ブック 放題 ログイン。 【雑誌と漫画の読み放題】ブック放題を1ヶ月使った感想

【完全版】「ブック放題」の詳細や使い方、ダウンロード方法や退会方法まで完全徹底解説

ブック 放題 ログイン

女性ファッション• 女性ライフスタイル・美容• トレンド情報• 実話・娯楽• ビジネス・IT• 趣味・エンタメ• 男性ファッション• グルメ・お出かけ• 暮らし・料理・家事• スポーツ・アウトドア• 旅行ガイドブック Travel Guidebook 国内• マンガランキング 少年・青年マンガ• 少女・女性マンガ• 新刊マンガ雑誌• ハーレクイン特集•

次の

ブック放題

ブック 放題 ログイン

auブックパスとは auブックパス auブックパスとは、60万冊以上の電子書籍が【パソコン・タブレット・スマホ】からいつでも読めるサービスです。 auユーザー以外も利用できる上、もっとも高いプランでも月額562円と雑誌1冊分より安い設定となっているので、大変お得です! まずはauブックパスの基本情報や、プラン内容と料金を解説していきます。 プランの内容と月額料金 auブックパスには無料利用と個別購入のほか、より多くの書籍を読みたい方向けに 読み放題プランが用意されています。 読み放題プランには「 マガジンコース」と「 総合コース」があり、それぞれ以下のようにコース内容が異なります。 ただし、マガジンコースと総合コースの共通対象書籍である雑誌はどちらも同じ収録内容となっています。 月1冊でも雑誌以外の書籍を読みたい方は総合コース、雑誌のみの方はマガジンコースを選択するとよいでしょう。 コインの料金 auブックパスでは読み放題プランだけでなく、「 個別購入」も選択可能です。 個別購入は、「ブックコイン」と呼ばれる専用のコインを使用することで、auブックパスに収録されている約60万冊の書籍からお好きなものを1冊ずつ購入できます。 ブックコインの購入方法は、「 都度コイン購入」または「 月額コインプラン」による毎月自動チャージの2パターンから選択可能です。 各プランの詳細は以下の表でご確認ください。 都度コイン購入とは100円からコインを購入でき、「プラス1000」のコースからは購入額に応じてボーナスコインが付与される購入方法です。 毎回自分でコインを購入する手間が省けるだけでなく、ボーナスコインの量も都度購入より多く設定されている点が特徴です。 期間内に使い切れなかったコインは自動的に失効してしまいますので、ご注意ください。 auユーザーではなくても利用可能 uブックパスは「au ID」でのログインをしなければ、上記で説明した読み放題コースおよびコイン購入を利用できません。 ただし、「au ID」はauユーザー以外の方でも「」から簡単に取得できますので、お持ちでない方はこちらから取得してみてください。 またauブックパスでは「au ID」が無くても3,000冊以上の無料作品を読むことができます。 無料作品は読める話数や作品に限りがありますが、auブックパスのサービス内容を知りたい方は、まず無料作品からスタートしてみるのがオススメです。 月額料金は、auブックパス、楽天マガジンのどちらも380円で読み放題となっています。 読めるページ数も多い 電子書籍の読み放題サービスは権利の問題により、紙と比べてページ数が削られていることがよくあります。 auブックパスに収録されている雑誌も全ページを読むことはできません。 しかし、楽天マガジンやKindle Unlimitedで配信されている同雑誌の配信ページ数と比較すると、auブックパスの方は読書可能なページ数が多い傾向にあります。 