兼近 斡旋。 EXIT 兼近大樹は売春斡旋の他に強盗容疑でも逮捕!更生に又吉が!|Siru toku blog

EXIT兼近 売春斡旋で逮捕 別の窃盗事件でも逮捕歴 週刊文春は兼近がタレントデビ...

兼近 斡旋

若者や女性から根強い人気を集める「EXIT」の、兼近大樹(右)とりんたろー。 (左)/写真 時事通信社 ネットでは兼近に対する同情的な声が目立つ 今をときめく人気お笑いコンビ「EXIT」の兼近大樹に関する1本の記事が『週刊文春』2019年9月12日号に掲載されて、波紋を呼んでいる。 「吉本ブレイク芸人EXITがひた隠す少女売春あっせんで逮捕の過去」と題されたその記事では、兼近が過去に女子高生の売春あっせんの容疑で逮捕されていて、罰金刑を受けたことと、現金1千万円が入った金庫を他人の自宅から盗んだ疑いで逮捕されたことが報じられている。 記事の中では兼近本人のコメントも紹介されていた。 兼近は売春あっせんを行ったことは事実だと認めた一方、窃盗事件に関しては「事情聴取はされたが逮捕はされていない」と報道内容を一部否認した。 また、犯罪歴が明るみに出たことについて、兼近は「正直嬉しかった」と語っていた。 いずれバレることなので自分から言いたいと思っていたのだが、所属事務所から口止めされていたため、公にすることができなかったのだという。 この報道に関して、ネット上では兼近に対する同情的な声が目立つ。 特に、EXITや兼近のファンの大半は、潔く罪を認めた本人の態度を高く評価していて、犯罪歴を暴き立てた『週刊文春』側の報道姿勢を非難している。 未成年の女性の売春あっせんに携わっていたというのは、社会的にはそれほど軽い罪ではないようにも思えるのだが、兼近がこれほど擁護されているのはなぜなのか。 EXITは服装も言動もひたすら軽いノリの「チャラ男キャラ」で世に出てきた。 だが、『ゴッドタン』(テレビ東京系)に出演したとき、先輩芸人であるおぎやはぎと劇団ひとりの手によって、全然チャラくない真面目な素顔をあぶり出されてしまった。 「チャラ男」というキャラが認知されるより先に、「実は真面目」という素顔の部分の方にスポットが当たったのだ。 兼近は酒も飲まないしタバコも吸わない。 女遊びどころか恋愛経験も少なく、そもそもチャラいところのない人間だった。 ベビーシッターのアルバイトをしていて子供好きの一面もある。 相方のりんたろー。 も老人ホームで介護のアルバイトをしていたこともあり、根は真面目な好青年である。 彼らはそのチャラい外見とは裏腹に「コンプライアンスゴリ守り芸人」を自称している。 暴言を吐いたり不祥事を起こしたりするのは絶対にNG。 2人とももともと組んでいたコンビの相方が不祥事を起こし、解散を余儀なくされた過去を持っているため、芸人として真面目に仕事をすることの重要性を身にしみて分かっているのだ。 「M-1」のような賞レースにさほど興味なし 兼近は実家が貧乏で苦労人だったことでも知られている。 子供の頃には極貧生活を送っていて、空腹時にはティッシュにマヨネーズをかけて食べていたこともあった。 クリスマスの日にはプレゼントをもらえず、「サンタです。 来ました」という手紙だけを受け取った。 クリスマスケーキを買うお金もなかったため、夜空の星の輝きをろうそくの光に見立てて、空に向かって息を吹きかけていた。 そんな兼近は、家計を支えるために中学卒業後は定時制高校に通いつつ、朝は新聞配達、昼は建設現場で働いていた。 だが、それだけではお金が足りなかったため、高校を中退して仕事に打ちこむことになった。 今回、明らかになったのも、そんな貧しい下積み時代に起こした事件だった。 極貧生活を振り返るときも、自らの犯罪歴について語るときも、兼近はいつもカラッとしていてポジティブだ。 見ている人を自然に勇気づけるようなその明るさが好印象を与えている。 また、兼近はお笑いの伝統に縛られない自由な考え方を持っている。 例えば、『M-1グランプリ』などのお笑いコンテストでは「古き良きもの」が奨励されているような気がして、自分はそこに寄りかかりたくはない、という趣旨のことを話していたことがある。 多くの若手漫才師は『M-1』に出ることを大きな目標にしているのだが、兼近はそこに縛られず、今の観客に向けて面白いと思ってもらえるものを作ることにこだわっている。 昨今の吉本騒動に際しても、兼近は自身のツイッターで「チャラ男なのでこれで変わらない会社ならとんじゃうよーー」「会社から芸人にしっかり説明求む!」などと、事務所に対して率直なメッセージを発信していた。 所属事務所の不祥事に関しても、悪いものは悪いと断じるその姿勢は勇敢で大胆だ。 ファンの間では、そんな兼近の明るく強く柔軟なキャラクターが愛されている。 過ちを犯した人がいつまでも責められる世の中は息苦しい。 芸人としての兼近の生き様は、一度間違った道に進んだ人がどのように更生するべきなのかを見せてくれる格好のモデルケースとなっているのだ。 文:ラリー遠田 作家・ライター、お笑い評論家。 お笑いやテレビなどの評論、執筆、イベント企画などを手掛ける。 『教養としての平成お笑い史』(ディスカヴァー携書)、『とんねるずと「めちゃイケ」の終わり〈ポスト平成〉のテレビバラエティ論』(イースト新書)、『逆襲する山里亮太』(双葉社)など多数の著書をもつ。 com.

