慢性心不全 看護計画。 慢性閉塞性肺疾患(COPD)の看護過程・看護計画(OP、TP、EP)のために必要な情報収集とその評価、アセスメント、看護問題に対する具体策

慢性心不全の症状、治療、看護について知りたい|ハテナース

慢性心不全 看護計画

心不全の患者の看護過程 本記事の内容• そのため、既往歴を把握する必要がある。 症状の増悪は生活習慣に起因することが多く、患者を取り巻く環境が大きく影響している。 心不全を起こすと心機能は確実に低下し、再発を繰り返すたびにささらに低下していく。 これまでの入院回数、経過を把握し、個々の心機能の程度を把握していく。 食事、運動制限、内服を継続していく意義を患者が理解しているか、持続できるかを観察・評価していく。 自己管理能力が低い場合は原因を把握していく。 バイタルサイン、血行動態、呼吸状態など速やかに観察し、救命処置判断にをすることが重要となる。 重症度として基準となるのは、キリップ分類、フォレスター分類、NYHA心機能分類などが用いられる。 これらは、心拍数の増加、不整脈出現など、心臓に対する運動負荷と同様、悪影響を及ぼす。 そして、患者の不安感を増大させる。 右心不全では、体組織量への体液量過剰となり、浮腫、胸水など症状が出現する。 それに加え、胃、腸、肝臓のうっ血により、食欲不振、悪心・嘔吐などの消化器症状の出現や全身管理、薬物療法による食欲低下は抵抗力、回復力に影響し、体力低下を助長していしまう。 検査データは心機能の程度を知るために必要である。 急性増悪期は基礎疾患との鑑別を必要とし、血液検査、心電図検査、心臓超音波検査の結果を把握する。 全身への酸素供給状態を知る為に、動脈血ガス分析値を把握する。 また、心筋梗塞の合併症で発症してる時は、心房、心室、弁の動きを判定するため、心臓カテーテル検査が行われることがある。 中心静脈圧の上昇は、右心不全を示す為、随時測定する。 治療方針の決定・治療効果の判断も可能であり、患者の状態を客観的に観察・判断する要素として有効である。 心機能に負担のかかる労作は、異常な心拍反応を示す。 心機能が極度に低下している時は、安静が守られているか否かが予後に大きな影響を与える。 そのため、患者は生活行動の狭小化を余儀なくされるため、身体的・精神的に拘束感が増す傾向がある。 症状が改善されると、心機能の程度に応じた活動が出来るようになる。 睡眠、食事、清潔、排泄、などの心負荷を増大させるADLが心臓に与える負荷を把握し、労作が心機能に負担とならないように、心機能の程度に応じた活動が出来るように援助する。 肺うっ血が改善しないと治癒しにくい。 さらに呼吸困難も強まる為、発熱があると酸素消費量の増加、咳嗽による消費エネルギーの増加をきたし、心負荷を増す。 また、尿量減少、膀胱留置カテーテル、入浴制限などにより、尿路感染症のリスクが高まる。 さらには下肢の浮腫、安静保持による下肢の循環不全、肺静脈うっ滞や 利尿薬の使用による血液の濃縮などにより、下肢の血栓性静脈炎を起こすリスクも増大する。 