せっかく読み放題プランを契約するのであれば、少しでも多くのページを読みたいもの。 紙の雑誌により近いページ数を楽しみたいという方は、auブックパスを利用してみてください。 マンガ・ビジネス書・実用書・小説・写真集など幅広いジャンルが対象 auブックパスでは、以下のように幅広いジャンルの電子書籍を配信しています。 対象ジャンルの幅広さがわかるよう、他の電子書籍サービスの配信ジャンルと照らし合わせながらご紹介していきましょう。 しかし、 Kindle Unlimitedは10冊までしかライブラリに保存できません。 一方、auブックパスは端末の容量分保存できますので、豊富なジャンルの書籍を何冊も保存できるというメリットがあります。 電子書籍はダウンロード後の読書が基本ですので、配信ジャンルの幅広さだけでなく保存数も重要です。 30日間の無料期間内に解約すれば料金が発生しない 初回30日間無料 現在auブックパスでは、 読み放題の「マガジンコース」または「総合コース」の初回加入者に限り、30日間の無料期間を設けています。 無料期間内に解約をすれば月額料金がかからないため、「契約を決めかねているけど利用してみたい」という人も、気軽にauブックパスのサービスを楽しむことができます。 ただし、 30日以内に解約をしなければ契約は翌月も自動継続となり、月額料金が課金されますのでご注意ください。 ・雑誌の配信が遅い ・マンガは読み放題が少なく旧作がメイン ・アプリの使い勝手が悪い それぞれ細かく確認をしていきましょう。 雑誌の配信が遅い auブックパスの「マガジンコース」に掲載されている雑誌は、 紙媒体の発売日より遅れて配信される傾向にあります。 ただし、遅れる日数はわずか数日なので「雑誌が発売されるのと同じタイミングで読みたい!」と思う方以外からすると、そこまで大きなデメリットではないでしょう。 マンガは読み放題が少なく旧作がメイン コミックのラインナップは新作メインでなく、 旧作がメインです。 また読み放題といっていてもすべての作品が全巻読めるわけではなく、途中からコインで話を購入しなければならない作品もあるので注意をしてください。 しかし、この仕組みはauブックパスに限った話ではなく、読み放題系のマンガ配信サービス全般にいえることなので、auブックパス特有のデメリットとはいえないでしょう。 アプリの使い勝手が悪い auブックパスのアプリは度々アップデートを行っているようですが、検索をかけても作品がヒットしなかったり、カテゴリ分けが大雑把だったりと、まだまだ改善の余地があります。 またストアページが重いため、ページ間移動に時間がかかったり、ダウンロードに時間がかかったりする点もデメリットです。 auブックパスは非常に便利なサービスなので、ぜひアプリ改善に力を入れていただきたいですね。 <月額コインプランを解約する方法> 1. トップ画面から「マイページ」に移動 2. マイページ内にある「月額コース解約」を選択し、解約手続きを行う 読み放題プランの料金は、 日割り計算で計上されます。 そのため読み放題プランを契約していた方は、解約をすると解約日前日までの料金を支払うこととなるので、覚えておきましょう。 ただし30日以内の解約であれば無料期間内なので、費用はかかりません。 解約後はダウンロード済みの作品も読めなくなるので注意 auブックパスの書籍は、基本的にダウンロードをしてマイページ内の「本棚」へ保管していく形となります。 一度ダウンロードをした作品はインターネット環境が無い場所でも読書可能ですが、 解約後はダウンロード作品がすべて見られなくなるので注意してください。

