アヒル歩行。 アヒル

歩行に必要な『ロッカー機能(ロッカーファンクション)』の知識を分かり易く解説!

アヒル歩行

定義 [ ] 主訴が筋力低下、筋萎縮であり、以下の2項目を満たすものをいう。 遺伝性疾患である。 骨格筋がジストロフィー変化を示す。 ジストロフィー変化とは、筋線維の大小不同、円形化、中心核の増加、結合組織の増生、脂肪化を特徴として筋線維束の構造が失われる変化のことをいう。 これは筋ジストロフィーの中で最初に報告されたデュシェンヌ型の病理所見から定義されたものである。 筋ジストロフィー Muscular Dystrophy, MD [ ] 性染色体劣性遺伝型筋ジストロフィー [ ] デュシェンヌ型 Duchenne muscular dystrophy, DMD 進行性筋ジストロフィーの大部分を占め、重症な型である。 おおよそ小学校5年生くらいの10歳代で生活となる人が多い。 昔は20歳前後で心不全・呼吸不全のため死亡するといわれていたが、「侵襲的人工呼吸法」(気管切開を用いる)や最近では「非侵襲的人工呼吸法」(気管切開などの方法を用いない)など医療技術の進歩により、5年から10年は生命予後が延びている。 しかし、未だ根本的な治療法が確立していない難病である。 このデュシェンヌ型は、伴性劣性遺伝(短腕のジストロフィン遺伝子欠損)で基本的に男性のみに発病する。 症状 2 - 5歳頃から歩き方がおかしい、転びやすいなどの症状で発症が確認されることが多数である。 初期には腰帯筋、次第に大殿筋、肩甲帯筋へと筋力の低下の範囲を広げていく。 なお、 筋力低下は対称的に起きるという特徴を持つ。 また、各筋の筋力低下によって、、(とうはんせいきりつ、)、腰椎の前弯強、動揺性歩行(アヒル歩行) などをきたす。 筋偽牲肥大に関してはやで特徴的に起こるが、これは筋組織の崩壊した後に脂肪組織が置き換わる事による仮性肥大である。 心筋疾患を合併することが多く、 心不全は大きな死因のひとつである。 検査 血清値著明に上昇。 筋電図にて筋原性変化を認める。 筋にてを行いジストロフィン蛋白欠損。 治療 現在のところ、根本的治療法はない。 機能訓練や関節拘縮予防のためのストレッチ()のほか、心不全・呼吸障害に対する対症療法が行われる。 作用機序は明らかではないが、はDMD型筋ジストロフィーに保険適用がある。 国産初のとして治療剤 の臨床試験が開始され 、2020年3月25日に承認された。 Becker muscular dystrophy, BMD 病態はデュシェンヌ型と同じだが、発症時期が遅く、症状の進行も緩徐。 関節も少ない。 一般に予後は良い。 デュシェンヌ型同様、にてジストロフィン蛋白に異常を認めるが、デュシェンヌ型ではジストロフィン蛋白がほとんど発現していないのに対し、ベッカー型では異常なジストロフィン蛋白が産生されたり、発現量が少ないことが知られており、これにより両者の症状の差異が生じているのだと考えられる。 デュシェンヌ型筋ジストロフィーの筋病理 [ ] 筋ジストロフィーの筋病理の主要所見は筋線維の壊死と再生である。 筋線維の壊死と再生に関しては以下の様な説明がされている。 欠損に起因する膜の異常があり、細胞外液が細胞内に流入する。 外液中には高濃度のカルシウムが存在するためそれが筋細胞に入ると筋肉は過収縮をおこす。 これがopaque線維と考えられる。 高濃度カルシウムが存在するとなどの酵素が活性化され自己消化を起こし、筋肉は崩壊し、貪食細胞の侵入を許すことになる。 筋ジストロフィーでは筋再生が活発であるが、再生は壊死を代償しない。 そのため筋線維は次第に数を減らし、末期には筋線維はほとんど消失し、脂肪組織と結合組織で置換される。 骨格筋のみならず、心筋や横隔膜もおかされ、心不全または呼吸不全が死因のひとつとなる。 先天性筋ジストロフィー [ ] 出生時より筋力の低下を認めるものを先天性筋ジストロフィーと呼ぶ。 日本では先天性筋ジストロフィーの中で最も頻度が高い。 多くは10歳代で死亡する。 