次の

EXIT 兼近の文春の内容で前科や経歴が判明?兄と父親の現在は?

兼近 斡旋

Contents• (2019年9月5日発売 週刊文春) 【文春報道】EXIT兼近、少女売春あっせんで逮捕の過去 直撃を受けると「簡易裁判で、罰金刑10万円で出てきました」と事実を認めた。 事件について、吉本には以前から話していたという。 — ライブドアニュース livedoornews 兼近大樹(28)が、2011年11月、売春防止法違反の疑いで北海道警厚別署に逮捕されていたことが「週刊文春」の取材で分かった。 引用:文春オンラインより 2011年11月当時、兼近大樹さんは20歳でした。 直接の逮捕容疑は2011年4月で、当時19歳でした。 詳細については次のように解説されています。 (地元記者情報) 「要は、売春の斡旋をしていたのです。 直接の逮捕容疑は同年4月、札幌市の高校3年の女子生徒(当時19)に、携帯電話の出会い系サイトを通じて知り合った男性と市内のホテルでいかがわしい行為をさせ、現金1万5000円を受け取らせたというもの。 女子生徒は『小遣いほしさに男性100人くらいと関係を持った』と供述。 当時、兼近は容疑を全面的に認め、罰金刑の有罪判決を受けています」 引用:文春オンラインより 2019年9月1日の深夜、文春の取材班が兼近大樹さんを直撃すると、あっさりと事実関係を認めたそうです。 「はいはい。 そうです。 簡易裁判で、罰金刑10万円で出てきました」 引用:文春オンラインより そして、安心した表情を見せて、次のように話しました。 「正直いつか絶対バレることなんで、吉本にはずっと話していて。 絶対に誰か気付くんで、それが今、文春さんが知ってくれたということで正直嬉しかったです。 『やっと、今、言えるんだ』って! 吉本からは『誰にも言うな』『絶対ダメ』って言われて」 引用:文春オンラインより 兼近大樹さんは、連日のように過去を暴かれる芸能人を見る度に、大きな不安に押しつぶされそうになっていたそうです。 「ピンポンダッシュをして、わざと捕まり、お腹が空いたと訴え、食べ物をもらう」という、同情をかって空腹をしのいでいたのです。 今だから笑い話にできますが、いけない行為ですよね。 貧乏生活脱出のため高校中退 兼近大樹さんは、母親を支えたいという思いから、高校を中退して働くことを決意します。 朝は新聞配達、昼は鳶職。 毎月10万円を家庭にいれていました。 しかし、兼近大樹さんは 不良グループの一員で、鳶職をしながら夜は不良グループと夜の街で遊んでいました。 兼近さんの周りには、 同じような家庭で育った友人たちばかり。 そしてその環境下で 「歪んだ考え」を抱くことになってしまうのです。 兼近さんは爆報!THEフライデーにて次のように語っていました。 「僕が一緒にいた友達たちは、両親がいない。 それが当たり前。 片親も当たり前。 ちゃんと学校に行って、親からお小遣いもらって何かを買って、そうやって生きている人たちのほうが異常でした。 なんだこいつら。 自分で何かをやったことあるのか。 その習い事は親の習い事でやっているんだろ。 そっちのほうが異常に映っていましたね」 少数派の自分たちが当たり前と思い、多数派のいわゆる普通の道の人たちが異常だと思い、敵対視していた気持ちもあったのかもしれません。 貧しさから生まれた心の歪み。 そのずれてしまった常識が大きな落とし穴となるのです。 知人に誘われ夜の世界にハマる 逮捕のきっかけとなったのは、兼近大樹さんが18歳の時のある誘いでした。 知人に 「夜の店のボーイのバイト」を誘われ、軽い気持ちで誘いにのると、そこは予想だにしないとんでもない世界でした。 しかし、兼近大樹さんは、特にやりたい仕事もなかったので 抵抗がなく、この仕事にどっぷりハマっていきました。 そして自宅に警察が押しかけ、「女性に犯罪行為を斡旋した容疑で逮捕」されました。 夜の仕事の中で何気なくやっていたことが法律に触れていたのです。 まとめると、犯罪を犯す直接的なきっかけとなった出来事は、 更生しようと思ったきっかけは「又吉」と「刑事」? 兼近大樹さんが更生しようと思ったきっかけは「又吉」さんと「刑事」さんです。 2つの偶然が重なり、更生を決意したのです。 ピース 又吉直樹の本との出会い 勾留中、友人からの差し入れの中に一冊の本がありました。 本の内容は、本好きの又吉直樹さんが、自らのエピソードを交えながら、愛読書を紹介するというもの。 どん底でも笑わせてくれる魅力的な世界に、 「芸人になりたい」という夢を抱きます。 兼近さんが初めて夢を持ったのです。 しかし同時に 「自分みたいな人が、無理だそうな」という思いも抱いてしまいます。 刑事が後押し そこで兼近さんの夢を後押ししたのが、 逮捕した刑事さんだったのです。

