ドコモ 楽天モバイル 乗り換え。 ドコモから楽天モバイル「Rakuten UN

楽天モバイルに乗り換え!実際の料金と4つのデメリットを公開

ドコモ 楽天モバイル 乗り換え

楽天モバイルでスマホを買う場合は次章に進んでください ドコモで使っていたスマホを楽天モバイルでそのまま使う場合、 SIMロック解除が必要です。 ドコモで販売されたスマホは、他のキャリアで使えないようにSIMロックがかかっています。 このSIMロックを解除しないと、楽天モバイルでは使えません。 手順: ただし、 SIMロック解除したからといって全て楽天モバイルで使えるわけではありません。 詳細は「楽天モバイルで使えるスマホ」の章で解説します。 MNP予約番号の発行 MNPでドコモから楽天モバイルに乗り換える場合、まずはドコモで MNP予約番号を発行します。 ドコモのMNP予約番号は下記の方法で取得できます。 <MNP予約番号発行> 予約番号 発行方法 備考 ドコモ 店舗 電話 ドコモのスマホから151 または0120-800-000 WEB マイドコモ 詳細: 上記から手続きすれば、10桁のMNP予約番号が発行されます。 ただしMNP予約番号には有効期限がありますので、発行後はすぐに楽天モバイルへの乗り換え手続きをしましょう。 楽天モバイルでMNP転入手続き いよいよ、楽天モバイルでMNP転入手続きします。 転入手続きは「」で進めます。 にアクセス 2. 画面上部の「お申込み」を選択 注意事項を確認し、チェックを入れて「お申し込み画面に進む」をタップ 楽天ID・パスワードを入力してログイン プランは楽天アンリミットしかありません。 右下の「プランを選択する」をタップします。 次の画面で、必要に応じてオプションを選択してください。 無料オプションには最初からチェックが入っています。 また、物理SIMではなくeSIMを申し込む方は、ここでSIM種別の変更が必要です。 SIMカードタイプの下の「変更する」をタップします。 eSIMの方は次の画面でeSIMを選択してください。 また、端末セットで契約する方は「製品選択へ進む」をタップします。 楽天モバイルのおすすめスマホはこちらを参考にしてください。 詳細: 次に本人確認書類をアップロードします。 ここで注意が必要です。 アップロード可能な画像ファイルは5MB以下のため、比較的高機能なスマホで写真を取ると5MBを超えてしまいます。 あらかじめ5MB以下のファイルを用意しておきましょう。 私は写真サイズが7MBあったためファイルがアップロードできずに、つまづきました。 次の画面で、「現在の番号を引き継ぐ(MNP)」を選択します。 次の画面で、ドコモで発行したMNP予約番号や有効期限、電話番号を入力してください。 続いて、配送先情報を選択します。 基本的には楽天IDに登録されている自宅の住所が入力されます。 また、配送日・時間が選べます。 私は5月5日のお昼に手続きして、最短配送日は5月7日でした。 次の画面で申込内容が再度表示されます。 ここで内容を確認してください。 また、紹介特典を利用する方はここで入力します。 