日ノ本 トラクター。 日の本トラクターの部品を探してます。

日の本トラクターの部品を探してます。

日ノ本 トラクター

農業史に刻まれた撤退メーカーも 国内のトラクターなどの農業機械のシェアはクボタが全体の約4割、イセキ、ヤンマー、三菱が残りのシェアを分け合う形で4強とも呼ばれています。 しかし、国産の農機具メーカーはこの4社以外にもあります。 倒産や農機具から既に撤退しているメーカーもありますが、 中古市場では4大メーカー以外の流通も目立っています。 ここでは国産の4大メーカーを除いた農機具メーカーを紹介していきます。 大手以外の国内メーカー 日ノ本 ヒノモト 1960年代創業の老舗でしたが、その後1990年に日立建機に買収され2009年に農機事業から撤退しています。 60年代は自社製品の開発に力を入れていましたが、流通している商品はトラクターが中心でそのほとんどはクボタのOEMモデルです。 そのため、 中古市場ではクボタと同等の評価を得ている人気が高いブランドです。 日ノ本の自社製造モデルは流通量が少なく、中古の価値は非常に低いです。 IHIシバウラ かつてはシバウラブランドで管理機やトラクターの自社開発を行っていましたが、1991年にヤンマーと業務提携し段階的に自社開発から撤退。 現在の新車製品の多くはヤンマーからのOEMモデルです。 ターフトラクターなどは一部は現在もシバウラの自社開発機械も新車ラインナップに並んでいます。 ヤンマーのOEMモデルになる前のシバウラブランドはトラクターを中心に現在も中古市場に多数あります。 ただし、 国内外問わず需要が低く、古いモデルも多い事から値崩れを起こしています。 シバウラ時代のトラクターは部品の供給量も少なくなってきているので、 安い中古を見つけても購入は慎重に検討した方がいいでしょう。 スズエ 鈴江農業機械製作所 中古市場では、一部で「スズエ」というブランドのトラクターなどが出回っている事があります。 スズエは1979年に倒産していて、スズエ製品は全て70年代以前のモデルです。 一部で自社開発も行っていましたが、多くは当時の三菱からのOEMモデルが中心です。 ただし、一部の発展途上国では輸出需要がある事から、 古くて不動車でも多少の買取査定額が付く事が多いです。 サトー 佐藤農機鋳造株式会社 サトーはかつて佐藤農機という会社もあり、そこでトラクターの販売をしていました。 2003年には佐藤農機と合併して佐藤農機鋳造になり、現在は選別機などの処理機のみ製造しています。 中古トラクターの多くは70年代のモデルで、スズエと同様に三菱からのOEMモデルやエンジン供給を受けたモデルが多いです。 中古市場の価値は低く、低価格で流通しています。 その他のメーカー・種類別の需要&相場.

次の

世界を目指してどうなったか・・・昔のトラクターカタログ、日の本トラクター「ベストE25」

日ノ本 トラクター

農業史に刻まれた撤退メーカーも 国内のトラクターなどの農業機械のシェアはクボタが全体の約4割、イセキ、ヤンマー、三菱が残りのシェアを分け合う形で4強とも呼ばれています。 しかし、国産の農機具メーカーはこの4社以外にもあります。 倒産や農機具から既に撤退しているメーカーもありますが、 中古市場では4大メーカー以外の流通も目立っています。 ここでは国産の4大メーカーを除いた農機具メーカーを紹介していきます。 大手以外の国内メーカー 日ノ本 ヒノモト 1960年代創業の老舗でしたが、その後1990年に日立建機に買収され2009年に農機事業から撤退しています。 60年代は自社製品の開発に力を入れていましたが、流通している商品はトラクターが中心でそのほとんどはクボタのOEMモデルです。 そのため、 中古市場ではクボタと同等の評価を得ている人気が高いブランドです。 日ノ本の自社製造モデルは流通量が少なく、中古の価値は非常に低いです。 IHIシバウラ かつてはシバウラブランドで管理機やトラクターの自社開発を行っていましたが、1991年にヤンマーと業務提携し段階的に自社開発から撤退。 現在の新車製品の多くはヤンマーからのOEMモデルです。 ターフトラクターなどは一部は現在もシバウラの自社開発機械も新車ラインナップに並んでいます。 ヤンマーのOEMモデルになる前のシバウラブランドはトラクターを中心に現在も中古市場に多数あります。 ただし、 国内外問わず需要が低く、古いモデルも多い事から値崩れを起こしています。 シバウラ時代のトラクターは部品の供給量も少なくなってきているので、 安い中古を見つけても購入は慎重に検討した方がいいでしょう。 スズエ 鈴江農業機械製作所 中古市場では、一部で「スズエ」というブランドのトラクターなどが出回っている事があります。 スズエは1979年に倒産していて、スズエ製品は全て70年代以前のモデルです。 一部で自社開発も行っていましたが、多くは当時の三菱からのOEMモデルが中心です。 ただし、一部の発展途上国では輸出需要がある事から、 古くて不動車でも多少の買取査定額が付く事が多いです。 サトー 佐藤農機鋳造株式会社 サトーはかつて佐藤農機という会社もあり、そこでトラクターの販売をしていました。 2003年には佐藤農機と合併して佐藤農機鋳造になり、現在は選別機などの処理機のみ製造しています。 中古トラクターの多くは70年代のモデルで、スズエと同様に三菱からのOEMモデルやエンジン供給を受けたモデルが多いです。 中古市場の価値は低く、低価格で流通しています。 その他のメーカー・種類別の需要&相場.

