プロペシア。 プロペシアジェネリックの効果、副作用、通販で買えるのか?などを調べてみました!

フィンペシアの効果とは?プロペシアとの違いや副作用について

プロペシア

よく一緒に耳にするフィナステリドとプロペシアですが、この2つの違いは何なのでしょうか。 もともと フィナステリドは、 前立腺治療薬として開発されていたものですが、その副作用として 発毛効果があることが分かり、フィナステリドを成分とした薄毛治療薬が新たに開発されることになりました。 そして作られたものがAGA治療薬の プロペシアです。 つまり、フィナステリドとはAGA治療薬の 「成分」の名前であり、プロペシアはAGA治療薬の 「製品名」ということになります。 ですので、基本的に フィナステリドとプロペシアとは同じものと考えて差し支えありません。 しかし、フィナステリドを成分として含んでいるAGA治療薬はプロペシア以外にもたくさんあるということを覚えておきましょう。 フィナステリドの最大の効果は、薄毛を引き起こす原因である ジヒドロテストステロンの生成を抑制する効果があるとされています。 さらにフィナステリドには、 頭皮の皮脂の分泌を抑える働きがあるようです。 頭皮の皮脂は過剰に分泌されると毛穴のつまりを起こしてしまうため、抜け毛の原因となりえます。 以上がフィナステリドの主な効果となります。 プロペシアは、 成人男性用の薄毛治療薬として米メルク社が開発したものです。 プロペシアの主成分は フィナステリドですので、さきほどのフィナステリドの効果としてご説明したものと同じような効果を得ることができます。 ちなみに、プロペシアの効果を期待できるのは、 男性型脱毛症AGAによる薄毛やハゲです。 例えば、円形脱毛症などのAGAが原因以外の薄毛にはプロペシアを服用しても効果がないとされています。 また、プロペシアには抜け毛を抑制する効果があるとされていますが 、発毛させる効果はあまり期待できません。 発毛の効果を期待するのであれば、プロペシアと併せてミノキシジルを配合した育毛剤や育毛薬の使用をおすすめします。 フィナステリドや プロペシアは、 厚生労働省に正式に薄毛やハゲの治療薬として認可されている医薬品です。 もともとは 前立腺肥大症治療薬として使用されていたフィナステリドが、発毛にも効果があることが発見され、薄毛治療薬として開発され製品化されたものがプロペシアです。 これに対して 育毛サプリメントと言われているものは、分類上は食品に分けられるもので、主に天然由来の育毛に良いと言われている成分を含むものです。 たとえば、 血行促進に効果があったり、 髪の成長をサポートする成分とされているノコギリヤシや亜鉛、カプサイシンなどを含み、おだやかな効果を得ることができると言われています。 フィナステリドやプロペシアはAGA専門のクリニックで処方してもらわなければ購入できないのに対して、育毛サプリメントは薬局やドラッグストア、通販などで購入が可能です。 プロペシアなどのAGA治療薬と育毛サプリメントとの効果を比較してみると、医薬品である プロペシアやフィナステリドの方が効果が高いとされています。 フィナステリドを主成分とするAGA治療薬で一番知名度の高いものといえば、 プロペシアです。 プロペシアは 2005年に厚生労働省に承認されたAGA治療薬で、世界60カ国以上で承認されている飲むタイプの育毛薬になります。 プロペシアは 頭頂部と前頭部の薄毛に特に効果があるとされ、その効果は 70%から80%とも言われています。 プロペシアを服用して最も高い効果が得られるのは、脱毛が始まったばかりの男性型脱毛症AGAです。 プロペシアは、AGAを原因とする抜け毛を予防し、髪を太くして強くする効果があるとされています。 AGAは何もしなければ 確実に進行していく病気です。 最近、抜け毛が増えてきた気がする、髪の毛が薄くなってきた気がすると感じたら、早めにプロペシアの服用を始めた方が高い効果を期待できるとされています。 次にご紹介するフィナステリドを主成分としているAGA治療薬は、プロペシアの ジェネリック医薬品である フィンペシアです。 フィンペシアはインドで製造開発されているAGA治療薬です。 フィンペシアは、日本では まだ認可されていないAGA治療薬になりますので、入手するには、今のところ個人輸入の通販サイトから購入する形となります。 フィンペシアの効果については、プロペシアのジェネリック医薬品ですので プロペシアと同等の効果を期待することができます。 