別格ですよ! 時間もかからず手軽に出来るので凄くおすすめです。 出来上がりの画像がめちゃくちゃ美味しそう。 よだれが(笑) 53. 冷麦ザージャー麺 出典: 暑い日にぴったりなザージャー麺です。 ピリッとした辛さがまた夏を感じさせます。 食べる時は豪快にかき混ぜて食べましょう。 きゅうりのしゃきしゃき感がたまらないですよね! 54. 新じゃがとセロリのポタージュ 出典: コーンポタージュではなく、セロリと新じゃがを使ったポタージュです。 じゃがいもは水にさらさないように。 ちょっとお洒落な雰囲気の料理を作ってみたい時ってありますよね?(笑) 55. ガリマヨ冷玉トマト豚丼 出典: スタミナが付く料理をお探しの方に。 アボガドを入れるとさらに美味しくなるかも? お安い肉でも満足できるものが作れるはずですよ!夏料理はトマトを入れるものが多いですね。 エノキ醤油 出典: 夏バテに効くのがキノコ類。 そのまま食べるのも全然良いのですが、冷奴との相性が凄く良いみたい。 早くて簡単に栄養の取れるものを作りたい方におすすめですよ! 57. あっさりトマトオムライス 出典: トマトとオムライスの相性はなかなかのもの。 卵は半熟トロトロに、中は白ご飯ではなく雑殻米などもおすすめです。 お腹一杯になりたい人は、ウインナーやピーマン、ご飯などを多めにすると良いかも。 ピリ辛冷や汁ごはん 出典: コチュジャンはお好みで調整ですが、なくても美味しく召し上がれます。 具は豆腐、梅干しなどでも可。 火を使わないので一人暮らしでガスが止まっていても作れます(笑) 59. 器も事前に冷蔵庫などに入れて冷やしておけばより美味しい。 火を使わないネバネバ丼 出典: 火を使わずにできる料理。 めんつゆはお好みで調整されてください。 時間がない時や一人暮らしの方でも、ささっと作れる調理法ですね。 誰でも思いつきそうなアイデアだけどGOOD。 鶏手羽スープごはん 出典: 夏のスタミナスープに鶏手羽のだし汁とはセンスが良い。 こちらのレシピには入っていませんが、卵や大根など、自分なりにアレンジしてみてくださいね。 最初はただのスープかなと思ったけど、ご飯も入っているので、十分メイン料理にすることが出来ますね。 病気の時にも良さそう。 塩焼きそば風ゴーヤのペペロンチーノ 出典: 細めのパスタがおすすめ。 本格的なのに簡単に作れますし、焼きそばが嫌いな人は少ないですよね。 参考にして頂いて新たな気付きなど見つかれば、こちらとしても嬉しいです。 アイスティー 出典: 夏に飲むアイスティーは最高です。 学生の時にドトールなどのカフェで、アイスティを1時間ごとに注文して、お勉強やら友達会話やらしていました。 紅茶は身体への健康効果もあるので、沢山飲むことで体を虫食む心配もありません。 夏バテ防止にもなるらしいです。 フルーツサラダ 出典: フルーツをたくさん食べつつ栄養摂取も見逃せない人に。 フルーツサラダと一重に言っても作り方は様々。 ヨーグルト、ドレッシング、生クリームを使ったレシピが多く紹介されています。 ガスパチョ 出典: ガスパチョとはスペイン料理の冷たくて濃厚なスープです。 チキンカバブ 出典: チキンカバフは日本料理ではなくインド料理です。 あまり知られていないのですが、夏はカレーを食べる人が増えるので、チキンカバフも注目されているのかも。 レシピが紹介されているサイトもほとんどない状態。 ズッキーニ 出典: 旬は6月~9月。 きゅうりに似ていますが、性格にはかぼちゃの仲間です。 ズッキーニはトマトとの料理が一番見かける気がする。 シュリンプカクテル 出典: シュリンプカクテルはオードブルの一種です。 真ん中にカクテルソースがあるのが一般的。 コストコでも購入でき、600gで998円と手軽に手に入れることが出来る。 高級料理店とかで出てきそうですけどね(笑) 7. ガリガリ君 出典: もうアイスで一番有名ですよね?(笑) 子供時代でガリガリ君を食べたことない人はごくわずかだと思います。 ソーダ味とコーラ味が定番ですが、2015年には元気ドリンク味も新発売しています。 