お悔やみ メール 返信。 上司・部下等へのお悔みメールの例文13選|訃報への返信にNGな言葉も

取引先からの訃報メールにどう返信する? NGワードや例文も【ビジネス用語】

お悔やみ メール 返信

「お悔やみの言葉」をメールで伝える時のマナー 近年は日常的なやりとりをメールやSNSで行うことが一般的となり、訃報の連絡がメールで入ったり、ラインなどを通じて知人の訃報を知ったりすることが増えています。 そのような時、メールなどでお悔やみの言葉を伝えてよいのかや、マナーなどを迷う人もいるでしょう。 日常的にメールなどでやり取りをしている間柄であれば、お悔やみの言葉も普段使っているメールやメッセージツールで送ることは問題ないといえます。 逆に躊躇して何もしないより、メッセージを送った方が、相手に追悼の気持ちやねぎらいの素直な気持ちを伝えることができます。 さらにメールは相手の都合のよい時に確認してもらえるため、電話よりも相手に負担をかけないメリットもあります。 ただし、マナーにのっとってメッセージを送るように気をつける必要があります。 お悔やみの言葉をメールで伝えるときのマナーを説明します。 ラインなどで伝える場合も参考にしてください。 お悔やみの言葉は「短く簡潔に」 お悔やみの言葉を伝える時は、哀悼の意を伝える言葉や相手を気遣う言葉を、短く簡潔に伝えるようにします。 メールで伝える時も直接伝える時も同様です。 お悔やみの言葉の表現は「このたびは、心よりお悔やみ申し上げます。 」が一般的な表現です。 この言葉は会社の上司や友人や親戚など、どのような相手に対しても使うことができます。 親しい友人であっても、お悔やみの言葉を伝える時は改まった言い方で伝えましょう。 「忌み言葉」を使わない お悔やみの言葉を伝える時は、死や苦しみなど生死にかかわる言葉・不吉な言葉や、重ねる言葉・繰り返す言葉など、忌み言葉を使わないように気をつけます。 <忌み言葉の例>• 重ね言葉・繰り返す言葉:再び、重ね重ね、ますます、追って• 生死にかかわる言葉:死、死去、急死• 不吉な言葉:苦しみ、浮かばれない、消える 相手に負担をかけないことを心がける 不幸があったばかりの相手には、負担をかけない配慮が必要です。 亡くなった理由を聞いたり、詮索したりする内容はマナー違反です。 メールなどでは返事を求めるような文面や、自分の気持ちを一方的に伝えるような文面は避けるようにします。 返信の負担をかけたくない時は「返信不要」の旨を伝える言葉を添えるようにします。 「お悔やみメール」の文例 お悔やみメールの文例を状況別に紹介します。 メール以外のメッセージツールの場合も参考にしてください。 メールの件名は内容がすぐにわかるよう「お悔やみ申し上げます」なとどします。 一般的な文例 このたびは〇〇様のご逝去の報に接し、心からお悔やみ申し上げます。 無理をされていないか心配しています。 私にできることがあればいつでも連絡してください。 心よりご冥福をお祈りいたします。 〇〇様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます。 突然のことでご落胆もいかばかりかと存じますが、どうぞご自愛くださいますよう。 ご冥福をお祈り申し上げます。 ご主人様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。 ご壮健と伺っておりましただけに、申し上げる言葉もございません。 この度のご不幸を乗り越えられる事を心よりお祈りいたします。 ご冥福をお祈りいたします。 奥様のご逝去を知り、驚いております。 あまりに思いもかけないことで、お慰めの言葉もございませんが、どうかお力を落とされませんように。 心よりお悔やみ申し上げます。 取引先担当者への文例 このたびはお身内にご不幸があったと伺い、心からお悔やみ申し上げます。 心身ともに大変な時だと存じますがどうぞご無理をなさいませんように。 直接お目にかかりお悔やみを申し上げたいところではございますが、メールにて失礼いたします。 謹んでご冥福をお祈りいたします。 上司への文例 ただ今、〇〇様のご逝去の悲報に接し、驚いております。 心からお悔やみ申し上げます。 お気持ちはいかばかりかと、お慰めの言葉もありません。 ご実家が遠方とのことでご弔問に伺えず、心苦しく存じております。 〇〇様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。 なお、ご返信は不要でございます。 やむを得ない事情によりまして、お通夜とご葬儀に駆けつけることができず、大変申し訳なく思っております。 お悲しみの深さを思うと、お慰めの言葉もございませんが、どうかお力を落とされませんよう、願っております。 謹んでご冥福をお祈りいたします。 友人への文例 このたびはお父様のご逝去の報に接し、心からお悔やみ申し上げます。 無理をされていないか心配しています。 私にできることがあればいつでも連絡してくださいね。 ご冥福をお祈りいたします。 お母様のご逝去の報に接し、悲しい思いでいっぱいです。 安らかにご永眠されますよう、お祈りしております。 なお、返信は不要です。 突然の訃報に接し、驚きと悲しみでいっぱいです。 すぐにでも最後のお別れに駆けつけなければならないのですが、参列できず残念です。 心よりご冥福をお祈りいたします。 何かできることがあればすぐに連絡してください。 悲しみいかばかりかと察しています。 お父様の在りし日のお姿を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。 訃報の連絡をメールで受けた時の「返信メール」の文例 訃報の連絡をメールで受け取った場合の、返信メールの文例を紹介します。 上司からの連絡に返信する例文 ご悲報を知り、大変驚いております。 大変な時にご連絡くださりありがとうございます。 仕事についてはどうかお気になさらず、落ち着かれましたらご連絡くださいませ。 心よりご冥福をお祈りいたします。 このたびは突然のことで、心よりお悔やみを申し上げます。 何かお手伝いできることがあればご遠慮なくお申し付けください。 謹んでご冥福をお祈り申し上げます。 友人からの連絡に返信する例文 大変な時に連絡してくれてありがとう。 このたびは突然のことで驚いています。 心よりお悔やみを申し上げます。 無理をしないようにと心配しています。 何かお手伝いできることがあれば、遠慮なく連絡してくださいね。 謹んでご冥福をお祈りいたします。 まとめ 普段気軽に使っているメッセージツールで、生死に関わることに触れるのは気が引けるという人もいるでしょう。 そのような時は、マナーにのっとって、改まった気持ちでお悔やみの言葉を伝えれば、失礼にはなりません。 ただし、メールやラインでお悔やみを伝えた場合でも、次に会った時にお悔やみの言葉を伝えることを忘れないようにしましょう。

