まぶた かさかさ。 まぶたの乾燥|お医者さんに聞くカサカサ・皮むけ対策!ワセリンは?

子供の目の周りのカサカサ対策!息子に試したおすすめ保湿もご紹介

まぶた かさかさ

薬は自分で判断せず診察をして処方してもらうのがおすすめです。 市販でも薬は買うことができますが、目の周りだけにもし適切でないものだったら炎症など起こしては大変です。 しかし、皮膚科に行って処方されるステロイド系の軟膏は症状はよくなりますが、後でトラブルが出る可能性もあります。 塗り方に注意が必要です。 できるだけ薄く塗るようにして、症状が回復したら即使用中止するのがいいです。 また、花粉による目の充血で眼科へ受診されてる場合は眼科でも塗り薬は出してくれるところもあります。 同じ診療所なら診察に行く手間もはぶけますから一度病状をおっしゃってみるのもいいです。 薬以外の対策 まぶたのかゆみとガサガサは皮膚の乾燥を直せば落ち着きます。 充分に保湿することで対策できます。 目の周りは専用のリムーバー(アイメイクリムーバー)を使われていると思いますが、アルコールは肌に刺激が強いですのでアルコールフリーのものに変えましょう。 洗顔時に熱めのお湯を使うことで顏に必要な皮脂まで落としてしまいます。 水、または水に近いぬるま湯でこすらずに丁寧に洗いましょう。 保湿は充分にしてくださいね。 まぶたのかゆみなどで今使っている化粧水がしみるなどのトラブルがあるなら治るまで使用を中止して敏感肌用の化粧水を使うことをおすすめします。 >>> 部屋に加湿器をおくことで花粉も防げるし肌の乾燥対策に効果があります。 塗れたタオルを部屋につるしておくだけでもいいです。 肌の乾燥を防ぐためにワセリンを塗る人も多くいますが、それは保湿が十分にできた肌に使って初めて効果があるというものです。 というのも油で膜をつくるから内側からの水分を出さないかわりに外からの水分も吸収できません。 また、直接日差しを浴びたら酸化してシミの原因となることもありますので注意が必要です。 通勤には花粉対策用のメガネを利用することでも直接花粉も防げるし乾燥も防げます。 保水シートをつけるタイプのメガネやゴーグルもあります。 花粉症で顔がかゆい時の化粧の仕方は? 顏がかゆいからといってメイクをしないのは直接花粉が顏に付着するので良くありません。 メイクの仕上げはパウダーファンデーションやフェイスパウダーでさらっとした質感のものにすれば花粉が付着しにくいです。 メイクブラシを持ち歩いておけばいつでも掃って落とせます。 パウダリーファンデやBBクリームを使ったとしても仕上げはパウダータイプを使うようにしましょう。 保湿にはミストを持ち歩くといいです。 外を歩く時にはメイクはさらさらファンデーションを使い、オフィスではミストで適宜、水分を与えることで乾燥防止になるし、かゆみが抑えられます。 また、春はメイクの新作、新色が販売される季節ですね。 でもメーカーを変えたり違うものをつかうことで皮膚の刺激になりかゆみがさらに悪化する可能性もあります。 治るまでは今使っているメイク用品で我慢しましょう。 まとめ.

次の

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎はいつわかる?症状と原因、治療法を小児科医が解説

まぶた かさかさ

タイトルのままなんですが、9月上旬くらいから 目の周りだけが異常に乾燥して、 皮がぽろぽろ剥がれ落ち、 洗顔したらぴりぴり痛いし、 化粧水はすべてがしみるんです。 鼻とかは普通にテカってくるくらいなのに。 原因として自分で考えられるのは、 1.夏、少々日焼けした。 2.栄養が偏っている。 3.26歳。 お肌はかなり曲がり角。 と、全く心当たりがないわけではないのですが、 どうしていいものか困っています。 今のところは夜寝るときに 化粧水+保湿クリーム+ワセリン を塗っているのですが、 改善の様子は全く見られません。 皮膚科にも行き、もらった薬を塗りましたが、 4日間しか塗ってはダメと言われて、 塗るのをやめたらすぐ元通りです。 乾燥にいい対処法がある! と言う方、ぜひ回答をおねがいします。 あと、化粧の上からする保湿のスプレーで お勧めがある方も是非、おねがいします。 まず、化粧水などを塗ったときにひりひり感を感じたら、それを使うべきではありません。 おそらく現在、目の周りが炎症を起こしているので、こういったときは敏感肌用のものに切り替えても、ひりひりすると思います。 私がひどい時に病院から指導を受けた対処法はワセリンでした。 化粧品も併用してよかったですが、あなたの場合と順番が違います。 まず、洗顔後に肌が濡れている状態でワセリンを塗ります。 このとき、水をはじく形になりますが、それで良いです。 