バス 東京 長岡。 【公式】越後交通株式会社 県外高速バス

東京

バス 東京 長岡

新潟県・県外高速バス路線図。 図下部の青色およびピンク色の路線が本路線である。 従来東京と新潟を結ぶ高速バス路線として東京 - 新潟線と東京 - 長岡・新潟線の2路線が運行されてきた。 (平成29年)に2路線を合わせた再編が行われ、 東京・大宮 - 長岡・新潟線(とうきょう・おおみや - ながおか・にいがたせん)として運行されるようになった。 西武バスでは 長岡・新潟線、越後交通と新潟交通では 新潟・長岡 - 大宮・東京線もしくは 大宮・東京線として案内が行われている。 改正後のダイヤでは再編前の路線を踏襲する形で「新宿・池袋発着」と「大宮発着」の2系統に大別できる。 2系統に共通して、佐渡汽船ターミナルへの乗り入れがバスタ新宿発の夜行便下り1便のみになる代わりに、一部の時間帯の便に限って車内で配布される乗車券(上り便の場合は手持ちの高速バス乗車券)で新潟駅・万代シテイバスセンター - 佐渡汽船ターミナル間の一般路線バスに乗車できるようになった。 なお、大宮発着便は2019年9月30日出発便をもって運行を終了した。 、、による共同運行が行われている。 新宿・池袋発着 [ ] 新宿・池袋を発着する便は、のからを経由してのの間を直行する。 当系統はに関越道の - 間の開通によって全線が開通したのに伴い、同年から西武バスと新潟交通、越後交通の3社共同によって東京 - 新潟線として運行を開始した。 当時、東京都心と新潟県・を結ぶ交通手段としては既にの - 間が開業しており、路線開設にあたって新潟側の2社が東京側の事業者各社に対し共同運行の要請を行ったものの、「新幹線よりも所要時間が倍以上掛かる高速バスの利用は伸びないのではないか」と需要に疑問を呈されるなど交渉は一時難航。 最終的に共同運行先として西武バスが名乗りを上げた。 しかし、運賃設定が新幹線に比べて低価格であることなどが奏功して利用者の確保に成功し、のちの全国的な長距離高速バスブームの発端となるなど、高い利用率を維持し続けた。 開設当初は1日2往復と本数が少なかったが、その後段階的に増便し、春より1日16往復に増便され、昼行便は1時間ヘッドでの運行となった。 西武バスでは 新宿・池袋 - 新潟線もしくは 新潟線、越後交通と新潟交通では 新潟 - 池袋・新宿線、 池袋・新宿線もしくは 東京線として案内が行われてきた。 からは夜行便に限り、東京側の発着地がまで延伸された。 なお、昼行便は同日以降も池袋発着のままの運行となっていた。 より新宿での発着場所がに変更された。 前述の再編後より、新たに昼行便1往復が新宿発着となるとともに、週末等の多客期のみ定期増発便の運行を開始した。 この定期増発便は長岡市内で一般道を経由する。 大宮発着 [ ] を発着する便は関越道および北陸道を直行せず、一部の区間で一般道を経由していた。 から東京 - 長岡・新潟線として1日2往復の運行を開始した。 当初は新宿からさいたま市大宮区、川越市、長岡市のそれぞれ中心部を経由して、ターミナルまでを結んでいた。 さいたま市内から川越市内にかけてと長岡市内で一般道を経由するため、運行所要時間は約7時間に及んでいた。 西武バスでは 新宿・大宮 - 長岡・新潟線もしくは 長岡新潟線、越後交通と新潟交通では 新潟・長岡 - 大宮・新宿線もしくは 大宮・新宿線として案内が行われてきた。 前述の再編後より運行区間が全便大宮駅西口 - 万代シテイバスセンター間に短縮されたのち、2019年9月30日出発便をもって運行を終了した。 沿革 [ ] 本稿では以下、路線再編前の事柄に関して西武バスでの案内にならい、東京 - 新潟線を 新潟線、東京 - 長岡・新潟線を 長岡新潟線と記載する。 (60年) - 新潟線を新規開設し運行を開始。 当初は池袋駅東口 - 新潟駅前間を1日2往復運行。 (昭和61年) - 池袋側の始発・終点をへ延伸。 (昭和62年) - 1日6往復に増便。 (元年) - 新潟側の始発・終点をへ延伸。 代わって新潟発は万代シテイバスセンター前を通過するようになった。 (平成10年) - 越後交通便の運行を担当していた三条営業所のへの移管に伴い、北長岡営業所の担当に変更。 (平成13年) - 1日8往復に増便。 (平成16年) - 新潟交通便の運行を担当していた新潟中部営業所が廃止・閉鎖され、翌日より新潟東部営業所の担当に変更。 (平成18年)• - 1日16往復に増便。 昼行便は1時間ヘッドでの運行となり、夜行便では女性専用車が追加された。 また停車停留所に川越的場を追加した。 - 下り17便(越後交通担当)がインターネット掲示板を用いてのバスジャック予告に遭ったため、使用車両・担当会社を変更して運行。 (平成19年) - サンシャインシティプリンスホテル - 池袋駅東口間を廃止。 (平成20年)• - 越後交通便の運行を担当していた北長岡営業所の廃止・閉鎖に伴い、翌日より再設置された三条営業所の担当に変更。 - 建設工事に伴い、越路停留所を全便通過とする。 (平成21年)• - 下り全便、池袋駅東口の発車時刻を5分繰り上げ。 昼行便は毎時00分発、夜行便は23時30分発に変更。 - 前日の長岡南越路スマートIC竣工・供用開始に伴い、初便より越路停留所の運用を再開。 (平成22年)• - 上り28便で運用予定だった越後交通車両が回送中に北陸自動車道下り線上で車両火災により全焼。 運転士1名に怪我なし。 - 3列シート車両の導入を順次開始(各便の導入日については)。 (平成23年)• - 平日の昼行便9往復を対象とした「便限定割引(期間限定割引キャンペーン)」をまで実施(以降、2013年春季まで年3回実施。 詳細は)。 - 新潟駅前バス停の県外線高速バスのりば(池袋行きのりば)が、14番のりばから15・16番のりばに変更。 (平成24年) - 夜行便(下り29・31便、上り30・32便)のみ、東京側の発着地を新宿駅西口バスターミナルへ延伸。 (平成25年)8月1日 - 長岡新潟線が新路線として開設(1日2往復)。 従来の新潟線の新潟市中心部の運行ルートを変更し、東、前、、万代シテイバスセンター前を廃止。 また両路線とも幅運賃制度(運行便別運賃)を導入。 季節・運行日・運行便ごとに運賃を5段階に設定し、往復割引運賃を廃止。 (平成26年)• - 全便の3列シート化を完了。 ・ - に合わせ、開催2日間に限り一部の便(池袋発:1 - 17便、新潟発:30・32便)においてへの臨時停車が実施される。 この際は小千谷・越路両停留所発着の運賃が適用される。 なお、長岡新潟線では実施されず。 10月1日 - 長岡新潟線の停車停留所に川越駅西口を追加。 (平成28年) - 新宿の発着場所がに変更。 (平成29年) - 2路線を合わせた再編を実施し、新たに 東京・大宮 - 長岡・新潟線として運行を開始。 前日に出発した便を以って女性専用車の運行を終了した。 (元年)• - 運賃改定。 9月30日 - この日出発便をもち、大宮新潟線の運行終了。 (2年)• - 感染拡大の影響により、5往復10本が運休(発表時は同年までの予定であった)。 定期増発便が全便運休となり、五百刈・長岡駅東口停留所が休止。 - この日より当面の間、全便を運休。 - 一部便(8往復)の運行を再開。 運行回数 [ ] 新宿・池袋発着• 1日16往復(うち夜行2往復) このほか週末等の多客期のみ定期増発便を1往復運行。 定期増発便は長岡駅東口経由で運行される。 通常は1便あたり1 - 2台で運行するが、週末やゴールデンウイーク、夏休み期間、年末年始には増発便(池袋駅東口発着)が運行される場合がある。 1便あたり昼行便は最大3台で運行、夜行便は多い日には6台で運行することがある。 