2,000円分のポイントが貰えますし、他のキャンペーンとも併用可能です。 最後に、支払い方法を選びます。 楽天カードをお持ちでない方は必ずから発行しましょう。 もちろん年会費などは無料です。 楽天モバイルではこの楽天Linkを使って通話をすることで、国内通話がかけ放題になります。 詳細: ただ、楽天Linkの認証にはSMSの受信が必要ですが、SMSはバンド3に接続している状態でしか受信できません。 自社回線エリア内の方は普通にインストールして普通に設定すればインストール・認証できます。 しかし、パートナー回線エリアの方はSMSの受信ができませんので、自社回線エリアに行ってからインストールしましょう。 どうしても自社回線エリアに行けない方は、に記載した裏技を試してみてください。 この方法でも認証できるようですが、もう1台端末が必要です。 また、 iOS版の楽天Linkアプリは配信されていませんので、iPhoneで楽天Linkは使えません。 以上で設定は終了です。 この15日間以内に、楽天モバイルへのMNP転入手続きを完了させなければなりません。 WEB手続きには残り10日必要 そのため、でMNP転入手続きをする場合は、 有効期限が10日以上残っている場合しか受け付けてもらえません。 残日数に余裕がないと、15日間の有効期限内に開通まで完了できないからです。 残り10日を過ぎた場合は店舗で手続きするか、MNP予約番号を再発行してもらわなければなりません。 そうならないよう、MNP予約番号を取得したらすぐに楽天モバイルで手続きしましょう。 回線切り替えの受付・所要時間 楽天モバイルの開通・回線切り替えは24時間できます。 ただし、手続きした時間によって開通のタイミングが異なります。 受付時間 完了時間 9時~21時 当日中 21時~翌9時 翌9時以降 当日開通の締め切り時間以降に手続きしても、実際に開通するのは翌朝以降になりますので注意してください。 電話しなければ自動開通 SIM到着後に開通手続きをしなかった場合、楽天モバイル側で自動で開通されます。 詳しいタイミングはいつになるかわかりません。 できる限り自身で事前に開通しましょう。 楽天モバイルに乗り換える前に、必ず対応端末を確認しましょう。 ドコモのiPhoneなら非公式な方法で使えますが、Androidはおすすめしません。 楽天モバイルで端末を買ったほうが良いでしょう。 楽天モバイルで買える端末 一番おすすめなのは楽天モバイルで対応端末を購入することです。 楽天モバイルでは最新のAndroidスマホを販売しており、これらの機種はもちろん楽天モバイルで使えます。 APN設定が不要でSIMを挿せばすぐに使えるのも嬉しいですね。 他で購入したスマホも一部の機種は使えますが、よくわからないという方は素直に楽天モバイルで端末を購入しましょう。 楽天モバイルのおすすめ端末は下記記事にまとめています。 SIM契約後に端末を購入しても対象となります。 ただし、いくつか条件があるので必ず事前に確認してください。 詳細は下記記事にまとめています。

