あずさ トク だ 値。 「えきねっとトクだ値」で申し込んだ後に払戻しはできますか。

えきねっとトクだ値はいつから予約できる?予約方法まとめ

あずさ トク だ 値

目次 Contents• 2019年3月16日からの「えきねっとトクだ値」 2019年3月16日から、トクだ値の割引率が変わります。 それも大幅な割引率の縮小になっており残念です。 2019年3月15日までは「えきねっとトクだ値」の割引率は35パーセントですが、2019年3月16日からは割引率がグッと下がり、10パーセントと大幅に割引率が下がります。 ただ、この「えきねっととくダネ」以外に新しい割引が2019年3月16日から適用されます。 その割引を「お先にトクだ値」といいます。 この「お先にトクだ値」を適用して切符を購入する場合は30パーセントの割引が適用されます。 2019年3月16日以降の割引率をまとめると以下のようになります。 このように「お先にトクだ値」を利用できれば、2019年3月15日以前とほぼ同じ料金でチケットを購入できますが、「お先にトクだ値」を適用できない場合には、値上げとなります。 35%割引が適用できない場合はあずさ回数券を利用していましたが、あずさ回数券も2019年3月16日以降は廃止となるために切符代(電車賃)は値上がりとなります。 「お先にトクだ値」を利用できる場合はどんな時か? このように「トクだ値」と「お先にトクだ値」という割引が適用されますが、適用される条件に違いがあるのか?という点が気になりました。 そこで、違いを調べてみると駅ネットの「お先にとくだ値」の場合は、乗車日13日前の午前1時40分までの販売となります。 (ちなみに、発売期間最終日がシステムメンテナンス日の場合は、乗車日14日前の午後11時40分までの販売) 一方、「トクだ値」の場合は、乗車日当日の午前1時40分までの販売となります。 (乗車日当日がシステムメンテナンス日の場合は、乗車日前日の23時40分までの販売) このように乗車日の13日前までにえきねっとから新宿駅から松本駅間のチケットを購入するのであれば「お先にとくだ値」の30%割引が適用されます。 「トクだ値」はお正月でもお盆でも適用されるか? あずさ回数券を利用していた場合ですが、お盆の期間やお正月の期間で利用できない期間の設定がありましたが、駅ネットの「トクだ値」については、お盆でもお正月でもGWなどの大型連休期間も関係なく割引が適用されます。 この点はありがたい点ですので、利用するのであれば早目の申込をしておくのがよいです。 自分自身も事前申し込み期間に申し込みをして、お正月でも「とくダネ」の割引が適用できたことがあります。 ただし、1か月前の事前に申込期間に申し込みをしておくのがよいかと思います。 そこで、座席数について調べてみましたが「得だ値」や「お先に得だ値」で購入できる座席数は公表されていませんでした。 ただし、2019年3月16日からの「あずさ」の座席について大きく変わる部分があります。 それは「自由席」の廃止です。 それにより「全席指定席」となります。 と考えると、対象となる座席は増えることになり13日前に購入するのであれば「お先にトクだ値」で購入できる可能性は結構あるのではないかと思います。 また、このように全席指定席になった背景としてスーパーあずさの車両として利用されていた「E353系」の車両をあずさでも利用することになり、「E353系」に車両を統一するためです。 そのため、名称も「あずさ」に統一にされるそうです。 「トクだ値」と合わせて利用したいチケットレスサービス このようにインターネットでの申込みとなりますが、さらに2019年3月16日からはあずさでもチケットレスサービスが利用できるとのことです。 このチケットレスサービスを利用することでさらにチケット代を割引することができます。 割引額は1座席につき100円です。 (子どものチケットは大人の半額です) なお、2019年6月30日(日)までは、中央線特急への導入記念キャンペーンとして「あずさ」でチケットレスサービスを利用する場合は300円とのことです。 (2019年6月30日までの申込みと変更操作分が対象です。 例えば、6月29日に7月20日のチケットをチケットレスサービスで申し込めば300円の割引が適用されます。 ) 2019年3月15日以前はチケットの受け取りが必要でしたので、みどりの窓口や券売機でチケットを受け取る必要がありましたが、その必要がなくなるのはありがたいことです。 ただし、チケットレスサービスを利用する場合の注意点としては、スマートフォン(スマホ)・携帯電話からの利用のみということです。 パソコンでは利用ができないので注意が必要です。 「お先にトクだ値スペシャル」という期間限定で5割引きのチケットもある! 中央線特急「あずさ」の「とくダネ」について調べていましたが、その中で偶然「お先にトクだ値スペシャル」という5割引きになるチケットがあることも分かりました。 2019年6月1日から2019年6月30日で新宿、池袋、浦和、大宮発で、東武日光駅もしくは鬼怒川温泉駅までの特急日光、きぬがわ、スペーシアきぬがわが対象です。 片道乗車券と指定席特急券のセットで以下の料金です。 新宿~ 大人2000円 子ども1000円 池袋~ 大人1940円 子ども970円 浦和~ 大人1810円 子ども900円 大宮~ 大人1770円 子ども880円 「お先にトクだ値スペシャル」は「えきねっと」のサイトでも大々的には表示しておりませんでしたが、期間限定でこのようなチケットサービスがあることも知りました。 上記のように首都圏から鬼怒川温泉まで片道の乗車券と特急券のセットで2000円とお安くなっているチケットもありましたので、お得なチケットを見つけられると旅行にも行きやすいかと思います。 最後に あずさ回数券の廃止と運行車両の名称が「あずさ」に統一されました。 それに伴い、あずさの座席が全席指定になり、ますます「えきねっと」からの予約が便利になるかと思います。 さらにチケットレスサービスも開始されスマホが切符の代わりになり、利便性が上がっているかと思います。 これを機に「えきねっと」を利用していただければと思います。

