スージー 鈴木。 ザ・カセットテープ・ミュージック|日テレプラス ドラマ・アニメ・音楽ライブ

楽天ブックス: 80年代音楽解体新書

スージー 鈴木

略歴 [編集 ] 、出身。 、大学生時代に『東京ラジカルミステリーナイト』の「AUプロジェクト」に参加し、「スージー鈴木」の名でラジオデビュー。 サラリーマンとして働きながら、からにかけて土曜日『』にレギュラー出演した。 より、11月創刊の『』で野球音楽評論家としてデビュー。 から雑誌『』の「CULTURAL REVIEW about BASEBALL」コーナーにて隔週で野球音楽に関するコラムを連載。 2007年以降、同誌における肩書きは「野球文化評論家」となっており、音楽以外のコラムを執筆する場合もある。 、で講師も務める。 人物 [編集 ]• 歌手の(ジュリー)の大ファンで、人生の師として敬愛している。 の熱心なファン。 好きなは、、(先述の雑誌記事内プロフィールより)と、。 本人のツイッターによれば [ いつ? ]、人生の夢は、 1 プロ野球公式戦始球式、 2 紅白歌合戦・審査員、 3 『週刊文春』での音楽コラム連載。 出演番組 [編集 ] ラジオ• 東京ラジカルミステリーナイト(、1988年〜1989年)• (、1995年〜1999年)• (系列、12月29日、「M-1評論家」として)• (、6月21日)• スージー鈴木の月刊歌謡パンチ! (、5月~7月)• (、3月)• (文化放送、2016年4月)• 能町みね子 TOO MUCH LOVER(ニッポン放送、4月)• ダイノジの深夜の回転体(ニッポン放送、2016年6月12日)• 金曜ブラボー。 (ニッポン放送、3月2日)• (JFN系列、6月30日~)• 中山優馬 RADIO CATCH(JFN系列、11月)• (文化放送、2018年11月19日~)• KEIYOGINKO GRAND COUNTDOWN REAL()• 伊集院光の野球バン! (、)• (、2009年3月15日)• (フジテレビONE、2009年11月30日,#2)• (、2011年8月10日)• (、2012年10月25日)• BOOKSTAND. TV(、2017年4月28日)• (BS12 トゥエルビ、2017年10月6日~) 執筆 [編集 ] 書籍 [編集 ]• 『【F】を3本の弦で弾くギター超カンタン奏法〜シンプルなコードフォームから始めるスージーメソッド』 、2014年3月。 ISBN 978-4779119743• 『1979年の歌謡曲』 彩流社〈フィギュール彩〉、2015年11月。 ISBN 978-4779170386• 『1984年の歌謡曲』 〈イースト新書〉、2017年2月。 ISBN 978-4781650807• 『サザンオールスターズ1978-1985』 新潮社〈〉、2017年7月。 ISBN 978-4106107245• 『カセットテープ少年時代 80年代歌謡曲解放区』 共著〈〉、2018年6月。 ISBN 978-4048962605• 『イントロの法則80's〜沢田研二から大滝詠一まで』 、2018年10月。 ISBN 978-4163909097• ISBN 978-4845633494• ISBN 978-4893089151• 『80年代音楽解体新書』彩流社、2019年8月。 