一部の製品には、発がん性があると言われている キノリンイエローが使用されていますので、使用する際には効果と安全性を比較した上で使用してください。 購入価格については、ジェネリック医薬品ということもあり、プロペシアに比較してかなり安くなっています。 三番目にご紹介するフィナステリドを主成分としているAGA治療薬は、 フィナロです。 フィナロは プロペシアのジェネリック医薬品としてインドで製造開発されています。 このAGA治療薬フィナロは、先ほどご紹介しているフィンペシアと同様のプロペシアのジェネリック医薬品ですが、発がん性の疑いがある キノリンイエローが未使用であるところが違いとなっています。 キノリンイエローの発がん性については公式に発表されているものではありませんが、発がん性が気になる方はこちらのフィナロを選択することをおすすめします。 価格については、プロペシアのジェネリック医薬品であるフィンペシアと 同等かやや安く購入できることが多いようですが、購入するには通販などで入手する方法となります。 プロスカーは、そもそもAGA治療薬として開発されている医薬品ではなく 前立腺肥大の治療薬として製造販売されているものですが、プロスカーの主成分としてフィナステリドが配合されていますので、AGA治療に効果があると言われています。 プロスカーの薬の目的は、あくまで 前立腺肥大による症状の改善です。 ですので、フィナステリドの配合量がプロペシアと比較すると、プロペシアが1錠あたり0. 1mgなのに対して、プロスカーは0. 5mgとなんと 5倍となっています。 ですので、フィナステリドが多く含まれている分、 副作用のリスクも高くなることが懸念されます。 AGA治療薬として服用する際には、錠剤を割って飲む人が多いようです。 こちらも日本では未認可の医薬品になりますので、購入は通販サイトでの個人輸入のみとなります。 フィナステリドやプロペシアの臨床試験において報告されている 副作用としては、 性欲減退や 勃起機能不全などがあります。 フィナステリド含有薬に対しては、ED、勃起不全、射精不全が副作用として注意書きに記載されています。 これらは、実証されているわけではなく メンタルの影響もとても大きいものですので、あまり気にしすぎないように注意してください。 その他のフィナステリドやプロペシアの副作用としては、精子数の減少やじんましん、倦怠感、肝機能障害などが挙げられます。 精子数の減少については、 服用を中止しても改善されないと言われているため、子作り中の男性やこれから子供を設ける予定のある男性は、気を付けるべき副作用になります。 これらのフィナステリドやプロペシアの副作用の発症率はごくまれですのであまり心配しなくて大丈夫ですが、もし少しでも体に違いや異変を感じたり、不安に思うことがあれば、すぐに医師に相談するようにしてくださいね。 プロペシアやフィナステリドの服用は、 成人男性が対象となっています。 女性は使用することはできません。 もし女性が、とくに男児を妊娠中の女性がフィナステリドやプロペシアを服用した場合には、男児の生殖器に異常を起こす危険性があると言われています。 このリスクはとても高く、服用しない場合でも プロペシアの錠剤に触れるだけで、有効成分が体内に入り、胎児に影響を与える可能性があると言われています。 また、未成年の服用も禁止されています。 男性型脱毛症AGAの治療にとても効果があるプロペシアやフィナステリドですが、女性には男性と違い、効果がないどころかとても 危険性の高い医薬品です。 女性で薄毛に悩んでいても決して服用しないように気を付けましょう。 プロペシアと一緒に 厚生労働省から認可を受けているAGA治療薬が、 ミノキシジルです。 ミノキシジルは、もともと 高血圧治療薬として使われていた薬で、血管を拡張させる効果があります。 血管が拡張されることで、頭皮の血行が良くなって、毛乳頭細胞や毛母細胞などの働きも活性化し 発毛サイクルが活発になると言われていて、結果として、発毛や育毛に効くとされています。 プロペシアが 抜け毛を抑制する効果があるのに対して、ミノキシジルは 新しい髪の毛を発毛させる効果にすぐれているとされています。 ですので、プロペシアとミノキシジルを合わせて使用すると、 相乗効果があると言われています。 ただ、ミノキシジルは効果が高いのですが、 副作用のリスクも大きくなります。 