急性増悪の原因が疾患の認識不足によるものであれば、再発の危険性が予測される。 したがって疾患に対する患者の認識の程度を把握する。 飲食の制限は日常の大きなストレスになるため、守れるように支援する。 しかし、確実な内服、塩分・水分性k減などは自己管理が難しい。 特に患者が高齢者であればその傾向は強くなる協力者もまた高齢者であることも少なくない。 管理に協力してくれる家族の有無と患者・家族の認識、自己管理能力を観察・評価し、自宅で実践可能な方法を指導していく必要がある。 また、急性期には呼吸困難を呈する。 緊急の処置・治療がされることにから家族は不安に陥りやすいため、家族の不安を把握する。 心不全患者は症状が改善しても治療が継続される。 心機能の程度に合った生活環境が整備されているか、支援可能な家族であるか。 疾患の理解度どうかなどを判断していく。 主な看護診断と患者の目標 成果目標 #A 知識不足に関連した非効果的自己管理 患者の目標 成果目標 ・自己の健康管理状態を把握することが出来、指示された薬物療法、食事療法が実施することが出来る。 #B 心筋収縮性に関連した心拍出量減少 患者の目標 成果目標 ・十分な心拍出量を維持することが出来る #C 酸素の供給/需要のアンバランスに関連した活動耐性低下 患者の目標 成果目標 ・労作時に異常な心拍反応を示さない。 #D 膀胱留置カテーテルの長期留置に関連した感染リスク問題 患者の目標 成果目標 ・尿路感染を起こさない ・身体の清潔を保つことが出来る 心不全患者に対する看護計画 具体策 #A 知識不足に関連した非効果的自己管理 患者の目標 成果目標 ・自己の健康管理状態を把握することが出来、指示された薬物療法、食事療法が実施することが出来る。 特に高齢者は疾患・治療に対する理解度、日常生活上の健康管理の意欲を把握し、患者のレベルに併せた指導内容、方法に変更していく。 そのため、学習意欲や自己管理意欲が低下する。 家族の協力度や支援能力を把握して援助していく。 根拠 努力を認めることは、自己管理をしていく自信、意欲へとつながる。 根拠 長期間続く療養生活では、様々なストレスや不安が出現する。 上記の通り、これらは闘病意欲の低下につながりやすい。 #A に対する教育計画 EP 1 疾患の原因、病態、症状、予後についての説明 補足 説明の目的は、「疾患に対する認識を高め、自己管理に関心を持たせること」である。 2 心不全を悪化させる因子、悪化の兆候についての説明 補足 病識の程度、理解力、正確に合わせた説明や表現方法を工夫する。 根拠 疾患、症状について正しい理解を得ることで、不安は軽減し、回復意欲を高めることが出来る。 3 指示された生活制限、薬物療、食事療法の目的や必要性と生涯継続することの重要性についての指導 根拠 指示された生活制限や治療が患者にとって価値がある事を認識する子tが出来れば、自己管理への意欲を高めることが出来る。 指示された行動制限の範囲内で活動をする。 活動範囲を拡大する時には、徐々に拡大していく。 # B心筋収縮性に関連した心拍出量減少 患者の目標 成果目標 ・十分な心拍出量を維持することが出来る #B に関する観察計画 OP 1 発症にいたるまでの経過 補足 心機能の評価と悪化要因を発見する。 2 自覚症状の有無・程度 補足 苦痛の程度を知り、緩和に努める。 理由は、心不全はほとんどの場合、緊急入院になり、呼吸困難による身体的苦痛が強い。 そのため頻回のチェックが必要となる。 理由として、心機能の状態によっては厳しい制限が必要になるためである。 8 体重測定 補足・根拠 毎朝同一条件で体重測定を行う。 右心不全が進行すると全身に浮腫が出現し、体重が増加する。 9 検査データ 補足 基礎疾患の状態、心不全の程度を把握し、悪化の早期発見および経過を観察する。 10 食事摂取量 補足 消化器症状および薬物療法の影響を観察する。 食事の量・質ともに十分に摂取することで、体力保持をすることが出来る。 11 衰弱の有無、活気・活力の状態 補足 体力が低下していないか観察する。 12 睡眠状態 補足 苦痛、不安、精神的ストレスとの関係を観察する。 睡眠不足は回復力の低下につながる。 13 二次的感染、障害の兆候の有無と程度 根拠 肺うっ血により、肺炎、気管支炎、膀胱留置カテーテル留置による尿路感染症などを生じやすい状況にある。 14 薬剤の副作用兆候の有無と程度 補足 ジギタリス投与時は中毒症状 不整脈、悪心・嘔吐、下痢、精神的混乱 に注意する。 労作にともなうケアは休憩時間を確保しながら実施していく。 安静は心臓仕事量を軽減し、心拍出量の維持、酸素消費量の減少・利尿につながり、重症心不全の場合、予後に悪影響を与える。 起坐位をとることで、心臓、肺に戻る血流量を減少させ、肺うっ血を軽減することが出来る。 また、重力により横隔膜も下がるため、呼吸困難感の軽減も図ることが出来る。 体位を変えることにより、苦痛の緩和、肺うっ血状態の軽減を図る。 血圧が上昇すると心臓の負荷が増えるため心不全悪化につながる。 7 水分・塩分制限の確実な施行 根拠 腎血流量の低下により、水分・塩分の排泄障害をきたすため、心臓の負担軽減のために行われる。 8 酸素療法の確実な施行 補足・根拠 肺うっ血のため、有効な呼吸面積の減少、換気・拡散障害が生じ、呼吸困難が出現する。 そのため、少ない心拍出量で血中酸素濃度を高め、各組織に酸素を供給する必要がある。 マスク、ナザールチューブが適切に装着されているかを確認する。 これらは下肢の筋力低下予防の効果があり、リハビリテーションとしても有用である。 浮腫の強い場合は、浮腫の軽減にも有効である。 弾性ストッキングを強く締めすぎると循環・神経障害や褥瘡が生じるので注意する。 便秘は努責により、心負担を増大するので、予防に努める。 根拠 抵抗力の低下に加え、発汗、床上排泄など感染を起こす要因が多い。 補足 床上出現時は躊躇せず知らせる必要があり、どんなことでも伝えるように説明する。 根拠 症状が軽微な場合、患者が医療者に伝えるか迷う場合が多い。 gogo-chisei.