そのあと、はじいた水をそっと上から抑える程度で吸い取ります。 こうすることで、皮膚の中に水分を閉じ込めます。 そのあと、普段使用している化粧品を上から使用しても良いとのことでしたが、私は状態が良くなるまでワセリンのみにしました。 外出時の化粧は、ワセリンの上から粉をはたくのみといわれました。 ファンデーションは禁止されましたね。 ワセリンだけだと、紫外線をかえって吸収しやすくなるので、かならず粉を上からするように言われました。 4日間しか使用できないといわれた薬は、 もしかしたらステロイドかもしれませんね。 それを塗るとその時はいい状態を保てるかもしれないけれど、それに頼らないと生きていけない状態が続く可能性が高くなります。 時間はかかりますが、私は顔からしるが出るほどひどいときも、 先ほどのワセリン療法で治ることができました。 大変だろうけど、がんばってください。 あと私の場合ですが、睡眠不測が続くと悪化します。 年齢的にも忙しいと思いますが、睡眠をしっかりとって、皮脂をとりすぎず、保湿を心がければ治っていくと思いますよ。 皮が剥けるような状態まではなりませんでしたが、ある日突然、洗顔すると顔がピリピリするようになってしまったことがあります。 私の場合は、小さいブツブツが出来て、乾燥で荒れているという感じでした。 洗顔料が合ってないのか、洗顔をやり過ぎて乾燥してるのかと思って友達に相談したら、「顔を洗う水(No. 1)」というのを少し分けてくれました。 一本で洗顔(夜は洗顔料も使いますが)・化粧水の役割を果たしてくれるという物で、「それなら今の症状に良いかも知れないな」と思って使い始めましたが、一日で治りました! 体に使うのは少し高いけどこれは本当に良くて、今もずっと使っています。 皮が剥がれ落ちたということですが、 フケのような感じではなかったでしょうか? 私もまったく同じ状態になって病院にいったら「乾癬」といわれました。 私の親も皮膚の一部が乾癬なので、遺伝だと諦めていますが・・・。 薬も効きません。 なぜならば病気ではなく、皮膚の特徴だからです。 でも、とてもかゆく、赤くはれ上がったり、 いろいろな状態がありますが、ステロイド系の薬を 塗っても、症状を抑えることしか出来ません。 病気ではないので、その都度、対症法で緩和させて 一生付き合っていかなければいけないものです。 私は健康用のニガリを飲んで、この乾癬の症状を緩和できるものと挑戦中です。 ニガリは母なる海のミネラルですから万能薬だと思います。 私の乾癬の初期症状と大変似てると思いました。 皮膚の柔らかい場所を狙って出てきます。 皮膚科では何も言われなかったですか? 辛いですね~。 私も20代前半は肌荒れがひどく、 毎年、顔中真っ赤になってました。 会社に行くのもためらうほどでした。 もう数年前で、当時どうしていたか覚えてないので これだ!といったお答えは出来ませんが、、、 化粧水を変えたらいかがでしょうか。 今の状態ですと、どの化粧水をつけてもダメでしょうが・・・。 荒れているときは、無理をしないことです。 無添加や優しいものを使う方がいいと思います。 基本的にピリピリする物はダメだと思います。 直前まで平気でも、ピリピリしだしたら、 すぐ使用をやめたほうがいいです。 無添加系ですし、肌の弱い方も結構大丈夫のようです。 スキンケア物は、必ずサンプルをもらい試しましょう。 乾燥するからと言っても、肌の調子が完全に悪くなったら (皮が剥けるなど)、無理せずシンプルにケアしてください。 あまり色々つけないほうがいいと思います。 そして、出来るだけ刺激物を摂らない事。 豚足は、肌がしっとりするそうです。 睡眠もたくさん取って下さい。 絶対ダメなのは、お化粧です! 多分してないとは思いますが、化粧してたら治りません。 自分に合った化粧品を探してみてください。 全然お役には立てませんが・・・ 早く良くなることをお祈りします。 花粉、黄砂、髪の毛、化粧品、整髪料の他に植物、家屋や家具からの揮発成分、バッグやアクセサリーが原因になることがあります。 日によって症状が変化する場合はアレルギーであることが一番考えられます。。 季節や気候などが全く関係しないなら細菌 内側わ覆いが外側では少ない や真菌によるとも考えられます。 アレルギー系、細菌系、真菌系と効用のあるクスリは違います。 何処にいってもすぐにこれをはっきり見極めてくれる事は少ないようですが基本的にはこの3タイプでしょう。 アレルギー科で具体的な皮膚症状を見ることは厳しいようです。 駄目だったら皮膚科に行く・・・という順番でしょうか。 特殊な事例を除いて基本的には上述した3タイプなので、アレルギーならホルモン剤系、細菌なら抗生物質、真菌なら抗真菌剤のいずれかが効きます。 