次の

楽天モバイルではキャリアメールは使えない!代わりに使えるメールサービスは?

ドコモ 楽天モバイル 乗り換え

dポイントを引き継ぐために d アカウントを発行する 通常のポイントサービスであれば解約と同時にポイントやアカウントが消失してしまいます。 しかし、ドコモでは解約直後にdアカウントを引き続き使用する手続きをすることで、dポイントを引き継ぐことができます。 そのためには、解約前に今の契約情報と紐づいたdアカウントを発行しておかなければなりません。 下記の手順でdアカウントを発行し、dポイントを引き継げるようにしましょう。 dカウントの発行をするために、 Wi-Fiを切ってから以下のアドレスをタップしてください。 Wi-Fiを切ってドコモの回線からアクセスすることにより、契約情報を自動で認識してくれます。 上記のアドレスにアクセスすると、このような画面になります。 携帯電話を契約したときに登録した暗証番号4ケタを入力して次に進んでください。 すると、上のような画面になります。 登録するdアカウントのIDが選べるようになっていますが、一番上のdocomo. jpのメールアドレスはIDに登録しないでください! これからドコモを解約してしまうので、ドコモのメールアドレスをIDにしてしまうとdアカウントも使えなくなってしまいます。 上記以外のメールアドレス欄にスマホのGmailアドレスを入力するか、好きな文字列欄に覚えやすい文字列を入力してIDを登録しましょう。 次の画面に進むと、あなたのスマホにメッセージ(SMS)が届きます。 メッセージの中に6ケタの数字が記載されているので、「ワンタイムキー」入力欄に入力してください。 次に進むと上図のような確認画面が表示されます。 間違いがなければ、「上記の内容で発行する」をタップしてdアカウントの発行を完了してください。 これでdアカウントの発行は以上になります。 dアカウントを発行することで、解約後にdアカウントを引き続き使用する手続きができるようになります。 手続きの方法は、「ドコモ解約後にするべきこと」で説明しています。 ドコモメールの内容を端末に保存する (ドコモメールの内容が消えても問題なければこの項目は飛ばしてください) ドコモメールで送受信した内容は、端末に保存されているように見えていますが、実はドコモのメールサーバー(クラウドサーバー)から読み出しています。 そのため、ドコモを解約するとメールサーバーに保存されているメールが削除されてしまいます。 これと同時にドコモメールで送受信した内容がスマホから全て削除されてしまいます。 これを防ぐためにも、ドコモメールでやりとりしたメール内容を端末に保存(バックアップ)しましょう。 ドコモメールのバックアップ方法 まずは、ドコモメールを起動し、受信BOX一覧を表示させます。 バックアップしたい受信BOXをタップして選択してください。 上図のように、チェックし終わったら、右下にある「その他」をタップしてください。 そうすると、「フォルダ内メール削除」と「メール保存」の項目が表示されます。 今回はメールを保存したいので、「メール保存」をタップします。 メール保存をタップすると、上図右側のように「端末に本文を取得済みのメールを保存します。 よろしいですか?」というメッセージが表示されるので、「はい」をタップします。 上図のようにメールの保存先を選ぶ画面が表示されます。 保存先はすでに端末に設定されているので、特に変更する必要はありません。 そのまま、右上の「決定」をタップします。 そうすると、「メールを保存してもよろしいですか?」という確認メッセージが表示されるので、「メール保存」をタップしてメールを保存します。 これでドコモメールのバックアップが完了しました。 次の手順で、バックアップしたメール内容を閲覧できるようにしましょう。 端末に保存したドコモメールを閲覧できるようにする 上述の手順でドコモメールを保存しても、メール内容を閲覧できるようになっていません。 下記の手順で、端末に保存したメールをドコモメールアプリで見られるようにしましょう。 まずはドコモメールの受信BOX一覧の画面まで戻ります。 ドコモメールの受信BOX一覧の画面でメニューキー(スマホの画面したにある「三」のマーク)を押すと、上図のようにメニュー一覧が表示されます。 そのなかの「メール取り込み」をタップします。 次の画面で取り込みたいバックアップを選択する画面が表示されます。 上図右のように、先ほど保存したファイル名が自動的に表示されているので、タップします。 上図のように、「選択したファイルを取り込みますか?」と聞かれますので、「OK」をタップします。 OKをタップした直後にメールの取り込みが始まります。 取り込みが終わると上図右のように完了メッセージが表示されるので、「OK」をタップして終了します。 取り込んだメールを閲覧するためには「クラウド表示」から「ローカル表示」に切り替える必要があります。 次の手順で、「クラウド表示」から「ローカル表示」に切り替えましょう。 「ローカル表示」に切り替えるために、まずはドコモメールの受信BOX一覧の画面まで戻ります。 受信BOX一覧の画面まで戻ったら、上図のように、「フォルダ一覧」のすぐ下にある「クラウド」と表示されている部分を、指で右に滑らせると切り替えることができます。 「ローカル」になるまで指を滑らせてください。 