ISBN 978-4779171048 新聞 [編集 ]• 「スージー鈴木のヒット曲講座」(2016年~ ) 雑誌・ムック [編集 ]• 「」(1998年創刊〜1999年 )• 「」(2001年〜 )• 「コメ旬vol. 1」「コメ旬vol. 3」(2011年〜2013年 ) 小説 [編集 ]• 「完全仮想フィクション M-1 東西頂上決戦 東京漫才は大阪に勝てるか!? 」(雑誌「広告」2008年6月号)• 「恋するラジオ」(「水道橋博士のメルマ旬報」連載) Web [編集 ]• Re:minder ~「EPICソニー名曲列伝」• 「ザ・カセットテープ・ミュージック」公式サイト~スージー鈴木のボーナス・トラック• 東洋経済オンライン~スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」• 水道橋博士のメルマ旬報「読む桑田佳祐」• FRIDAYデジタル~「ちょうど30年前の歌謡曲」• アーバンライフメトロ~「ベストヒット23区」 音楽 [編集 ] シンガーソングライターとして [編集 ] Coopers town label()の『take me out to the ballgame』で以下の4曲を披露した。 supersonic speedstar〜高橋慶彦にささぐ• おっかけ旅情• Here comes the Searex• 大阪メモワール サイト『野球浴 野球音楽の殿堂 』で野球関係の楽曲を発表している。 ダルビッシュ・ブルース• どっちやねん?• 野球の国• ミ・ナ・ミ・ム・レ• バルデスなんデス• 東大阪で生まれた男• たどりついたらいつも空振り• いちご球場よ永遠に~"Strawberry Field" Forever• サブローの一番長い日 instrumental• ローズとシーツとウッズが正津の絵を描いた• Toyota CROWN• Batting Class Hero ~野球階級の英雄• Destrade(デストラーデ)• ファンキーミンチーベニー• おねがいタイムマシン!• 放蕩息子• 2011年の桜 監修 [編集 ] 野球小僧 なつかしの野球ソングコレクション 1999年7月、より発売されたCD。 高島幹雄プロデュースのシリーズのひとつであり、雑誌「野球小僧」とのタイアップアルバム(ロゴも同誌の題字が使われた)。 文字通り「野球小僧 」をはじめ、に発表された日本のプロ野球チームの応援歌などの野球ソングを収録。 ブックレットには、音楽ライター鈴木啓之の楽曲解説とスージーの随筆も記載されている。 プロデュース [編集 ]• D グリーンバーグ著 『日本は、』 彩流社、2012年。 ISBN 978-4779117848 脚注 [編集 ]• PR TIMES 2019年2月15日. - 「野球浴」内。 we"a"kly suzie 2009年12月30日. で、「('90年)に広告業界に入った」という旨の記述をしている。 刊、書籍コード:ISBN 4643990376• 彩流社 2015年. ベイエフエム 2020年4月6日. 2020年5月16日閲覧。 (Re:minder)• (カセットテープ・ミュージック公式)• (東洋経済オンライン)• suziegroove - この項目は、に関連した 書きかけの項目です。 この項目は、(・・・・・・・・・・・)に関連した 書きかけの項目です。

