エクセル 曜日 色付け。 第一、第三、土曜日のセルに条件付書式設定で色を付けたいのですが、そ

【エクセル】曜日ごとに色を自動で変更|土曜日は青&日曜日は赤のスケジュール表|エクセルドクター

エクセル 曜日 色付け

以前、エクセルで日曜日の日付のセルだけを自動的に赤く表示する方法を紹介しましたが、アクセスも多く、お役に立っているようです。 すでに「1行おきに背景色を分ける」方法で基本となる「条件付き書式」については紹介していますので、ぜひ、そちらもお読みください。 エクセルの表で「条件」を設定するセルを選択します。 たとえば「A1」から開始する表で、A列が日付、B列が曜日、C列、D列、E列がその日の担当者、と想定します。 「A1」から対角線上に 一番下の行の E列のセルまで含まれるようにドラッグして「適用先」として選択しておきます。 「ホーム」タブで「スタイル」の「条件付き書式」をクリック、現われたメニューから「新しいルール」を選択します。 「新しい書式ルール」画面が開いたら• 「ルールの種類」の一番下にある 「数式を使用して、書式設定するセルを決定」 をクリックして選択。 「書式」ボタンをクリック、「セルの書式設定」画面から「塗りつぶし」タブを選択、「背景色」で薄いオレンジを選択して「OK」ボタンをクリック。 「条件付き書式の設定」画面で「OK」をクリック。 これで選択した範囲内で B列のセルが "日曜日" の行全体が、薄いオレンジの背景色になるかどうか確認してみましょう。 書式を設定した範囲を再度、ドラッグして選択します。 「ホーム」タブで「スタイル」の「条件付き書式」をクリックして現われるメニューから「ルールの管理」を選択します。 「条件付き書式ルールの管理」画面が開いたら• 設定したルールをクリックで選択• 「ルールの編集」ボタンで「書式ルールの編集」画面が開くので、数式や書式を確認、変更が可能• 「ルールの削除」ボタンでルールの削除が可能• 「適用」ボタンで実際に適用。 「OK」ボタンで閉じる 条件を変え、新規、変更、削除を何度か繰り返すうちに「条件付き書式」のコツが掴めるでしょう。 理解を深めるための「」•

次の

カレンダーの土日に色を設定したい:エクセル2010基本講座

エクセル 曜日 色付け

=TODAY のように、とてもシンプルです。 今日の日付のセルの色を変える まずは、今日の日付が表示されている セルのみ色を変える 方法です。 下のようなサンプルを使います。 条件付き書式 まず、日付の入った対象セル範囲を選択。 さらに、サブメニューに表示される「新しいルール N 」をクリックします。 指定の値を含むセルだけを書式設定 「新しい書式ルール」の上段にあるルール一覧から「 指定の値を含むセルだけを書式設定」を選択します。 下段の [ルールの内容を編集してください] の部分を下の画像のように設定します。 条件に合致したときのセルの書式は、 黄色で塗りつぶす設定にします。 [OK] をクリックすると、今日の日付のセル(セルA7)が黄色になりました。 先ほどA列に 条件付き書式 を設定したシートをそのまま使用します。 A列の日付が 今日の日付だったら、 B列とC列の行も色を変える ようにします。 まず、B列とC列を選択します。 数式を使用して書式設定するセルを決定 「新しい書式ルール」の上段にあるルール一覧から「 数式を使用して、書式設定するセルを決定」を選択します。 下段の [次の数式を満たす場合に値を書式設定 O :] の部分には、以下の数式をセットします。 最近、『』という記事をアップしましたので、そちらの記事と合わせて覚えておくと最強です。 関連記事 併せて読んでおくとさらに便利 HYPERLINK関数・TODAY関数 エクセルで今日の日付のセルに移動する方法を解説。 HYPERLINK関数を使って今日の日付が入力されているセルに一発で移動(ジャンプ)します。 日付の並びが縦の場合と横の場合、それぞれ解説します。 書式記号・日付時刻 セルに 日付を入れると曜日が自動で表示されるようにする方法。 日付を手入力して、隣のセルにその日の曜日も手入力するなんてナンセンス。 日付を入力したら、曜日は自動表示させましょう。 EOMONTH関数, WORKDAY関数 エクセルで 月末の日付・翌月末の日付・月末の最終営業日 を表示させる方法を解説。 請求書には「振込み期日」などで 月末日 や 翌月末の日付 がよく使われます。 また、土日を除いた 月末の最終営業日 が... ASC関数・PHONETIC関数 エクセルで郵便番号から住所に変換、逆に住所から郵便番号を求める方法を解説。 エクセルに住所を入力するときには、郵便番号から住所に変換して入力作業を効率化できます。 書式設定・改行 エクセルで文字列を縦書きにする方法と、縦書きでも数字だけは横書きで表示する方法を解説。