抗生物質は目に入ってもいいものが多く出ていて市販もされていたと思いますが、抗真菌剤系では少なかったと思います。 ほとんどがホルモン ステロイド 系か抗真菌系でとりあえず効きくと思います。 ご参考に少しでもなればと。 花粉、黄砂、髪の毛、化粧品、整髪料の他に植物、家屋や家具からの揮発成分、バッグやアクセサリーが原因になることがあります。 日によって症状が変化する場合はアレルギーであることが一番考えられます。。 季節や気候などが全く関係しないなら細菌 内側わ覆いが外側では少ない や真菌によるとも考えられます。 アレルギー系、細菌系、真菌系と効用のあるクスリは違います。 何処にいってもすぐにこれをは... Q とても困っています。 今年の5月ころから目の下の皮膚が赤く炎症を起こし痒くなりました。 (原因がイマイチはっきりしないのですが、その頃仕事の関係でよく泣いて慌てて粉のついた前掛けでゴシゴシと目を拭くという事を毎日のようにしていたのですが目に関係する事で思い当たる事といえばそれくらいしかなく本当にそれが原因かわかりません。 )皮膚科に行って塗り薬(プレドニン眼軟膏0.25%)と飲み薬(レミカットカプセル2mg)をもらって飲んでいるのですが全くといっていいくらい効きません。 軟膏を塗らなくても痒いのですが塗って5分くらいすると必ず痒くなります。 気のせいかもしれないですが塗ったほうが余計痒みが持続するような気がします。 痒み止めの飲み薬もやたら眠いだけで痒くならないわけではないので困っています。 先生からは「目の周りは危険なのでこれ以上強い薬は出せないので痒くなったら冷やして下さい」と言われその度に冷やすのですがいっこうに良くなりません。 思い切って病院を変えようかと考えているのですがそれもありなんでしょうか?目のことを考えるともう一杯いっぱいになっちゃってどうしていいのかわからなくなります。 何でもいいのでどなたかいいアドバイスを教えて下さい。 よろしくお願いします。 とても困っています。 今年の5月ころから目の下の皮膚が赤く炎症を起こし痒くなりました。 (原因がイマイチはっきりしないのですが、その頃仕事の関係でよく泣いて慌てて粉のついた前掛けでゴシゴシと目を拭くという事を毎日のようにしていたのですが目に関係する事で思い当たる事といえばそれくらいしかなく本当にそれが原因かわかりません。 )皮膚科に行って塗り薬(プレドニン眼軟膏0.25%)と飲み薬(レミカットカプセル2mg)をもらって飲んでいるのですが全くといっていいくらい効きません。 軟膏を塗ら... A ベストアンサー 目の下の皮膚ということですが、もっと具体的には、どのあたりでしょうか? もし、下まつげの生え際と、その周辺部なら、単純ヘルペスというウイルスによる感染症が考えられます。 このウイルスは、水ぼうそうの親戚みたいなやつでして、たいていの人は、知らぬまに感染し、唇の縁や、まつげの生え際などに、潜伏しています。 そして、熱が出たりして、体の抵抗力が落ちた時に、発症します。 唇のもので、大きくつぶれてしまったものは、俗に「熱の花」と呼ばれたりします。 homare34さんは、お仕事でストレスを感じられていたようなので、抵抗力が落ちていたのかもしれません。 発症すると、最初は、かなり細かいぼつぼつができます。 それを、掻きむしってしまうと、つぶれて赤くなったり、染み出た滲出液が固まって、かさぶたのようなものがができたりします。 現在、皮膚科で処方されている薬は、免疫力を落して、炎症を押さえるステロイドの眼軟膏と、かゆみを押さえる抗ヒスタミン剤です(飲むと、眠気を引き起こします)。 アレルギーなどの炎症には、よく効くのですが、残念ながら、ヘルペスのようなウイルス感染に使用すると、治るどころか悪化します。 ヘルペスであれば、専用の塗り薬があります。 カキコミだけでは、正確な判断ができませんが、5月頃から、薬をつけ続けても、いっこうに治らないようであれば、アレルギーなどの炎症ではないような気がします。 ステロイド剤は、効果がないのに、長期に渡って使いつづけるのは、よくないですので、病院を変えて、受診してみられてはいかがでしょうか? 目の下の皮膚ということですが、もっと具体的には、どのあたりでしょうか? もし、下まつげの生え際と、その周辺部なら、単純ヘルペスというウイルスによる感染症が考えられます。 このウイルスは、水ぼうそうの親戚みたいなやつでして、たいていの人は、知らぬまに感染し、唇の縁や、まつげの生え際などに、潜伏しています。 そして、熱が出たりして、体の抵抗力が落ちた時に、発症します。 唇のもので、大きくつぶれてしまったものは、俗に「熱の花」と呼ばれたりします。 