エアコン 冷房 ドライ 違い。 「冷房」と「ドライ」の違い

冷房と除湿(ドライ)って、どっちがお得なの?

エアコン 冷房 ドライ 違い

エアコンが冷房を行う詳しいしくみについては、以下の記事でご紹介しています。 エアコンのドライ(除湿)機能とは 部屋の空気中の 湿度を下げることを最優先とした機能です。 温度が高い程、空気が保持することができる水分量は多くなります。 エアコンは室内の空気を吸い込み、その空気を冷やして空気中の水分を追い出し、追い出された水分は水となりホースで外へ排出されます。 水分をとったあとのさらさらになった空気はまた室内に戻されます。 これを繰り返すことで室内の湿度を下げています。 エアコンの「冷房」と「ドライ(除湿)」の使い分け方は? エアコンの冷房機能とドライ(除湿)機能は上記のようにそれぞれ目的が違うため、以下のように目的に合わせた使い方をしていきましょう。 室内の温度を下げたい時 冷房運転をする 室内の湿度を下げたい時 ドライ(除湿)運転をする エアコンのドライ(除湿)機能は2種類ある エアコンのドライ(除湿)機能は、「再熱除湿」機能と「弱冷房除湿」機能の2つの種類があります。 それぞれの違いは以下のようになります。 弱冷房除湿 部屋の温度を下げつつ(冷房しつつ)部屋の湿度も下げます。 湿度を下げるために冷やされた空気をそのまま室内へ戻しています。 再熱除湿 部屋の温度を下げないよう、湿度だけを下げます。 湿度を下げるために冷やされた空気を再度暖めてから室内へ戻しています。 エアコンの「再熱除湿」と「弱冷房除湿」の使い分け方は? エアコンの「再熱除湿」機能と「弱冷房除湿」機能は以下のように使い分けることができます。 弱冷房除湿 室内気温が高く、室温も湿度も両方下げたい場合。 再熱除湿 室内気温はちょうど良い、または少し肌寒く、室温は下げずに湿度を下げたい場合。 エアコンの「冷房」機能と「除湿」(ドライ)機能を上手に使い分けていきましょう 真夏のように気温が上がらず、湿気が多い梅雨の時期などはドライ(除湿)機能(「再熱除湿」や「弱冷房除湿」)を上手に使うことで快適に過ごしやすくなります。 真夏のように気温が高い日や、気温も高く蒸し暑い日は冷房機能を使いましょう。 また、エアコン冷房やドライ(除湿)を使う季節は電気代が気になります。 電気代を節約していくためには、ご家庭の生活スタイルに見合った電気料金プランを選びましょう。 電気料金プランは、プランごと時間帯別に設定されている電気の単価が異なります。 携帯電話や保険のプランと同じく、電気料金プランもその家庭に一番最適なプランを選ぶことで、電気を安くお得に使っていくことが可能になります。 ご家庭に最適な電気料金プランは、で簡単に診断することができます。 エネチェンジ電力比較でピッタリの電気料金プランを見つけよう ご家庭に最適な電気料金プランを使うことで、これまでよりも電気代を安くできる場合があります。 「エネチェンジ電力比較」では、かんたんな質問に答えるだけで電気料金のシミュレーションを行い、あなたのご家庭にぴったりな電気料金プランをご案内いたします。 もちろん、無料でご利用いただけます。

次の

エアコンの冷房とドライ(除湿)の正しい使い方と効果的な節電方法とは?