ウールリッヒ型• メロシン欠損症• インテグリン欠損症• ウォーカーワールブルグ症候群 肢帯型筋ジストロフィー [ ]• LGMD1A - 1D群• LGMD2A - 2F群 三好型筋ジストロフィー Miyoshi muscular dystrophy : MMD 16〜30歳頃に発病しとが侵されれ初期症状は、つま先立ちができないジャンプすることができない、走ることが遅くなる等の症状報告されている。 発症後約10年で歩行が不可能となり、手の筋力も遠位から低下しやがて近位にも及んでくると言われているが、病状には違いがある発症後10年以上経過した方でも歩行可能の患者が報告されている。 この病気は筋ジストロフィーの一種で血中の値が顕著に上昇する。 原因遺伝子はdysferlinで常染色体劣性遺伝。 肢帯型筋ジストロフィー2B型においてもdysferlinの異常が確認されている。 肢帯型筋ジストロフィー2B型は、体幹に近い所から筋肉が萎縮するが、病状が進むにつれ三好型と同じように体幹から遠いい手や足にも筋肉の萎縮が現れる。 現在、有効な治療法はないが、共に治療を受けることができる。 このDysferlin異常で発症する病気をDysferlinopathyと呼ぶ。 顔面肩甲上腕型筋ジストロフィー [ ] この節のが望まれています。 常染色体優性遺伝。 第4番染色体長腕に遺伝子座。 原則として両親のどちらかが病気であるが、両親が全く正常で突然変異による発症と考えられる例が30%ある。 病名のように顔面、肩甲部、肩、上腕を中心に障害される。 進行すると腰や下肢の障害も生じ歩行困難となることもある。 顔面筋の障害により閉眼力低下、口輪筋障害(口笛が吹けない)などを来たし、独特の顔貌(ミオパチー顔貌)を呈する。 肩や上腕の筋萎縮が高度なのに比し前腕部は比較的保たれるため、ポパイの腕と形容される。 下肢の障害は、下腿に強いもの、腰帯・大腿に強いものなどいろいろである。 CK上昇は軽度である。 比較的良性の経過をたどり、進行すると腰や下肢の障害も生じ歩行できなくなることもあるが、生命に関しては良好な経過をとる。 筋症状以外では、感音性難聴、網膜血管異常の合併が高率であり、まれに精神遅滞やてんかんの合併がある。 筋緊張性ジストロフィー myotonic dystrophy [ ] 詳細は「」を参照 筋強直性ジストロフィーとも呼ばれる。 常染色体優性遺伝を示す疾患で、マウスではmuscleblind-like(Mbnl)遺伝子の阻害により同様の症状が発現することが確認されている。 の一種である。 進行性に罹患筋のとが見られる。 有病率は10万人に1~5人、好発年齢は20~30歳代であるとされる。 先天型では母からの遺伝による重症型がある。 で発症。 症状 、、の ミオトニア(筋強直。 筋の収縮が異常に長く続き、弛緩が起こりにくい現象のこと。 手を強く握るとすぐには開けない、など。 低温下で増強されるため、冷水中の雑巾絞り様動作が診断の一助になるという)や、・の 筋萎縮(西洋斧顔貌)、の筋萎縮(白鳥の頸)、または四肢遠位筋の筋萎縮を見る。 ミオトニアは筋萎縮に先立って生じる。 その他に、等の眼症状、障害(耐糖異常、性腺萎縮(無精子症)、機能低下)、精神薄弱、循環器障害、呼吸器障害、消化器障害、前頭部の脱毛など多彩な症状の見られる全身性疾患である。 検査 血清CK軽度上昇。 筋電図にて筋原性変化を認め、また電極の刺入時に特徴的な筋強直性放電を認める()。 治療 現在のところ、根本的治療法はない。 対症的に、、、などの投与を行う。 脚注 [ ] []• 動揺性歩行(waddling gait)とは、に見られることのある病的なの1つであり、アヒル歩行とも呼ばれる。 具体的には、歩行時に筋力が不足して地面から挙上した脚の側の骨盤の高さを維持できずに、挙上した側の骨盤が重力の方向に落ちる。 よって上半身を支えるために、接地している側の脚の方へと体幹を傾ける。 これが左右交互に繰り返されるために、歩行時に上半身が大きく揺れるという歩行形態のことである。 トランスレーショナル・メディカルセンター 2013年5月9日. 2014年10月29日閲覧。 国立研究開発法人 日本医療研究開発機構 2020年3月27日. 2020年7月10日閲覧。 