次の

お悔やみの言葉の返事例文|直接・電話・メール・手紙・英語|終活ねっと

お悔やみ メール 返信

友達の家族の訃報をラインで知った時の対応は? 友人から「身内が亡くなった」という連絡が来たら、内心とても焦ってしまいますよね。 早く返事しなきゃ…と相手を思いやる気持ちはとってもよくわかります。 訃報の知らせが来たら、すぐに電話で折り返して連絡しようとする方も少なくありません。 ですが、「身内が亡くなる」というのは本当に大変なことなんです。 電話だとすぐには出られないかもしれませんし、相手も気持ちの整理がつかないうちに話ができるのかといえば難しい場合もあります。 その点メールやラインなら、相手の都合のよい時に確認してもらえますし、電話よりも相手の負担は少ないと思います。 なによりも友人の心境を察してあげて、まずはラインで返信してから、落ち着いたときにでも電話をしたり直接会うという風にするといいですよ。 すぐには返信しない方がいい? よく聞く話なのですが、「今は大変だろうから、落ち着いてから返事をした方がいいかな」と気遣ってくれる人っていますよね。 一見とても配慮がある心遣いに思えますが、正直知らせた方としては、返信がない方が気になってしまいます。 「返信ないな・・・重たい話で気を使わせたかな・・・」と思ってしまって、気にしてしまうんですよね。 (自分がそうでした) 長い文章でなくても全然かまいませんので、できればすぐに返信してあげた方がいいかもしれませんね。 お悔やみの言葉をラインで友人に伝える時のマナーとは? お悔みの言葉を使う場面は中々ありませんし、場合が場合なのでマナーなどが気になりますよね。 お悔みの言葉を使う時のマナーとしては、以下の4つのことに気を付けるといいですよ。 読みやすく簡潔に短い文章で• 親しい友人でもお悔みの言葉は改まった言葉で• 忌み言葉は使わない• 理由を聞いたり詮索したりは避ける 1.読みやすく簡潔に短い文章で なにか気の利いた言葉をかけなきゃ! と、ついつい考えてしまいますよね。 きっと落ち込んでいるだろうし、なにかよい励ましや慰めの言葉を・・・と思ってしまいますよね。 ですが相手からしたら、身内に不幸があった時に長文のお悔みメールが送られてきたら、「返信するの大変!」と思ってしまうのではないでしょうか? というより読むのも大変でしょうから、この場合は短く簡潔な文章で、一般的なお悔みの言葉を一文で送る方がよいかもしれませんね。 2.親しい友人でもお悔みの言葉は改まった言葉で ラインで訃報メールがきた時、お悔みの言葉も堅い文よりくだけた方がいいかな? と思ってしまう場合があります。 とくに仲のよい友達であれば、かしこまった言い方に違和感を覚えることもありますよね。 ですがそこは「親しき仲にも礼儀あり」という言葉通り、変にくだけだりせず、改まったお悔みの言葉をかけるようにしましょう。 一般的には「お悔やみ申し上げます」「ご冥福お祈りします」などがあります。 3.忌み言葉は使わない お悔みの言葉ですが、実は言ってはいけない言葉というものがあります。 「死」「苦しみ」など、生死にかかわる言葉などもNGですが、不吉な言葉も使ってはいけません。 重ね重ね、ますます、たびたび、重々、いよいよ、またまた、返す返すも、次々• 追って、再び、続く、なお、浮かばれない 4.理由を聞いたり詮索したりは避ける これが一番気を付けたいマナーだと思うのですが、「亡くなった理由を詳しく詮索しない」ということです。 自分が会ったことのあるご家族の場合や、とても亡くなるとは思わなかったお身内の方だったとき、とっさに「え、なんで!?」と聞きたくなる気持ちはわかります。 ですが不幸があったばかりの相手には、負担をかけない配慮が何よりも必要です。 自分の気持ちを一方的に伝えるような文面は避けるよう心がけましょう。 スポンサーリンク お悔やみの言葉をメールで友達へ伝える例文 家族や身内が亡くなったという大変なときに連絡をしてきてくれた、ということに対して、まずは冒頭でありがとうの気持ちを伝えましょう。 