ローソン ホット ウィール。 ローソンで発売されたホットウィールのマツダREPU

ローソン限定のホットウィール50th AnniversaryのBLACK&GOLDアソートを販売する店舗を探す旅に!金色のカマロも!トイザらスにも行きました。

ローソン ホット ウィール

ローソンでホットウィールがまた売っている! 仲間からローソンにホットウィールが入荷してると情報が入ったのが日曜日。 金曜日に東京モーターショーに行ってしまったので日曜日は仕事です。 仲間から売れ残りではないことを確認していましたので、仕事終わり次第、ローソンへ。 台風のお陰で雨が断続的にすごい勢い。 車から店内に移動するだけでズボ濡れです。 その甲斐あってか、2016フォードGTレースと2013ホットウィール・シェビー・カマロ・スペシャル・エディションをゲット。 特にカマロはカラーリングがキレイ!よかったなぁ。 ここは12個そのまま。 天候が悪かったせいですかね。 もう2軒、行ける範囲にローソンがあったので回ってみますと、1軒はがありましたが、すでに持っているホットウィールだったので、スルー、他に実車はナシ。 ラスト1軒で、'90アキュラNSXとカスタム'62シェビー・ピックアップをゲット。 大収穫です! 天気が悪かったのも味方をしたのか、ローソンでホットウィールの実車が4台買えました! うれしいです。 …いやいや、カーサンよ、 以前の記事をお忘れか? ローソンでのホットウィール新規入荷はない?っていってたじゃない? 以前の「 」の記事で、ローソンにお問い合わせしたところ、「ホットウィール新規入荷はない」ということでしたが、早速のローソンでのホットウィール第2段発売。 どういうこと? 定期的な販売が決定したのか?はたまたホットウィールが欲しいという要望がローソンに集まったのか? 何にしても今回第2弾が発売されたということは、第1弾での売れ行きはよかった?ということでしょうか。 実際、前回と同じ店舗がまた仕入れているところもありましたから、印象は悪くないようです(立地にもよるでしょうが…)。 もちろん広報まで情報が降りてきていないこともあるかもしれません。 少なくとも記事の際のお問い合わせ時点では、次回の予定は未定だった。 のでしょう。 前回のローソンでのホットウィール発売が7月上旬。 今回が10月下旬。 ほぼ4ヶ月経っています。 「ローソンでホットウィールが販売されてから2ヶ月…その後の新作入荷はどうなった?のか聞いてみた!」の記事は9月上旬ですから、その記事から2ヶ月してローソンでのホットウィール第2弾発売。 その辺の時期的に関する情報がローソンのオーナーさんから聞けました。 ホットウィールの発注は1~2ヶ月前にした 今回ローソンのオーナーさんにホットウィール購入ついでに発注について聞いて見ました。 ローソン本部からホットウィ-ルを入れてくれと要請があったのでしょうか?と聞いたところ、ローソン本部から要請はなく、こちらから発注したとのこと。 発注は1~2ヶ月前に発注リストに数量を書き込んで行うということで、少なくとも1~2ヶ月前にはローソンでホットウィールの2回目の販売が決まっていたということになります。 1~2ヶ月前というと当ブログで記事にしたあのあたり。 このあたりでホットウィールの発売に関して何らかの決定がローソンでされたと考えられます。 とすると入荷したホットウィールがほぼ捌けるころに次のローソン各店舗からホットウィール発注を受付け、その発注数からマテルにローソン本体が発注する形なのかもしれません。 しかし前回のローソンで7月に発売されたホットウィールはその前の月、6月のラインナップだったようす。 今回10月ローソン発売のホットウィールのラインナップはカーサンが手に入れたホットウィールからすると、8月のラインナップのよう。 考えられるのは元々、2ヶ月ごとに仕入れる契約だった? 8月のラインナップはローソン本部に届いたが、思ったより売り切れなかったので2弾のリリースを遅らせた? とか? その辺、まったく事情は分かりませんが、とにかくローソンでホットウィール第2弾発売が行われたことで、販売への期待が出来るようになりましたね。 これって定期的にローソンでホットウィールが買えるってコトなのでしょうか? 分からないことは聞いてみる。 ということで、またまたローソンにお問い合わせしてみました。 ローソン本部では定期的な発売は決まっていない というわけでローソンにお問い合わせしてみましたところ、 前回にお知らせしたとおり、定期的な販売は未定とのコト。 だろうね。 とは思っていましたが…。 不定期で入ってくるイベント商品のような感覚が近いかもしれません。 これからはローソンのHPチェックも欠かせなくなりそうです。