次の

慢性心不全の症状、治療、看護について知りたい|ハテナース

慢性心不全 看護計画

1.慢性腎不全患者の症状について 進行がゆっくりなため腎機能の低下が軽度の初期では自覚症状がないことが多いです。 そのため健康診断などで血尿、タンパク尿、高血圧などで疾患が発覚することが多いです。 腎機能がかなり低下していくと夜間の頻尿、手足の浮腫、食欲低下、倦怠感などが出現します。 末期になると尿毒症の症状が出現します。 尿毒症の症状は、• 意識障害• 高血圧• 呼吸困難• 尿量減少 などがあります。 腎機能によって症状が違うので、新たな症状の出現や症状の変化に注意しなければいけません。 2.慢性腎不全患者の看護計画 慢性腎不全は不可逆性のため治療としては保存的療法が中心となります。 腎機能の低下の程度によって治療は異なり、食事制限、内服治療、透析、腎移植などがあります。 ここでは、食事制限や内服治療を行なっている患者に対しての看護計画について説明します。 慢性腎不全の患者には退院後の生活指導がとても重要になるためそれも含めた看護計画について説明します。 看護目標 症状の悪化を防ぎ、退院後も自己管理ができるように指導する 観察項目(OP) ・バイタルサイン ・嘔気、気分不快 ・浮腫の有無 ・倦怠感 ・呼吸苦、呼吸数、呼吸音 ・体重の変化 ・尿量 ・末梢の冷感 ・皮膚の乾燥 ・検査データ(血液、尿) ・食事摂取量 ・家族構成、生活スタイル ・患者・家族の疾患の受け止め方 ケア項目(CP) ・毎朝同じ時間に体重を測定 ・水分制限がある場合守れるように援助する (患者が分かりやすいように表の作成や、毎食決まった量の水分を配るなど) ・皮膚の清潔を保ち乾燥を防ぐ ・患者の思いを傾聴する ・必要時今後の経過について説明する (透析など) 教育項目(EP) ・体重測定、尿量測定が行えるように説明する ・水分制限がある場合制限が厳守できるように指導、必要性を説明 ・退院後の食事について栄養士や医師と連携し指導(塩分、カリウム制限など) ・毎日皮膚を清潔にするように指導 ・退院後も内服が管理できるよに指導 ・定期受診は必ず受診し、何か症状の変化があればすぐに受診するように説明 ・同居家族がいる場合家族にも上記内容を指導する ・何か不安や分からないことがあれば遠慮なく伝えるように説明 ・症状が強い場合は無理に動かず休息するように説明 3.慢性腎不全患者の看護の注意点 (1)症状の変化に注意 慢性腎不全の患者は腎機能の低下が軽度だと症状がない人が多く、腎機能が低下するほど症状が出現します。 腎機能の状態によって症状が違ってくるので症状の変化や出現に注意して観察していく必要があります。 補足説明! 患者自身が食事を作る場合でも家族にも同じように患者の食事について意識してもらうために栄養士からの食事指導に同席してもらうのも良いでしょう。 (3)精神的フォロー 慢性腎不全の患者は今後透析や腎移植が必要になる可能性があります。 腎機能の低下状態により症状が出現すれば透析になるかもしれないという不安を感じる患者もいます。 そのため患者や家族の思いや不安を傾聴しフォローしていくことが必要になります。 精神的フォローをすることで積極的に患者が退院後も自己管理できることにも繋がります。 また、医師と相談し必要時不安が軽減するように透析についての説明が必要になる場合もあるので透析や腎移植についての知識も看護師は必要です。 まとめ 慢性腎不全の患者の看護は症状の観察と、腎機能が低下しないための自己管理ができるように患者を指導・援助していくことが重要になります。 自己管理するための患者指導はただ指導するだけでなく疾患の受け止め方や理解度を確認しながら家族も含めた指導が必要です。 低下した腎機能が回復することは困難なことも含めて説明し、しっかりと疾患を受け止めるように働きかけていく必要があります。 この記事が少しでも慢性腎不全の患者に関わる看護師の役に立てば幸いです。 関連記事• このページでは、糖尿病性腎症の患者の症状や治療方法、看護計画、看護の注意点、看護で求められるスキ... 2型糖尿病は、生活習慣の乱れから発症する人も多く、長く続いた生活習慣を改善していくことは、患者自... 腹膜透析とは、腹膜を利用して血液を浄化する自宅でできる透析療法です。 寝ている間に機械を使って自動... IgA腎症は2014年に指定難病された腎疾患で、腎臓の糸球体に免疫グロブリンIgAという蛋白が沈... 膀胱とは、骨盤内にあり、腎臓でつくられた尿を一時的に溜める袋状の臓器です。 尿がたまると膨らみ、排... 前立腺は、男性だけにある3cmほどの栗の実のような形をしている臓器です。 前立腺液と呼ばれているも...