「大変な時に連絡してくれてありがとう」 また、友人の祖父母や親が亡くなる状況というのは、急な事故でもない限り病気が原因でお亡くなりになることがほとんどだと思います。 期間の長さは違っても、身内の看病をしていたであろう友人を労う気持ちを忘れない言葉を添えましょう。 「お身体の調子よくないと聞いていたけれど…急だったね、大変だったよね」 「突然のことで言葉もみつからないけど、お悔やみを申し上げます。 私にお手伝いできることがあったら何でも言ってね。 」 「今は色々大変だろうから、また落ち着いた時にでも連絡してね。 いつでもいいからね」 「これから忙しいかもしれないけれど、あまり無理しすぎないように気を付けてね」 「気持ちが落ち着いたら電話ちょうだい。 いっぱい話し聞くからね」 親や祖父母が亡くなったとき、そばに住んでいなくて遠くから駆け付けなければならない人も多いことでしょう。 そんなときは語尾に 「どうか道中気を付けて」や「疲れの出ないよう、気を付けて行ってきてね」 など付けるとよいですね。 お悔みにラインスタンプは使ってもいい? あくまでも個人的な意見になるのですが、お悔みの言葉をかける時にラインのスタンプを使ってもいいかどうかに関しては、あまりおすすめはしません。 例えば最初に友達が訃報メールにスタンプを使ってきたとしても、それはきっと「重い内容に思わせたくない」という理由があるからかもしれませんよね。 なので相手が使っていたとしても、返事をする方はなるべく言葉だけを送るようにした方が無難ではないかな、と思います。 できれば使わない方がいい言葉 相手も気落ちしているだろうからと「元気をだして」「気を落とさずに」といった言葉を使いたくなることもありますよね。 ですが家族や身内が亡くなっているのに「落ち込まずに元気を出して」と言うのは、この場合相応しくないかもしれません。 祖父母や親が亡くなるというのは、辛い気持ちを処理しきってもないうちから葬儀や相続なども考えなくてはならず、本人の心身の疲労は大変なものになります。 なによりも大事な家族が亡くなった友達の気持ちを考えて、もらったときに相手が一息つけるような言葉を送りたいですね。 お悔やみメール締めの言葉 お悔みメールの締めの言葉ですが、これといった決まりはないものの、言ってもらえると助かる言葉はあります。 相手の性格にもよりますが、お悔みメールの返信の返信もやっぱり気を使うんですよね。 自分の身内が亡くなったことを知らせたメールに対して「この度は・・・」という返信がきたとき、それにまた返信するのも疲れてしまうときがあります。 なので返信の負担を相手にかけたくない時の締めの言葉として使えるのが、「返信不要」になります。 「それと、返信はしなくていいからね」という感じの言葉で締めれば、相手も急いで返さなくていいと思えるので気が楽になります。 友人の家族に不幸があったときの対応まとめ いかがでしたでしょうか。 友人の家族に不幸があったときのお悔みの言葉やマナーなどをご提案してみました。 実は私もつい先日、とても仲のよい友人の祖父がお亡くなりになったというメールをもらったとき、どんな言葉をかけるべきかずいぶんと悩みました。 今でも「もっといい言葉があったかもしれない」と思ってしまったりもしますが、そもそもそんな凝った言葉を求める友達だろうか、と考え直しました。 自分も祖父を2週間の入院だけで急に亡くしたとき色々な言葉を聞きましたが、一番心に残っていたのは 「そっか・・・本当に大変だったね。 」みたいなシンプルなものでした。 一見他人ごとのように見える言葉かもしれませんが、長々と書かれた言葉よりも 「そばに寄り添ってくれる感じ」がする文面でした。 大事な人だから、傷つけないようなメールを送りたいと思う気持ちは大切ですが、それはきっとどんな言葉でもちゃんと相手には伝わるものだと思います。 深く考えすぎなくても、あなたの優しい心遣いは友人にきちんと届きますよ。