かき氷 出典: 夏の風物詩といえばかき氷。 近年かき氷のシロップはあまりよろしくないと言われることが多いですが、それなら自分で作れば問題ありません(笑) 昔私たちが自然と楽しめとものも、時代が進んでいくと楽しめなくなるのはしょうがない。 冷奴 出典: 夏と言えば冷奴。 食べ方も10人十色。 かつおぶしや万能ねぎを添えるのは一般的ですが、明太子、トマト、おろしにんにく、油揚げ、七味唐辛子、アレンジの仕方はキリがありません。 赤福氷 出典: 三重県を中心に東海から関西地方の方は、食べたことがあるかもしれませんね。 ちなみに私は関東人なので食べたことがありません。 ネット販売サイトでも夏限定だそうで、限定って言葉に興味をそそられている私って・・・。 ずんだもち 出典: 餅だけど夏の定番料理。 私の叔母は宮城県出身なので、家に行くとよくずんだ餅が出ました。 見た目は毒っぽいですけど、食べてみると美味しんですよね。 当然のことように食べていたけど、知人は全く存在を知らなかった。 ゴーヤーチャンプルー 出典: 一般的には野菜や豆腐などを炒めたもので沖縄料理。 ゴーヤが沖縄なので当然ですね。 最近ではメディアやマスコミがちょくちょく紹介するようになり、全国的にも食べる人が増えたみたい。 五色そうめん 出典: 愛媛県松山市が発祥とのこと。 関東では全く見かけないけど、見た目が凄く綺麗だし売れば買う人結構いると思うな。 なぜそばなのにカラフルな色をしているかというと、卵、ゆず、抹茶などを入れて染めたらしい。 抹茶そばはよく見かけますね。 ひやしあめ 出典: 夏から秋にかけて関西でよく見かけるのがひやしあめ。 実は対象自体までは、関東や東海地方でも飲まれていたとか。 でも北海道や東海の方にはどちらにしろ、なじみのない飲料水ということですね。 大正生まれの叔父が7年くらい前まで生きていたけど、ひやしあめのこと知ってたのかな。 流れ梅 出典: 新潟県民なら知らない人はいないらしい。 夏に定番の流れ梅。 ただのゼリーではなく、細かく切られているので食べやすいの特徴。 甘いものが苦手な人は氷を入れると、さっぱりして食べやすいのこと。 赤スイカ 出典: スイカには赤スイカと黄スイカがあるのを知っていますか?赤いスイカの方が人気があるみたいですが、最近では甘さのあっさりした、黄色すいかも精度が上がってきているみたい。 うなぎ 出典: 土用の丑の日が7月と8月にあることから、夏になるとうなぎ料理を食べる人が一気に増えますよね。 まとめ いかがでしたでしょうか。 あなたが思いつかないレシピも沢山あったかと思います。 事実こんなものも冷やして美味しいの?というものがありびっくりでした(笑) 夏で食べるものが毎回ワンパターンになってしまって、飽き飽きしている。 何か新しい料理を作ってみたい。 という方の力になれたらとても嬉しいです。

次の

夏だからこそ食べたい料理&レシピ80選

晩 御飯 献立

『今日の晩ご飯何にしよう? メニューが全然決まらない!』 家事・子育て・仕事で忙しい主婦が、毎日のように悩んでつぶやく言葉です。 私も毎日のごはん作りが苦手で苦痛だったころ、口ぐせのようにつぶやいていました。 主婦向けの節約雑誌などを見て料理作りを頑張ってみようと思ったこともありましたが、どれも華やかで豪華すぎる料理で挫折してしまったり・・・。 なんで主婦向けの雑誌に載るような料理は、あんなにキレイでおいしそうに作れるのでしょうか。 晩ご飯のメニューやレパートリーに加え、主婦の共通の悩みは 「食費でムダなお金は使いたくない!」「食費を節約したい!」ですよね。 食料品をまとめ買いして節約に励んでも、1週間分の献立をどうやって作ったらいいかで悩まれている方も多いと思います。 私は ネットカレンダーを活用した1週間分の献立作成術を始めてから、それまでかかっていた月の食費10万円を半分の5万円まで削ることができました。 その方法をご紹介したいと思います。 