ユニバーサル ミュージック ジャパン。 UNIVERSAL MUSIC STORE

Virgin Music

ユニバーサル ミュージック ジャパン

ユニバーサル ミュージック合同会社(ユニバーサル ミュージックごうどうがいしゃ、 Universal Music LLC)は、の。 別名は ユニバーサル ミュージック ジャパン( Universal Music Japan)。 ・傘下の・の日本法人。 概要 [ ] 日本に拠点を置く系レコード会社の中では最大手である。 外資系ではあるがに実績のある生え抜き社員を登用するなど、民族系同業他社と同等の経営体制となっている。 日本法人は前身の系(ただしとは除く)3レーベルとをに経営統合させており、が保有する、、、といった洋楽に加え、・(を含む)の音源・アーティストを多く擁している。 2012年には親会社による買収に伴い、同業大手のを吸収し、事業規模を拡大している。 邦楽・に関しては前身のポリグラムでの社長(当時)就任後より、同一資本下で独立した制作部門・レーベルを複数設けてグループ内で切磋琢磨させヒット作を生み出すことを狙いとしており、に注力している。 現法人発足後は制を採りいれて制作部門が独立した組織となっているが、やとは異なり、事業分野別の分社化は行っていない。 沿革 [ ]• 1927年5月30日 - 阿南正茂が「株式會社日本ポリドール蓄音器商會」を設立。 傘下のポリドール・レコードの、国内での販売を開始。 1950年4月 - 日本ポリドール蓄音器商會が「ポリドール蓄音器株式会社」に社名変更。 1953年4月1日 - 「日本ポリドール株式会社」が、との出資で設立される。 1956年 - 日本ポリドールが「日本グラモフォン株式会社」に社名変更。 1966年 - 内にフィリップス事業部が作られ、日本に於いて「フィリップス」レーベルでの邦楽の制作が開始される。 1969年 - に日本グラモフォンの自社ビル( - 2002年)が完成。 1970年8月 - が日本法人として「 日本フォノグラム株式会社」を設立し、日本ビクターから独立。 11月 - 日本グラモフォンが「 ポリドール株式会社」に社名変更。 1972年 - フォノグラムがポリドール・レコードを子会社化し、ポリグラム傘下に入る。 - の日本事業統括法人として「 ポリグラム株式会社」を創立。 - ポリドール株式会社、日本フォノグラム株式会社の管理・輸入・商品管理部門を ポリグラム株式会社へ移管。 - ポリドール株式会社内のb. gramレーベルを、と共同出資の上 として法人化。 この年、のヒットで過去最大の売上を記録。 12月 - ポリドール株式会社、日本フォノグラム株式会社の開発本部・営業本部・クラシック本部が、邦楽制作部門を残しポリグラム株式会社へ移管。 11月 - 東芝EMI(現:)取締役のが、ポリグラムからを受け移籍、に就任。 3月 - 日本フォノグラムが 株式会社(英略称:MME)に社名変更。 ら専属アーティストの開拓を活発化。 ポリドール出身のが興したの「キティエンタープライズ」(旧:キティレコード)および音楽制作部門の「キティミュージック株式会社」がポリグラム株式会社の資本下に入る。 キティミュージックは「 ポリグラム・ミュージック・ジャパン株式会社」に社名変更。 ポリドール出身の五十嵐泰弘が興した「」がポリグラム株式会社の資本下に入る。 後の1997年に社名を「ニュートーラス」に改称。 11月 - ポリグラムの親会社であるフィリップスが、ポリグラムの株式全てを(現:の一部)の親会社であったに売却。 アメリカでは・ポリグラムが経営統合したことに伴い12月に「 ユニバーサル ミュージック」発足。 ポリグラムのクラシックレーベルは徐々にユニバーサルへ変更される。 - ポリグラム株式会社が「 ユニバーサル ミュージック株式会社」に社名変更。 ニュートーラスがユニバーサル ミュージック株式会社に吸収合併される形で解散。 2月 - の税務調査で、ユニバーサル ミュージック株式会社とポリドール株式会社の二社で約250億円の申告漏れが発覚し、約100億円のに応じたことが報じられる。 両社は買収時に、米国の投資組合にポリグラムの外国法人と共同出資しているが、モータウンの事業利益は最小出資者である米国法人が実質独占しているにもかかわらず、日本法人は取得費用の損金を自社利益と打ち消すよう毎年計上することでを図ったとされる()。 8月 - ユニバーサル ビクター(MCAレコード)と経営統合するとともに、ユニバーサル ミュージック発足時のレーベル・部門別にを導入。 「ポリドール」(ポリドール株式会社の営業・制作事業をユニバーサル ミュージック株式会社に移管)、「ユニバーサル」(ユニバーサル ビクターの邦楽部門)、「ユニバーサル インターナショナル」(ポリグラムおよびMCAの洋楽・クラシック部門)をそれぞれ発足する。 - 社内カンパニーのキティエンタープライズがMMEに吸収され、キティMMEとなる。 7月 - ユニバーサル、ポリドールの同レーベルの制作クレジットを「ユニバーサル ポリドール」と二重に変更する。 6月 - 本社を目黒区大橋からのの近くに完成した新社屋に移転。 