ミノキシジルの副作用には、血圧の低下や体毛が濃くなる、全身のむくみ、体重増加などがあります。 特に血圧にリスクを抱えている方にはおすすめできませんので、ミノキシジルを使用したい場合には、医療機関で相談するようにしましょう。 ちなみにミノキシジルにはプロペシアのように経口摂取する ミノキシジルタブレットと、育毛剤のように頭皮に塗布する リアップなど外用薬の2種類があります。 デュタステリドもフィナステリドやプロペシアと同じAGA治療薬ですが、その効果の高さはプロペシアと比較すると 1. 5倍とも言われている効果の高い成分です。 それに比べてデュタステリドには 両方の働きを抑える作用があるとされています。 これが、デュタステリドがプロペシアやフィナステリドと比較してAGA治療効果が期待できると言われている理由です。 デュタステリドの製品名は ザガーロというもので、プロペシアで効果があまり実感できていない方にはザガーロへ切り替えを行うことで、より発毛が期待できるとされています。 ただし、効果が高い分、デュタステリドは 副作用も強いとされていて、性欲減退や勃起不全、初期脱毛などの副作用が多数報告されています。 チャップアップサプリは、人気育毛剤のチャップアップと同じメーカーから販売されている育毛サプリメントで、医薬品ではなく食品に分類分けされるものです。 このチャップアップサプリには、 ノコギリヤシや フィーバーフューをはじめ、 亜鉛酵母、 カプサイシンなど育毛に効果があるとされる成分が全部で 23種類もぜいたくに配合されています。 これらの成分は天然由来の成分ですので、 基本的に副作用はないとされていますので、副作用が怖いという方にはぴったりの商品です。 チャップアップサプリは、サプリメントだけでももちろん使用できるのですが、育毛剤のチャップアップと一緒に使用すると 相乗効果が得られると言われています。 定期購入コースで購入すると割引価格で購入できたり、 全額返金保証もついているので初めての方でも安心して試すことができるサプリメントです。 フィナステリドやプロペシアを購入する方法として、最も正統な方法は や病院を受診して処方してもらう方法です。 AGA専門のクリニックや病院で処方してもらうメリットとしては、処方の前には必ず医師の診察や検査を受けることになりますので、自分が AGA治療薬を服用しても大丈夫な体質かどうか、またはそもそも 薄毛やハゲの原因がAGAであるかどうかなどを知った上で使用することができます。 また、服用中にもし副作用があらわれた場合などもすぐに指示を仰ぐこともできますし、なにより医師の管理下の元での服用ですので、 安心感が違います。 反対にAGA専門のクリニックや病院で処方してもらうデメリットとしては、保険が効かないので比較的 価格が高いこと、また定期的に通院が必要なので 手間がかかることが挙げられます。 フィナステリドやプロペシアを購入するもう一つの方法は、通販サイトなどで 個人輸入をして入手する方法です。 インターネット上で検索すると、数多くの 個人輸入通販サイトが見つかりますが、これらの通販サイトでフィナステリドやプロペシアを購入することができます。 通販サイトでAGA治療薬を購入するメリットは、 価格面にあります。 通販サイトで購入すると、AGA専門クリニックで処方してもらう 数分の一の価格で購入することができます。 AGA治療は一度始めると半永久的に継続しなければならないものですので、 コストパフォーマンスはかなり重要なポイントになります。 通販で安い価格で購入できれば、長く続けなければならないAGA治療の負担も軽くできると考えられます。 では、通販サイトでAGA治療薬を購入するデメリットにはどんなものがあるかというと、AGA治療薬そのものの 品質の信頼性にあります。 基本的に通販サイトでは海外の業者から輸入したものを購入するという形になりますが、 AGA治療薬の品質が保証されているものではありません。 AGA治療薬は、直接体に入れるものですので、劣悪な商品が届く危険性を考えるとあまり おすすめはできません。

次の

プロペシアの効果と副作用について最低限知っておくべき3つのこと

プロペシア

