東京 公認会計士 求人。 JICPA Career Navi

いまさら聞けない!税理士と公認会計士の違いとは?|税理士の仕事・キャリア|税理士・科目合格者の転職・求人なら【マイナビ税理士】

東京 公認会計士 求人

受験資格について 公認会計士試験は、受験資格に年齢・学歴といった制限はありません。 一方で、税理士試験を受験するためには、細かい受験資格規定が定められています。 必要な受験資格には、次のようなものがあります。 <税理士試験の受験資格> ・大学、短大、高等専門学校を卒業、もしくは専修学校の専門課程を修了し、法律学および経済学に属する科目を1科目以上取得している人 ・大学3年以上の学生で、法律学および経済学に属する科目を含め、62単位以上を取得している人 ・司法試験合格者、旧司法試験の第二次試験の合格者 ・公認会計士試験短答式試験合格者(2006年度以降の合格者に限る)、公認会計士試験短答式試験全科目免除者 ・日本商工会議所主催の簿記検定試験1級合格者、社団法人全国経理教育協会主催の簿記能力検定試験上級合格者 ・会計士補、並びに会計士補となる資格を有する人 ・弁理士・司法書士・行政書士・社会保険労務士・不動産鑑定士などの業務や、法人や事業を営む個人の会計に関する事務などに通算2年以上従事した人 ちなみに、弁護士および公認会計士は、税理士試験を受けなくても、税理士登録をすることが可能です。 受験科目について 公認会計士試験は短答式(マークシート方式)試験と論文式試験に分かれています。 短答式試験は年2回、論文式試験は年1回行われます。 短答式試験に合格すれば、論文式試験を受けることができます。 短答式試験の科目は4科目、論文式試験の科目は、必須の4科目に選択科目1科目を加えた計5科目となります。 短答式試験に合格すると、合格後2年間は短答式試験が免除され、論文式試験から受験することができます。 また、論文式試験は、不合格の場合でも、一部科目が合格していれば、その科目は2年間試験が免除されます。 税理士試験は、11科目から5科目を選択し合格する必要があります。 税理士試験では科目単位で合格を認定する「科目合格制」が導入されているため、必ずしも一度に5科目を合格する必要はありません。 また、学位取得や一定期間国税に従事することで、科目免除される制度があります。 資格取得までの流れ 公認会計士の資格を取得するには、試験合格後2年以上業務補助を行い、その後一定期間の実務補習を受けて修了考査に合格する必要があります。 税理士の場合は、試験に合格する以外に、関連する分野での2年以上の実務経験が必要です。 実務経験は試験合格前でも認められるため、試験勉強中に実務経験を積む人も多くいます。 公認会計士への転身を考えている税理士が増えている 同じ税務・会計分野の業務を担当する仕事をしながらも、仕事の中身には大きな違いがある税理士と公認会計士ですが、近年、公認会計士への転身を考えている税理士が増えています。 先程ご紹介したとおり、公認会計士の資格があれば、税理士資格も得ることができますが、その反対はないため、転身へのハードルは相当高いものとなっています。 それでも、公認会計士への転身を考える税理士が多くなっている背景には、どういった事情があるのでしょうか? 二極分化する税理士業界 税理士業界は、今、大きな岐路に立っているといわれます。 2001年に税理士法が改正され、税理士法人制度が創設されました。 これは、複雑化・多様化、高度化する納税者等の要請に対して、ニーズに的確に応えるとともに、業務提供の安定性や継続性、より高度な業務への信頼性を確保することで、納税者の利便性の向上に寄与することを目的としたものです。 税理士法人の創設により、100人以上の職員を抱える事務所が多数出現し、こうした大規模事務所では業務内容も高度化・多様化し、業務内容の面でも従来型事務所とのあいだに差が生じるようになりました。 さらに、同年の税理士法改正では、これまで認められていなかった広告活動が自由化されたことで、資本力のある事務所がさらに巨大化し、これが税理士業界の二極分化を招くとともに、業界再編の流れを生み出しました。 将来的に税理士の仕事はなくなる? 2014年に、イギリスのオックスフォード大学でAIを研究するマイケル・A・オズボーン准教授が、同大学の研究員との共著で発表した論文の中で、今後10年以内にロボットやAIに置き換わりうる仕事の中に、「簿記、会計、監査の事務員」「税務申告書代行者」を挙げたことで、日本でも将来的に税理士の仕事はAIにとって代わられるのではないかと話題になりました。 実際、エストニアのように、税制の簡素化や電子申告の普及により、すでに日本における税理士業務が成り立たなくなっている国もありますが、税制が複雑な日本では、すぐに税理士の職がAIに奪われることはないといわれています。 しかし、クラウド型会計ソフトといったIT技術の導入により、記帳代行といった、従来税理士が担ってきた業務が、会社の経理社員にも簡単にこなせるようになるケースが増えてきています。 AIやRPAを駆使できるスキルを身に付ける 今後、AIによって税務申告書代行ができるようになっても、AIにはそれをコントロールする人間が必要です。 そこで、AIやRPA(ロボットによる業務自動化。 ロボティック・プロセス・オートメーションの略)の理解や駆使できるシステムエンジニア的スキルを身に付けることは、大きなアドバンテージとなるでしょう。 自分の業務も効率化させることができ、より多くの顧客に対応できるようにもなります。 公認会計士資格の取得やスキルを磨くことは税理士としての差別化への第一歩 公認会計士と税理士は、業務内容の違いこそあれ、どちらが上でどちらが下という位置付けはありません。 しかし、選ばれる税理士となるために、自分だけのスキルを確立するひとつの手段として、公認会計士と税理士のダブルライセンスを持つことは、顧客の利便性を考えても有効だといえます。 税理士が専門性を高めるために転職を考える場合には、事前にしっかりと今後のキャリアプランを考えることが大切です。 直近の転職のためだけではなく、長期的な視点に立ったアドバイスを受けるためにも、転職エージェントを賢く活用してみませんか?.