次の

お悔やみメール》同僚/返信/友達/友人/友人の父/取引先/親戚/例文/文例/上司/返事

お悔やみ メール 返信

この場合は、頂いたメールへの返信となるため、故人を偲ぶ気持ち・残された家族を気遣う言葉をメールにて伝えても失礼にはあたらないでしょう。 ただし、メールでのお悔やみはあくまでも略式であるということを必ず念頭に置いておかなくてはなりません。 ですから、お通夜やお葬式に参列できる場合や、後日顔を合わす機会がある場合は、哀悼の気持ちを言葉で直接伝えることが正式なお悔みとなることを覚えておきましょう。 お悔やみメールのメリットは、どこにいてもすぐに気持ちを伝えられるというところにあります。 遠方に住まれている方や、会社の取引先の方などすぐに顔を合すことのできない方へのお悔みの場合は、メールで返信という方法もあります。 また、大切な人を失うという悲しい出来事のさなか、さまざまな手続きなどに追われている遺族の状況を考えると、メールでもらった訃報の連絡にはメールでお悔みを伝えても差し支えないと言えるでしょう。 しかし、この場合も追悼の言葉をメールで伝えるということは略式となるので、お通夜やお葬式に参列できない場合は弔電を送るなどし、正式なお悔みをするのがマナーとなります。 先述にもあるように、お悔やみをメールで送るというのは正式な方法ではなく略式です。 そのため、親交のある間柄以外の方へのお悔みメールは、「簡単に済ませている」などの良くない印象をあたえてしまうことがあります。 ですから、友人・同僚・取引先の方などから頂いた訃報の連絡であっても、特に日頃から親しくしている間柄の方にとどめておくことが大切なポイントです。 おや悔みをお伝えする時期は、残された家族はとても深い悲しみの中にいます。 また、葬儀の準備や手続きなどで非常に疲れがたまる時期でもあります。 ですから、追悼の気持ちをメールで送る際は、送り主とお悔やみメールであるということがすぐに分かるようにしておく配慮が必要です。 例として「 名前 です。 お悔やみ申し上げます。 」というようにタイトルを簡潔にし、時間を取らせない気遣いがあるといいでしょう。 理由は、先ほどのタイトルの部分と同じで、心身共に辛い遺族の負担が少しでも少なくなるようにという気遣いです。 まず時候の挨拶などははぶき、お悔やみの言葉を述べます。 そして、相手を気遣う気持ちを丁寧な文章で簡潔に伝えましょう。 最後は、遺族の負担を考え返信は不要だという言葉を付け加えておくと、より配慮のできたお悔みメールになります。 お悔やみメールのマナー4つ目は、忌み言葉を使わないという点です。 メールに限らず、お悔やみの言葉を伝える際は、遺族の心情に配慮し、死を思わせる直接的な表現や不吉なこと・不幸なことが続くことを連想させる表現は使わなようにしましょう。 また、そのような言葉はやわらかく心に届く表現に置き換えて伝えるよう配慮する必要があります。 下記では使ってはいけない言葉の例や置き換えた表現、信仰している宗教別の忌み言葉などをご紹介します。 