次の

心不全の看護過程・看護計画(OP、TP、EP)のための必要な情報収集とその評価・アセスメント、看護問題に対する成果目標達成の為の具体策

慢性心不全 看護計画

1、尿毒症とは 尿毒症とは腎臓の機能が著しく低下することで、本来なら排出されるべき老廃物が体内に溜まってしまい、様々な症状が現れた状態のことです。 腎臓は窒素成分などの老廃物の排出や水分や電解質を調節、エリスロポエチンの産生などの役割があります。 腎臓の機能が低下すると、これらの役割を果たすことができませんので、体内に老廃物が溜まり、水や電解質のバランスも崩れるのです。 腎臓の機能が正常の10分の1程度に低下すると、尿毒症の症状が現れます。 腎臓の機能が10分の1まで低下するということは、末期の腎不全の状態であり、尿毒症は腎不全に伴う状態であると言えるでしょう。 2、尿毒症の原因 尿毒症の原因は腎機能の低下です。 腎機能が低下することで、窒素成分が体内に溜まってしまうので、尿毒症が起こります。 腎機能の低下、つまり腎不全には急性腎不全と慢性腎不全の2種類があります。 それぞれの主な原因は違います。 <急性腎不全の原因> ・脱水 ・ショック ・薬物 ・手術 ・急速進行性糸球体腎炎 ・急性間質性腎炎 <慢性腎不全の原因> ・糖尿病 ・痛風 ・腎盂腎炎 ・糸球体腎炎 ・紫斑性腎炎 ・多発性嚢胞腎 ・結石 ・全身性エリテマトーデス 3、尿毒症の症状 出典:( 社会福祉法人 恩賜財団 済生会) 尿毒症になると、次のような症状が現れます。 また、腎機能の低下で体内に水が溜まりますので、浮腫が起こったり、肺に水が溜まることで、心不全が起こり、呼吸困難などの症状が現れます。 これを尿毒症性肺と言います。 さらに腎臓では造血ホルモンであるエリスロポエチンが産生されていますので、腎機能が低下すると、エリスロポエチンの産生量が減少するため、腎性貧血を発症することもあります。 ただ、尿毒症になると、これらすべての症状が現れるわけではなく、腎臓の状態や尿毒症の原因となる基礎疾患によって、どのような症状が出るかは変わってきます。 4、尿毒症の治療 尿毒症の治療は、基本的に対症療法を行っていきます。 尿毒症では腎機能が低下し、尿量が減少することで、老廃物が体内に溜まっているのですから、まずは利尿を促す治療を行います。 出血性ショックや脱水等で全身血流量が減少している場合は、輸液や輸血を行います。 これで利尿が見られない場合は、マンニトールなどの利尿剤を投与します。 利尿剤を投与しても利尿が得られず、血液検査で尿素窒素(BUN)の低下が見られない場合は、人工透析を導入して、老廃物を除去し、水分や電解質の調整を行わなければいけません。 急性腎不全であれば、人工透析をすることで腎機能の回復は可能ですが、慢性腎不全の場合は腎機能の回復を見込むことはできません。 そのため、急性腎不全はシャントを造設せずに、CVのようなカテーテルを大腿静脈や内頸静脈に挿入して一時的なブラッドアクセスとして使います。 急性腎不全による尿毒症は、利尿や人工透析の治療を行って腎機能が回復すれば、尿毒症も治ります。 慢性腎不全の場合は腎機能の回復は見込めず、半永久的に人工透析を続けていきますので、シャントを造設して血液透析を導入するか、腹膜透析を行います。 また、慢性腎不全による尿毒症は、腎臓移植を検討することもあります。 人工透析は合併症が多いですし、治療の限界がありますので、根本的な治療にはなりません。 あくまで対症療法になります。 慢性腎不全による尿毒症を根本的に治療するためには、腎臓移植を行うしかありません。 腎臓移植には家族や身内から2つの腎臓のうち1つを提供してもらう生体腎移植と、脳死や心臓死の人から提供を受ける献腎移植の2種類があります。 5、尿毒症の看護計画 尿毒症の患者の看護計画の一例をご紹介します。 透析に対して不安を持っている患者が多いので、看護師はその不安を取り除くようなケアをしなければいけません。 看護目標 退院後の自宅療養への不安がなくなる OP(観察項目) ・患者本人の病識や理解度 ・家族の病識や理解度 ・同居する家族の有無 ・家族の協力度 TP(ケア項目) ・不安を傾聴する ・食事療法について栄養士が指導する機会を作る EP(教育項目) ・規則正しい生活など自宅療養のポイントを指導する ・家族も一緒に指導を行う ・パンプレットなどを用いて、理解しやすいように工夫する ・定期的な外来受診が必要なことを説明する ・血液透析や腹膜透析について正しく理解してもらう ・医師が指示した食事療法を指導する まとめ 尿毒症は末期の腎不全によって老廃物が蓄積することで、いろいろな症状が現れる状態のことです。 尿毒症は利尿を促したり、人工透析を導入することで治療を行います。 慢性腎不全による尿毒症の場合、今後は人工透析を継続していかなくてはいけないので、透析や自宅療養に関する看護も行うようにしましょう。 参考文献 ( 社会福祉法人 恩賜財団 済生会) 日腎会誌44巻2号 菱田 明 2002年 慢性腎不全 医療法人仁友会 北彩都病院 腎臓教室(そらまめ通信Vo. 77号|NPO法人腎臓サポート協会) jdepo.

次の