次の

ヒトモト・シバウラ・スズエ・サトー|大手4強以外の農機具メーカー

日ノ本 トラクター

昨日書いた記事の中で、長いロータリー軸をMB1500に移植すると書きました。 この悪天候で、今回買ったMB1100の試運転も出来ない。 そのため暇になったので、この2機種について、機体が所有している情報、他サイトからの考察等から色々まとめていきたいと思います。 駄文ですがご一読いただければ幸いです。 参考サイト MB1500大体正面 MB1500大体側面 MB1100 正面 右側面 まず最初に違和感を覚えたのは正面ライト間のダミーグリルだった。 参考サイトの中でダミーグリルはシールであることが記述され、認識はしていたが、 MB1500よりチープである。 翌々、写真を見てみると、 MB1500のダミーグリルはプレスされその上にペイントが施されている。 いわば立体的なダミーグリルなのである。 こうなってくると徹底的に間違い探しをしたくなるもので以下の違いを発見した。 1:上記に述べたダミーグリルの違い。 2:側面名盤「 HINOMOTO」及び「 MB型番」の違い。 1500は浮き彫りの正しくネームプレートといった感じだが、 1100はお名前シールである。 3: 1100には方向指示器が省略されている。 これは誰でもわかる。 4:バランスウエイトの違い。 1500には「マークと HINOMOTO」の文字、一方の 1100は無地。 これは自己所有の期待にかかわらず、参考サイトにおける機体でも同じであった。 5:マフラーカバーの違い。 両者の違いは一目瞭然。 6:マフラーの煙突の長さ。 カタログを見るといずれも写真が標準仕様のようである。 以上から、 MB1100は出来うる限り低コストで仕上げようとしているのがわかる。 とくに方向指示器を省略しているのはかなりこの感を強く感じさせる。 不要なものは取り除きたいとの考えが垣間見える。 ではその理由はというと、以下の仮説を立ててみた。 まずはカタログを見ていただきたい。 (無断転載ごめんなさい。 不都合であれば削除します。 参考サイトに大きな画像がありますので詳しく見たい方は参考サイトの2つ目をご覧下さい。 ) 1:カタログには耕耘機並 50万円との価格表示がしてある。 しかし当然ながら耕耘機より製造コストがかかる。 従って出来うる限り無駄を省き低コスト化した。 2:井関農機に OEM供給するため共通させるため名盤等を簡略化した。 3:上記2つの理由全て。 4: MB1500は出力が大きく、値段を高めに設定できたため高級仕様にできた。 今となっては真相は不明だが、結果的に両者には明らかな違いが存在する。 結果に至るまでにはそうなる原因が必ずある。 6 つの違いは本来ならば同じであっても別に困ることはないのである。 逆に共通するのは、正面ライト下バッテリーカバー、写真にはないがエンジンプーリーの動力取り出し口の丸いカバー。 マークは共に浮き彫りのプレス。 名称は双方ともにシール。 理由は、両者共通部品からか、それとも東洋社のプライドからだろうか? 他の MBシリーズも比べるともっと面白いことが分かるかもわからないが、この辺にしておこう。 ・ボンネットのシールからの情報を読み解く。 速度表示表。 1500にも同様のものがある。 速度表 無鉛化に無関係 (これは私の 1500の方には見られなかった。 ) ハイオクタン灯油(ブルーパワーなどの農耕油)には、鉛は入っていません 日の本のエンジンはすでに無鉛化設計にしてあります。 燃料はハイオクタン灯油又は無鉛ガソリンでも、有鉛ガソリンでも全部使用することができます。 もちろん始動用燃料のガソリンも、無鉛、有鉛いづれのガソリンでも使用 OKです。 ハイオクタン灯油(日本石油系のブルーパワー)は大巾に生産余力があり今後もなくなることはありません。 ない時は販売店にご相談ください。 なるほどガソリンでも OKなのか。 これはそれ以前のエンジンからマイナーチェンジしたのか、終始一貫してガソリンが主燃料として使用可能なのか不明である。 また、この記述からこのトラクターの製造年代が 1970~ 1975年程度であることが推定できる。 最後、「今後もなくなることはありません。 ない時は販売店にご相談ください。 」とあるが、、、 ねーじゃねーか!!販売店に相談て、販売店すらないわい! ハイオクタン灯油の種類 画像のとおりの種類が少なくともハイオクタン灯油と同程度の物であったことがわかる。 また、農耕油=ハイオクタン灯油という認識で良いようだ。 一般的にハイブルーなどと言われるが、これが正式名称ではなく丸善石油の商品名だということも分かった。 テストには出てこないが、覚えておいて損はない無駄知識である。 しかし、ハイオクタン以上を使用しろてか。 そりゃ望ましいが、当然のことながら白灯油を使う。 全部使用することができるのだから、問題ないよね! さてこんな感じでオチなどないが、むしろ出オチしているが、この辺で終わりにしたい。 今後分かったことがあればボツボツ書いてゆこうと思う。

次の