よく一緒に耳にするフィナステリドとプロペシアですが、この2つの違いは何なのでしょうか。 もともと フィナステリドは、 前立腺治療薬として開発されていたものですが、その副作用として 発毛効果があることが分かり、フィナステリドを成分とした薄毛治療薬が新たに開発されることになりました。 そして作られたものがAGA治療薬の プロペシアです。 つまり、フィナステリドとはAGA治療薬の 「成分」の名前であり、プロペシアはAGA治療薬の 「製品名」ということになります。 ですので、基本的に フィナステリドとプロペシアとは同じものと考えて差し支えありません。 しかし、フィナステリドを成分として含んでいるAGA治療薬はプロペシア以外にもたくさんあるということを覚えておきましょう。 フィナステリドの最大の効果は、薄毛を引き起こす原因である ジヒドロテストステロンの生成を抑制する効果があるとされています。 さらにフィナステリドには、 頭皮の皮脂の分泌を抑える働きがあるようです。 頭皮の皮脂は過剰に分泌されると毛穴のつまりを起こしてしまうため、抜け毛の原因となりえます。 以上がフィナステリドの主な効果となります。 プロペシアは、 成人男性用の薄毛治療薬として米メルク社が開発したものです。 プロペシアの主成分は フィナステリドですので、さきほどのフィナステリドの効果としてご説明したものと同じような効果を得ることができます。 ちなみに、プロペシアの効果を期待できるのは、 男性型脱毛症AGAによる薄毛やハゲです。 例えば、円形脱毛症などのAGAが原因以外の薄毛にはプロペシアを服用しても効果がないとされています。 また、プロペシアには抜け毛を抑制する効果があるとされていますが 、発毛させる効果はあまり期待できません。 発毛の効果を期待するのであれば、プロペシアと併せてミノキシジルを配合した育毛剤や育毛薬の使用をおすすめします。 フィナステリドや プロペシアは、 厚生労働省に正式に薄毛やハゲの治療薬として認可されている医薬品です。 もともとは 前立腺肥大症治療薬として使用されていたフィナステリドが、発毛にも効果があることが発見され、薄毛治療薬として開発され製品化されたものがプロペシアです。 これに対して 育毛サプリメントと言われているものは、分類上は食品に分けられるもので、主に天然由来の育毛に良いと言われている成分を含むものです。 たとえば、 血行促進に効果があったり、 髪の成長をサポートする成分とされているノコギリヤシや亜鉛、カプサイシンなどを含み、おだやかな効果を得ることができると言われています。 フィナステリドやプロペシアはAGA専門のクリニックで処方してもらわなければ購入できないのに対して、育毛サプリメントは薬局やドラッグストア、通販などで購入が可能です。 プロペシアなどのAGA治療薬と育毛サプリメントとの効果を比較してみると、医薬品である プロペシアやフィナステリドの方が効果が高いとされています。 フィナステリドを主成分とするAGA治療薬で一番知名度の高いものといえば、 プロペシアです。 プロペシアは 2005年に厚生労働省に承認されたAGA治療薬で、世界60カ国以上で承認されている飲むタイプの育毛薬になります。 プロペシアは 頭頂部と前頭部の薄毛に特に効果があるとされ、その効果は 70%から80%とも言われています。 プロペシアを服用して最も高い効果が得られるのは、脱毛が始まったばかりの男性型脱毛症AGAです。 プロペシアは、AGAを原因とする抜け毛を予防し、髪を太くして強くする効果があるとされています。 AGAは何もしなければ 確実に進行していく病気です。 最近、抜け毛が増えてきた気がする、髪の毛が薄くなってきた気がすると感じたら、早めにプロペシアの服用を始めた方が高い効果を期待できるとされています。 次にご紹介するフィナステリドを主成分としているAGA治療薬は、プロペシアの ジェネリック医薬品である フィンペシアです。 フィンペシアはインドで製造開発されているAGA治療薬です。 フィンペシアは、日本では まだ認可されていないAGA治療薬になりますので、入手するには、今のところ個人輸入の通販サイトから購入する形となります。 フィンペシアの効果については、プロペシアのジェネリック医薬品ですので プロペシアと同等の効果を期待することができます。 一部の製品には、発がん性があると言われている キノリンイエローが使用されていますので、使用する際には効果と安全性を比較した上で使用してください。 購入価格については、ジェネリック医薬品ということもあり、プロペシアに比較してかなり安くなっています。 三番目にご紹介するフィナステリドを主成分としているAGA治療薬は、 フィナロです。 フィナロは プロペシアのジェネリック医薬品としてインドで製造開発されています。 