もくじ• 献立作成ツールに「Google カレンダー」を使う 私が献立を作る時に活用しているツールは、です。 目的別にカレンダーを作れますし、PC・スマホ・タブレットで共有できてとても便利ですよ。 自分用・小学校用・習い事用・仕事用など色別に分けて管理しており、「献立用」のカレンダーも作っています。 そのカレンダーには、ちょっと時間が空いて思いついたときに献立を書き込むようにしています。 子どもの学校行事などもすべて書き込んでいますので、その日の家族の予定に合わせた献立を考えられます。 予定通りに料理が作れないことがあっても、ネット上のカレンダーだったらその予定を入れ替えるだけでいいのであわてることがありません。 消しゴムいらずで、パパっと時短で作れちゃうのが便利ですね。 Google カレンダーを活用することで、献立もフレキシブルに変えることができるのです。 1週間分の献立を考えるときのコツ それでは、どのように1週間分のメニューを決めているのか、そのコツをご紹介していきます。 5日分のメイン料理を先に考える 献立作りで私が最初にやっていることは、メイン料理を考えることです。 それも平日の5品だけ。 7日分すべてを考えていたこともありましたが、キツキツすぎてかえって挫折しました。 子供に『何食べたい?』って聞いても、カレーや唐揚げやハンバーグしか言わないので、あまり参考にしていません(汗)。 メイン料理は、だいたい肉3日・魚2日ぐらいの割合で決めています。 食材はイトーヨーカドーやイオンのネットスーパーの広告の品を見て お得な食材から決めることが多いです。 食材を決めたら、次は で「食材」名を検索して決めます。 そのほか、「me:new(ミーニュー)」というアプリを使うこともあります。 料理の好みを設定するだけで最大1週間の献立を自動作成してくれるので、とっても便利! メニューが決まったらカレンダーに作りたい料理を書き込んでおきます。 このように、まずは月〜金までのメイン料理をカレンダーに書き込んでしまうことがポイントですね。 一汁三菜なんて作らない!メインとサブ2品だけ 献立メニュー例などを見ると、おかずを3品も4品も紹介していることが多いです。 でも、忙しいなか毎日そんなにたくさん作っていられません。 我が家は3品も作ったらかえって残すことが多いですし。 そのため、メインを決めたらあとは 1品副菜と1品汁物を決めるだけです。 メインに合わせた副菜や汁物も悩みどころで、カロリー計算や栄養バランスを調べながら作っていたら日が暮れて疲れ果ててしまいますよね。 私は副菜を決めるときに「色」で決めています。 メインが茶色なら副菜は赤や緑をプラスなど、食卓にいろいろな色があればいいかなと。 副菜を作るのがめんどうなときは、メインのお肉料理の中に黄色・緑色・白色の野菜などを巻いてしまうこともあります。 メインが肉料理だったら、グリーンサラダやにんじんやブロッコリーなどの温野菜をプラスします。 魚料理だったら、ひじきや切り干し大根の煮物やほうれん草のおひたし、味噌汁を合わせるなどです。 凝った料理ではなく、「料理のきほん」と書いてあるような本に載せられているシンプルな料理のほうが好まれます。 数字なんて深く考えずに、 目で見てプラスしていく。 炒めものや揚げ物でどうしても茶色くなってしまうときは、「赤」「緑」「黒」「白」などの食材をプラスすれば必然的に栄養バランスは整ってきますよ。 副菜は毎日作らず作り置きで手間を節約 『毎日仕事が忙しくて、2品でも作るのなんて大変だわ。 』 働いているからこそ、あなたの気持ちがとってもよくわかります! メイン料理を作るだけでも大変なのに、副菜なんてさらにめんどくさくて作ってられませんよね。 そんなときは、週末にでもまとめてドカーン!と作ってしまいましょう。 私はよく乾物料理を圧力鍋で大量に作ってしまうことが多いです。 ひじきや高野豆腐、切り干し大根、大豆缶などは常備していて、これらは一度作ってしまえば3〜4日はもってくれます。 新鮮なにんじんやきゅうりや大根があるときは、ミツカンの「カンタン酢」を使って「彩りピクルス」を作ることが多いです。 