廃止系統の運行回数 [ ] 大宮発着• 1日2往復(うち下り1便のみ夜行)全便が長岡駅東口経由で運行された。 運行会社 [ ]• (三条営業所)• (新潟東部営業所) なお新潟側において、越後交通の車両は三条営業所と新潟市中心部の間をもしくはを経由して回送している。 過去の運行会社 [ ]• (大宮営業所)大宮発着便を運行していた。 西武バス:8 - 8. 5往復 池袋発:1・7・13・19・21・25・27・29便 新潟発:2・10・12・14・18・20・ 34・ 36・ 38便(34 - 38便はバスタ新宿行き、34便は長岡駅東口経由)• 越後交通:4 - 4. 5往復(37便は新潟交通と交替で担当する) 新宿・池袋発:3・11・17・ 35・ 37便(35 - 37便はバスタ新宿始発、35便は佐渡汽船ターミナル行き、37便は長岡駅東口経由) 新潟発:8・22・28・32便• 新潟交通:4 - 4. 5往復(37便は越後交通と交替で担当する) 新宿・池袋発:5・9・15・ 31・ 37便(15・31・37便はバスタ新宿始発、37便は長岡駅東口経由) 新潟発:4・24・26・30便(26便はバスタ新宿行き) 廃止系統の運行担当 [ ] 大宮発着• 西武観光バス:1往復 大宮発:23便 新潟発:16便• 越後交通・新潟交通:両社で1往復 大宮発: 33便 新潟発:6便 路線再編前の運行担当 [ ] 太字:夜行便、 斜字:夜行便(女性専用車) 新潟線• 越後交通:4往復 新宿・池袋発:3・11・17・ 31(もしくは 29)便 新潟発:6・18・24・28便• 新潟交通:4往復 新宿・池袋発:5・9・15・ 29(もしくは 31)便 新潟発:4・20・22・26便 長岡新潟線• 西武バス=1往復 新宿発: 53便 新潟発:52便• 使用車両・設備 [ ] 新宿・池袋発着 [ ] 新潟線としての開業以来4列シート車での運行を続けてきたが、4列シート車は座席幅が狭いなど居住性が劣り、また運行3社の他路線では座席が1席ごとに独立した3列シート車で運行する路線が既に存在し 、利用者からも導入を求める要望が多く寄せられていた。 これらを受けて運行3社では2010年12月1日から、3列シート車両の導入を順次開始した。 その後段階的に導入を進め、2014年6月20日発車分から定期便はすべて3列シート車両(28人乗り)で運行している。 ただし増発便については全便4列シート車両(34人乗り)を使用しているほか、1号車についても車両検査等の都合上、4列シート車両で運行する場合がある。 なお全便・全号車とも化粧室を備えている。 また、かつては車内設備や停留所などといった各種案内用の映像にVHS式ビデオを使用していたが、現行車両では客室前部の車内案内表示器(1行LED表示器もしくは液晶モニター )とアナウンス(自動アナウンスおよび乗務員の口頭アナウンスを併用 )によって行っている。 なお各座席には車内設備に関する案内を記したリーフレットが常備されている。 西武バスは練馬ナンバー、越後交通 ・新潟交通は両社とも新潟ナンバー登録。 3列シート車両導入の経緯 [ ] 便名ごとの運行担当会社は前述したを参照。 (平成22年)• - 4便・29便に導入。 - 6便・31便に導入。 (平成23年)• - 7便・30便に導入。 - 1便・32便に導入。 - 27便に導入。 また翌より16便に導入。 - 22便に導入。 また翌より9便に導入。 (平成24年)• - 25便に導入。 また翌より14便に導入。 - 20便・26便に導入。 また翌より5便・15便に導入。 これにより新潟交通が担当する定期便はすべて3列シート車両となった。 (平成25年)• - 28便に導入。 また翌より17便に導入。 - 18便に導入。 また翌より3便に導入。 - 23便に導入。 また翌より12便に導入。 