このAGA治療薬フィナロは、先ほどご紹介しているフィンペシアと同様のプロペシアのジェネリック医薬品ですが、発がん性の疑いがある キノリンイエローが未使用であるところが違いとなっています。 キノリンイエローの発がん性については公式に発表されているものではありませんが、発がん性が気になる方はこちらのフィナロを選択することをおすすめします。 価格については、プロペシアのジェネリック医薬品であるフィンペシアと 同等かやや安く購入できることが多いようですが、購入するには通販などで入手する方法となります。 プロスカーは、そもそもAGA治療薬として開発されている医薬品ではなく 前立腺肥大の治療薬として製造販売されているものですが、プロスカーの主成分としてフィナステリドが配合されていますので、AGA治療に効果があると言われています。 プロスカーの薬の目的は、あくまで 前立腺肥大による症状の改善です。 ですので、フィナステリドの配合量がプロペシアと比較すると、プロペシアが1錠あたり0. 1mgなのに対して、プロスカーは0. 5mgとなんと 5倍となっています。 ですので、フィナステリドが多く含まれている分、 副作用のリスクも高くなることが懸念されます。 AGA治療薬として服用する際には、錠剤を割って飲む人が多いようです。 こちらも日本では未認可の医薬品になりますので、購入は通販サイトでの個人輸入のみとなります。 フィナステリドやプロペシアの臨床試験において報告されている 副作用としては、 性欲減退や 勃起機能不全などがあります。 フィナステリド含有薬に対しては、ED、勃起不全、射精不全が副作用として注意書きに記載されています。 これらは、実証されているわけではなく メンタルの影響もとても大きいものですので、あまり気にしすぎないように注意してください。 その他のフィナステリドやプロペシアの副作用としては、精子数の減少やじんましん、倦怠感、肝機能障害などが挙げられます。 精子数の減少については、 服用を中止しても改善されないと言われているため、子作り中の男性やこれから子供を設ける予定のある男性は、気を付けるべき副作用になります。 これらのフィナステリドやプロペシアの副作用の発症率はごくまれですのであまり心配しなくて大丈夫ですが、もし少しでも体に違いや異変を感じたり、不安に思うことがあれば、すぐに医師に相談するようにしてくださいね。 プロペシアやフィナステリドの服用は、 成人男性が対象となっています。 女性は使用することはできません。 もし女性が、とくに男児を妊娠中の女性がフィナステリドやプロペシアを服用した場合には、男児の生殖器に異常を起こす危険性があると言われています。 このリスクはとても高く、服用しない場合でも プロペシアの錠剤に触れるだけで、有効成分が体内に入り、胎児に影響を与える可能性があると言われています。 また、未成年の服用も禁止されています。 男性型脱毛症AGAの治療にとても効果があるプロペシアやフィナステリドですが、女性には男性と違い、効果がないどころかとても 危険性の高い医薬品です。 女性で薄毛に悩んでいても決して服用しないように気を付けましょう。 プロペシアと一緒に 厚生労働省から認可を受けているAGA治療薬が、 ミノキシジルです。 ミノキシジルは、もともと 高血圧治療薬として使われていた薬で、血管を拡張させる効果があります。 血管が拡張されることで、頭皮の血行が良くなって、毛乳頭細胞や毛母細胞などの働きも活性化し 発毛サイクルが活発になると言われていて、結果として、発毛や育毛に効くとされています。 プロペシアが 抜け毛を抑制する効果があるのに対して、ミノキシジルは 新しい髪の毛を発毛させる効果にすぐれているとされています。 ですので、プロペシアとミノキシジルを合わせて使用すると、 相乗効果があると言われています。 ただ、ミノキシジルは効果が高いのですが、 副作用のリスクも大きくなります。 ミノキシジルの副作用には、血圧の低下や体毛が濃くなる、全身のむくみ、体重増加などがあります。 特に血圧にリスクを抱えている方にはおすすめできませんので、ミノキシジルを使用したい場合には、医療機関で相談するようにしましょう。 ちなみにミノキシジルにはプロペシアのように経口摂取する ミノキシジルタブレットと、育毛剤のように頭皮に塗布する リアップなど外用薬の2種類があります。 デュタステリドもフィナステリドやプロペシアと同じAGA治療薬ですが、その効果の高さはプロペシアと比較すると 1. 