エアコン 冷房 ドライ 違い

冷房とドライ(除湿)の違いと正しい使い方 エアコンの冷房と除湿、その違いとはなんなのだろうか?どんな時に使い分ければいいのかを説明しよう。 冷房はもちろん部屋が暑いときに使う。 暑くてジメジメした梅雨時に、なんとなく節電になりそうな気がしてドライを使っていたとしたら、それは間違い。 冷房には気温を下げるとともに除湿効果もあるので、暑いときは冷房を使うのが正しい。 次にドライ(除湿)機能について。 ドライ機能にはさらにふたつのモードがある。 「 弱冷房除湿」と「 再熱除湿」だ。 冷房は空気を冷たくするので、その際に空中の水分は水滴化する。 そのため、冷房をかけると必ず空気は乾燥してしまう。 弱冷房除湿を使うと、除湿になるものの部屋の気温も少し下がる。 はっきり言って、弱い冷房をかけてる状態とほとんど何も変わらないといっていいだろう。 もし部屋にあるエアコンが古いものだと、弱冷房除湿機能しか備えていないかもしれない。 再熱除湿はエアコン内で部屋の空気を除湿した後に空気を温めてから排出するという、なんとも優しい機能を持っている。 この再熱除湿を使えば、部屋の気温を下げることなく除湿だけを行うことができる。 では、機能別の使い方をまとめてみよう。 室内が暑いと感じたら冷房を使う。 暑くないけどジメジメを解消したい梅雨の時期や、室内で洗濯物を干す、冬に結露をどうにかしたいなどの場合は再熱除湿を使おう。 弱冷房除湿については…弱い冷房をかけておけばいいので、 ほとんど存在意義はないッ!! 冷房と除湿はどっちが節電? では、冷房と除湿はどちらが節電になるだろうか? 先ほども説明した通り、冷房機能と除湿機能はまったく同じシステムで稼働している。 その次に普通の冷房。 ただし28度以上の気温設定であれば、弱冷房除湿と同等の消費電力になるだろう。 だって冷やして除湿した空気を、再度温めて部屋に戻しているのだから。 その分、電力を食うのは当然だろう。 まとめてみよう。 暑い夏のエアコン省エネ術 エアコンは稼働させてから部屋の気温を設定温度まで下げるときに、最も電力を消費する。 なので、まめに着けたり消したりすると、余計に電力を食ってしまう。 ジメジメして暑いときは、弱冷房除湿か28度程度の冷房をつけっぱなしにしておくのが最も効果的な節電になる。 それでも暑く感じてしまう場合は、扇風機やサーキュレーターを併用する。 そうすれば冷たい空気が部屋を循環して、少ない電力で快適に過ごせるはずだ。。 また、送風は「自動設定」が一番消費電力の節約になる。 もちろん、エアコンのフィルターがホコリまみれだと、余計に電力を食ってしまうので、夏が来る前に1年に1度くらいはサッと掃除しておこう。 弱冷房除湿か28度程度の冷房をつけっぱなしでOK!• 扇風機やサーキュレーターを併用しよう!• 送風は自動設定で!• エアコンのフィルターを掃除すれば節電効果アップ! 除湿と冷房の機能を使い分けて、快適な夏を過ごそう。 おすすめ記事:.