次の

JR東日本、中央線「あずさ」「かいじ」がほぼ半額になる「えきねっと」限定きっぷ。新宿~松本が3300円など

あずさ トク だ 値

特急「あずさ」「かいじ」の運賃・料金 最初に、あずさ、かいじの通常価格は以下の通りです。 「あずさ」「かいじ」主要区間の運賃・料金(大人) 区間 普通車指定席 グリーン車 新宿〜八王子 1,250円 1,770円 新宿〜大月 2,360円 2,880円 新宿〜塩山 3,560円 5,130円 新宿〜甲府・竜王 3,890円 5,460円 新宿〜小淵沢 5,320円 6,890円 新宿〜茅野 5,650円 7,220円 新宿〜上諏訪 5,980円 7,550円 新宿〜岡谷 6,290円 8,910円 新宿〜塩尻・松本 6,620円 9,240円 新宿〜南小谷 8,050円 10,670円 大人1名が特急「あずさ」「かいじ」の普通車に乗車する場合の運賃・料金は 東京〜甲府が片道3,890円(往復7,780円)、 東京~松本が片道6,620円(往復13,240円)です。 「あずさ」「かいじ」は全車指定席です。 この価格を頭に入れておきましょう。 えきねっとは誰でも無料で会員になれます。 「えきねっとトクだ値」は、片道の「乗車券+指定席特急券」がセットになっています。 時期により価格は多少変わります。 予約は乗車日当日の午前1時40分までです。 列車・席数は限定です。 予約・購入にクレジットカードが必要です。 予約は乗車日当日の午前1:40までです。 席数は限定です。 予約・購入にクレジットカードが必要です。 設定価格は以下の通りです。 運賃と料金の総額です。 基本ルールは「えきねっと」と同じですが、「お先にトクだ値」は、13日前の午前1時40分にまでに購入しなければなりません。 席数は少ないので、早めに予約しないと買いそびれます。 設定価格は以下の通りです。 運賃と料金の総額です。 往復の乗車券と、東京エリアでのJR線乗り降り自由のチケットが付いています。 特急券は別途購入しなければなりません。 特急券の割引はありません。 東京エリアのフリー乗車券をフル活用するなら「えきねっとトクだ値」よりも割安な場合もあります。 中央線東京週末フリー乗車券の価格 出発地 価格 (大人) 価格 (小児) 信濃大町~豊科 5,700円 2,130円 松本~塩尻 5,290円 1,930円 辰野~上諏訪 4,880円 1,730円 茅野~富士見 4,580円 1,620円 小淵沢・長坂 4,270円 1,520円 韮崎 3,660円 1,220円 竜王~甲府~山梨市 3,360円 1,120円 塩山 3,050円 1,010円 上記のように、小児(こども)はとくに格安に設定されていますので、ファミリーユースにも向いています。 特急料金は別に支払わなければなりません。 広告 えきねっとチケットレスサービス スマートフォンや携帯電話から座席指定が受けられる「えきねっと」のサービスです。 「えきねっと」でチケットを購入し、チケットレスサービスを利用すると、「えきねっとチケットレス割引」として、指定席特急料金より一律100円割引(こどもは50円割引)となります。 座席未指定券は購入できません。 この制度では、「指定席」と「自由席」の区別がなく「全ての座席が指定可能」で、「空いていれば座っていい」という仕組みになっています。 座席指定して乗車しても、座席指定しないで空いている席に座っても、料金は同じです。 ですから、 自由席や自由席料金はありません。 「あずさ」「かいじ」号の格安チケット、割引きっぷまとめ 「あずさ」「かいじ」で最も安い割引きっぷは「 お先にトクだ値」でしょう。 ただ、実質14日前までの予約が必要で、席数も限定なのがデメリットです。 週末に中央線沿線から東京へ往復するなら「 中央線東京週末フリー乗車券」がおトクでしょう。 きっぷの発売枚数の制限もありません。

