リゼロ 名言 ヴィルヘルム。 リゼロ 20話 感想 ヴィルヘルムとテレシアの回想よくわからん ネタバレ

『Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)』名言・名場面ランキング結果 ~心に残る言葉の力~

リゼロ 名言 ヴィルヘルム

ヴィルヘルム スバルがを助けに行くのを手助けするヴィルヘルムが放ったセリフ 「男が女に会いに行くのを誰に邪魔されてなるものか!」 ヴィルヘルム、やっぱカッケーー! テレシアとのことがあるから、痛いほど響く言葉。 俺は君の力になりたいんだ。 」 「私、、ハーフエルフ。 魔女と見た目が似てるからって色んな人から疎まれるし嫌われてるの。 ホントにすごい嫌われてるの。 」 スバル 「見てた。 知ってる。 見る目のねぇ奴らだよ。 」 「人付き合いの経験が少ないから友達とかいないの。 非常識で世間知らずだから変なこと言っちゃう時もあるし。。 王様にならなきゃいけない理由だって、すごく、すごーく自分勝手で。。 」 スバル 「が誰になんと言われて、自分で自分をどう思っていようと俺は君が好きだよ。 大好きだ。 超好きだ。 ずっと隣にいたい。 ずっと手を繋いでたい。 君が自分の嫌いなところを十個言うなら、俺は君の好きなところを二千個言う。 俺は君をそうやって、俺の特別扱いしたいんだ。 」 「、、されて嬉しい特別扱いなんて生まれて初めて。 どうして二千個なの?」 スバル 「俺の気持ちを表現するのに百倍じゃ足りねぇからだよ。 」 「嬉しい。 本当に、嬉しい。 誰かに好きだなんて、言ってもらえる日がくるなんて考えたこともなかったから。 私、どうしたらいいの?スバルがそうやって、私に気持ちを伝えてくれてるのに私、、なにをしたらいいのか分からないの。。 」 スバル 「焦んなくていいよ。 別にすぐに答えを欲しがっちゃいないから。 いずれちゃんとした形で、しかもOKもらうのは俺の中で決定事項なんだし。 」 「いいのかな。 私が、、私なんかがこんな嬉しいことばっかりもらって。 こんなに幸せな気持ちで、贅沢な思いなんかして。。 」 スバル 「いいじゃん、しようよ贅沢。 幸せなんかいくらあったって困りゃしないんだし、溢れ返って余ったら配ったらいいさ。 ゆっくりでいいよ、。 ゆっくりじっくりのんびりと、俺を好きになってくれたらいい。 君の隣を歩きながら、君をメロメロにできるように頑張るから。 」 「ありがとうスバル。 私を、助けてくれて。 」 スバルがに自分の想いをストレートに伝える、ただそれだけの物語。 この瞬間のために、スバルは戦い、今までの自分の過ちを素直に認め、たくましく成長しました! 本当に素晴らしい物語でした!!! 第2期も超楽しみ!!.