homare34さんは、お仕事でストレスを... Q 今晩は。 昨年の11月頃から左眼目頭下に痒みがあり、あまり気にも留めずたまにかいていました。 すると目頭が少し切れて周囲の皮膚が赤くなってきた為、皮膚科を受診し、塗り薬(プロペト、サンテゾーン0.05%眼軟膏)を処方され、朝晩塗っていました。 4日程で症状はおさまり治りかけましたが、一週間程して痒みが酷くなり始め、次第に右眼の目尻の上部にも痒みがでて、皮膚が盛り上がり赤く腫れ、かさつきもありました。 プロペトは塗っていましたが、サンテゾーンは痒みが酷いときに塗っていました。 しかし症状は良くならないので、再度皮膚科に受診、薬を変えるとの事で、サンテゾーンからプレドニン眼軟膏になりました。 コレを塗っても痒みが収まらない為(最初は収まるがまた痒みが出る)、今年1月に三度受診し、リンデロンA軟膏に変わりました。 一緒に痒み止めでセチリジン塩酸塩錠10mg「イワキ」をもらい夜飲みました。 プロペトは当初からずっと塗っています。 リンデロンを塗ると痒みは数日で収まりますが、しばらくするとまた痒みが出ます。 医師からは痒みがひどいときに塗るようにといわれました。 それからは、両目のまぶたや目尻周辺、眼の下などに範囲が広がり、痒みが出たり収まったりの繰り返しで、皮膚が赤くなったり、盛り上がりやかさつきなども続いています。 皮膚の赤みが酷いと殴られたよなアザのようになったりします。 リンデロンはあまり長期にわたり使用しないほうがいいといわれたので、痒みが酷いときのみ塗っています。 痒み止めもあまり効果が無かったので一週間ほどでやめました。 最近はプロペトを主に塗っています。 症状が出始めてからまもなく半年になります。 無関係かも知れませんが途中2回ほど結膜炎になりました。 このままの同じ病院で治療を続けてていてもいいのでしょうか?もしくは大きな病院を受診したほうがいいのでしょうか?長文になりましたがどうか宜しくお願いします。 今晩は。 昨年の11月頃から左眼目頭下に痒みがあり、あまり気にも留めずたまにかいていました。 すると目頭が少し切れて周囲の皮膚が赤くなってきた為、皮膚科を受診し、塗り薬(プロペト、サンテゾーン0.05%眼軟膏)を処方され、朝晩塗っていました。 4日程で症状はおさまり治りかけましたが、一週間程して痒みが酷くなり始め、次第に右眼の目尻の上部にも痒みがでて、皮膚が盛り上がり赤く腫れ、かさつきもありました。 プロペトは塗っていましたが、サンテゾーンは痒みが酷いときに塗っていました。 しかし... A ベストアンサー 痒みや腫れをともなう湿疹の原因が分かれば無闇に薬を使わないほうが良いことがお分かりになります。 経験上、痒みがどれほど辛いことか、良くわかります。 しかし、それを承知の上であえて言いますが、ステロイドを使っているといつまでも治らないし、かえって悪化することにもなりかねません。 しかも目の周りは顔の中でもさらに皮膚の薄いところです。 血管を収縮させる力の強いステロイドの影響は大きくなるでしょう。 半年かけても治癒に至らない治療を続けるべきではありません。 その病院では治せない、ということです。 症状が慢性化していますが、患者さん自らがこの治療はおかしい、と判断しないといけないでしょう。 また、同様な薬物治療をする病院でしたら、転院したところで余り意味はないと思います。 湿疹は排泄器官としての皮膚からそこに溜まった体にとっての毒を洗い流そうとしている姿です。 皮膚から毒を排泄するときは大なり小なり赤くなったり腫れたり、痒みをともなった湿疹を作る必要があるのです。 毒出しのために湿疹を作り、排泄すべき毒の量が減ってくるにつれて痒みが減り、赤い部分が小さくなったり、腫れが次第におさまってきます。 分泌物も減り湿疹が次第に小さくなって、ついにはかさぶたになり最期に乾燥して屑がはげてきます。 そうしてカサカサしたあと元の皮膚になっていきます。 皮膚から毒を排泄するため(生体の防衛反応です)にはどうしても体はみずからこういう湿疹を作って毒出し作業をしないといけないのです。 もうお分かりだと思いますが、ステロイドや抗ヒスタミン剤はこの毒を排泄しようとする体の自然の治癒反応(防衛反応)を血管を収縮しヒスタミンの放出を無理やり押さえ込もうとします。 すると症状が一時的に消失しても原因の毒が残ったままですから、薬が切れるとまた体は毒を出そうとしますね。 さらに、ステロイドは新鮮なうちは素晴らしい抗炎症作用を現しますが、長期に使っていると、コレステロール骨格をもったホルモンですので、次第に排泄が困難になり、コレステロールが溜まるのと同じように酸化して皮膚に沈着するようになります。 