これにより全16往復中14往復の1号車が3列シート車両となった。 (平成26年)• - 13便・24便に導入。 また翌より11便・2便に導入。 これにより全16往復の1号車が3列シート車両となり、導入を完了。 大宮発着 [ ] 2013年8月の長岡新潟線としての運行開始時より、定期便(1号車)に3列シート27人乗り車両を使用していた。 こちらも増発便(2号車以降)は全便4列シート車での運行となる。 なお全便・全号車において化粧室付き車両を使用していた。 なお、この制度は後述の幅運賃制度導入によりサービスを終了した。 便限定割引 [ ] 新潟線では2011年(平成23年)冬から2013年(平成25年)春まで、平日の昼行便9往復(下り:1 - 17便、上り:12 - 28便)を対象に、運賃を割引価格で発売するサービスが年3回、通算7回実施された。 この割引サービスは、西武バス側では「便限定割引」、越後交通・新潟交通側では「期間限定割引キャンペーン」として広報等が行われた。 (平成23年)• 1回目 - からまで。 割引対象は月曜から金曜に始発地を出発する便。 2回目 - からまで• 3回目 - からまで• (平成24年)• 4回目 - からまで• 5回目 - からまで。 これ以降、割引対象は月曜から木曜に始発地を出発する便となり、金曜発は対象外となった。 6回目 - からまで• (平成25年)• 7回目 - からまで 幅運賃制度 [ ] この便限定割引の制度を経て、2013年(平成25年)8月1日に実施された新潟線のダイヤ改正及び長岡新潟線の新設に合わせ、両路線には季節や運行日、便ごとにSS(2019年6月21日より設定)・S・A・B・C・Dの6段階に運賃を定めた運行便別運賃制度(幅運賃制度)が導入された。 最高値のSS運賃はお盆・年末年始など最繁忙期の夜行便、S運賃は主に繁忙期の週末の夜行便に、最安値のD運賃は主に閑散期の昼行便に適用されている。 備考・その他 [ ]• 新潟線の運行開始当初、は運転士と交代乗務員の2人体制で運行を行っていたが、現在一部を除く昼行便については運転士1名のみによるを行っている。 首都圏とを結ぶ高速バス路線は、以前もう1路線あり、新潟交通と相模鉄道(現)の共同運行によって・ - 万代シテイバスセンター間を結ぶ「」(昼行・夜行計2往復)がに開設された。 横浜市中心部と練馬インターチェンジの間は一般道とを経由していたが、一般道にはなど慢性的に渋滞する区間が多かったため、定時性が確保できなかった事などから利用率は伸び悩み、(平成9年)に廃止された。 (平成16年)10月23日に発生したの影響で関越自動車道・北陸自動車道の一部区間が損壊し通行止めとなり、新潟線は翌から3日間にわたって全便全区間を運休した。 だがから・を迂回する経路で運行を再開し、からは応急復旧が完了して緊急交通路として指定された関越道を特例として通行することが認められたため通常運行を再開し、不通となったとの代替交通路としての役割を補完した。 (JR東日本)は営業上の対抗策として、開設の翌に「」の試験運行を開始した。 翌から新宿駅 - 新潟駅 - 間の臨時列車となり、さらに翌からは同区間の定期列車として通年運行を開始した。 には列車名を「」に改称したが、その後の利用者減少に伴いのダイヤ改正で臨時列車に降格している。 新潟線の全区間(実車走行距離:329km)の運行所要時間は、運行開始当初は昼行便が「5時間」、夜行便が「5時間30分」と案内されていたが、その後交通実勢に合わせて昼行便が「5時間17分」、夜行便が「6時間0 - 2分」 に改められた。 一方、長岡新潟線の全区間(実車走行距離:354 - 355km)の運行所要時間は、昼行便が「7時間8 - 9分」、夜行便が「7時間2 - 23分」と案内されていた。 