ローカル表示に切り替わると、上図右のように「フォルダ一覧(ローカル)」という表示に変わります。 上述の手順で保存したメールはこの画面の受信BOXから閲覧することができます。 以上が端末に保存したドコモメールを閲覧する方法です。 ドコモ電話帳のバックアップ 厳密に言えば、ドコモを解約してもドコモ電話帳に登録したアドレスは消えません。 しかし、ドコモ電話帳はドコモが販売したスマホでしか使えない電話帳になっており、もし次に買い換える端末がドコモ以外だと、ドコモ電話帳は使うことができません。 新しい端末でもアドレス帳を引き継いで使うためには、スマホの標準連絡帳アプリにドコモ連絡帳の内容を登録し直す必要があります。 こうすることでGoogle連絡先にも自動的に保存され、端末を新しくした場合や、複数の端末を使っていても同じ電話帳の内容を同期して使うことができます。 このGoogle連絡先はGoogleアカウントに紐づいているので、スマホの初期設定をするときに今回使ったGoogleアカウントで初期設定を済ませれば、自動的に電話帳が同期されるようになっています。 以下の手順で、ドコモ電話帳の内容をGoogleに登録し直しましょう。 まずは、ドコモ電話帳をタップして起動してください。 ドコモ電話帳のメイン画面が表示されたら、スマホのメニューキー(スマホ画面下にある三マーク)をタップしてメニューを表示させます。 上図のように、メーニューが表示されます。 上図のように、「アプリケーションの選択」画面が表示されます。 これは「保存したい電話帳をどのアプリで保存しますか?」という意味です。 今回の保存先はGoogleドライブを使って説明しています。 Googleドライブにしておくと、機種が変わったり他社に乗り換えたりしても保存したデータを取り出すことが出来るので便利です。 スマホを初期設定した時からGoogleドライブは標準で使えるようになっていますので、保存先にこだわりがなければGoogleドライブにしておくのが良いでしょう。 Googleドライブをタップしたら、「今回のみ」をタップします。 次にドライブへの保存画面が表示されます。 自動的に入力されているので、特に変更する必要はありません。 そのまま「保存」をタップして電話帳を保存します。 これでドコモ電話帳のバックアップが完了しました。 連絡帳(アドレス帳)の復元 上述の手順でドコモ電話帳の保存をしても、まだGoogle連絡先に登録されていません。 以下の手順で、ドコモ電話帳の内容をGoogle連絡帳にコピーしましょう。 まずは、アプリ一覧から、「Googleドライブ」をタップして起動します。 上図のように、チュートリアルが表示されたら「スキップ」をタップしてください。 上図のように、Googleドライブに保存した一覧が表示されます。 上述の手順で保存したドコモ電話帳がクイックアクセスに表示されているので、タップしてください。 上図のように、アプリケーションを選択が表示されます。 ドコモ電話帳とスマホの標準電話帳が選択できますが、今回はスマホ標準の連絡先に保存します。 上図のようにタップして選択し、「今回のみ」をタップします。 次に表示される連絡帳を作成するアカウントでは、「Google」をタップします。 これでバックアップしたドコモ電話帳の内容をGoogle連絡帳に移行できました。 重複した連絡先を削除・非表示にする この手順を行うと、下記のようにドコモ電話帳の表示とGoogle連絡帳の表示が重複して表示されてしまいます。 分かりにくいので、ドコモ電話帳の重複分を削除するか、ドコモ電話帳の表示を一括で非表示にしてしまいましょう。 重複分を削除・非表示にするために、スマホ標準の電話帳をタップして起動してください。 この例ではSamsunのgalaxyで行っています。 機種によっては標準の電話帳アプリの表示や操作が若干異なります。 多少の違いはありますが、似たような表現になっていますので、お使いの機種の表示に合わせて行ってください。 標準の電話帳アプリを開くと、上図のようにdマークのドコモ電話帳とgマークのGoogle連絡帳が重複しています。 上図右のように、数が少なければドコモ電話帳だけを手動で削除すれば完了です。 しかし、数が多いと削除するのが大変なので、以下の手順でドコモ電話帳だけ非表示にすることができます。 スマホの画面したにあるメニューキーをタップすると、上図のようなメニューが表示されます。 その中にある「表示する連絡先」をタップしてください。 すると上図右のように、どのアカウントの連絡先を表示させるか選ぶことができます。 先ほどGoogle連絡先に登録した内容だけ表示させたいので、あなたのGoogleアカウントをタップしてください。 そうすると、上図のようにGoogle連絡先に登録した内容だけ表示されます。 もし足りない連絡先があった場合は手動で追加してください。 以上でドコモ電話帳からGoogle連絡先に移行するやり方でした。 まとめ これでdポイントを引き継ぐためのdアカウントの作成、ドコモメールのバックアップ、ドコモ電話帳からGoogle連絡先への移行が完了しました。 ドコモのスマホから楽天モバイルへいつ乗り換えても大丈夫な状態です。 楽天モバイルへ乗り換える具体的な手順については、ドコモのスマホから楽天モバイルへ乗り換える方法まとめを参考にしてください。