参考文献 [ ] は列挙するだけでなく、などを用いてしてください。 記事のにご協力をお願いいたします。 ( 2015年3月)• グレイ、U. デ・ジロラーミ、J. ポワリエ 編著『エスクロール基本神経病理学』村山繁雄 監訳、、2009年10月。 埜中征哉『』日本医事新報社、2011年1月、第4版。 関連項目 [ ]• - 治療支援の為の• - 筋ジストロフィー患者の治療費捻出や社会参加を訴えるためのテレビショーで、からを発起人として毎年開催されている• - 筋ジストロフィー患者特有のタンパク質を分析、結晶化させるための宇宙実験が行われている。 これによる新薬開発に期待が高まっている。 - 福山型先天性筋ジストロフィーの原因遺伝子やの研究で著名。 - 戦前に進行性筋ジストロフィー症の成因および治療について研究した。 外部リンク [ ]• レムディ。 臨床試験・治験を目的として、患者-製薬関連企業・研究者の橋渡しをする登録システム。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の

デュシェンヌ型筋ジストロフィー(:DMD)

アヒル歩行

定義 [ ] 主訴が筋力低下、筋萎縮であり、以下の2項目を満たすものをいう。 遺伝性疾患である。 骨格筋がジストロフィー変化を示す。 ジストロフィー変化とは、筋線維の大小不同、円形化、中心核の増加、結合組織の増生、脂肪化を特徴として筋線維束の構造が失われる変化のことをいう。 これは筋ジストロフィーの中で最初に報告されたデュシェンヌ型の病理所見から定義されたものである。 筋ジストロフィー Muscular Dystrophy, MD [ ] 性染色体劣性遺伝型筋ジストロフィー [ ] デュシェンヌ型 Duchenne muscular dystrophy, DMD 進行性筋ジストロフィーの大部分を占め、重症な型である。 おおよそ小学校5年生くらいの10歳代で生活となる人が多い。 昔は20歳前後で心不全・呼吸不全のため死亡するといわれていたが、「侵襲的人工呼吸法」(気管切開を用いる)や最近では「非侵襲的人工呼吸法」(気管切開などの方法を用いない)など医療技術の進歩により、5年から10年は生命予後が延びている。 しかし、未だ根本的な治療法が確立していない難病である。 このデュシェンヌ型は、伴性劣性遺伝(短腕のジストロフィン遺伝子欠損)で基本的に男性のみに発病する。 症状 2 - 5歳頃から歩き方がおかしい、転びやすいなどの症状で発症が確認されることが多数である。 初期には腰帯筋、次第に大殿筋、肩甲帯筋へと筋力の低下の範囲を広げていく。 なお、 筋力低下は対称的に起きるという特徴を持つ。 また、各筋の筋力低下によって、、(とうはんせいきりつ、)、腰椎の前弯強、動揺性歩行(アヒル歩行) などをきたす。 筋偽牲肥大に関してはやで特徴的に起こるが、これは筋組織の崩壊した後に脂肪組織が置き換わる事による仮性肥大である。 心筋疾患を合併することが多く、 心不全は大きな死因のひとつである。 検査 血清値著明に上昇。 筋電図にて筋原性変化を認める。 筋にてを行いジストロフィン蛋白欠損。 治療 現在のところ、根本的治療法はない。 機能訓練や関節拘縮予防のためのストレッチ()のほか、心不全・呼吸障害に対する対症療法が行われる。 作用機序は明らかではないが、はDMD型筋ジストロフィーに保険適用がある。 国産初のとして治療剤 の臨床試験が開始され 、2020年3月25日に承認された。 Becker muscular dystrophy, BMD 病態はデュシェンヌ型と同じだが、発症時期が遅く、症状の進行も緩徐。 関節も少ない。 一般に予後は良い。 デュシェンヌ型同様、にてジストロフィン蛋白に異常を認めるが、デュシェンヌ型ではジストロフィン蛋白がほとんど発現していないのに対し、ベッカー型では異常なジストロフィン蛋白が産生されたり、発現量が少ないことが知られており、これにより両者の症状の差異が生じているのだと考えられる。 デュシェンヌ型筋ジストロフィーの筋病理 [ ] 筋ジストロフィーの筋病理の主要所見は筋線維の壊死と再生である。 