ただし、乗客が少ない場合や停車する停留所の箇所が少ない場合(特に新宿・池袋発の便で降車客のいる停留所の数が少ない場合 )には早着する場合もあった。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 新潟県内に一部いったん本線から流出して客扱いを行う途中停留所があるが、これらはすべて料金所のゲート内に設置されているため、料金所の外への流出は一切ない。 よって高速道路料金は練馬 - 新潟亀田間の通算となる。 定期増発便は長岡市内で一般道を走行する。 運用予定だった越後交通の車両を使用停止にした上で西武バス車両を代替運用し、8分遅れで出発した。 また、当該便には警察車両が伴走した。 三条営業所は、越後交通県央観光の本社営業所に併設する形で再設置された。 なお県央観光は、同年7月1日付で越後交通に吸収合併され解散した。 2010年当時、新潟交通の、越後交通のはいずれも3列シート車での運行を実施していた。 かつては増発便に化粧室のない観光用車両が使用されることもあった。 西武バスの車両は全て1行式表示器を搭載している。 越後交通と新潟交通の車両は全て液晶モニターを搭載している。 自動アナウンスは全社共通仕様ではなく、各社独自の仕様となっている。 越後交通の車両は北長岡営業所が担当していた1998年1月 - 2008年3月の間は長岡ナンバーだったが、2008年4月に三条営業所へ移管され、担当車両は新潟ナンバーに登録変更されている。 夜行便の運行所要時間は、2012年秋の新宿延伸以前は「5時間35分」と案内されていた。 新潟県内については、新宿・池袋発は原則として乗客が降車する予定の停留所のみ停車・経由し、降車客がいない場合は通過する。 一方、新潟発は乗客の有無を確認するため、県内の全停留所を経由する。 出典 [ ]• - 西武バス - 2012年9月1日閲覧• - 越後交通 - 2012年9月7日閲覧• - 新潟交通 - 2012年8月29日閲覧• - 西武バス - 2016年5月30日閲覧• - 新潟交通ホームページ(2013年6月18日掲載)同日閲覧• - 西武バス(2013年6月20日掲載)同日閲覧• - 新潟交通(2014年6月2日付)同日閲覧• 2015年6月21日時点の [ ]よりアーカイブ。 2015年6月21日閲覧。 - 越後交通(2014年8月29日付)9月1日閲覧• 2017年9月29日. 2017年10月6日閲覧。 西武バス 2019年6月19日. 2019年6月30日閲覧。 新潟交通 2019年5月17日. 2019年6月30日閲覧。 越後交通 2019年5月17日. 2019年6月30日閲覧。 西武バス 2020年3月27日. 2020年4月18日閲覧。 (新潟交通、2020年4月18日閲覧)• 西武バス 2020年4月10日. 2020年4月18日閲覧。 新潟交通 2020年4月7日. 2020年4月18日閲覧。 越後交通. 2020年4月18日閲覧。 西武バス 2020年6月30日. 2020年6月30日閲覧。 新潟交通 2020年6月12日. 2020年6月30日閲覧。 越後交通 2020年6月12日. 2020年6月30日閲覧。 2017年11月7日. 2017年11月9日閲覧。 2017年11月9日閲覧。 - 新潟交通ホームページ• - 新潟交通ホームページ• - 新潟交通ホームページ• - 新潟交通ホームページ(2013年6月5日掲載)• - 西武バスホームページ• - 越後交通ホームページ• - 新潟交通ホームページ• - 新潟交通ホームページ• - 新潟交通ホームページ• - 新潟交通ホームページ• - 新潟交通(2012年8月29日掲載) - 2012年10月6日閲覧• - 新潟交通(2012年12月15日掲載)- 同日閲覧 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