次の

楽天ブックス: サザンオールスターズ 1978

スージー 鈴木

沢田研二『TOKIO』の話を続けます。 『TOKIO』と言えば、何といっても、あのギターイントロです。 前回という話を書きましたが、ということはつまり、「80年代は沢田研二『TOKIO』《のイントロ》で幕が開いた」ということになります。 で、この音使いのポイントは「ミ」と「ファ」です。 この、「ミ」との関係における「ファ」のことを、専門用語で「sus4」(サス・フォー。 suspended4の意味)と言います。 難しい音楽理論のことは一旦措いておきつつ、この「ミ」と「ファ」を使ったイントロを、ここでは「sus4イントロ」と呼ぶことにします。 実は、この『TOKIO』あたりから、「sus4イントロ」が、やたらと増えてくるのです。 時系列で並べてみます。 すべて「ミ」と「ファ」による、同じような音使いになっています。 というわけで、1980年は、さしずめ「sus4イントロの当たり年」となるのですが、それ以降も、80年代を通して「sus4イントロ」が散見されます。 ただ言えることとして、以下3点。 (1)「sus4」は明るい。 こちらも難しい理論は省きますが、「sus4イントロ」は、「ミ」というメジャー(長調)コードを決定付ける音を強調することで、明るい感じが強くなり、それが(陰鬱な70年代に対する)80年代の気分に合っていたのではないか。 (2)「sus4」は弾きやすい。 コードにもよりますが、特にギターにおいて、「sus4」はとても弾きやすいのです。 オープンの「D」「E」「G」「A」など、あらゆるコードで、簡単に「sus4」=「ファ」の音を弾けることが広まって、多用されたのではないか。 (3)つまり、「sus4」はニューウェーブだ。 明るくて弾きやすい「sus4」。 それが、軽佻浮薄で軽薄短小な、80年代の新しい波=「ニューウェーブ」の感覚の音楽に、ピッタリ合ったのではないか。 と分析することが出来ます。 そして、そんな明るく弾きやすい「ニューウェーブ」サウンドの象徴として、沢田研二『TOKIO』のイントロが、80年代の初日=1980年の元日に鳴り響いたのです。 で、最後に。 沢田研二『TOKIO』のイントロについて、1曲だけ元ネタを思いつきました。 ちょっと細かいのですが、セックス・ピストルズの『アナーキー・イン・ザ・U. 』(1976年)の2回目の間奏の影響を受けているような気がしましたが、どうでしょうか? 下の映像リンクで。 ちょうど2分あたりのところです。 聴いてみてください。 ・ただし、sus4ではなく、聴感上かなり近しい、サブドミナント IV のコードが一瞬鳴るものも含む。 日本への影響はアメリカ発のものが大きい。 「TOKIO」以外は、すべてアメリカ発の影響と思われる。 ・浜田省吾「風を感じて」1979年7月1日 ・沢田研二「TOKIO」(1980年1月1日) ・渡辺真知子「唇よ、熱く君を語れ」(1980年1月21日) ・太田裕美「南風 - SOUTH WIND -」(1980年3月21日) ・松田聖子「青い珊瑚礁」(1980年7月1日).

次の

週刊スージー(スージー鈴木硬式サイト)