次の

Re:ゼロから始める異世界生活の名言・名セリフまとめ│名言格言.NET

リゼロ 名言 ヴィルヘルム

アニメ Re:ゼロから始める異世界生活21話「絶望に抗う賭け」見たので感想書きます。 個人的に印象に残ったのはこの14個• 諦めない男、ナツキスバルのセリフがかっこいい• レムがさらっと変態発言「スバル君の臭いを嗅ぐのはレムの特権です!」• ヘータローの顔芸がちょっと怖いw• 白鯨がヴィルヘルムを出産w「オギャアァァァーーーー」• クルシュの演説がすごい!士気を折られた男たちが顔を上げる• アルヒューマを使ったタオパイパイ移動法• ヴィルヘルムの名言「眠れ とこしえ(永久)に」• ヴィルヘルムが声にだしてテレシアに伝える事ができなかった言葉「おまえを愛している」• クルシュのセリフがかっこいい「敵対するときがきたとて、最後まで敬意を払い、友好的である」• 琴線(きんせん)に触れるとは?• ペテルギウス戦にヴィルヘルム参戦• レムの英雄は世界一 1個ずつ取り上げて感想書きたいと思います。 この記事はアニメ Re:ゼロから始める異世界生活21話「絶望に抗う賭け」のネタバレを含みます。 出産?w クルシュの演説がすごい!士気を折られた男たちが顔を上げる 「 立て!顔をあげろ!武器を持て!あの男を見ろ、あれは武器もなく非力で、吹けば飛ぶような弱者だ。 打ち倒されるところを、私もこの目で見た無力な男だ!他の誰よりもあの男が一番弱い!そんな男がまだやれると、誰よりも吠えている。 それでどうして、我らが下を向いていられる。 むしろ「ごちそうさま」はスバルの発言のほうが正しい気がするが…笑 「 助かった」 「 ごちそうさまです」 「 何言ってんの?」 「何言ってんの?」という素のスバルがなんかおもしろかった。 ヴィルヘルムの名言「眠れ とこしえ(永久)に」 ヴィルヘルムのかっこいい名言2つ 「 我が妻テレシア・ヴァン・アストレアに捧ぐ」 「 眠れ、永久(とこしえ)に」 ヴィルヘルムが声にだしてテレシアに伝える事ができなかった言葉「おまえを愛している」 おそらくヴィルヘルムは一度も「 愛している」って言葉でテレシアに伝えてなかったんでしょうね。 妻の敵、白鯨を倒した今だからこそ言える「おまえを愛している」すっごく感動しました。 「 私の事愛してる?」 「 …わかれ」 「 言葉にしてほしい事だってあるのよ」 「 いつか、気が向いた時にな」 「 終わったぞテレシア、やっと…テレシア…私は」 「 俺は…. 」 「 おまえを愛している」 クルシュのセリフがかっこいい「敵対するときがきたとて、最後まで敬意を払い、友好的である」 「 雌雄を決する機会がきたとしても、私は卿に対して友好的であろう」 「 いずれ必ず来たる決別の日にあっても、今日の日の卿への恩義を私は忘れまい。 故に敵対するときがきたとて、私は卿に最後まで敬意を払い、友好的である」 琴線(きんせん)に触れるとは? 「 ふっ。 女として、卿をどうこうというところまでは考えていない。 いくらか琴線(きんせん)に触れる場面がないではなかったが、私の心は夢の果てに預けてある」 クルシュがどのくらいスバルに好意を抱いたのかとっても気になったので琴線(きんせん)に触れるの意味を調べてきました。 《琴線は、物事に感動しやすい心を琴の糸にたとえたもの》良いものや、素晴らしいものに触れて感銘を受けること。 引用: たしかに今回のスバルの行動は体張りまくりで俺の琴線にも触れていたよ。 ペテルギウス戦にヴィルヘルム参戦 ペテルギウス戦にヴィルヘルム参戦 これはありがたい!ヴィル爺の心を動かしたナツキスバルは素直にかっこいい。 リカードもミミも参戦してくれるっぽいしめっちゃ心強い。 あと、本当は優しいユリウスも!この戦力で勝てないほうがおかしいでしょ?って思ってしまうがこれだけ戦力を投入しなくてはいけないほどペテルギウスはめっちゃ強いんでしょうね 「 ならばこの老躯、使い潰されるがよろしいでしょう」 「 ナツキ・スバル殿、此度の討伐において この身が今日まで生きながらえてきた意味を全うすること叶いましたのは、貴殿あってのことです。 感謝を。 感謝を。 ここにくるまでどんだけおまえに支えられたと思ってんだ これからもおまえには助けてもらいたい。 だから、今だけは全部任せろ」 「 これからもレムを隣に置いてくれますか?」 「 俺のほうから土下座で頼むぜ」 「 言質取りました、もう引っ込められませんよ」 レムがキメ顔で言った「言質とりました」。 最初、げんち?ってなりました。 意味を知らなかったので載せときます。 言質(げんち)を取る 交渉事などで,後で証拠となるような言葉を相手から引き出す。 引用: 引き出すって書いてあるので誘導尋問みたいなものなのかな。 レムちゃん小悪魔だねえ、あっ鬼だった! レムの英雄は世界一 「 大丈夫だレム、全部まるごと俺がどうにかしてきてやる!」 「 俺はおまえの英雄だ!その一歩を踏むとそう決めたんだ。 だがなんの心配もいらない!鯨狩りもやってのけた」 「 おまえの英雄は超 鬼がかってんだろうが」 「 …はい」 「 レムの英雄は世界一です」.