次の

初めてでも簡単にわかる!えきねっとトクだ値の要点

あずさ トク だ 値

ダイヤ改定後の割引切符については 東京・新宿と甲府・松本を結ぶ中央線の特急列車には「スーパーあずさ」「あずさ」「かいじ」の3つの列車があります。 これら中央特急は高速バスとの競合が激しいために 割引切符も豊富であり、せっかく中央特急を利用するのであれば、これらの割引切符を利用しないのはもったいないです。 この区間で利用できる割引切符は、• えきねっとトクだ値• あずさ回数券(6枚つづり)• 金券ショップの回数券• 中央線東京週末フリー乗車券(乗車券が割引)• 週末パス(乗車券が割引)• 学割(乗車券が割引) との6つがあり、それぞれ利用条件や対象区間、割引率も異なります。 今回は、そんな中央特急で使える割引切符・チケットについて解説していきます。 えきねっとトクだ値 JR東日本が提供しているインターネット予約サービスの「」では、中央特急の列車に割引切符が設定されています。 えきねっとトクだ値の切符は 35%割引であり、 片道の割引切符としては最も割引率が高いです。 トクだ値は乗車券と指定席特急券がセットになっている切符で、指定列車に乗り遅れた場合は後続列車の自由席が利用できます。 また、トクだ値切符は片道切符なので、往復分の切符をえきねっとトクだ値で用意することもできます。 主な区間の料金(通常期)は• 新宿~甲府:2,670円• 新宿~小淵沢: 3,700円• 新宿~茅野:3,910円• 新宿~上諏訪:4,120円• 新宿~松本: 4,480 となります。 なお、えきねっとトクだ値を利用するにはえきねっとの 会員登録(年会費無料)が必要です。 切符を予約するためにはクレジットカード登録も必要ですが、 トクだ値切符は割引率が非常に 高いので、例え1回だけの利用でもえきねっとに登録しておいて損はないです。 あずさ回数券(6枚つづり) あずさ回数券は、指定区間の乗車券と特急券がセットになっており、中央特急の指定席または自由席を利用できます。 また、「あずさ」とありますが 「スーパーあずさ」や「かいじ」も利用できます。 1回分の割引率は約30%前後であり、 えきねっとトクだ値切符とほぼ同等の割引率です。 回数券なので使い勝手はトクだ値切符より良いですが、 GWやお盆、年末年始には使えないので注意しましょう。 また、あずさ回数券は6枚つづりとなっているため、1回だけ利用したい場合には下記の金券ショップのばら売りを買った方が良いです。 あずさ回数券は頻繁に中央特急を利用する方にオススメの割引切符と言えます。 金券ショップのあずさ回数券(ばら売り) 中央線沿線の金券ショップでは上記の あずさ回数券のばら売りが販売されています。 1回あたりの値段は6枚つづりのものより若干高くなりますが、 6枚も使う予定のない方は金券ショップでばら売りの回数券を買った方が良いです。 切符の効力は「あずさ回数券」と全く同じなので、金券ショップで購入したらすぐに使えます。 なお、同じあずさ回数券でも金券ショップによって価格が若干異なります。 中央特急が発着する新宿駅には金券ショップも多いので、少しでも安くしたい方は複数の金券ショップを見て回ると良いでしょう。 中央線東京週末フリー乗車券 週末に中央本線の各駅から東京方面へ行く場合に利用できる割引切符が、この「」です。 往復の割引乗車券に加え、 東京のフリーエリア内は乗り降り自由のフリー切符となるため、東京首都圏の観光の際に役立つ切符です。 ただし、乗車券タイプの割引切符なので 特急券は別に用意する必要があります。 また、利用できるのは土休日の週末限定で、 東京発の逆区間の設定もありません。 切符の購入も利用開始の前日までとなっています。 主な区間の料金は• 松本~塩尻発:5,200円• 茅野~富士見発:4,500円• 竜王~山梨市発:3,300円 となっており、通常運賃で往復する場合に比べて 乗車券が30%~40%ほど安くなります。 中央特急に乗るだけなら他の割引切符の方がお得ですが、フリーエリア内で何度も乗り降りするのであればこちら方が総合的にお得になります。 週末パス 土日祝日の週末に発売されている週末パスには、スーパーあずさの運行区間(新宿~松本)もフリーエリアに含まれています。 (特急券は別途購入) 新宿~松本の往復では元が取れませんが、フリーエリアが非常に広いため、あずさ以外にも列車を利用するのであればお得です。 特に、 遠方から訪れる人であれば、普通乗車券より週末パスを利用した方がお得になるかもしれません。 週末パスについては「 」を参考にして頂ければと思います。 学割 学生さんなら学割を利用することで乗車券を安くすることができます。 (片道101キロ以上で2割引) ただし、学割が適用されるのは乗車券のみで 特急券に学割は適応されません。 また、中央特急の場合は上記のような特急券込みで格安の切符があるため、 長距離乗車券でもない限り学割の優先度は低めです。 学生さんで、どうしても他の割引切符が使えないという場合に学割を利用すると良いでしょう。 学割については「 」を参考にして頂ければと思います。 まとめ:トクだ値切符または回数券がオススメ このように中央特急に利用できる割引切符はいくつか種類がありますが、割引率と切符の使いやすさで考えると• えきねっとトクだ値• あずさ回数券/ばら売り回数券 の2つがオススメと言えます。 どちらも割引率は30%前後と非常に高いので、この割引を利用しないのはかなりもったいないです。 割引切符ごとに使い勝手や利用条件が異なるので自分の利用スタイルに合った割引切符を選択しましょう。 以上、参考なれば幸いです。

次の