今度は皮膚に沈着した酸化したステロイドが毒となって、体がそれをも排泄しようとして皮膚に炎症を起こそうとします。 リバウンドというのはこの状態です。 湿疹の治療は基本的には毒が体から出るにまかせることです。 体が許容できる毒の量になれば自然に治癒します。 質問者さんの場合も、薬に頼らなければ、痒い痒い、といってる間にとっくに毒が排出され治っていた可能性があります。 どうしても病院やDrの力が必要なら、西洋医学だけでなく鍼や漢方薬などの東洋医学や他の代替医療にも力を入れ、脱ステロイドを手助けしてくれるDrを探してみることをお勧めします。 湿疹が出来やすくなる体質もあります。 特に過食や甘いものの摂り過ぎ、あるいは運動不足はリンパ球を増やしていろんな抗原に敏感に反応しやすくしてしまいますので注意が必要です。 痒みや腫れをともなう湿疹の原因が分かれば無闇に薬を使わないほうが良いことがお分かりになります。 経験上、痒みがどれほど辛いことか、良くわかります。 しかし、それを承知の上であえて言いますが、ステロイドを使っているといつまでも治らないし、かえって悪化することにもなりかねません。 しかも目の周りは顔の中でもさらに皮膚の薄いところです。 血管を収縮させる力の強いステロイドの影響は大きくなるでしょう。 半年かけても治癒に至らない治療を続けるべきではありません。 その病院では治せない、... A ベストアンサー ステロイドが入っていないものでしたら、アズノールなどがありますが、効果はネオメドロールに劣ります。 ステロイドは抗炎症やかゆみを抑える薬としては効果がたかいものなので。 ちなみに、塗り薬は、目に入る可能性がある薬と、そうでない普通の塗り薬は安全基準が違います。 ネオメドロールEEは目の中に入っても大丈夫なように作られている薬です。 アズノールはそうではありません。 なので、ほんとに目の際にはぬれません。 私はひどいアレルギーではないんですが、花粉の時期だけ、目の際がかゆくなります。 (まぶたの内側と、まつげの生えている細い面が特に痒いです) ステロイドだろうが普通のかゆみ止めだろうが、対症療法でしかないことにかわりはないので、抗アレルギーの目薬を継続的にさすのが一番効果が高いです。 インタールとかザジテンとか、かゆみがひどいときにはステロイドですがフルメトロンなどで補助して。 まつげの生え際は目薬の効果の範囲内ですよ。 ただ、どうしても軟膏がいい場合、私ならネオメドロールEEを選択します。 目用じゃない薬を使うくらいなら、安全性も勝ってますし。 ステロイドは、強さのランクが5段階あり、ネオメドロールは一番弱いランクです。 ステロイドが入っていないものでしたら、アズノールなどがありますが、効果はネオメドロールに劣ります。 ステロイドは抗炎症やかゆみを抑える薬としては効果がたかいものなので。 ちなみに、塗り薬は、目に入る可能性がある薬と、そうでない普通の塗り薬は安全基準が違います。 ネオメドロールEEは目の中に入っても大丈夫なように作られている薬です。 アズノールはそうではありません。 なので、ほんとに目の際にはぬれません。 私はひどいアレルギーではないんですが、花粉の時期だけ、目の際がかゆくなり... Q 大学四年の女子です。 3月に花粉症のせいか両目ともアレルギー性結膜炎と診断され、点眼液を処方されました。 その後結膜炎は治ったのですが、右目まぶたの痒みが始まり、我慢しきれずに軽く掻いてしまったら翌日まぶたが赤く腫れ上がりました。 次の日に腫れは引いたのですが今度は乾燥して赤くなり皮膚が固まっている様子で、この箇所のせいで二重が腫れぼったい一重になってしまいました。 左目の下にも同様の乾燥した症状が現れ、目の周りが乾燥して赤いです。 触るとガサガサで柔い皮の剥けがあります。 花粉で結膜炎もこの様なまぶたの乾燥も初めててとても対処に困っています。 同類の質問に対する回答からワセリンを塗ったり、温めたりしていますが効果はまだ見られません。 まだ3日目ですが、私は就職活動中で面接が五日後にあり今の化粧が出来ない状態がどれくらい続くのかととても不安です。 早急に治したい場合は皮膚科、もしくは眼科に行くべきでしょうか。 アドバイス、体験談などあれば教えて下さい。 A ベストアンサー 元看護士の現役エステシャンです。 下の2人の方が書かれているように、眼科、皮膚科に行けば 軟膏をいただいてすぐに治ると思います。 ただ、気をつけないといけないのはすぐに治る軟膏はステロイド系の 物が多く、後々皮膚トラブルの原因になるものが多いのです。 面接もありすぐに治って欲しいようなので、もし薬を塗る場合は うすーーーーーーく塗ってください。 保湿することもとても大事です。 ヒアルロン酸がたっぷり入った美容液などで保湿し、その後に水分が逃げないよう クリームなどを塗ってください。 