5倍とも言われている効果の高い成分です。 それに比べてデュタステリドには 両方の働きを抑える作用があるとされています。 これが、デュタステリドがプロペシアやフィナステリドと比較してAGA治療効果が期待できると言われている理由です。 デュタステリドの製品名は ザガーロというもので、プロペシアで効果があまり実感できていない方にはザガーロへ切り替えを行うことで、より発毛が期待できるとされています。 ただし、効果が高い分、デュタステリドは 副作用も強いとされていて、性欲減退や勃起不全、初期脱毛などの副作用が多数報告されています。 チャップアップサプリは、人気育毛剤のチャップアップと同じメーカーから販売されている育毛サプリメントで、医薬品ではなく食品に分類分けされるものです。 このチャップアップサプリには、 ノコギリヤシや フィーバーフューをはじめ、 亜鉛酵母、 カプサイシンなど育毛に効果があるとされる成分が全部で 23種類もぜいたくに配合されています。 これらの成分は天然由来の成分ですので、 基本的に副作用はないとされていますので、副作用が怖いという方にはぴったりの商品です。 チャップアップサプリは、サプリメントだけでももちろん使用できるのですが、育毛剤のチャップアップと一緒に使用すると 相乗効果が得られると言われています。 定期購入コースで購入すると割引価格で購入できたり、 全額返金保証もついているので初めての方でも安心して試すことができるサプリメントです。 フィナステリドやプロペシアを購入する方法として、最も正統な方法は や病院を受診して処方してもらう方法です。 AGA専門のクリニックや病院で処方してもらうメリットとしては、処方の前には必ず医師の診察や検査を受けることになりますので、自分が AGA治療薬を服用しても大丈夫な体質かどうか、またはそもそも 薄毛やハゲの原因がAGAであるかどうかなどを知った上で使用することができます。 また、服用中にもし副作用があらわれた場合などもすぐに指示を仰ぐこともできますし、なにより医師の管理下の元での服用ですので、 安心感が違います。 反対にAGA専門のクリニックや病院で処方してもらうデメリットとしては、保険が効かないので比較的 価格が高いこと、また定期的に通院が必要なので 手間がかかることが挙げられます。 フィナステリドやプロペシアを購入するもう一つの方法は、通販サイトなどで 個人輸入をして入手する方法です。 インターネット上で検索すると、数多くの 個人輸入通販サイトが見つかりますが、これらの通販サイトでフィナステリドやプロペシアを購入することができます。 通販サイトでAGA治療薬を購入するメリットは、 価格面にあります。 通販サイトで購入すると、AGA専門クリニックで処方してもらう 数分の一の価格で購入することができます。 AGA治療は一度始めると半永久的に継続しなければならないものですので、 コストパフォーマンスはかなり重要なポイントになります。 通販で安い価格で購入できれば、長く続けなければならないAGA治療の負担も軽くできると考えられます。 では、通販サイトでAGA治療薬を購入するデメリットにはどんなものがあるかというと、AGA治療薬そのものの 品質の信頼性にあります。 基本的に通販サイトでは海外の業者から輸入したものを購入するという形になりますが、 AGA治療薬の品質が保証されているものではありません。 AGA治療薬は、直接体に入れるものですので、劣悪な商品が届く危険性を考えるとあまり おすすめはできません。

次の

プロペシアの効果まとめ

プロペシア

特徴 プロペシアはAGA治療薬で、ヘアサイクルを正常なものに戻すのを目的とした医薬品です。 抗アンドロゲン(抗男性ホルモン)薬で、丸形で薄い赤色の錠剤が特徴です。 効果 プロペシアの主成分であるフィナステリドはAGA(男性型脱毛症)の原因となる酵素の働きを抑えて髪の生え変わり周期を正常に導きます。 脱毛の進行を遅らせるだけでなく発毛を促す効果も期待できます。 副作用 主な副作用は、ED(勃起不全)、そう痒症、蕁麻疹、発疹、血管浮腫、睾丸痛などがあげられます。 成分量 日本国内においては0. 2mg/1mgの2種類が処方されています。 当サイトでは1mgが購入可能です。 