次の

Yahoo!プレミアム会員なら雑誌やマンガが読み放題

ブック 放題 ログイン

ブック放題は、ソフトバンクグループの読み放題サービスです。 いわゆる「雑誌読み放題サービス」の1つですが、ブック放題は漫画も読める点に特徴があります。 「ブック放題」を試して1ヶ月経ちましたのでレビューします。 dマガジン:月額400円:雑誌200誌以上• 楽天マガジン:月額380円:雑誌200誌以上 雑誌読み放題といえば、上記3サービスが定番です。 ブックパスはau会員限定なので省略。 上記3サービスは、誰でも加入できます。 100円追加で漫画が読める ブック放題は、他のサービスより月額で100円高くなりますが、漫画を読めるメリットがあります。 (人によっては旅行ガイドもメリットかも知れません) 漫画を読みたい人にとっては、お得なサービスです。 Kindle Unlimitedとは別ジャンル 読み放題といえば、Amazonの(月額980円)が有名ですが、別ジャンルのサービスです。 Kindle Unlimitedは現在のところ有名雑誌は少なくて、一般書籍のラインナップに強みがあります。 ブック放題のような雑誌読み放題サービスは、有名雑誌が揃っていて、「有名雑誌が読み放題のサービス」なのです。 また、お勧め記事のピックアップもあり、最新トピックを斜め読みできるようになっています。 Yahoo! ウォレットのクレカ登録はデビットOK 次に、決済方法についてですが、けっこう盲点になっている点について紹介。 ブック放題は2つの決済方法しかありません。 ソフトバンク会員は携帯電話料金と合算• 一般会員はYahoo! ウォレットのみ。 一般会員はYahoo! ウォレットが必須となります。 盲点となるのは、 Yahoo! ウォレットの引き落し先はクレカ登録が必須だという点です。 口座引き落としは不可だった 私はYahoo! ウォレットの引き落しは「ジャパンネット銀行の口座引き落とし」を指定していたので、「クレカを登録をしてください」という案内がでました。 クレカは無駄遣いが激しくなるので登録したくない。 そこで、ジャパンネット銀行のVISAデビットを引き落し先にしたら、問題なく加入できました。 クレカを持っていなかったり、使いたくない人は、Yahoo! ウォレットの引き落し先をデビットカードにしてみてください。 1ヶ月無料だけど決済登録は必要 ブック放題は1ヶ月無料のお試し期間があります。 しかし、決済の登録は必要です。 1ヶ月でやめるつもりの人も、必ず決済方法を登録しなくてはなりません。 これはどこも一緒だと思いますが。 雑誌を読んだ感想 最初に誰でも感じることだと思いますが、固定レイアウトの雑誌を読むのは不便です。 これはブック放題だけでなく、他の雑誌読み放題サービスも同じです。 雑誌の電子書籍は慣れるまで時間がかかる 雑誌のレイアウトをそのままPCモニタで読むのは、ちょっと読みずらかった。 縦と横のスクロールを小まめに動かす必要があります。 普通のWEBサイト(ブログ)を読んでいるときのようにスムーズには読めません。 これは慣れの問題だと思いますが、「雑誌読み放題」を楽しむためにはこのハードルを越える必要があります。 価格的にはお得感が半端ない 価格面ではかなりお得です。 月額500円ということは、雑誌1冊程度です。 その金額で、170誌以上の雑誌を読めるわけです。 たとえば、紙の週刊東洋経済は1冊690円(税込)です。 ブック放題なら500円で、東洋経済だけでも1ヶ月4冊読めます。 しかも、東洋経済だけでなく、「ダイヤモンド」「ニューズウィーク」「エコノミスト」など有名どころがたくさんある。 雑誌のラインナップを観て、 1冊でも普段から買っている雑誌があるなら、加入する価値があります。 こんなサービスが普及したら、紙の雑誌は売れなくなりそうです。 普段読まない雑誌を読んだら面白かった 「週刊ポスト」「週刊現代」「FRYDAY」「FLASH」といったオジサンが読む週刊誌を読んでみました。 この手の雑誌はほとんど読んだことがなかったんですが、読んでみるとけっこう面白い。 週刊誌は芸能ネタばかりではないと初めて知りました。 オジサンが好きそうな渋いコラムがたくさんあります。 「雑誌読み放題サービス」は、新しい雑誌を気軽に読めるのがいいです。 漫画もなかなかのラインナップ 漫画のラインナップは、2017年10月に終了したヤフーブックストアの読み放題に近いものがあります。 私が観たかぎり、ブック放題の方が充実している感じがしました。 この1か月間に読んだ漫画。 ナニワ金融道• ギラギラ• 国が燃える 時間がなかったので、有名どころを少し読んでみました。 ラインナップは入れ替わる 読み放題の漫画は入れ替わります。 本宮ひろ志の「国が燃える」が面白かったんですが、全巻読み終わる前にラインナップから消えてしまいました。 現在ラインナップにある漫画をずっと読めるとは限りません。 その他 Hな漫画は男女ともにたくさんあります。 以前のヤフーブックストアの読み放題とは違って、堂々とラインナップしていました。 ブック放題はコスパが良い 雑誌だけを読むなら、dマガジンや楽天マガジンの方がラインナップが少し多いし、月額費用も少し安いです。 しかし、ブック放題なら雑誌と漫画の両方が読めて、まずまずのラインナップなので、コスパの良さを感じます。 本当は1ヶ月の無料期間でやめるつもりだったんですが、 雑誌のお得感がすごいので、しばらく続けようと思っています。 漫画についても、有名な著者のタイトルがあるので、けっこう長く楽しめそうです。

次の