筋線維の壊死と再生に関しては以下の様な説明がされている。 欠損に起因する膜の異常があり、細胞外液が細胞内に流入する。 外液中には高濃度のカルシウムが存在するためそれが筋細胞に入ると筋肉は過収縮をおこす。 これがopaque線維と考えられる。 高濃度カルシウムが存在するとなどの酵素が活性化され自己消化を起こし、筋肉は崩壊し、貪食細胞の侵入を許すことになる。 筋ジストロフィーでは筋再生が活発であるが、再生は壊死を代償しない。 そのため筋線維は次第に数を減らし、末期には筋線維はほとんど消失し、脂肪組織と結合組織で置換される。 骨格筋のみならず、心筋や横隔膜もおかされ、心不全または呼吸不全が死因のひとつとなる。 先天性筋ジストロフィー [ ] 出生時より筋力の低下を認めるものを先天性筋ジストロフィーと呼ぶ。 日本では先天性筋ジストロフィーの中で最も頻度が高い。 多くは10歳代で死亡する。 ウールリッヒ型• メロシン欠損症• インテグリン欠損症• ウォーカーワールブルグ症候群 肢帯型筋ジストロフィー [ ]• LGMD1A - 1D群• LGMD2A - 2F群 三好型筋ジストロフィー Miyoshi muscular dystrophy : MMD 16〜30歳頃に発病しとが侵されれ初期症状は、つま先立ちができないジャンプすることができない、走ることが遅くなる等の症状報告されている。 発症後約10年で歩行が不可能となり、手の筋力も遠位から低下しやがて近位にも及んでくると言われているが、病状には違いがある発症後10年以上経過した方でも歩行可能の患者が報告されている。 この病気は筋ジストロフィーの一種で血中の値が顕著に上昇する。 原因遺伝子はdysferlinで常染色体劣性遺伝。 肢帯型筋ジストロフィー2B型においてもdysferlinの異常が確認されている。 肢帯型筋ジストロフィー2B型は、体幹に近い所から筋肉が萎縮するが、病状が進むにつれ三好型と同じように体幹から遠いい手や足にも筋肉の萎縮が現れる。 現在、有効な治療法はないが、共に治療を受けることができる。 このDysferlin異常で発症する病気をDysferlinopathyと呼ぶ。 顔面肩甲上腕型筋ジストロフィー [ ] この節のが望まれています。 常染色体優性遺伝。 第4番染色体長腕に遺伝子座。 原則として両親のどちらかが病気であるが、両親が全く正常で突然変異による発症と考えられる例が30%ある。 病名のように顔面、肩甲部、肩、上腕を中心に障害される。 進行すると腰や下肢の障害も生じ歩行困難となることもある。 顔面筋の障害により閉眼力低下、口輪筋障害(口笛が吹けない)などを来たし、独特の顔貌(ミオパチー顔貌)を呈する。 肩や上腕の筋萎縮が高度なのに比し前腕部は比較的保たれるため、ポパイの腕と形容される。 下肢の障害は、下腿に強いもの、腰帯・大腿に強いものなどいろいろである。 CK上昇は軽度である。 比較的良性の経過をたどり、進行すると腰や下肢の障害も生じ歩行できなくなることもあるが、生命に関しては良好な経過をとる。 筋症状以外では、感音性難聴、網膜血管異常の合併が高率であり、まれに精神遅滞やてんかんの合併がある。 筋緊張性ジストロフィー myotonic dystrophy [ ] 詳細は「」を参照 筋強直性ジストロフィーとも呼ばれる。 常染色体優性遺伝を示す疾患で、マウスではmuscleblind-like(Mbnl)遺伝子の阻害により同様の症状が発現することが確認されている。 の一種である。 進行性に罹患筋のとが見られる。 有病率は10万人に1~5人、好発年齢は20~30歳代であるとされる。 先天型では母からの遺伝による重症型がある。 で発症。 症状 、、の ミオトニア(筋強直。 筋の収縮が異常に長く続き、弛緩が起こりにくい現象のこと。 手を強く握るとすぐには開けない、など。 低温下で増強されるため、冷水中の雑巾絞り様動作が診断の一助になるという)や、・の 筋萎縮(西洋斧顔貌)、の筋萎縮(白鳥の頸)、または四肢遠位筋の筋萎縮を見る。 ミオトニアは筋萎縮に先立って生じる。 