6月末 - 邦楽制作部門の社内カンパニーであるユニバーサル、ポリドール、キティMMEの3レーベルを統合・集約し、「 ユニバーサルJ」に一新する。 12月 - ビクターエンタテインメント(現:JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント)との販売委託契約、業務提携を解消。 より自社販売を再開。 1月 - ユニバーサルJよりキティMMEの流れを汲む社内カンパニー「 ユニバーサルシグマ」を設置。 1月 - ユニバーサルJから主に旧ポリドール系の制作・宣伝スタッフにより、 「 ナユタウェイヴ レコーズ」(NAYUTAWAVE RECORDS)を分裂する形で設置。 1月 - 社内カンパニーの「USM JAPAN」を改組し、「 ユニバーサル ストラテジック マーケティング ジャパン」を発足。 1月 - からに組織変更。 11月 - がCEO兼社長に就任。 10月 - CMのサウンドロゴ導入。 1月 - 「ユニバーサル ストラテジック マーケティング ジャパン」の名称が「 USMジャパン」となる。 7月 - から2012年12月期までの3年間に約90億円の申告漏れを指摘される。 10月1日 - 親会社による(レコード制作部門)の買収に伴い、株式会社(EMIJ)をに収める。 1月15日 - 小池CEO兼社長がEMIJの代表取締役社長兼CEOを兼務する。 4月1日 - EMIJを吸収合併する形で経営統合し、邦楽部門は「EMI Records Japan」として運営を開始する。 これにより、内にあったEMIJの本社オフィスは同社の赤坂オフィス(本社ビルは青山オフィス)となる。 9月 - 同年のに、 親会社が所有していたEMIレコードの主要部門であるをへ売却したことに伴い 、日本でのEMIクラシックス(旧原盤を除く)や欧州のEMI(を除く)の販売権が、へ移行する。 10月2日 - 同社のレーベル「EMI Records Japan」の規格品番が、旧東芝EMI時代から長年に渡り使用されていた TO(TOCT、TOCP等、邦楽アーティストの場合、マキシ・シングルまたはアルバムだとTOCTから始まる)から TY(TYCT、TYCI、TYCN、TYCP等、同じく邦楽アーティストのマキシ・シングル、アルバムはTYCTから始まる、かつてはが使用していた)に変更される。 1月1日 - 副社長として邦楽部門を統括していた藤倉尚が社長兼最高経営責任者 CEO に就任。 前CEO兼社長のは代表権の無い会長に就任した。 NAYUTAWAVE RECORDSとEMI Records Japan EMI Jを統合し「EMI Records」が発足、EMI Records Japan EMI Rは「EMI R」とする。 2月5日 - との共同出資により株式会社が設立。 4月15日 - EMI RとDelicious Deli Recordsを統合して「」が発足し 、直下に「Virgin Records」と「Delicious Deli Records」を置く。 5月 - EMI Recordsの規格品番がUPに統一された。 2018年• 6月25日 - 米・ディズニー・ミュージック・グループからの日本における独占ライセンス契約をに変わり継承する。 10月1日以降、音楽ソフト作品の出荷を開始した。 - 本社をへの移転を順次開始。 - 本社の神宮前タワービルディングへの移転を完了。 2019年• - 子会社のZERO-Aの活動終了。 2020年• - 社名をユニバーサル ミュージックから米と同じくユニバーサル ミュージック グループに変更。 映像事業として「EASTWORLD ENTERTAINMENT」始動。 - 演歌・歌謡曲レーベル「Prime Music」を「Lighthouse Music」(ライトハウス ミュージック)に改称。 直下に旧EMI系の「EXPRESS」と「Sakurastar Records」を置く。 設立母体 [ ]• (MME)• レーベル [ ] 現在ユニバーサルミュージックは、ジャンル別に以下のレーベルからそれぞれ商品を発売している。 邦楽 [ ] ユニバーサルJ [ ] 2002年6月にユニバーサルとポリドールとキティMMEを吸収・分割したのち旧ユニバーサルビクターの流れを汲む。 規格番号は UPCH。 2003年から2014年までの作品では UUCHが割り振られていた。 Perfume Records(パフューム・レコーズ) - のプライベートレーベル。 規格番号は UPCP。 規格番号は UPCJ。 Top J Records(トップ・ジェイ・レコーズ)- のプライベートレーベル(上述同様の共同運営)。 規格番号は JMCT。 ASSE!! Records(アッセ!! レコーズ) - のプライベートレーベル。 歌姫レコード(うたひめレコード) - のプライベートレーベル。 2014年にユニバーサルシグマから移籍。 (ファー・イースタン・トライブ・レコーズ) ユニバーサルシグマ [ ] 2004年にユニバーサルJから分割された。 かつて存在した邦楽セクション旧キティMMEの流れを汲む。 規格番号は UMCK。 (エー・アンド・エム・レコーズ) - や等が所属。 Double Joy International(ダブルジョイ・インターナショナル) - のプライベートレーベル。 (ディーシーティー・レコーズ) - のプライベートレーベル。 Augusta Records - 2017年1月にの全株式を譲り受けて戦略的提携を締結したことに伴って、同年より内のから移籍。 規格番号は UMCA。 [ ] 規格番号は TYCT及び UICV。 EMI RとDelicious Deli Recordsが併合されて設立された。 Virgin Records(ヴァージン・レコード) EMIJ時代に存在していた当レーベルがUMJに吸収されたのに伴って、改組したEMI Rが前身。 Delicious Deli Records(デリシャス・デリ・レコーズ) - 以前はユニバーサルインターナショナル内に組まれていた。 (デフ・ジャム・レコーズ)• 木梨レコード - のプライベートレーベル。 EMI Records [ ] 規格番号は UPCH。 EMIJ時代に存在していたの吸収に伴って、改組したEMI Rと旧ポリドールの流れを汲む「NAYUTAWAVE RECORDS」が併合されて設立された。 統合前の主力レーベルだった『 EMI』の名を残したものである。 EASTWORLD(イーストワールド)• Go Good Records(ゴー・グッド・レコーズ) - の個人レーベル兼個人事務所。 Third Party Distribution Deal(サード・パーティ・ディストリビューション・デル) - などが所属。 の作品での規格番号は POCSが使われた。 ZEN MUSIC [ ]• 、が所属。 Lighthouse Music [ ] 演歌・歌謡曲などの「大人ミュージック」レーベル。 2020年3月「Prime Music」より改称。 SakuraStar Records(サクラスターレコード) - 旧EMI系。 旧東芝EMI時代まで存在していた東芝レコードレーベルの後継となる演歌・歌謡曲専門レーベル。 等が所属。 EXPRESS(エキスプレス) - 旧EMI系。 USM JAPAN [ ] インターナショナルの邦楽部門。 主にコンピレーション・旧譜の発売が中心。 [ ] 以前はUMJのレーベルだったが、2014年2月5日に株式会社ZERO-Aの設立以降は同社のレーベルとなった。 ポリドール映像販売会社 [ ] ユニバーサルミュージック(旧系)内の企画・発売部門。 名称に 販売会社とあるがはなく、ユニバーサルミュージック内に置かれた部門である。 (NHK・TBS系で制作された作品および旧作のが多い)、、などのなど、ではないソフトを取り扱う。 ポリドールK. 時代から株式会社が販売元であったため、「 PolyGram Video」のロゴが使われた。 ポリグラムが現社名へ変更後はユニバーサルミュージックとしてのUNIVERSALロゴを使用している。 1990年代後半にはで、など旧作テレビアニメのビデオソフトをする60秒のテレビCMを放映していた。 これはの母体であったキティ・エンタープライズが1995年に傘下となり、販売元がポリグラム映像販売会社(ポリグラムK. )へ移行した関係による。 一方、キティ・エンタープライズから切り離された本業のは映像ソフト会社として(5-ACE)を別に有していたため、現在もキティ・フィルムがビデオ化権利を保有する作品は同社から発売されている。 日本では(旧ジェネオン、パイオニアLDC)が発足すると、同じUNIVERSALロゴを使用してビデオソフトを発売しているため、規格番号や記載されている発売元社名を確認する方法でしか見分けがつかない為に販売現場では取り間違え等のトラブルの原因にもなっている [ ]。 但し、ユニバーサル映画が100周年を記に地球儀のロゴマークを新しく改定して以降、旧ロゴを未だに使うユニバーサルミュージックと見分けがつくようになった。 UNIVERSAL D(ユニバーサルD) [ ] ユニバーサルミュージック内の受託販売部門。 ポリグラム時代から、小規模レーベルやレーベルの全国委託販売を積極的に手がけている。 販売委託レーベル [ ]• - 現在は品番が「 PSxx-」で始まる作品のみを委託販売。 ただし、それ以外の品番は全てへの委託販売となる。 - 2014年6月リリース以降のの作品(品番は「 POxx-」)のみを委託販売。 - ほか受託販売。 Spinach()• - 受託販売。 (メジャー流通分)• Sword Records• クライムエンタテインメント• ミュージックマイン• TSUBASA RECORDS• - をもってから販売受託を引き継いだ。 NEHAN RECORDS - のプライベートレーベル。 ほか多数の販売受託レーベル取扱い。 かつて販売受託していたレーベル [ ]• Fun House(現:) - 1988年4月から1996年4月まで。 1996年3月にBMGビクターの子会社化に伴い、BMGへ移管。 (現:) - 1993年3月から1995年2月まで。 1991年にポリドール内に設立されていたレーベル"b. gram"を、のヒットを機にポリドールと音楽制作会社ビーイングの共同出資によって法人化。 当初は1993年1月に設立予定で、ZARDの「」は新会社B-GramよりBGD S H-1001の品番で発売予定だったが、設立が遅れた為にポリドールより発売された経緯がある。 