パフォーマンス モニタ cpu 使用 率。 負荷テスト時のサーバモニタリング方法 ~Windows編~

Mac

パフォーマンス モニタ cpu 使用 率

はじめに Windows管理ツールであるパフォーマンスモニターの使用方法について纏めました。 環境 Windows 10 起動方法 パフォーマンスモニターは以下の方法で、起動することが出来ます。 msc を実行して起動 ・Windows管理ツールから、パフォーマンスモニターのショートカットから起動 利用方法 +ボタンを押下し、カウンターの追加画面を開きます。 収集したいカウンターを選択し、追加ボタンを押下して、完了です。 「説明を表示する」にチェックを入れるとそれぞれのカウンターがどのような情報を取得するためのカウンターかを確認出来ます。 選択したカウンターの状況をモニタリングすることが出来ます。 ログファイルに出力する方法 パフォーマンスモニターに追加出来るカウンターの変化を、データコレクターを作成することで、ログファイルに出力することも可能です。 以下に、データコレクターの作成方法を記述します。 データコレクターには、テンプレートも用意されていますが、ここでは個別で設定する方法を記述します。 「ユーザ定義」を右クリックし、「新規作成」 - 「データコレクターセット」を選択します。 「パフォーマンスカウンター」にチェックを入れ、「次へ」ボタンを押下します。 追加ボタンから、カウンターを追加し、「次へ」を押下します。 ログファイルの保存先を指定します。 「完了」ボタンを押下し、設定は完了です。 すぐにデータ収集を開始する場合は、「このデータコレクターセットをすぐに開始する」を選択します。 作成されたログファイルは、パフォーマンスモニターの左メニューの「レポート」から確認出来ます。 データコレクターでデータ収集中の間は、以下の画面になります。 データコレクターを停止すると、収集した結果を確認出来ます。 カウンターの種類 CPU、メモリ、ディスク、ネットワークにおけるパフォーマンスに問題が発生した場合によく使用されるカウンターについては、を参照してください。 参考リンク ・.

次の

パフォーマンスカウンタから値を取得する

パフォーマンス モニタ cpu 使用 率

操作方法 メモリ消費量をリアルタイムにウォッチしたい場合 パフォーマンス モニターの使用方法は以下のとおり(Windows 7 以降の場合)。 グラフ上を右クリックし [プロパティ] を選択• [パフォーマンス モニターのプロパティ] ダイアログを設定し、[OK] をクリック• ウィザードが開始されるので、順番に設定• 名前、データ コレクター セットの作成方法:手動 を選択し、[次へ]• [パフォーマンス カウンター] にチェックを入れて [次へ]• [追加] ボタンをクリックし、前述の 4. を操作• サンプルの間隔を設定し、[次へ]• ログファイルの保存場所を設定し、[次へ]• ログを開始する場合は、[このデータ コレクター セットをすぐに開始する] を選択し、[完了]• 作成したデータ コレクター セットを右クリックし、[開始] を選択。 終了したら [停止] を選択• 2015年12月17日追記 久しぶりにメモリ消費量を確認することがあったのでキャプチャを取り直して説明を追記しました。 この記事が当サイトで最も閲覧されてるようです。

次の

CPUパフォーマンスモニタの表示

パフォーマンス モニタ cpu 使用 率

ハード ページ フォールトを解決するためにディスクから読み取られた、またはディスクへ書き込まれたページの数です。 このカウンターは、システム全体の遅延を引き起こすフォールトのプライマリ インジケーターです。 通常、アプリケーションが要求する ファイル システム キャッシュ内および非キャッシュのマップされたメモリ ファイル内のフォールトを解決するために引き出されたページを含みます。 パフォーマンス データの収集時にディスクに残っている要求の数です。 この値は、収集時に処理中の要求も含みます。 この値は瞬時のスナップショットで、時間間隔での平均値ではありません。 複数のスピンドル ディスク デバイスは同時に複数の要求をアクティブにできますが、ほかのコンカレント要求は処理が待機中になります。 このカウンターが表示するキューの数値は一時的に高くなったり低くなったりしますが、ディスク ドライブへの負荷が持続している場合、値は常に高くなる傾向にあります。 要求は、キューの長さとディスク上のスピンドルの数の差に比例して遅延します。 パフォーマンスがよくなるには、この差は平均して 2 より小さくなる必要があります。 このカウンターはプロセッサの処理状況を示す主な指標で、サンプリング間隔で計測されたビジー時間の平均割合をパーセントで表示します。 プロセッサがアイドル状態かどうかの判断は、システム時計の内部サンプリング間隔 10 ミリ秒 で実行されます。 処理負荷に基づくタイマー アプリケーションは、サンプルが取得された直後にタイマーが通知されるため正確に計測されない可能性の高いアプリケーションの一例です。

次の