次の

2019年6月ローソン限定ホットウィールの発売日と取扱店舗はどこ?車種と値段についても

ローソン ホット ウィール

今年の初めにローソンで手に入れたホットウィールのマツダREPU 今年のお正月にローソンで販売されていたホットウィールのマツダREPUです。 マツダのピックアップです。 マツダREPUってよく知らないと思ったら日本国内ではあまり流通していないトラックということで、納得。 特に、このマツダREPUのREPUはロータリーエンジンを搭載したトラックということで「REPU(ロータリーエンジン ピックアップ)」と呼ばれているようです。 トラックとロータリーエンジンの相性は良くなさそうですが、面白い組み合わせですね。 今回手に入れたホットウィールのマツダREPUはボディカラーがホワイト。 以下にも商用車…みたいなカラーではありましたが、撮影してみたら、なかなか質感がいい。 リブの入ったボディサイドや、モールドが塗料で潰れたりしておらず、細かいディテールが再現されているのが感じられてリアリティがあります。 Hotwheels MAZDA REPU ピックアップトラックでも大きなホイールを組み込んだ、ホットウィールのマツダREPU。 日本でもヤンチャなショップの商用トラックでは社外ホイール入れてローダウンしていますね。 出来に関しては実車をよく知らないので何とも言えませんが、モールドのメリハリが効いていて、リアリティあります。 控えめながら「YOKOHAMA」のステッカーが貼られている感じもタイヤショップの社用車っぽくてイイ感じです。 ウィンカーなど細かなところの着色も効いています。 ヘッドライトはグリル&バンパーと一体のメッキ仕様のホットウィールのマツダREPU テールランプは着色されていますが、ヘッドライトはグリルとバンパーと一体成型のメッキ仕様。 違和感がないのは昔ながらのメッキ仕様だから? リアパネルの「ROTARY POWER」のロゴが泣かせます。 シャシー裏はピカピカのメッキ仕様。 古いミニカーみたいですが金型は2016年製で新しい設計です。 ホワイトのボディカラーが面白味がないかな?と思いましたが、ご覧の通り、しっかりモールドが入ってリアリティある再現がされています。 特にリアビューは質感がよく、納得のホットウィールです。 意外とですがホワイトのボディカラーがよかったのかもしれません。 別のカラーを手に入れることがあったらまた購入して、どんな見え方になるか?確認したいですね。

次の

ホットウィールの基本についてのまとめ(発売日や価格、販売店など)

ローソン ホット ウィール

その他車種は3台~4台の封入となっています。 取扱店の分からない方は下記リンクで確認してみてください。 ちなみに、最近続々とコンビニでミニカーがリリースされていますが、 皆さんどのような支払方法で購入しておりますでしょうか。 コンビニは定価販売が基本なので、何も考えずにLAWSONならPontaカードを出して現金払い、若しくはカード払いと言ったところでしょうか。 最近私が活用しているのがnanacoです。 今回はLAWSONだから関係ないと思っていませんか? そんな方に少しでもお得にコンビニミニカーをゲットする手順をご紹介します。 まず、nanacoを用意してください。 持ってない方は、8の付く日にイトーヨーカドーで実質無料で作れますので作っておきましょう。 そして、セブンイレブンのATMで1万円分ナナコチャージします。 この時点で50円分のポイントが付きます。 たかが50円と侮ってはいけません。 銀行に1万円貯金しても利子で50円なんて貰えませんからね。 次にそのままセブンイレブンのレジで、10,000円分のクオカードをnanacoで購入します。 10,000円分のクオカードには180円オマケが付いています。 はい、この時点で先ほどのチャージ50円と合わせて230円分お得ですね。 更にクオカードは、セブンイレブン以外にLAWSON、ファミマでも使用出来るので、 クオカードを使用してLAWSONでホットウィールを購入するのです。 ちなみにクオカード払いでも、100円ごとに1ポイントPontaポイントが付与されるので10,000円で100円ポイントが貯まります。 これで単純に計算しても合計330円、クオカードを使ってローソンで10,000円買い物するだけでザックリ330円お得になるのです。 セブンイレブンでの買い物する場合でも、nanacoの還元率が200円で1ポイントと悪くなったので、 nanacoで10,000円クオカードを購入してからクオカード払いにした方が実はお得だったりもします。 以上、ちょっとお得な情報も載せてみました。 CLOSE.

次の