その他に、等の眼症状、障害(耐糖異常、性腺萎縮(無精子症)、機能低下)、精神薄弱、循環器障害、呼吸器障害、消化器障害、前頭部の脱毛など多彩な症状の見られる全身性疾患である。 検査 血清CK軽度上昇。 筋電図にて筋原性変化を認め、また電極の刺入時に特徴的な筋強直性放電を認める()。 治療 現在のところ、根本的治療法はない。 対症的に、、、などの投与を行う。 脚注 [ ] []• 動揺性歩行(waddling gait)とは、に見られることのある病的なの1つであり、アヒル歩行とも呼ばれる。 具体的には、歩行時に筋力が不足して地面から挙上した脚の側の骨盤の高さを維持できずに、挙上した側の骨盤が重力の方向に落ちる。 よって上半身を支えるために、接地している側の脚の方へと体幹を傾ける。 これが左右交互に繰り返されるために、歩行時に上半身が大きく揺れるという歩行形態のことである。 トランスレーショナル・メディカルセンター 2013年5月9日. 2014年10月29日閲覧。 国立研究開発法人 日本医療研究開発機構 2020年3月27日. 2020年7月10日閲覧。 参考文献 [ ] は列挙するだけでなく、などを用いてしてください。 記事のにご協力をお願いいたします。 ( 2015年3月)• グレイ、U. デ・ジロラーミ、J. ポワリエ 編著『エスクロール基本神経病理学』村山繁雄 監訳、、2009年10月。 埜中征哉『』日本医事新報社、2011年1月、第4版。 関連項目 [ ]• - 治療支援の為の• - 筋ジストロフィー患者の治療費捻出や社会参加を訴えるためのテレビショーで、からを発起人として毎年開催されている• - 筋ジストロフィー患者特有のタンパク質を分析、結晶化させるための宇宙実験が行われている。 これによる新薬開発に期待が高まっている。 - 福山型先天性筋ジストロフィーの原因遺伝子やの研究で著名。 - 戦前に進行性筋ジストロフィー症の成因および治療について研究した。 外部リンク [ ]• レムディ。 臨床試験・治験を目的として、患者-製薬関連企業・研究者の橋渡しをする登録システム。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の

主訴:歩行障害の鑑別

アヒル歩行

気になる所から確認してみよう• 歩行障害とはどんな状態? 歩行障害とは、 「歩きにくさ」を感じる以外にも、そもそも「歩くことができない」という状態も指します。 なぜ歩きにくいのか、その原因は足だけに止まらず、脳や脊髄、その他に負った外傷など様々な原因が考えられます。 「歩く」という行為は、 足の筋肉だけで行うのではなく、足が動くように命令を下す 脳の働き、命令を伝達する 神経の働きの影響下にあります。 特に脳の機序は複雑で、脳内出血などの明らかな疾患以外にも強く揺らすだけで正常な機能に支障が出る場合もあります。 また視覚から歩き方に関する情報を得るので、 視覚に問題が生じても歩行障害が発生します。 人によっては病気が原因ではなく、生まれつき歩行障害を抱えている人もいます。 原因によって足以外の特徴的な症状の観察項目も異なりますので、症状についてご紹介します。 スポンサーリンク 歩行障害の6つの種類 痙性歩行 下半身の筋肉が突っ張るため、足が棒のようになりスムーズに歩けない状態です。 そのため、突っ張ったままの足を避けるために、片方の足を大きく振り回して歩く ぶん回し歩行 クセがつきます。 また 内股気味になり、 歩幅も狭くなります。 失調性歩行 お酒に酔ったときのような、よろよろと不安定な歩き方になります。 足下を視覚で確認しながら歩くと安定するため、足下を見ながら歩くと踵を打ち鳴らすような歩き方 踵打歩行 になることもあります。 動揺性歩行 別名 「アヒル歩行」とも呼ばれ、 腰を左右に揺らしながら背を反り気味にして歩きます。 神経や筋の疾患 筋ジストロフィー症など が原因で、太ももの筋力が萎縮するためです。 間欠性跛行 かんけつせいはこう 一定の感覚ではなく、まちまちの歩幅で歩きます。 神経の問題を抱えていることが多く、 しびれや痛みを足に感じることもあります。 しばらく休むとまた歩くことは出来ますが、あまり長い距離は歩けません。 