次の

「Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)」の名言まとめました

リゼロ 名言 ヴィルヘルム

初代剣聖レイドを越える力を持つ歴代最強の剣聖。 騎士の中の騎士と称され、その戦闘能力は作者曰く作中最強。 アストレア家に代々受け継がれる『剣聖の加護』以外にも豊富なを持ち、必要な加護を 望むだけで手に入れられる。 魔法の適性は持たないものの、本気を出した瞬間に大気中のはラインハルトに殺到する。 これにより本気のラインハルトの近くでは魔法が使用不能になる。 また、微精霊が怪我の治療をしてくれるので、やっとの思いで傷を与えても一瞬で回復してしまう。 自身の力に溺れることもなく、周囲への思いやりにも溢れ、正義感も強いという。 しかし、完璧すぎるが故に一般人の心情を理解できない面もあり、そのあり方は「英雄にしかなれない男」とも評されている。 五歳の頃に剣聖の加護を授かり、幼少期から今の人格が完成していたとのこと。 誰に強制される訳でもなく、彼自身が信じる物差しに従って行動しているが、物語の端々でその人格にある闇が示唆されてもいる。 初代剣聖の子孫で、剣鬼と先代剣聖の孫にあたる。 王国の近衛騎士団所属で、同僚のやの親友である。 に対しては出会った当初から友好的だが、その詳しい背景については謎もある。 後にの騎士として王選に参加することとなる。 加護 剣聖の加護 剣聖の加護とは、2代目以降の歴代剣聖が持つ加護で、剣聖だと自覚できる加護、尚且つ斬れないものが斬れる加護である。 アストレア家の血族に引き継がれている。 龍剣を抜くことができ(それでも抜ける時は限られているが)、剣才を最大まで引き出す。 相応しいときになれば次代に加護が引き継がれる。 作者曰く、 『極端な話、ラインハルトは剣聖の加護なしでも大体あのままです』 ひええ。 その他の加護• 揚げ物の加護 : 揚げ料理の加護。 所持していると揚げる調理で究極の腕前になる加護である。 正直使い所があんまりなさそうな加護であり、唐揚げ作りなどで重宝する(しかしながら勿論、異世界に唐揚げなんてある訳がない。 他に揚げ物で美味しいものはあるのだろうか)。 味王の加護 : どんな作業工程を経ても美味しい食事が作れる優れものの加護である。 正直、ダークファンタジーのラノベに必要あるのか?と疑問になるものであり、この加護があれば揚げ物の加護、煮物の加護、焼き物の加護はお役御免である。 活け造の加護 : 魚介類などの盛り付けを美しくできる加護である。 正直、使い所に困る加護であり、この加護を使って活け造をした場合に、異世界の人々に美しさがわかるのか。 甚だ疑問である。 風受けの加護 : 風属性の魔法の効果を8割吸収する加護である。 ラインハルトを化する要因であり、他にも火避けの加護、泥抜けの加護、水捌けの加護、闇払いの加護、光解きの加護などの加護が存在する。 風避けの加護 : 風の影響や抵抗を一切受けず、その加護の効力は繋がれた竜車に対しても反映され、客室も風の影響を受けない。 本当は地竜の加護である。 色々万能なものであるがしかし、加護というのも万能ではなく、地竜の場合は一度加護の効力を発揮したとなると、再度の加護の展開には少し時間がいる。 恐らくラインハルトは再度の加護の展開に少し時間がいらない。 風の子の加護(web版は百薬の加護) : 病理一切を受け付けない加護である。 元気なラインハルトくんの健康の秘訣のようなものであり、この秘訣を真似することは出来ないだろう。 騎獣の加護 : あらゆる動物を乗りこなせる加護である。 『あらゆる』動物に乗りこなせるものであり、人間を乗りこなすことも可能であると考えられる。 他にも数多くの加護を持つ。 