不幸が続くことを連想させる重ね言葉の例• ・重ね重ね• ・くれぐれも• ・たびたび• ・ますます 不吉なことが起きること・続くことを連想させる言葉の例• ・再三• ・再び• ・繰り返し• ・続いて• ・死を連想させる四 し• ・苦を連想させる九 く• ・消える• ・落ちる 生死を連想させる直接的な表現と置き換え表現の例• ・「死・死去」などは「ご逝去・ご他界」などに言い換える• ・「生きているとき・ご存命中」などは「お元気なころ」などに言い換える 仏教• ・迷う• ・浮かばれない キリスト教・神道・浄土真宗での忌み言葉の例• ・冥福• ・供養• ・冥途• ・往生 仏教では49日の間、冥途を旅しながら死後の世界に行くと考えられているため、その旅を無事に終えてあの世に到着することを祈り「ご冥福をお祈りします」といった使い方をします。 それと比べ、キリスト教は天に召されるという考え方をし、礼拝は神様に向けて行います。 神道も、故人は家の守護神になると考えるため、先祖の神様と一緒に祀ります。 また仏教のなかでも浄土真宗は、冥途をさまようことなく死後すぐに極楽往生するという教えです。 そのためこれらの宗派では、仏教で使う言葉は忌み言葉となってしまうのです。 相手を思いやる気持ちを伝える際に、文字化けをしてしまうとお悔やみが伝わらないばかりか、遺族に不快な思いをさせてしまいかねません。 ですから、お悔やみメールを送るときはどのような機種でも読める文字を使うことや、余計な記号などは使わないということが大前提となります。 友人からの訃報の連絡には、驚きと心配といった気持ちがまず浮かぶのではないでしょうか。 そのような連絡があった場合は、お悔やみの言葉と一緒に、友人の体調や心情に寄り添う言葉や、手助けしたい気持ちを伝えるといいでしょう。 ご主人様 奥様 の悲報を知り、胸がはりさける思いです。 謹んでご冥福をお祈りいたします。 今は、悲しみや不安で何も手に付かないかもしれないけれど、体を壊さないようにしてね。 親にとって子どもを亡くすことは、耐え難い悲しみです。 そのようなときに、不必要な言葉をかけるとかえって悲しみを増幅させてしまいます。 ですから言葉選びは慎重に、いつでも支えになるという気持ちを伝えてください。 また親しい友人が子どもを亡くした場合は、堅苦しく形式ばった言葉ではなく、短くても友人に寄り添った内容のお悔やみメールを送るといいでしょう。 貴社社長様の逝去の報に接し、社員一同驚いております。 社長様のご生前の功績に敬意を表しますとともに、謹んでご冥福をお祈りいたします。 略儀ながらメールにて失礼いたします。 なお、返信はご無用にございます。 丁寧な言葉ということには変わりありませんが、自分の言葉で伝える場合は冒頭のお悔やみの言葉のあと、「無理をしないように」や「仕事のことは気にしないで」などの言葉を添えるといいでしょう。 親しい相手に送るお悔やみメールは、「ご冥福をお祈りします」「いつでも支えるよ」という気持ちが伝わる文面にすれば充分です。 遺族の気持ちを汲み取った言葉がけがポイント! お悔やみメールのマナーや文例についてご紹介しました。 メールはすぐにお悔やみの気持ちを伝えられるツールですが略式であることを忘れず、遺族の辛く悲しい心情に思いを寄せて送るということを心に留めながら利用したいものですね。 こちらを参考にぜひ自分なりのお悔やみメールを考えてみてください。

次の