1995年3月・ビーイングが自前の販売会社J-DISCを設立したのに伴い販売元が移管したが、1997年頃までポリドールの社員が出向してB-Gramのレーベルマネージメントに当たっていただけでなく、2000年初頭までビーイングが台湾に新光集団とレコード会社新光美音を設立するまでは、台湾や香港の東アジア諸国・東南アジア諸国に於ける現地盤や日本からの航空盤(輸入盤)をポリグラムの現地法人を通じて発売していた。 洋楽 [ ]• UNIVERSAL INTERNATIONAL(ユニバーサル インターナショナル)• UNIVERSAL CLASSICS(ユニバーサル・クラシックス)• UNIVERSAL JAZZ(ユニバーサル・ジャズ)• USM JAPAN(USMジャパン) - 主にコンピレーション・旧譜の発売が中心。 旧ポリグラム系 [ ]• () 旧EMI系 [ ]• EMIレコード() ユニバーサル ミュージック グループ系 [ ]• キャピトル・ミュージック・グループ()• アストラルワークス()• キャピトル・クリスチャン・ミュージック・グループ()• キャピトル・スタジオ()• Deep Well Records• クオリティ・コントロール・ ミュージック()• Capitol Records UK• Caroline International• デッカ・クラシックス(Decca Classics)• Mercury KX• イーグル・ロック()• EDGEOUT Records• Fame House• Darkroom• ドリームビル レコード()• LVRN Records• Mad Love and Friends Keep Secrets Records• PM:AM Recordings• ALT: VISION• ブーミナティ・ワールドワイド(Boominati Worldwide)• フェデラル・フィルムズ()• ラヴァ・レコード()• The Heavy Group• U-Live• ユニバーサル ミュージック エンタープライズ()• T-Boy Records• EMIレコード・ナッシュビル()• MCAナッシュビル()• マーキュリー・ ナッシュビル()• ユニバーサル・ミュージック・ラティーノ()• ヴァーヴ・レーベル・グループ(Verve Label Group)• デッカ・ゴールド()• Universal Music Classics• デッカ・ブロードウェイ()• ECMレコード(ECM)• 販売委託レーベル [ ]• 在籍アーティスト [ ] 邦楽アーティスト [ ] ユニバーサルJ [ ] Far Eastern Tribe Recordsのアーティストについては「」を参照• 2013年〜• 2007年〜• 1998年〜• 2019年〜• 2015年〜• 2018年〜• 2012年〜• 2014年〜 (ASSE!! 2017年〜• 2018年〜• 2016年〜• 2012年〜• 2017年〜• 2014年〜• 2002年〜 (から移籍)• 2009年• (2017年3月〜)• 1991年〜 (旧ポリドール所属)• 2017年〜• 2009年〜• 2016年〜 (から移籍)• 2018年〜• 2017年〜• 2017年〜• 2018年〜• 2015年〜2017年• 2019年〜• (2018年〜)• 2019年〜• 2014年〜• 2018年〜• 2012年〜 (から移籍)• 2018年〜• 2017年〜 (バップより移籍) ユニバーサルシグマ [ ]• 2015年〜 (から移籍)• 2015年〜 (から移籍)• 1999年〜 ((後のEMI Records)から移籍)• 2019年〜• (2018年〜)• 2014年〜 (から移籍)• 2009年〜 (Double Joy International)• 2006年〜• 2013年〜• 2013年〜• 2019年〜• 2014年〜• 2019年〜• 2010年〜• 2002年〜 (旧Kitty MME所属)• 2010年〜• 2011年〜• 2019年〜• (旧ポリドール所属)• 2020年〜• 2017年〜• 2011年〜• 2018年〜• 2016年〜• 2018年〜• 2019年〜• 2020年〜• 2019年〜• 2019年〜• 2018年~• 2020年〜 ZEN MUSIC [ ]• (2019年〜)• 2015年〜• 2017年〜 (Go Good Records)• 2015年〜• 2014年〜• 2013年〜 (ユニバーサルシグマから移籍)• 2020年〜 (アリオラジャパンから移籍)• 2020年〜• 2019年〜• 2015年〜• 2018年〜• 1992年〜 (ユニバーサルJから移籍、旧ポリドール所属)• 2008年〜• 2017年〜 (から移籍)• 2011年〜• 2010年〜• 2010年〜• 2013年〜• 2018年〜• 2018年〜• 2020年〜• 2013年〜• 2011年〜• 2014年〜• 2003年〜 (ユニバーサルJから移籍)• 2004年〜• 1998年〜• 2014年〜• 2012年〜 (フォーライフから移籍)• 2019年〜• 2013年〜2018年 (2013年の作品はNAYUTAWAVE RECORDS)• 2019年〜• 2013年〜 (フォーライフから移籍)• 2013年〜 (から移籍)• 2008年〜 (旧アーティスト名:安良城紅、から移籍)• 2019年〜 から移籍• 2016年〜• 1996年〜2001年、2009年〜 (ユニバーサルシグマから移籍)• 1972年〜• 2015年〜• 2004年〜• 2002年〜 (ユニバーサルJから移籍)• 2017年〜• 1995年〜 (ユニバーサルJから移籍、旧ポリドール所属)• 2002年〜• 1997年〜• 2002年〜• 1992年〜• (2019年〜)• 1995年〜2004年、2012年〜• 2018年〜• 1987年〜• 2019年〜• 2016年〜• 2003年〜• 2018年〜• 2020年〜 (より移籍)• 2019年〜• 2018年〜• 2011年〜• 2019年〜• 1988年〜• 2004年〜 (ユニバーサルJより移籍)• 2019年〜• 2018年〜• 2019年〜• 2017年〜• 2019年〜 Delicious Deli Records [ ]• 2012年〜• 2011年〜 (から移籍)• 2014年〜• 2011年〜• 2016年〜 [ ]• Nammy• VIN SEV• BIG LUCK• MOCCH• はりゅ• Friday Night Music Club• Gipsy Nico• 木下綾香• Candles• SUPLIFE• 上法宗介• モランディ• ワタナベフラワー• BYStander• LIONOTE. USMジャパン [ ]• 2017年〜• (ユニバーサルJから移籍、旧ポリドール所属)• (同上)• 2018年〜• (2018年〜)• (かつて旧東芝EMI所属)• (2018年〜)• (1983年〜1989年(旧ポリドール所属)、2014年〜)• (旧キティレコード所属)• (2018年〜)• 2016年〜• 2018年〜 ユニバーサルD [ ]• (から移籍、も参照)• (Jazz Singer)• (NAYUTAWAVE RECORDSから移籍)• 2014年〜• 2015年〜 (avex traxから移籍)• 2020年〜 (自主レーベル・NEHAN RECORDS所属、から移籍) UNIVERSAL GEAR [ ]• BLACK CATS• MAGIC• サボテンブラザーズ• 2017年〜• 2015年〜 (から移籍)• 河野圭佑• JET SET BOYS• 2015年〜 (から移籍)• 青野美沙稀• 2016年〜• ARCHAIC RAG STORE• オトザイサトコ• takekings ROCKET BEATS [ ] 「」を参照 イザナギレコード [ ]• 2017年〜 (より移籍) STPR Records [ ]• 2018年〜• 2018年〜• 2018年〜• 2019年〜• 2019年〜• 2019年〜• 2019年〜 洋楽アーティスト [ ] ユニバーサル インターナショナル [ ]• (アバ)• (イギリスのバンド)• 2001年〜• 2004年〜• 2006年• 1994年〜• 2005年〜• ( PIZZICATO ONE) 2011年〜 ユニバーサル・クラシックス [ ]• (Sarah Alainn) 2012年〜• 2008年〜• 2012年〜• 2004年〜• 2005年〜• 2001年〜• 2001年〜• 2003年〜• 1996年〜• 2003年〜• 2001年〜• 2008年〜• 2004年〜• 2006年〜• 旧所属アーティスト [ ]• 2011年〜2013年• 2004年〜2005年• 1983年〜1984年、2003年 (旧ポリドール)• 2011年〜2014年 (DD Projectグループ廃止に伴い、移動)• 2002年〜2003年• 2011年• 2003年• (・()) 2012年• 2006年• 2003年〜2004年 (歌手活動休止)• 2010年〜2012年• inconnue(アンコニュ) 2001年 (旧ポリドール)• 1997年〜1999年 (旧ポリドール)• 2002年〜2005年• 2001年〜2003年• 2010年〜2012年• 2004年〜2006年• 1998年〜1999年 (旧ポリドール)(2009年5月死亡)• (2003年〜2004年3月でメジャー契約打ち切り)• 1999年〜2000年• 1997年〜2001年• 2004年• 1996年〜1998年 (旧ポリドール)• 2002年〜2009年• 2014年〜2015年• 2001年〜2002年 (旧Kitty MME所属)• 2000年〜2001年• 1998年〜2016年 (に移籍)• 1990年〜1995年、2000年〜2002年• 2002年〜2005年• 1998年〜2002年 (旧ユニバーサルビクター)• (エージャックス) 2012年• 2013年〜2014年• (2010年〜2012年3月メンバー全員卒業)• 2011年〜2012年• (2017年10月25日死去)• 2006年• 1976年〜1980年 (旧フィリップスレコード)(1981年5月死亡)• 2010年〜2013年• (旧フィリップスレコード所属時の音源はUSMジャパンより発売)(2012年5月死亡)• 1995年〜2002年(キティ)、2003年〜2006年(J)• 2012年• 1994年〜2008年 (ユニバーサルシグマから移籍)• 2012年〜2014年• 2011年〜2014年• 2000年〜2001年• 2011年〜2014年• 2009年• 1999年〜2000年• 2009年 (2009年7月死去)• 2016年〜2017年• (キーノ) 1999年〜2001年• (2008年〜2015年解散)• 2007年〜2016年 (2016年より内の自主レーベル「Sazanga Records」にて作品を発表)• 2013年• 2009年〜2014年 (トイズファクトリーに移籍)• 2014年• (2016年〜2018年解散)• 2015年• 1998年〜1999年 (旧ユニバーサルビクター、1999年解散)• 2008年• (ケイトナイン) 2002年• 2005年〜2006年 (2009年5月10日解散)• 2004年• 2014年• (2012年〜2014年解散)• 2004年• 2012年〜2015年• 2000年 (旧ユニバーサルビクター)• 2011年〜2012年• 1999年〜2000年• 2000年• 2015年〜2019年 (2019年1月、イケメン女子プロジェクト大改革により1月25日のワンマンライブをもって活動終了。 現在の活動に関しては、(所属)を参照。 2002年〜2003年• 2012年〜2014年 (から移籍)• 1995年〜1996年 (キティレコード)• 2012年〜2014年• (が、とともに結成したスペシャルユニット) 2001年〜2003年• 2012年〜2013年• (ジゼルフォー)(2014年〜2016年解散)• 2007年〜2008年、2013年• (2015年〜2019年解散)• 2003年• 2009年〜2013年• 2003年〜2004年• 2012年〜2014年• (2012年〜2016年活動休止)• 2008年• (2004年〜2005年解散)• 2012年〜2013年• 1999年〜2002年• (旧キティ)• 1999年〜2001年• 2013年• 2008年〜2012年• 2012年〜2013年 (DD Projectグループ廃止に伴い、移動)• 2007年• 1999年〜2001年• 2005年• (2006年〜2008年解散)• 1991年〜2010年• 2010年〜2011年• 2011年〜2013年• 2007年〜2009年• 2008年〜2010年 (へ移籍)• 1997年〜2000年 (歌手活動終了)• (2010年〜2012年再びインディーズへ)• 2012年〜2014年• 2017年〜2018年• 2014年• 2005年• 2013年• 2000年〜2001年 (旧マーキュリー・ミュージックエンタテインメント)(2001年解散)• 2002年• 2001年〜2009年 (旧Kitty MME所属)• (同上)• (同上)• 2014年〜2015年• (、、による限定ユニット) 2012年• 2007年〜2014年• DIVINE• 2010年〜2012年 (エイベックス・エンタテインメントへ移籍)• 2001年〜2009年• 2011年• 2009年〜2012年• (2017年3月31日解散)• 2015年• 2002年〜2003年、2005年〜2014年• 2009年〜2012年• 2000年〜2003年• 2008年• 2001年〜2002年 (インディーズ活動を経てと改名後、から再デビュー)• 2013年〜2014年• 2005年〜2006年• 2005年〜2007年• 2007年• 2001年〜2002年• 1989年 (旧キティ)• 2001年〜2002年• 2013年〜2014年• 2000年〜2002年 (旧ユニバーサル)• 2013年• 2001年〜2003年• 2013年〜2014年• 2015年〜2016年 (EMIミュージック・ジャパン(後のEMI Records)から移籍)• 2012年• 1994年〜2013年• 2001年• Happie• MCAビクター・ポリドール在籍時の旧譜の原盤権はユニバーサルJが管理していたが、現在はUSMジャパンに移管の上再発売)• 2000年〜2001年• 2012年• 2010年〜2012年• (2013年〜2017年活動休止)• 2014年〜2015年• 1996年〜1999年• 2001年〜2005年 (2006年解散)• 1986年〜1995年 (旧キティ)• 2003年〜2005年• 1999年〜2000年• 1992年〜1994年 (旧キティ)• 2012年〜2014年 (から移籍)• 2012年〜2013年• 弘Jr. 2017年• 2011年〜2012年• 2013年• 1995年〜1999年、2005年〜2006年• 2013年• 2014年〜2015年• (フォー) 2000年• 2013年〜2014年• 2012年〜2013年• 2007年• 2014年〜2016年• 2002年• 2006年〜2007年• 