次の

EXIT 兼近の文春の内容で前科や経歴が判明?兄と父親の現在は?

兼近 斡旋

吉本興業の闇営業騒動が落ちついたかと思えば、売春斡旋で逮捕された過去が週刊文春により発掘されました。 週刊文春によれば、吉本興業のEXIT・兼近大樹氏は、売春防止法違反容疑で北海道警厚別署2011年11月に逮捕されていたのです。 関連記事: 札幌市の高校3年の女子生徒(当時19歳)に、携帯電話の出会い系サイトを通じて知り合った男性と市内のホテルでいかがわしい行為をさせて1万5000円を受け取らせていたとのことです。 文春の直撃に兼近は感謝しながら事実関係をあっさりと認めました。 簡易裁判で罰金刑10万円だったこと、吉本興業に口止めされていたことを白状したのは、潔かったです。 隠蔽と嘘で炎上した闇営業騒動が反面教師になったのでしょうか。 この報道からは、さらなる芸能界の闇を指摘する声もあります。 参考記事: 「コミ力を鍛え、活かすバイトとして、出会い系サイトのサクラをしているミュージシャンや芸人は少なくありません。 女性をメールで演じて、男性をその気にさせるのです。 会いたいと相手の男から懇願されると、実際に会う要員として、自分の周りの女性にアルバイトさせるのです。 人員不足なら、ナンパもします。 出会い系サイトで釣った男女をマッチングさせてブローカーのように稼いでいる芸人もいました。 」(芸能プロダクション関係者) 実際に出会い系サイトサクラから成り上がったミュージシャンも少なくないようです。 「最初からのファンはいません。 偶然ライブを見てくれた人を短時間で魅力するのは、かなりのコミュニケーション力、演出力が必要です。 メールの文だけで相手のハートを掴むサクラは、実践的なトレーニングでした。 歌詞を褒められるけど、出会い系で効き目を試した言葉の集大成なんて、表では言えませんよね。 」(ビジュアル系ミュージシャン) 闇が深いのはわかりましたが、犯罪には関与してはいけません。

次の