次の

楽天モバイルに乗り換え!実際の料金と4つのデメリットを公開

ドコモ 楽天モバイル 乗り換え

また、スマートフォンを売却する場合もSIMフリーの方が高く売れます。 絶対にSIMロックを解除しないといけない訳ではありませんが、解除しておいた方が後々いいことが多いと思います。 ドコモのiPhoneでSIMロック解除できるもの! ドコモのiPhoneはiPhone 6、iPhone 6 Plus以降に発売されたモデルiPhone SE、iPhone 6S、iPhone 6s PlusからはSIMフリー化が可能なのです。 楽天モバイルに乗り換えする場合はそのままでも使用できますが、SIMロックの解除をしておくことをおすすめします。 SIMロックを解除したからといって、ドコモで契約中は同様のサービスが受けることが出来るので問題ありません。 ドコモのスマートフォンをSIMロック解除してSIMフリーにする方法! SIMロック解除の方法はドコモショップで行う方法と、インターネットでMy docomoから行う方法があります。 ショップでSIMロック解除をしてもらうと、 手数料として3,000円かかります! おすすめなのはインターネットでMy docomoから行う方法です。 My docomoから「dログイン」をタップ。 My docomoでのSIMロック解除は24時間対応していますので、いつでも出来ますよ。 を開きます。 「dログイン」をタップします。 dアカウントを入力します。 ご自身のdアカウントIDを入力して「次へ」をタップします。 dアカウントのない方は「dアカウントを発行する」をタップしてdアカウントを作ってください。 パスワードを入力する。 dアカウントのパスワードを入力して「ログイン」をタップします。 「その他のお手続きはこちらから」をタップ。 ログイン後の画面で下にスクロールしていき「その他のお手続きはこちらから」をタップします。 その他の「SIMロック解除」をタップ。 その他の項目の「SIMロック解除」をタップします。 機種の選択をしてIMEI番号を入力する。 SIMロック解除を行う機種の製造番号(IMEI)を入力します。 「SIMロック解除を申込む」と「SIMロック解除の注意事項に同意する」にチェックを入れる。 手続き内容「SIMロック解除を申込む」にチェックをいれます。 注意事項「SIMロック解除の注意事項に同意する」にチェックをいれます。 メールの送信先を選択し、「次へ」をタップします。 受付確認メールの項目でメールの送信先を選択します。 「次へ」をタップします。 「手続きを完了する」をタップする。 「手続きを完了する」をタップすれば、SIMロックの解除は完了です。 【お手続きが完了しました】の画面が表示されていればOKです。 楽天モバイルで購入できる端末は、種類も豊富ですし最新モデルのスマートフォンも取り揃えています。 またキャンペーンなどで、最新モデルのスマートフォンもかなりお得に購入できますよ。 しかし、SIMフリーモデルのiPhoneを購入すれば、楽天モバイルで使うことができます。 しかも、Apple Storeなら古いiPhoneの下取りもしてくれて、最新のiPhoneも安く購入することができます。 さらにApple Storeは24回までは分割手数料が無料です。 iPhone11が48,630円から購入することができます。 支払い方法を24回の分割にすれば月々2,026円で購入できちゃいます。 詳しくはApple Storeからご確認ください。 はい、NTT ドコモです。 楽天モバイルへ申し込みをする(WEBから10分) MNP予約番号を入手したらすぐに楽天モバイルに申し込みをしましょう。 何故ならば、 MNP予約番号の有効期限が10日以上残っていないといけないからです。 通常MNP予約番号の有効期限は15日です。 ですので5日以内に申し込みをしなければいけません。 忘れてしまって期限を過ぎていたなんてことにならないように、MNP予約番号を入手したらすぐに申し込みをするようにしましょう。 楽天モバイルの申し込みはWEBからとショップから行えます。 WEBからの申し込みをされる方は楽天モバイルの公式ホームページから行えます。 プランが決まっていれば、画面に従って申し込みを進めていくだけですので簡単です。 まずはMNP開通受付センター:186-0800-805-11(無料)に今お使いの(ここではドコモ)SIMのまま電話をする。 1時間程でお使いのスマートフォンが圏外になります。 これで楽天モバイル側に切り替わったということです。 スマートフォンのSIMを楽天モバイルのSIMに交換してください。 これで開通作業は完了です。 開通したらAPN設定(ネットワーク設定)をする(5分程) 開通作業が完了したらスマートフォンのAPN設定を行ないます。 APNとはインターネットに接続するアクセスポイントのことです。 このAPNをdocomoから楽天モバイルに設定し直します。 こちらのAPN設定も「楽天モバイルユーザーズガイド」の手順にそって行ってもらえば問題ありません。 よろしければこちらの記事でも詳しくAPN設定の方法を説明しているので参考にしてください。 ドコモから楽天モバイルに乗り換えると料金は安くなる? ドコモから楽天モバイルに乗り換える際に必要になる料金と、乗り換えしてどれくらい安くなるのかを説明しますね。 乗り換えに必要な金額 ドコモの契約解除料 更新月の場合は無料、更新月以外は9,500円 楽天モバイルの事務手数料(ドコモ回線) 3,394円 更新月以外に乗り換えた場合で12,894円、更新月なら3,394円必要になります。 乗り換えの際に多少必要になりますが、乗り換えることで月額料金が安くなるのですぐにもとが取れます。 楽天モバイルの組み合わせプランの3,1GBで月額1,600円です。 仮にドコモで毎月7,000円払っているなら年間で2,4000円も安くなります。 しかも、新しいiphoneに機種変更してです。 Androidなら月額300~400円のモデルもあるので、利用料合わせても 月額2,000円程です。 機種変更しない場合ならドコモを利用しているより5,000円以上安くなります。

次の