リンク ただ切って漬けるだけ! 大量に作れば5日はもちます。 とてもおいしくて、子供はポリポリと食べてくれますよ。 副菜は日持ちするものを作ってしまえば、 毎日作る必要なんてありません。 メインも作り置きにしてしまうと、何日も続くいて飽きてしまうので、日替わりのほうが喜ばれると思います。 メインはその日に作り、副菜は作り置き。 汁物は朝まとめて作って、夜も食べてもよいかと思います。 全品を毎日がんばって作らないことが、私の献立作りのポイントです。 週末の献立は在庫整理&好きなもの 例えば、平日5日間の献立がこんな感じだったとしましょう。 月:ぶりの照り焼き、切り干し大根、味噌汁• 火:鮭のムニエル、切り干し大根、味噌汁• 水:豚肉のしゃぶしゃぶ、キャベツの千切り、味噌汁• 木:鶏肉のねぎみそ焼き、野菜のピクルス、コンソメスープ• 金:にんじんときのこ入りハヤシライス、グリーンサラダ、トマトスープ こうなってくると、野菜の切れ端や加工肉が余ってきたりするんですよね。 平日使って小さくなったキャベツとか、にんじん1本や玉ねぎ1個だけとか。 冷蔵庫には生鮮食品が入っておらず、冷凍肉・ハム・ソーセージ・ベーコンなどがあまったりしてきます。 1週間分の献立を作るときに週末を除いたのは、こうした余った食材を使ってしまいたいからです。 土曜日は「冷蔵庫の在庫整理デー」にして、中身を空っぽにするようにしています。 夏場は野菜の余りを天ぷらにしてしまったり、冬場は鍋にすることが多いですね。 豚バラや豚こまがあれば、キャベツの切れ端やピーマンやもやしを入れて、回鍋肉(ホイコーロー)や味噌炒めなどもできちゃいます。 こちらは「エバラ 回鍋肉のたれ」を使って、パパっと10分ぐらいで作ってみました。 今は便利な炒め物用ソースも売っていますので、ソース作りが苦手な方はどんどん活用してみるといいですよ。 リンク 日曜日は、冷凍で買ってあまったものや家族が食べたいものを作るようにしています。 子どもに聞くと、やっぱり唐揚げやハンバーグが多いですけどね・・。 平日や休日関係なく、忙しいときは生協で買いすぎてしまったものをパパっと温めるだけにすることもあります。 生協の「パルシステム」にある「ふっくら和風おろしハンバーグ」がお気に入りで、休日のレジャーに行って疲れたときなどは大変お世話になっています。 『お母さん、このハンバーグいつものよりとってもおいしい!』 母としては、微妙なうれしさですが・・。 献立作成に悩まずパズルのように楽しんじゃおう 献立を考えるのって、すごくむずかしく感じてしまうかもしれません。 何品も栄養バランスを考えて作らなきゃ!という気持ちが、よけいにそうさせているのかもしれません。 ただでさえ毎日ヘトヘトで忙しいのですから、全部手作りなんてしなくていいのです。 疲れちゃった日用のメニューを考えておくと、しんどい日は乗りきれると思います。 見た目も味も完ぺきにできる人なんていませんし、料理が苦手ならいろいろな便利食材をどんどん活用した方がいいと思います。 魚の缶詰やお惣菜パックを活用してもいいですし、冷凍やレンジで調理が簡単なおかずセットを組みこんでもいいのです。 イオンにはとっても便利なおかずセットがあり、ネットスーパーで注文してストックしてあります。 疲れているときは、レトルトカレー+市販のサラダでも立派な献立です。 毎回必死にならず、 『作れるものだけ作ればいいや』ぐらいの気持ちで料理を楽しんでみてくださいね。 我が家なんて、壮絶に大変な子育て期はおもちや焼き芋だけのことなんてありましたよ・・。 考えていたけど作れなかったメニューはあとに回せばいいのです。 ネットカレンダーを活用すると、日ごとにパズルのようにパパっとメニューを入れ替えることができます。 献立力を磨いて、どんどん料理上手になりましょう。 私も家族が喜ぶ笑顔を見たいので、これからも 「がんばらない献立力」をさらに磨いていきたいと考えています。 今日の夕飯で悩んでいる方にこちらの記事も人気です.

次の