以外に保湿ケアで痒みがおさまることが多いです。 本当の美肌を望むのであれば即効性の高いものはオススメしません。 ワセリンは皮膚呼吸を妨げるし、光に当たって酸化した場合シミにもなってしまうこともあるので目元などデリケートな所に塗るのもあまりオススメしません。 保湿できていない上にワセリンを塗ってしまうと、皮膚内に水分も吸収されず、よけいカサカサになってしまいます。 低刺激の良い物をいろいろ使い分けながらケアしてみてください。 私が知っているものは くれえる社のアトピナースシリーズ ラシンシアのATPシリーズがひどいアトピーの方でも使えて良かったです。 元看護士の現役エステシャンです。 下の2人の方が書かれているように、眼科、皮膚科に行けば 軟膏をいただいてすぐに治ると思います。 ただ、気をつけないといけないのはすぐに治る軟膏はステロイド系の 物が多く、後々皮膚トラブルの原因になるものが多いのです。 面接もありすぐに治って欲しいようなので、もし薬を塗る場合は うすーーーーーーく塗ってください。 保湿することもとても大事です。 ヒアルロン酸がたっぷり入った美容液などで保湿し、その後に水分が逃げないよう クリームなどを... A ベストアンサー 私も似た症状が最近でます。 少しアトピー気味で肌が弱いということもあるのですが、目の下だけ、かさかさで赤くなり、ひどい時は赤くじんましんみたいなのがでます。。 しわもすごいです。。 そこで皮膚科に行ったのですが、皮膚科に行くとステロイドの軟膏を処方されました。 使ったら次の日にはかなりよくなってましたが、しばらくすると元に戻りました。。 ステロイドはぶり返すし効果がありすぎて怖いので、今は家にある「アロエ軟膏」をつけるようにしています。 気づいた時にアロエ軟膏を薄く塗るようにしていますが、かなりよくなりました!! やっぱり保湿が大切なようです。。 アイクリーム等も試したことがあるのですが、私の場合目の下だけじんましんが出まくりました。。 よろしければアロエ軟膏ためしてみてください!! もしなければ、その辺の薬局で売っているワセリンでもいいと思います。 アレルギー検査を受けて、アレルギーがあるような抗アレルギー薬の飲み薬でマシになりますよ。 ちなみに花粉症持ちの方なら花粉症でもなります。 皮膚に付く花粉 アレルゲン に反応して肌、特に顔が痒くて腫れて困るのです… 抗アレルギー薬と弱いステロイドで抑えてますが、初めてびっくりするくらいにボコボコに腫れて痒くて寝れないくらい。 一目みた皮膚医が「花粉症あるでしょう?原因それだね」って。 一度皮膚が弱るとそこに出やすくなります、特に目の回りって皮膚が薄いの出やすくなりますね。 ちなみにステロイド使用中は、紫外線対策しっかりして下さい。 シミになりますよ…。 化粧品かぶれする方ならアベンヌのシリーズがアトピーでも使えるのでオススメです。 Q 以前に別のカテゴリーで質問させていただき、 その結果薬剤師さんに聞いたのですが(薬をいただいたところで) 曖昧な返答だったもので もし専門家の方がいらっしゃいましたら お願いしたくこちらで質問させていただきます。 顔のかぶれ?アトピー疑いにて 目の周辺、口の周辺に リドメックスとワセリン混合したものを 1週間の指示で塗布しております。 そこで気になったのですが、 化粧水ってどうしたらいいのでしょうか? 乾燥してしまいますよね。。。 薬を塗ってから化粧水でしょうか? それとも化粧水をしてから薬でしょうか? それともビーソフテンローションなどで 対応したらいいのでしょうか? よろしくお願いします。 A ベストアンサー kurun9911さん こんばんは 薬局を経営している薬剤師です。 前に回答された方の内容にクレームを付けるのは凄く心苦しいのですが、#1さんは間違いを記載されていますので書かせて頂きます。 #1さんが記載されているHPにも書かれてある通り、ステロイド軟膏類の注意点として「細菌やウイルス、真菌(カビ)などによる皮膚感染症には原則用いません。 」が有ります。 これは細菌・ウイルス・真菌(カビ)等による皮膚感染症に間違ってステロイド軟膏類を使ってしまった場合、感染した細菌・ウイルス・真菌(カビ)等を増殖させてしまう可能性が有るからです。 (間違って使ってしまう期間が1週間超えると増える傾向になると言われています。 もちろん使うステロイドの強さにもよりますが・・・)従って極端な例で不潔な状態のひげそりでひげを剃った場合、剃った場所に細菌・ウイルス・真菌(カビ)等が付いてしまう場合が有ります。 そう言う場所にステロイド軟膏類を塗布してしまうと、最悪細菌・ウイルス・真菌(カビ)等が増えて感染症を起してしまう場合が有ります。 