【関連記事】 小刻み歩行 前かがみになって歩きます。 また 一歩が小さく腕の振りもないため、小刻みにすり足で動いているように見えます。 また前屈みになるせいで視界が足下だけになり、 不安定な歩き方になります。 その他にも 突発的な歩き方になったり、ぴたりと足を踏み出すことができない すくみ足の症状も出ます。 主にパーキンソン病患者に見られる歩き方です。 そのため別名 「パーキンソン歩き」とも呼ばれます。 心因性歩行障害 外的な要因は全く見当たらないのに歩行障害を訴える人もいます。 もしかしたらそれは、心因性の原因があるかもしれません。 不安やストレス・鬱など、 心理的な負担により運動障害などが引き起こされる可能性は十分にあります。 歩行に障害を感じるのに外的な要因が見つからなかった場合は、アプローチを変えて心療内科などを受診してみるのも手です。 スポンサーリンク 歩行障害の原因となる病気 生まれつきの歩行障害ではなく、ある日突然歩行障害が出た場合は 外傷 骨折など か 病気の疑いがあります。 病気ごとに、歩行障害の特徴もありますので代表的なものをご紹介します。 病院で医師の診断を受ける際に、普段の患者の様子を伝えることは有用ですので、必ず伝えるようにしましょう。 脳に関わる病気 【脊髄小脳変性症】 小脳及び脳幹・脊髄の神経細胞が壊死する病気です。 患者のうち3割が遺伝的な問題を抱えているとされますが、はっきりとした原因はまだ分かっていません。 比較的若いうちに発症し、10年、20年とゆっくりと時間をかけて病状が進行します。 【関連記事】 【脳卒中】 脳内にある血管が破れたり詰まったりする病気です。 一口に脳卒中と呼んでも様々な種類が有り、症状によって名称が異なります。 脳の中で血管が破れる 「脳出血」、脳の表面でこぶ上の動脈が破裂する 「くも膜下出血」、脳の血管が詰まり、必要な酸素や栄養不足で陥る 「脳梗塞」です。 いずれも一命を取り留めたとしても、 後遺症として歩行障害などの運動障害や言語障害が残るのが特徴です。 突然発症する人もいれば、兆候らしきものが現れる人もいます。 脳卒中の兆候としては 突発的な高熱、耐えがたい嘔吐感、視界が揺れる、唐突な歩行障害が挙げられます。 【多系統萎縮症】 小脳もしくは脳幹が萎縮する病気です。 原因は不明で難病指定を受けており、40歳以降に発症する場合が殆どです。 症状は パーキンソン病に似ており、 歩行障害の他に筋肉の硬直や血圧の制御困難などが発生します。 【ウェルニッケ脳症】 ビタミンB1の欠乏により起きる病気です。 アルコールの飲み過ぎや妊娠中の妊婦も発症することがあります。 脳の働きに障害が出るため、 言語障害や眼球運動の障害、運動障害が起き失調性歩行の症状をあらわします。 神経に関わる病気 【閉塞性動脈硬化症】 下肢の大血管に慢性的な閉塞が生じる病気です。 血管が狭くなると流れる血液の量も少なくなるため、酸素が十分に末端まで供給されず歩行困難が生じます。 【腰部脊柱管狭窄症】 ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう 骨・関節・椎間板・靭帯に異常が起き、神経が圧迫される病気です。 中でも首の骨が異様にまっすぐ 通常、首の骨は緩やかなカーブを描いている な場合を 「ストレートネック」と呼びます。 首と足には一見何の関連性もなさそうですが、首のバランスを取ろうとして歩き方がおかしくなり、歩行障害を発症する可能性もあります。 ただの肩こりとストレートネック由来の歩行障害を鑑別するポイントは 「歩行すると足ががくがく震える」「手や指先が滑らかに動かない」「排尿や排便がうまくいかない」です。 【後縦靭帯骨化症】 脊柱の中を走っている後縦靱帯が骨に変化し、神経を圧迫する病気です。 神経が圧迫されたために、 感覚神経や運動神経に障害が出ます。 どの部分が骨化するかによって微妙に名称が変化します。 「黄色靭帯骨化症」の場合は胸椎に近い部分が骨化するため、手に痺れや震えがでますが、足の症状は殆ど出ません。 筋肉に関わる病気 【パーキンソン病】 原因は不明ですが、 手足の痺れや筋肉の萎縮、歩行困難などの運動障害が起きる病気です。 