スージー 鈴木

スージー:それはうれしいですね。 しゃべり手冥利に尽きます。 マキタ:楽しいですよ。 仕込みがそれなりに大変で、本番が楽しいという番組です。 スージー:仕込みもやり始めると止まらないんですよ。 マキタ:僕には四つ上の兄貴がいて、スージーさんと同い年なんですよ。 だからスージーさんが疑似兄貴みたいなところがあって。 スージー:マキタさんが番組でもお兄さんのことを何かとよく話題にするので、お兄さんはもう準レギュラーと言ってもいい存在ですね。 学生時代、最新の音楽情報は兄が教えてくれたと語るマキタスポーツ マキタ:僕は小学校のころから、兄貴とラジオごっこをやってて。 兄貴が「REOスピードワゴンで『In Your Letter』です」とかって曲を紹介したり、適当なおもしろはがきを読んだりして遊んでたの。 スージー:ああ、いい兄弟ですねえ。 マキタ:で、僕は何故か歌手の役で登場して、そこでプロモーションをさせられるっていう。 「新曲があるようですね、では歌っていただきましょう」みたいなむちゃ振りをされて、僕がそれに応えて歌う、みたいなことをしてた。 兄貴がよくラジオを聴いてた人だから、僕よりも早く深夜放送とかで最新の音楽をキャッチして、それを僕に教えてくれるんです。 その延長線上に今、この番組があるような気がしてるんですよね。 制作陣が我々よりも少し若いので、そのズレもまた楽しいわけです。 例えばザ・ブルーハーツに対する観点が違ったりするのも新鮮で。 マキタ:ザ・ブルーハーツは今の若い世代にも届いていて、本当に永遠の輝きを放ってる。 山下達郎を特集した時もそうでしたが、「ああ、ついにやっちゃったなあ」「手を出しちゃったなあ」という気分になるとは思うんですけど。 マキタ:その罪悪感とセットって感覚、すげえ分かりますよ。 僕はそもそも、音楽で感動するってことに、昔から罪の意識みたいなものがあったんですよ。 人に言ってもあんまり理解してもらえないんだけど。 音楽で感動してることは、人に言ってはいけないことのような気がして。 スージー:エロスですね。 マキタ:そうなんですよ。 音楽を自分なりに習得していく中で、「この音のパターン超気持ちいい」って思ったりするんだけど、それは人に言えないという。 スージー:言えないですねえ。 マキタ:「ルーレット」の話をすると、感情が高ぶって「うわー!」ってなっちゃうんですよ。 そんなことは大人として恥ずかしくて。 今日多分、帰って布団に入った後に思い出して、「うわー恥ずかしい!」って頭を抱えると思います。 でも、この番組ではそんな風になってもいい。 音楽の話をしてもいい。 ずっと溜め込んだものを大開放してるっていう番組なんですよね。 芸人のマキタスポーツに負けず劣らず、軽妙な語り口で歌謡曲を語るスージー鈴木 スージー:聴いてから30年経ってますから、もう言っていいんじゃないですかね。 むしろ死ぬときに「ああ、『夏のぬけがら』の話をしなくて死んじゃうな」って後悔するなんてね、それはつまらない人生ですよ 笑。 ずっと昔から、ロッキング・オンの渋谷陽一さんだったり、音楽を深く洞察して、情念的に人生論で語る人たちっていうのが世の中にちょっとだけいて、あとのほとんどの人は「音楽なんて格好良けりゃいいじゃない」「楽しけりゃいいじゃない」で終わると思うんですけど、「それはそうなんだけど、それはもったいないやん」っていう。 なぜ格好いいのか?と考えて、「(コードの)メジャーセブンスでこう見るとこういう共通項があったのか」「転調するとこんな印象があるのか」とかが見えてくるとね、音楽が二倍三倍にも楽しめる。 なら、やったほうが面白いですよね。 マキタ:面白い。 それをこの丑三つ時に解放してるっていうのが、密かな面白みのようでね、いいんですよ。 おじさん二人が分析して、「ここが気持ちいいんですよ」「そうですよね、そこが気持ちいいんですよね」って言い合ってるっていう。 こんな番組、他になかなかないですよ。 と、この前、安全地帯の「ワインレッドの心」のイントロを聴いてそう思いました 笑。 マキタ:それに、日本自体が若かったんじゃない? 時代の空気感として、未来は明るい、開けてる、という雰囲気しかなかったんだよね。 スージー:若さは大きいでしょうね。 当時の平均年齢は30代前半で、今や日本の平均年齢が46歳とか言いますからね。 チェッカーズの髪形に代表される、日本ならではの文化がスタートして、新しいものが生まれる活気に満ちていた。 マキタ:僕自身も当然若くて、物心ついた時には松田聖子がもう居たわけだけど、目が開いた時からキラキラしたものしか見ていないからね。 僕は当時本当にプロレスが好きで、次のシリーズに出てくる新外国人選手はどんなのだろうとか、すごいワクワクしてたんだよ。 