同レーベル立ち上げと同時にビクターエンタテインメントに移籍)• 2004年〜2006年• 2007年〜2008年• 1996年〜1998年 (旧ポリドール)(1998年8月活動休止)• 2001年〜2003年• 2014年〜2016年• 2010年〜2012年• 2013年• 2011年〜2012年• 2012年〜2013年• 2012年〜2013年• 2013年• 2011年• (2003年〜2013年無期限活動休止)• みみずくず• 2003年〜2004年• (みゆい) 2000年• 2007年〜2012年• 2009年〜2012年• 2008年• 2001年〜2003年• 2011年• 2011年〜2013年 (ユニバーサルシグマから移籍)• 2004年〜2005年• 1997年〜2001年 (旧マーキュリー・ミュージックエンタテインメント)• 1998〜2005年• 2002年• 2013年• 2012年〜2013年• 2001年〜2003年 (旧ポリドール)(2003年解散)• 2002年〜2003年• (旧キティMME)• 2013年〜2014年• 2006年〜2007年• 2004年• 上記のイギリスのバンドとは同名異グループ• (旧ユニバーサルビクター)(解散)• 2012年• 2004年〜2006年 (活動休止)• (2010年〜2011年解散)• 2007年〜2012年 コンピレーションアルバム・サウンドトラック [ ] 発売日 タイトル 規格品番 2007年06月20日 PURE LOVE UICZ-8026 2008年01月23日 PURE LOVEII~winter romance~ UICZ-8035 2008年07月09日 ナツウタ UICZ-1298 2008年07月30日 2009年03月25日 歌鬼 GA-KI ~トリビュート~ UPCH-20095 2009年02月04日 歌鬼2~阿久悠vs. グレイテスト・ヒッツDVD UIBZ-1027 2010年12月01日 ワッツ・アップ! ザ・グレイテスト・ヒッツ UICZ-1361 2011年09月07日 たけしとジャズ UICZ-1421 2011年12月07日 ワッツ・アップ! 2012 UICZ-1427 2012年06月13日 ワッツ・アップ! ザ・グレイテストヒッツ2013 UICZ-1465 2013年06月19日 ワッツ・アップ! ダンス ザ・グレイテスト・ヒッツII UICZ-1473 2013年10月30日 V. ザ・ベスト 10周年記念盤 UICZ-1517 2014年03月26日 ジャズ・ウーマン-リラックス・タイム TYCJ-60053 2014年04月23日 ダンスホール・ラヴァーズ カヴァーズ・ベストII TYCP-60108 2014年06月11日 ワッツ・アップ! UICZ-1579 2015年07月01日 ワッツ・アップ! ザ・ベスト・ミックス UICZ-1601 2015年10月21日 ナチュラル・ウーマン UCCU-1500 2015年12月02日 ワッツ・アップ! ウルトラ・ヒッツ UICZ-1613 2016年06月29日 ワッツ・アップ! クレイジー・パーティー・ミックス UICZ-1631 2016年11月30日 ワッツ・アップ! パーティーメガヒッツ UICZ-1647 備考 [ ]• 2018年秋まで利用していた本社ビルは、かつてが東京地区の拠点として利用していた建物である。 なお、マイカルはを通して音楽ソフト事業を行っていた(現在はに譲渡)。 当社のディスクには「ユニバーサル」およびそのシンボルマークである地球儀マークが規格品番等と一緒に記録面中央部にプレスされている特徴がある。 製造は・・の3社に委託している。 当社と日本ビクター(当時)が共同開発したSHM-CD()等については当該ページ参照。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• NBCユニバーサルは後ろの部分を使用しているのに対し、ユニバーサルミュージックは冒頭の部分を使用している。 厳密にはEMIJに存在していたレーベルの復活である。 25周年を記念して、かつて在籍していたグループ「 安室奈美恵 with SUPER MONKEY'S」名義でリリースされたベスト(1996年販売、既に廃盤済み)の復刻盤が2018年5月にリリースされた事に伴い、一時的に本レーベルが使用された。 EMIJ在籍時代は「Utada」名義で洋楽部門に所属していたが、活動休止中の2013年、吸収合併を受けて邦楽部門に加入したため、現在の名義に統一。 ソロデビュー当初は以前いたバンドの元所属レーベル・に所属していた。 2012年度後半以降には業務提携先・からもリリース。 ザ・ハイロウズとしての事実上の最終リリースであるベスト盤はBMG JAPAN(現:Ariola Japan)より発売。 出典 [ ]• (2012年10月1日)• (2012年12月26日)• (2013年3月11日)• に掲載。 (2013年11月13日)• Musicman-NET 2013年12月13日. 2014年10月18日閲覧。 Musicman-NET 2014年4月14日. 2014年10月18日閲覧。 (2018年10月31日)• (2019年12月26日)• プレスリリース , ユニバーサルミュージック合同会社(), 2020年3月12日 , 2020年5月10日閲覧。 2015年より制作が、発売元と販売元を同社が行う。 かつてはにも委託していた。 関連項目 [ ]• 株式会社• 株式会社プライエイド・レコーズ• 株式会社スリーディ・システム• - (旧)と共同企画したコンピレーションアルバム。 - 日本におけるユニバーサル ミュージックの製造委託元 外部リンク [ ]• - チャンネル• umusicjapan -• umusicrock -• umusicjapan -•