従って原則用いないんです。 ステロイド軟膏類を「化粧下」に使った場合ですが、角質が薄くなる・色が抜けた様に肌が白くなる等の俗に「ステロイド肌」と呼ばれる肌になってしまう場合が有ります。 日本の場合では多くの女性は色白を好みますから、安易に色白の肌になれると言う事で昔は間違った使い方として「化粧下」に長期に使っていた方もいた様です。 しかしステロイド軟膏類と言えどもステロイドを内服する程ではないにしろ、体内に無いステロイドを取り込む事には何ら代わらないですよね。 ステロイドを「化粧下」に使っていて「ツヤツヤ・色白・きめ細かさ・滑らかな肌(つまり「ステロイド肌」です)」になって「美人になれたわ」と勝手な勘違いをしている間に不必要なステロイドを過剰に摂取している事になっているんです。 従って「化粧下に代用してはいけない」と言う注意があるんです。 以上よりお解りになったと思いますが、「患者の化粧下、ひげそり後などに使用することのないよう注意する事」と言う注意がある事と化粧水を使って良いかどうかは全く関係が無い事がお解りになったと思います。 従って#1さんの記載内容は、全くの嘘です。 では化粧水を何時使うかですが、お使いのステロイド軟膏類が「軟膏」なのか「クリーム」なのかによって違って来ます。 化粧水を使う意味は、肌の奥まで水分を浸透させる事によって乾燥から守った潤いのある肌にする事ですよね。 化粧水の水分が肌の奥まで届かないと意味がない事になります。 先程「軟膏」なのか「クリーム」なのかによって違うと言いましたが、軟膏類は薬の成分(例えばステロイド)を白色ワセリン等の「軟膏基材」に混ぜて作られています。 その「軟膏基材」の性質で「軟膏」や「クリーム」が有るんです。 「軟膏」とは簡単に言うと脂の軟膏基材を使って作っています。 脂はご存知の通り水を跳ね返す作用が有りますよね。 従ってステロイド軟膏を使った後に化粧水を使っても、基材の脂に跳ね返されて肌の奥まで化粧水が届く事が難しくなります。 「クリーム」とは軟膏と違って脂の基材を使っていない関係で、べたつきが無いのが特長です。 そしてクリーム基材は水分との親和性の良い基材ですから、ステロイドクリームを塗布した後に化粧水を使っても肌の奥まで化粧水が届く事になります。 ところでkurun9911さんもご存知の通り、アトピーはアレルギーが原因の1つと言われています。 従って、お使いの化粧水にアレルギーをお持ちでない事を前提にお使い下さいね。 色々長々書きましたが、何かの参考になれば幸いです。 kurun9911さん こんばんは 薬局を経営している薬剤師です。 前に回答された方の内容にクレームを付けるのは凄く心苦しいのですが、#1さんは間違いを記載されていますので書かせて頂きます。 #1さんが記載されているHPにも書かれてある通り、ステロイド軟膏類の注意点として「細菌やウイルス、真菌(カビ)などによる皮膚感染症には原則用いません。 」が有ります。 これは細菌・ウイルス・真菌(カビ)等による皮膚感染症に間違ってステロイド軟膏類を使ってしまった場合、感染した細菌・ウ... Q ここ一週間ほどずっと、肌の調子が最悪で 1 いつも使っている化粧品がピリピリするようだ 2 化粧ノリが悪い 3 赤みのあるボコボコがでた 見た感じはニキビのような赤い腫れになっている とても痒いし、日に日に増えていくような気がする 白ニキビになったところもある。 とにかく痒くてつらいです。 普段、できない箇所にまでボコボコがある 特に頬、顎がひどい。 4 肌がいつもより乾燥している 特別、化粧品を変えたわけではないし ずっと使ってきたものを使用しているので 化粧品が原因だと思えません・・・。 これは蕁麻疹なのでしょうか? それともただの肌荒れなのですか? はじめは生理前だし、肌が敏感になっているのかと 思ったのですが、どうも様子がおかしいので・・・。 (こんなひどいことになったのは、初めて。 ) 昔、食べもので一度蕁麻疹が出たときに 出してもらった、蕁麻疹の薬があるので 飲んでみようかと思うのですが、大丈夫なのでしょうか?? 外に出るのもつらいほど、 赤い腫れが発生して泣きそうです・・・。 ここ一週間ほどずっと、肌の調子が最悪で 1 いつも使っている化粧品がピリピリするようだ 2 化粧ノリが悪い 3 赤みのあるボコボコがでた 見た感じはニキビのような赤い腫れになっている とても痒いし、日に日に増えていくような気がする 白ニキビになったところもある。 とにかく痒くてつらいです。 普段、できない箇所にまでボコボコがある 特に頬、顎がひどい。 4 肌がいつもより乾燥している 特別、化粧品を変えたわけではないし ずっと使ってきたものを使用しているので 化粧...