別に「仮面ライダー」でもなんでもいいんだけど、次の強敵が出てくることのワクワク感ってあるじゃない。 それと同じように、新たなアーティストが現れて、その人が作るアルバムとか、とにかく楽しみでしょうがなかったな。 スージーさんが以前番組で、化粧品のコマーシャルソングの変遷について語ってくれたことがあったんだけど、化粧品のコマーシャルはまさに、次はどんな曲が来るのか、みたいなワクワク感があった。 スージー:布施明の「君は薔薇より美しい」とか、渡辺真知子の「唇よ、熱く君を語れ」とか。 今聞くとなんだか大げさなタイトルですよね 笑。 マキタ:あの頃はタイアップが本当に盛り上がっていて。 今の時代だと広告が絡むとすぐ「ステマでしょ?」とかすぐ言うでしょ。 すぐ「オワコン」とか「劣化」とか言って、そうじゃないんだよと言いたい。 マキタ:僕は今のアイドルにあんまり詳しくないんだけど、歌謡曲は一つの財産だから、それを今の子たちが歌うのも当然のことだと思う。 ようやくそういう文化が貯まってきたってことだから。 「上を向いて歩こう」を作曲した中村八大さんとかが和製のポップスってものをこしらえて、日本のスタンダードというものがちょっとずつ出てきた。 そこから音楽の可能性がどんどん広がっていって、今の若い人たちが歌うのは当然でしょうと思う。 アメリカとかイギリスとかのアーティストって世代を超えてコラボレーションしたり、カバーとかしたりするでしょ。 やっぱり本場は歴史が全然違うから。 だから歌い継がれていくことはいいことだと思う。 例えばワンヒットワンダーの柴田まゆみの曲を我々が紹介したりすることで、今のアイドルの子たちが歌ったりしたらいいよね。 スージー:僕もアイドルソングはあんまり得意じゃないんですけど、耳にする中で、昔の歌謡曲としても通用するクオリティーの曲ってありますよね。 AKB48で言えば「ヘビーローテション」「恋するフォーチュンクッキー」「君はメロディー」とか。 それにももいろクローバーの「行くぜっ!怪盗少女」は傑作中の傑作だと思いましたね。 「ザ・カセットテープ・ミュージック」でもアイドルを作るっていうのはどうですかね 笑。 カセットガールのウメ子(河村唯)と、ふるまゆ(古橋舞悠)を。 マキタ:アイドルじゃないよそれ! 笑 スージー:私が作詞して、マキタさんが作曲して。 マキタ:やろうと思えばそれはできるんだけどさ、ウメ子をアイドルでやるのか…。 古い音楽が一周して新しく聴こえるということはあって、僕らも1960年代の音楽を当時そう聴いたんですよ。 日本のエイティーズのキラキラ感を、ぜひ体感してもらえればと思いますね。 マキタ:じゃ僕は、おじさんおばさんたちに向けて。 脚注が充実してるので、頑張って目にルーペを当てて読んでください 笑。 細かい字のところに大事なことが書かれてたりするんですよ。 なのでトーク本編を一通り読んだあとに脚注も見て、何度も味わっていただきたい。 山梨県出身。 ミュージシャン、芸人、俳優、コラムニストなど、活動は多岐にわたる。 スージー鈴木 1966年11月26日生まれ。 大阪府出身。 音楽評論家。 著書に「サザンオールスターズ 1978-1985」「【F】を3本の弦で弾くギター超カンタン奏法」など。 ピックアップ• 日本の縮図となる都市で、補助金200万円と手厚いサポート• レノボのクリエイター向けデスクトップPC、プロ漫画家の目にはどう映る?• 余ったらどうする?足りなくなったら追加できる?• AMDが映像プロダクション向けPCを展開• 優勝賞金100万円のeスポーツ大会出場選手の裏事情• 人気のデュアル水冷シリーズに第10世代Core最強モデルが登場!• HUAWEI P liteシリーズの最もお手頃なモデルを詳しく紹介!• リフレッシュレート240Hzの液晶ディスプレーも搭載• 開発環境プリインストール済み!! ボリュームゾーンに投入される有力SIMフリースマホ2機種を比較!• このアクセス速度を体験したらもう戻れない• ファーウェイのノートPC「HUAWEI MateBook」シリーズは3モデル!• または私はいかにして心配するのを止めてキーボードが打てるようになったか• フレーバーだけでなく、デバイスそのもののデザインや質感にも徹底的にこだわりぬいた• ノイズキャンセリングもコスパも強力!• これ1台でなんでもこなせるモバイルノート• ゲームも写真も動画も大容量化でストレージは危機的状況• Open NAT機能やゲーミングデバイス優先LANポートなどを搭載!• NVMe SSDでOSやアプリの起動も高速!• 第10世代Coreにタッチパネルも入って約1. 32kg! 1日使えて、価格もお手頃• 週アス読み放題で、独自コンテンツ盛りだくさん.

次の