次の

最新ニュース — Music Ally Japan(ミュージック・アライ・ジャパン)

ユニバーサル ミュージック ジャパン

概要 [ ] 元々はの全額出資で設立された「ヴァージン・ジャパン」が元であるが、英によるヴァージン・レコードの買収に伴い東芝EMI(EMIJの旧社名)に統合され、同社の一レーベルとなった(なおこの際、法人としての「ヴァージン・ジャパン」はが買収し、となった(1997年解散))。 なお、洋楽のヴァージン・レコードの日本盤の製品番号は「VJ」で始まるが、本レーベルの場合は統合以前は「TO」から始まっていた。 現在は「TY」 、「UI」等から始まる。 邦楽のセクションとしてはかつては、Virgin Domestic(二部形式)、Virgin TOKYO、Virgin DCT(の専用レーベル)の3つのレーベルが存在しており、各セクションごとに運営を行っていた。 にDREAMS COME TRUEの移籍を機にVirgin DCTは運営を終了し、をもって他3セクションも現在のVirgin Musicに吸収統合された。 またその後もが設立されたが、をもって本レーベルの傘下(実質的には吸収統合)となる。 、EMIJの親会社である英EMIの音楽ソフト部門がに買収されたため、EMIJはをもって解散。 翌にUMJの一制作部門・EMI Records Japanに集約され、Virgin Music自体も一旦消滅した。 に、ユニバーサル ミュージックの邦楽レーベルであるEMI RとDelicious Deli Recordsが統合しVirgin Musicを事実上復活した(同年6月よりパッケージにおける制作表記がEMI RとDelicious Deli RecordsからVirgin Musicに全て変更される)。 所属アーティスト [ ] Virgin Records [ ]• に移籍• EAST UP LINE STARS• (2016年、UNIVERSAL MUSICのEMI Recordsと契約)• (一時期に所属していた)• (EMI Recordsへ移籍)• Electrical LOVERS• ELECTRIC MAMA• CLIP CRHYMERZ• GQ06• に移籍• EMI Recordsに移籍• Jemapur• Spinna B-ILL• Foozay Musicに移籍• detroit7• drug store cowboy• に移籍)• 森奥愛• EMI Recordsに移籍• 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - (2015年11月25日アーカイブ分)• - (2015年10月10日アーカイブ分) 注 [ ].

次の

Category:ユニバーサルミュージックジャパンのアーティスト

ユニバーサル ミュージック ジャパン

ドレイクやテイラー・スウィフトなどの有名アーティストの、ストリーミングでの人気の高まりを受けて、ユニバーサル・ミュージック・グループ(UMG)の企業価値は333億ドル(3. 6兆円)にまで急上昇したと、ドイツ銀行が発表した。 UMGはアリアナ・グランデやザ・ビートルズ、ガンズ・アンド・ローゼズ、ジェイ・Z、ピンク・フロイド、クイーンやU2などの有名アーティストの楽曲の権利を保有する。 同社はフランスのメディア企業「ヴィヴェンディ(Vivendi)」の傘下にあるが、ヴィヴェンディの企業価値は283億ドルで、UMGの価値をわずかに下回っている。 ヴィヴェンディは昨年7月、UMGの株式の半分を売却する用意を進めていると述べた。 ドイツ銀行のアナリストは、UMGは今後のストリーミング市場の成長で、さらに企業価値を高めていくと見込んでおり、同社の株式にはかなりの高値がつきそうだ。 UMGはソニーミュージックやワーナーミュージックと共に、スポティファイの株式を保有しており、テック業界大手も株の取得に関心を示している。 ドイツ銀行によると、買い手候補にはアリババやテンセント、アマゾン、アップル、フェイスブック、グーグルらがあがっているという。 しかし、これらの企業による買収は、独占禁止法の観点から当局の規制を受ける可能性もある。 そんな中、有力候補とされるのがF1のフォーミュラ・ワングループや衛星ラジオのシリウスを傘下に持つリバティ・メディア(Liberty Media)だ。 仮にこの買収が成立すれば、リバティ・メディアがソニーやワーナーを上回る規模の、音楽エンタテインメント企業になる可能性もある。

次の