次の

まぶたの乾燥:医師が考える原因と対処法|症状辞典

まぶた かさかさ

まぶたのかゆみの原因。 外部からの刺激と眼病の可能性が! まずはかゆみや腫れの原因をチェックしていきましょう。 大きくわけて以下の3つが考えられます。 泣いたときの摩擦など外部からの刺激• メイクや化粧品などによるもの• 眼病によるもの ひとつひとつみていきましょう。 まぶたの裏側には細い毛細血管がいくつもあります。 まぶたを強くこすると、この毛細血管が傷ついて目が腫れてしまうのです。 傷ついた毛細血管は数日で元に戻ります。 メイクや化粧品などによるもの 肌に合わない成分による刺激によってかゆみやかぶれ、炎症などの症状が現れることがあります。 こうした症状は アレルギー性皮膚炎や接触性皮膚炎と呼ばれることも。 特に若い女性に多いのが、 アイプチやつけまつげ用の接着剤などによるかぶれです。 これらのアイテムはつけているときだけではなく、落とすときも強くこする必要があるため刺激になりやすいと言えます。 最近、人気のまつげ美容液もかゆみや腫れを起こしやすいアイテムです。 また、 メイクアイテムについている雑菌もかぶれや腫れの原因になることがあります。 マスカラやアイシャドウなどは雑菌が繁殖しやすいので定期的に買い替える必要があるでしょう。 さらにデリケートなまぶたはヘアカラーやシャンプーなど直接、まぶたに触れないアイテムに含まれる成分にも反応しやすいパーツです。 特にヘアカラーは重いアレルギー反応を起こすこともあるので注意したいですね。 眼病によるもの• 花粉やハウスダストによるアレルギー性結膜炎• ウイルスや細菌などによる眼瞼炎(がんけんえん)• ものもらい こういった眼病もまぶたの炎症を引き起こします。 かゆみや赤み、腫れのほか、目やにや落涙といった症状が現れることも。 アレルギーの原因となるアレルゲンに肌が触れたときだけではなく、食べ物のアレルギーでまぶたが腫れることもあります。 まぶたのかゆみ、腫れの対応策。 ひどいときは皮膚科や眼科へ! デリケートなまぶたはちょっとしたきっかけでかゆみを感じたり、腫れたりすることがあります。 ここからは原因別の対応策を紹介しましょう。 泣くときは眼をこすらない! 泣くときはまぶたをこすらないようにしましょう。 涙があふれるままにしておき、ふき取るときはティッシュや柔らかいタオルなどでそっと押さえるようにします。 これだけで翌朝のまぶたの腫れがぐんとやわらぐはずです。 それでもまぶたが腫れてしまった!というときは、冷たい水で絞ったタオルと、電子レンジで温めた蒸しタオルを交互にあててみましょう。 温かいタオルと冷たいタオル、それぞれ30秒ぐらいずつおきます。 2、3回繰り返すと腫れが引いていきます。 化粧品によるかゆみや赤みのケア 化粧品で赤みやかゆみが出たときは、すみやかに使用を中止します。 できれば、刺激の少ないクレンジングやせっけんなどで落としてしまいましょう。 普段使っていた化粧品でもかゆみや赤みが出ることがあります。 「いつも使っている化粧品だから大丈夫」と思って使い続けると、症状が悪化することもあるので注意してくださいね。 また、目に触れるチップやブラシはいつも清潔に保つようにしましょう。 マスカラは特に雑菌が繁殖しやすいので、 4カ月くらいを目安に買い替えるようにしてください。 かゆみや赤みが引かない場合、市販の薬で対処することもできますが、症状が長引くようであれば皮膚科の診察を受けるようにしましょう。 資生堂 イハダ プリスクリードi(第2類医薬品) まぶたの赤みやかゆみを抑える非ステロイドの軟膏。 抗炎症成分ウフェナマートとグリチルレチン酸を配合。 ジフェンヒドラミンがかゆみを抑えてくれます。 (出典: ) 眼病によるかゆみや赤みの対処法 まぶたのかゆみや赤みだけではなく、眼にも異常を感じたら早めに眼科の診察を受けるようにしましょう。 市販の目薬でも、一時的にかゆみや赤みを抑えることはできますが根本的な解決にはなりません。 細菌性の結膜炎のなかには感染力が強く、 角膜を傷つけるものあるので、眼を守るためにも早めの受診をおすすめします。 おわりに:ちょっとしたことでかゆくなる!デリケートな目元は丁寧にケアしよう デリケートなまぶたは顔の他のパーツと比べると、ちょっとしたことでかゆみや赤み、腫れなどが出やすいということがお分かりいただけたのではないでしょうか。 トラブルがないときでもまぶたはできるだけこすらないようにして、優しくケアするようにしてくださいね!.

次の