【公式】越後交通株式会社 県外高速バス

バス 東京 長岡

集合時間は必ずお守りください。 路線バスとなりますのでバスは定刻通り出発いたします。 お客様の到着の遅れを待つ事はできません。 所定停留所以外での途中乗降車もできません。 定刻にお越しにならない場合は放棄とみなします。 また、その際の返金はありません。 全車禁煙です。 また、車内での携帯電話のご利用はお控えください。 アミー号車内での飲酒を固くお断りいたします。 また、他のお客様にご迷惑を及ぼす泥酔者の乗車をお断りする場合があります。 ブランケットの貸し出しは1人1枚です。 座席によって車内の温度差がありますので、衣服等お客様ご自身で調節願います。 バス運行に際し、道路状況・気象条件・車両メンテナンス・故障・事故等によりやむを得ず、スケジュール通りに運行できない場合がありますので予めご了承下さい。 また、スケジュール通りに運行できなかった場合に生じた、交通機関、宿泊施設、食事等の代金の返金・補償には応じられませんので予めご了承下さい。 車両繰り・メンテナンス・故障・事故等によりやむを得ず、仕様の異なる車両で運行する場合があります。 また、その際に事前にご案内が出来ない場合がありますので予めご了承下さい。 当日ご乗車中の座席の相違や設備の不具合等に関しましては、必ずお気づき頂きました時点で速やかに乗務員へお申し出下さい。 降車後のお申し出につきましては対応いたしかねますので予めご了承下さい。 バス乗車地の変更は前日までにお願いいたします。 バス座席は、当社であらかじめ決めさせていただき、当日ご乗車時のご案内となります。 ご乗車される時点で13歳未満の方は、保護者の同行が必要となります。 乳幼児(未就学児)のお客様のご利用はいただけません。 道路交通法により高速道路上のシートベルト着用が義務付けられています。 ご協力をお願いします。 夜行バスは車中泊になります。 乗車場所によっては出発時間が深夜12時をまわる場合がありますが、必ず「 目的地到着日の前日 」を出発日としてご予約ください。 (例:12月19日に到着する場合は、出発日を12月18日で予約)• T-POINTの付与には条件があります。 【バスご乗車時のお荷物について】• バス車内にお持ち込みいただける手荷物は身の回り品1個となります。 また、持ち込む荷物によっては乗務員が判断を行いお断りさせていただく場合もございます。 トランクスペースには限りがある為、複数お持ちの場合はお断りさせて頂く場合があります。 降車時、「お荷物引換券」(右写真)の半券と引き換えにお荷物をお渡しいたしますので、半券を紛失しないようにご注意ください。 スーツケースなどの大きな荷物はバストランクに積み込みますが、お客様ご自身で積み込み荷物の確認をお願いいたします。 また、お荷物の大きさ・形状により積み込みをお断りする場合がありますので、事前にご確認下さい。 (ペット等の動物類の持ち込みやお預かりはできません。 壊れやすい物、貴重品のお預かりはできません。 走行中の衝撃などによるお荷物の損害の賠償には応じられません。 折りたたみ式又は組み立て式の自転車・楽器・スノーボード・スキー板 板・ストック・ブーツ はお預かりできません。 別途輪行プラン、楽器プラン、スキー・ボードプランをご確認ください。 また、 スキー・ボードプランは名古屋-新潟線では取り扱いはございません。 刃物類やその他凶器となりうるもの、また、ペット、生き物、危険物、腐食性物質、バス及び他のお客様に危険を及ぼす恐れのあるもの持込は、お断りします。 また、上記に記載が無い場合でも乗務員がお預かりできないと判断した場合も同様にお断りさせていただきます。 ご乗車の便での受付方法のご確認をお願いいたします。 便名 受付方法 301便、311便 下記のバス事業者へご連絡いただき、 有無を確認して下さい。 302便、312便 到着日の翌日以降に下記のバス事業者へご連絡いただき、 有無を確認して下さい。

次の

高速乗合バス「伊豆長岡・修善寺温泉ライナー」

バス 東京 長岡

お客様がお使いのブラウザは、JavaScriptの設定が無効になっております。 そのため、トラベルコの機能で一部正しく表示されない、動作しないなどの現象が発生しております。 以下の方法でブラウザの設定をご確認のうえ、JavaScriptが無効になっていた場合は有効にしてください。 JavaScriptの設定方法 Internet Explorerの場合• Internet Explorerのメニューバーにある「ツール」から「インターネットオプション」を選択。 「インターネットオプション」画面の「セキュリティ」タブを選択。 「レベルのカスタマイズ」ボタンをクリック。 「セキュリティの設定」画面の「スクリプト」項目の「Javaアプレットのスクリプト」を「有効にする」にチェックをする。 「スクリプト」項目の「アクティブスクリプト」を「有効にする」にチェックする。 「スクリプト」項目の「スクリプトによる貼り付け処理の許可」を「有効にする」にチェックして「OK」ボタンを押す。 Firefoxの場合 のサイトを参照いただき、設定いただくようお願いします。 Chromeの場合 のサイトを参照いただき、設定いただくようお願いします。 Safariの場合 のサイトを参照いただき、設定いただくようお願いします。 更新日:2020年7月14日 トラベルコのWebサイト及びアプリは、以下を閲覧推奨環境としております。 閲覧推奨環境以外をご利用の場合には正常な動作を保証いたしかねます。 恐れ入りますが、以下いずれかの環境でサイトをご利用くださいますようお願いいたします。 上記以外のブラウザ(Opera等)は、一部サービスで正常に表示されない場合があります。

次の