次の

エアコン代、ドライが冷房より高いって本当?|【enepi

エアコン 冷房 ドライ 違い

ドライ機能ってどんな機能? そもそもドライ機能を利用する事で室内環境がどう変わるのか、よくわかっていないという人も多い事でしょう。 エアコンが必要な夏場、ドライ機能を利用しても部屋が劇的に涼しくなるわけではないので、それならいっその事冷房機能を使って、はっきりと涼しくしたい人が多いのも頷けます。 しかしドライ機能の利点を知らないのはとてももったいない事です。 なぜならドライ機能は、冷房機能とは別の点で、室内環境を劇的に改善してくれる機能だからです。 まず簡単にいうと、ドライ機能は室内の『湿度』を下げる機能です。 梅雨など雨が多い時期は、それほど暑くないのに肌がべたつき不快感を感じる事がよくあります。 それらは空気に含まれる湿気が肌に付着するのが原因ですが、ドライ機能はそういった不快なジメジメ感の元である『湿気』を、部屋から追い出す事に特化した機能なのです。 ドライ機能と普通の冷房機能の違いって何? エアコンの冷房機能が室内の気温を下げる事を最優先とし運転する一方で、ドライ機能は部屋の湿度を下げる事を最優先に運転します。 そのためドライ機能では、空気から湿気を除去する際自然に発生するわずかな気温の低下が起こるのみで、室温はそれほど大きく変わりません。 ドライ機能でエアコンを運転した場合、冷房機能と比べてほんのりとしか室内が涼しくならないのはそれが理由です。 冷房機能とドライ機能、双方とも室温を下げるため、似たような機能と思われがちですが、実のところは似て非なるまったく別の機能なのです。 なおエアコンのドライ機能には『弱冷房除湿』と『再熱除湿』の二種類があり、前述のように室内がほんのりと涼しくなるのは弱冷房除湿の方です。 再熱除湿の場合、湿度を除去し少し冷たくなった空気を、再度室温まで温めてから放出するため、弱冷房除湿のような気温の変化はありません。 冷房機能とドライ機能 どう使い分けたら良い? どちらも気温や湿度を下げ、室内環境を快適にする点でよく似た冷房機能とドライ機能ですが、両者を使用するタイミングには明確な違いがあります。 まず真夏など気温が高く、とにかく部屋の温度を下げたいという時に活用するのがエアコンの冷房機能です。 冷房機能は室内の暑い空気を外へ放出し、代わりにエアコン内部で冷却した空気を室内に放出してくれるため、ドライ機能よりも効率良く室温を下げる事ができます。 一方で、気温はそれほど高くなくても、部屋がジメジメして不快な時に活用するのがドライ機能です。 ドライ機能を使うとエアコンは空気中の湿気を集めて排出し、乾燥した空気を室内に戻してくれます。 そのため室内の気温はそれほど変化せず、ジメジメ感だけが取り除かれるのです。 ドライ機能はまだまだ涼しい梅雨場など「湿気は下げたいが気温はそこまで下げたくない」という時に使う機能といえるでしょう。 梅雨はエアコンのドライ機能がもっとも活躍する季節 湿度が高くなりがちな梅雨は、エアコンのドライ機能がもっとも活躍する季節といえます。 特に少し肌寒いにも関わらず空気がしっとりしているような日は、ドライ機能の『再熱除湿』を利用する事で、室温はそのまま、不快なジメジメ感だけを取り除く事ができます。 また梅雨の期間は雨が多く、洗濯をしても生乾きになりがちです。 そういった時はドライ機能を活用し、部屋干しする事で洗濯物を効率的に乾かす事ができます。 ほかにも少し肌寒さを感じる夜、秋口の台風が多い時期など、冷房機能を使うと涼しくなりすぎるような時は、ドライ機能を利用する事で快適に過ごせます。 またドライ機能の涼感は冷房機能に比べかなりマイルドなので、冷え性の人など、体質的に冷房そのものが苦手な人にもおすすめできます。 ドライ機能を利用する際の注意ポイント 室内の湿度を下げ、快適な環境をつくるのに役立つドライ機能ですが、利用の際にはいくつか気を付けるべき点もあります。 その一つが電気料金です。 空気から湿度を取り除くだけの『弱冷房除湿』の場合、電気料金は冷房よりも安くなりますが、除湿と同時に部屋の気温を下げないようにする『再熱除湿』機能を使う場合、除湿した空気をエアコン内で再度温める分、冷房機能と比べても電気料金が割高となってしまいます。 電気料金をできるだけ安くしたい場合は、タイミングによってドライ機能の種類や冷房機能を使い分ける工夫が必要となるでしょう。 また洗濯物の部屋干しに役立つドライ機能ですが、冬などそもそも湿度が低い時期は、ドライ機能を使っても室内の湿気を下げる事は出来ません。 ドライ機能が役立つのはあくまで湿気が多い季節だけと覚えておきましょう。 ドライ機能をかしこく使って快適に過ごそう 普段はあまり着目されないエアコンの『ドライ機能』ですがその特性を活かす事で、梅雨から秋にかけて湿気で不快になりがちな室内環境を、劇的に改善する事ができます。 その時々の環境に応じて冷房機能と使い分ける事で、部屋の冷え過ぎや、体調の悪化なども防止する事ができるでしょう。 また部屋の湿度が上がるとカビや細菌が繁殖しやすい環境となり、アレルギーなどの要因にもなります。 ドライ機能の積極的な活用はそれら雑菌繁殖の抑制に繋がり、特に小さな子どもがいる家庭では効果的です。 部屋の湿度を適切に保つ事は快適さだけでなく、健やかな生活にも繋がるのです。 あまり部屋が涼しくならないからとこれまでドライ機能を使ってこなかった人、または梅雨はまだ涼しいからとエアコンを使っていなかった人も、この機会にエアコンのドライ機能を活用してみてはどうでしょうか。

次の