次の

Excelのセルの色を自動的に設定して予定表の土・日曜日を目立たせる:Tech TIPS

エクセル 曜日 色付け

手動でセルの色を設定する 色付けしたいセルを選択し、[セルの書式設定]で設定していくのは結構面倒な作業だ。 予定表の曜日から自動的にセルの書式設定を行う 予定表に日付の他に、曜日が入力されている場合、その曜日の文字列を使って「条件付き書式」の条件を設定するとよい。 具体的には、曜日が入力されている列の中で、「土」「土曜日」といった文字列がある場合は「青色」、「日」「日曜日」といった文字列がある場合は「赤色」といったように設定する。 前述の通り、「定休日」といった文字列で色を変えることも可能だ。 ここでは、「土」という文字列が入っているセルの色を変更する例で手順を紹介する。 書式設定のルールを設定するための[文字列]ダイアログが表示されるので、最初の入力ボックスに列の曜日の文字列に合わせて「土」や「土曜日」と入力する。 「書式」のプルダウンリストからプリセットされた書式を選択するか、「ユーザー設定の書式」を選択して[セルの書式設定]ダイアログの[塗りつぶし]タブで好みの設定を行ってもよい([フォント]タブでフォントの色を設定してもよい)。 これで曜日が入力された列の「土」や「土曜日」のセルに色が付けられる。 同様に、「日」「日曜日」に対しても「条件付き書式」を設定すればよい。 予定表の曜日から自動的にセルの書式設定を行う(4) 合致した文字列が入ったセルの色が指定した色になる。 予定表の日付からセルの書式設定を行う 曜日の列がないような予定表の場合、日付から自動的に曜日を判定してセルに色を付けることが可能だ。 Excelで作成した予定表の日付の列(ここではA列とする)を選択し、[ホーム]タブの「スタイル」項目にある[条件付き書式]のプルダウンリストを開き、[新しいルール]を選択する。 [新しいルール]ダイアログが開くので、「ルールの種類を選択してください」の中から「数式を使用して、書式設定するセルを決定」を選択する。 「次の数式を満たす場合に値を書式設定」の入力ボックスに以下の数式(日曜日を抽出)を入力して、[書式]ボタンをクリックしてセルの色などを選択する。 数式を使用して書式設定をする 曜日の文字列から簡単にセルに書式設定が行えるが、この方法ではその行にセルの色付けを広げることができない。 そのため、数式を使用して書式設定する必要がある。 B列の「土」にマッチさせるには、画面のように設定する。 [条件付き書式ルールの管理]ダイアログが表示され、ここに設定済みのルールが表示されるはずだ。 ルールが表示されない場合は、画面上部の「書式ルールの表示」が「現在の選択範囲」になっており、選択範囲が異なっている可能性があるので、この場合は、プルダウンリストの「このワークシート」を選ぶと、設定済みのルールが表示されるはずだ。 色付け範囲を広げたいルールの「適用先」入力ボックス右側にある上矢印をクリックする。 範囲指定が行えるようになるので、これで適用したい範囲(予定表部分)を選択し直して、[Enter]キーを押す。 [条件付き書式ルールの管理]ダイアログに戻るので、[適用]ボタンをクリックすればよい。 これで、表の該当する行全体の色が変わっているはずだ。

次の