次の

CPA(米国公認会計士)の求人・転職情報|パソナキャリア

東京 公認会計士 求人

部門ごとに業務内容が分かれているわけではありませんので、様々な業務を経験することができます。 1人で数社から十数社の(顧問契約を結んでいる)クライアントを担当します。 規模の小さなクライアントであれば1人のスタッフで担当しますが、規模の大きなクライアントの場合、チームの中の数名が担当となり、業務を分担しながら進めます。 自分の希望する業務に手を上げてもよいですし、やる気があれば、様々な業務にチャレンジして、経験を増やすことも可能です。 通常1案件につき3~4名のチームで取り組みます。 業務の流れは、まず現状分析を行い、財務分析や経営者等へのインタビューを行った後で経営課題を抽出し、改善に向けた方向性を設計します。 次にその方向性について、具体的なプラニングをして数値にまで落とし込み、事業計画をまとめあげていきます。 さらに、その計画を実行し確実に実績をあげるところまで支援を行います 【魅力】 (1)事業再生コンサルティングは、監査法人や金融機関とは違い、現状分析だけでなく、その先の業務改善や事業の黒字化などまで行い、顧客に入り込んで仕事をすることができます。 (2)コンサルタントして経営者と相対して仕事をすることができます。 その分要求レベルも高いですが、会社全体を動かしていくこともできます。 (3)新人のうちからどんどん仕事を任せられます。 他コンサル会社よりも裁量範囲が広く、様々なケースに関わるチャンスが多いことが醍醐味です。 【具体的に】 即戦力としてクライアントに価値を提供できる業務領域/業種/テクノロジーの専門性と、今後の中長期的な志向の双方を勘案して決定します。 また、クライアントのニーズに応じ、EYの他のサービス・ライン及びEYの海外オフィスとチームを組成し、付加価値の高いアドバイザリー・サービスを提供します。 また、当社のデューディリジェンスは、クライアントのニーズに応えるべく柔軟なアプローチを採用し、クライアントにとって最も重視すべき要因を分析するために、案件毎にカスタマイズしたアプローチを設計しています。 第二新卒可• 年間休日120日以上• 年収1000万円以上の求人• 英語力(日常会話・メール交換)を活かす• 英語力(ビジネス会話レベル)を活かす• 中国語を活かす• 韓国語を活かす• その他語学を活かす• 原則として転勤なし• 5名以上募集の求人• ポテンシャル重視(異業界歓迎)の求人• エグゼクティブクラスの求人• 海外赴任の機会あり• MBAホルダー募集• 障がい者採用の求人• 有形商材の求人• 未経験可• 新卒可• 残業少なめの求人 (目安:月間平均10時間以下)• 管理職求人• 託児所・育児補助• リモートワーク/在宅勤務(制度あり)• フレックス出勤/時差出勤(制度あり)• オンライン面接/WEB面接(実績あり).

次の

【東京都】都道府県別 公認会計士の求人・転職情報|【マイナビ会計士】公認会計士の転職・求人

東京 公認会計士 求人

休暇の特徴• 年間休日120日以上• 完全週休2日制• 土日祝休み• 5日以上の連続休暇制度あり• 2週間以上の連続休暇制度あり 勤務時間の特徴• 17時までに退社可• 月平均残業時間20時間以内• 業務時間7時間以内• フレックス勤務OK• 定時退社• 時短勤務OK 賃金の特徴• ストックオプションあり• 固定給25万円以上• 固定給35万円以上• 退職金あり• 通勤交通費全額支給• インセンティブあり• 歩合給あり 勤務地の特徴• 転勤なし• 在宅勤務OK 福利厚生の特徴• 社宅・家賃補助制度あり• 育児支援・託児所あり• 資格取得支援・手当てあり• 社員食堂・食事補助あり• 研修制度充実 働き方の特徴• 育児・介護休業取得実績あり• 服装自由• 副業OK• 自動車通勤OK• ノルマなし• 直行直帰あり 企業の特徴• 設立30年以上• 上場企業・株式公開企業• 上場企業のグループ会社• 2年連続売上10%以上UP!• 外資系企業 募集の特徴• 管理職・マネジメント経験歓迎• 第二新卒歓迎• 社会人経験10年以上歓迎• フリーターから正社員を目指す• ブランクOK• 学歴不問• 職種未経験歓迎• 業界未経験歓迎• 社会人未経験歓迎• 管理職・マネジャー採用 選考の特徴• 面接1回• 急募!内定まで2週間• 採用予定数10名以上• 応募者全員と面接• 社内見学あり 従業員の特徴• 離職率5%以下• 平均年齢20代• 中途入社50%以上• 女性が活躍中• 女性管理職登用あり• 女性従業員4割以上• 子育てママ活躍中 語学の特徴• 英語・中国語など語学を活かす.

次の