騎乗の加護、教育の加護、霧の加護、雲の加護、解毒の加護、再臨の加護、塩の理の加護、仕様の加護、初見の加護、新天の加護、審判の加護、先制の加護、蒼天の加護、続・不死鳥の加護、退魔の加護、鍛錬の加護、綱引きの加護、転写の加護、伝心の加護、泥抜けの加護、盗人避けの加護、煮物の加護、早駆けの加護、光解きの加護、火避けの加護、服飾の加護、不死鳥の加護、武神の加護、湖の加護、水捌けの加護、蒸し物の加護、無手の加護、盛り付けの加護、矢当ての加護、焼き物の加護、夜天の加護、闇払いの加護、矢避けの加護、雷雲の加護、理髪の加護、流血の加護、涙天の加護……などなど 関連タグ ラインハルトの祖母。 先代剣聖 ラインハルトの祖父。 初代剣聖 以下WEB版ネタバレ 祖母テレシアの戦死にはラインハルトが密接に関わっている。 テレシアからラインハルトへの『剣聖の加護』の移動が起こったのは、ラインハルトが五歳の時。 テレシアが息子を守るために参戦した白鯨討伐戦(大征伐)の真っ最中だった。 そして、激戦の中、テレシアの前に1人のが現れる。 戦場にいるはずのない、場違いな少女に違和を覚えたテレシアは即座に斬りかかる。 『剣聖の加護』抜きでも最高峰の剣士としての実力を持っていたテレシアだが、その少女の能力の前に敗北、戦死する。 仮に『剣聖の加護』が残っていたとしても、少女に勝てた可能性は限りなく低いと言わざるを得ないが、彼女の代わりに『剣聖の加護』を授かったラインハルトはヴィルヘルムに対し罪悪感を抱く。 ヴィルヘルムとラインハルトの不和はここに端を発している。 世間的にはテレシアは白鯨に殺されたと認識されているため、この後ヴィルヘルムは家を出て旧姓トレアスを名乗り、敵討ちのため白鯨の撃破に心血を注ぐ。 父ハインケルは同時期に妻が病に倒れた事、自分の臆病による母の死、近衛騎士でありながら五歳の息子に剣で敗北、という三重苦により歪むことになってしまう。 妻の病は「眠り姫」というものであることが明かされている。 「眠り姫」といえばが連想されるが… 5章でラインハルトが、に利用されていたテレシアの亡骸をヴィルヘルムとハインケルの目の前で倒し、祖母を倒したことは間違っていなかったと宣言した事により、ヴィルヘルムとラインハルトの決別は決定的なものとなる。 なお、ラインハルトの実力は未だ全容がはっきりとはしておらず、現状どの世界線でも本気の彼を実力で打倒した者はおろか、拮抗した者ですらほとんど皆無である。 多くのルートで世界を滅ぼした本来の姿 星獣化状態 のパック、ラインハルトと同格とされる「礼賛者」ハリベルと帝国最強の剣士「青の雷光」セシルス・セグムントでさえ討ち取られている。 唯一、のアヤマツスバルのみが精神的な再起不能状態に追い込むことに成功してはいるが、多くの実力者を死に戻りによる謀略で葬り去ったIFスバルたちもラインハルト本人の打倒はついに成し得なかった。 関連記事 親記事 pixivision• 2020-07-17 14:00:00• 2020-07-17 13:00:00• 2020-07-16 18:00:00• 2020-07-16 17:00:00• 2020-07-15 18:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-17 19:23:23• 2020-07-17 19:23:07• 2020-07-17 19:20:23• 2020-07-17 19:18:50• 2020-07-17 19:17:54 新しく作成された記事• 2020-07-17 19:23:23• 2020-07-17 19:18:16• 2020-07-17 18:53:47• 2020-07-17 18:53:22• 2020-07-17 18:49:24•

次の