AGA(男性型脱毛症) 有効成分:フィナステリド/Finasteride 1mg• ご注文 プロペシア 1mg 内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文 28錠 プロペシアの特徴 フィンカーはAGA治療薬で、ヘアサイクルを正常なものに戻すのを目的とした医薬品です。 抗アンドロゲン(抗男性ホルモン)薬で、丸形で薄い赤色の錠剤が特徴です。 プロペシアの効果 プロペシアの主成分であるフィナステリドは、AGA(男性型脱毛症)の原因物質となるDHT(ジヒドロテストステロン)の発生を減少させます。 また、脱毛の進行を遅らせるだけでなく、 発毛を促す効果も期待できます。 プロペシアの成分量 日本国内において、0. 2mg/1mgの2種類が処方されています。 個人輸入を行っている当サイトでは1mgの購入が可能です。 プロペシアの開発史 今でこそAGA治療薬として世界各国で高い知名度を誇りますが、最初からAGA治療薬として研究されていたわけではなく、もともとは前立腺肥大の薬として開発が進められていたと言われています。 前立腺肥大の開発を進める過程で、AGA(男性型脱毛症)を改善する効果が確認されました。 フィナステリド1mgの服用でAGAの症状に対して育毛効果が明らかになり、1997年12月22日アメリカで低用量の フィナステリドが初めてAGA治療薬として認可されました。 日本では、2005年10月にAGA治療薬として厚生労働省で承認され、同年12月に発売が開始されました。 その他 プロペシアは世界で初めて医師が処方した薄毛を改善する薬で、AGAが病気として認められるきっかけとなったことでも有名です。 現在、世界60ヶ国以上の多くの方に服用されています。 2015年に成分特許が切れたことで、日本の国内外問わず多くの製薬会社から価格が抑えられたジェネリック医薬品が登場し販売されています。 プロペシアの関連ページ 人気のジェネリック医薬品 ・ フィナステリド商品一覧 ・ お薦め併用商品 ・ 参考サイト 商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。 ・ 服用方法・使用方法 服用のタイミング プロペシアは成分の血中濃度を一定に保つためになるべく 毎日決まった時間に服用してください。 服用量の目安 当サイトで取り扱っているプロペシアの用量は1mgです。 1日1錠を服用してください。 中には効果を強く期待するために決められた用量の2倍・3倍といった量を1度に服用する方がいますが、効果が強く出るわけではありません。 1日で服用できるのは1mgまでとなっています。 推奨用量 男性成人には、通常0. 2mgを1日1回経口投与することが推奨されています。 継続的に服用することで初めて効果が実感できるため、 6ヶ月以上の服用が推奨されています。 副作用 主な副作用 主な副作用は、リビドー減退(頻度1. 1%)、ED(頻度0. 7%)です。 その他に、頻度不明の副作用として睾丸痛、男性不妊、精液の質低下、めまい、抑うつ症、肝臓機能障害などがあげられます。 プロペシアには重大な副作用はないとされていましたが肝臓機能障害が起こる可能性が2007年に報告されました。 有効成分フィナステリドは肝臓で代謝されるため、負担を掛けてしまうからです。 もともと肝臓機能に障害のある方は十分に観察を行ったうえで服用してください。 異常が確認された際には直ちに服用を中止し、医師の診察を受けてください。 併用禁止薬 決済が失敗する場合があります。 まれにカード発行会社の規制により、国をまたいだクレジット決済がエラーとなる場合がございます。 クレジット決済ができない場合には、カード発行会社にご連絡いただき、クレジット決済をしたい旨をお伝えいただくことで決済が可能となる場合がございます。 【ご注意ください】 本来、医薬品のクレジット決済はカード規約で禁止されています。 医薬品である旨を伝えてトラブルになったケースもあるようですので、ご連絡される際には「海外の通販サイトを利用したいので制限を解除して欲しい」という旨だけとお伝え下さい。 請求金額が異なる場合があります。 昨今は外貨の変動幅が大きく、元から円へのエクスチェンジ時に為替差益が発生しており、1~2%前後の手数料が掛かっております。 購入金額以外に、この為替差益がお客様の負担となりクレジット会社から請求される可能性がございます。 ご負担頂いた3%分を当サイトでは、次回購入時に利用頂けるポイントとして付与しております。 こちらをご理解の上で、クレジット決済をお願い致します。

次の