また小股になり、前にも後ろにも突進する場合があります。 50代、60代で発症する確率の高い病気です。 アルツハイマーなどの認知症を患った際にも、パーキンソン病に見られる歩行障害を引き起こすことがあります。 その他の原因 【足の変形】 関節リウマチや先天性内反足、外反母趾などの足の変形により、歩行困難になります。 関節リウマチとは関節に炎症が起き、軟骨や骨が破壊される病気です。 そのため手足を自由に動かせなくなり、身体が動くたびに痛みを感じます。 先天性内反足とは、生まれつき足が内側に向かって反っている疾患です。 外反母趾とは、親指が小指側に向かって大きく反る症状です。 こちらは先天性内反足とは異なり、足のサイズに合わない靴をはき続けたり歩き方に妙なクセが付いた場合に足が変形していく疾患です。 外反母趾の治し方についてはこちらを参考にして下さい。 【関連記事】 また足首より先だけの問題ではなく、股関節の軟骨が変形してすり減る 「変形性股関節症」も歩行に障害が出る病気です。 これは加齢に伴い、誰もが可能性のある病気です。 【外傷】 骨折の他、頭部やその他の部位を強く打ち付けるなどの怪我を負った場合、歩行障害が出ることがあります。 出血を伴うような派手な怪我ではなくても、脳の場合は強く打ち付けるだけでどんな疾患が出るのか予測も付かないので注意が必要です。 また 運動のしすぎも 運動不足も同様に歩行障害の可能性があります。 適度な運動を行わないと、正常な歩行機能が損なわれます。 スポンサーリンク リハビリで回復を目指そう 歩行障害は、原因となる病気によっては リハビリテーションを行うことで歩くことが出来ます。 リハビリテーションとは、何らかの理由で一度失われた日常動作を、練習を通して再獲得するための訓練です。 原因となる病気や年齢など、人に合わせた看護計画が重要になります。 メニュー作りは看護師や理学療法士のほか、ケアマネージャーも提案が出来ます。 歩行訓練は介護保険も活用できますので、まずは病気で入院している間に、医療関係者に家族がリハビリについて相談するといいでしょう。 主なリハビリにはどんなものがあるのかご紹介します。 とりあえずベッドから起きる 脳や神経の病気の場合、治療のために手術を受けるケースが多いです。 手術後はなかなかベッドから起きることは出来ませんが、 まずはベッドから起き上がり自力でトイレに行くなど身体を動かすことから始めます。 いつまでも寝たきりだと 筋力低下をまねき、リハビリにも取り組めなくなります。 車いすを使うところからで構いませんので、ベッドから離れてみましょう。 自分のことは自分でする 歩く訓練のを行う前に、 日常動作をできるだけ自分の意志で行います。 食事や排泄、着替えなど、まずは何でもチャレンジします。 そのためにも、 自分の足に合った靴選びや着脱しやすい衣服の準備、杖などの歩行補助具や器具など、自分に合った道具を手に入れることも重要です。 リハビリテーションのメニューが人によって千差万別なように、自分に合った補助道具も人それぞれです。 まずは自分で試してみて、使いやすい道具を探し出しましょう。 重心移動訓練 ただ単に歩くだけではなく、 四つん這いや膝立ちなどの体位をとり、バランスを取る訓練を行います。 歩行訓練はただ単に筋肉を鍛えるのみではなく、 全体のバランスを取り戻す訓練も重要です。 歩行障害の種類を中心に、原因や病気の可能性を解説しました。 外傷の他に様々な病気が原因としてあげられますが、まずは治療を受け、手術後はリハビリテーションに励むことが重要です。 長い時間がかかる場合もありますが、 こつこつと訓練を積み重ねることで、もう一度自分の身体を自分で動かすことが出来ます。 介護保険やケアマネなどを活用しながら、根気よくリハビリと向き合っていきましょう。 当記事は医師、薬剤師などの専門家の監修を受けておりますが本サイトで提供する情報、文章等に関しては、主観的評価や時間経過による変化が含まれています。 そのため閲覧や情報収集は利用者ご自身の責任において行っていただくものとしその完全性、正確性、安全性等についていかなる保証も行いません。 スポンサーリンク.

次の