スターツ コーポレート サービス 株式 会社。 「スターツコーポレートサービス株式会社代行業務部」(千葉市美浜区

スターツアメニティーの強み

スターツ コーポレート サービス 株式 会社

オプションサービス ご自宅で物件の状況を確認できる防犯カメラ(アクセスカメラ) 住宅・マンションで頻繁に起こる、空き巣などの侵入犯罪。 また、違法駐車やゴミ捨てなどの迷惑犯罪。 こうした犯罪も、近年手口はより悪質化し、厳重とされている高いセキュリティーのマンションでさえ、犯人の侵入をゆるしてしまう被害が続いています。 そんな犯罪を未然に防ぐ効果が期待できるのが「防犯カメラ」。 スターツアメニティー㈱では、アクセスカメラという商品にて防犯カメラシステムをご提供しております。 商品の特徴• 毎月の利用料金とWEB回線使用料をお支払いただくことで、 ご自宅のパソコンから画像確認が可能です。 メンテナンス費用が不要。 故障などの不具合の対応は弊社が行います。 レコーダーには過去 500時間(約3週間分)の映像を録画できます。 初期費用がかかりません。 毎月の利用料金とWEB回線使用料のみになります。 より安心・安全な賃貸経営を皆様にお届けします。

次の

スターツコーポレートサービス株式会社 口コミ

スターツ コーポレート サービス 株式 会社

環境省、一般財団法人地球・人間環境フォーラム主催:「環境アクションプラン大賞、環境レポート大賞、環境コミュニケーション大賞」(1997年~)• 厚生労働省主催:「働きやすく生産性の高い企業・職場表彰」(2017年~)• 厚生労働省主催:「グッドキャリア企業アワード」(2012年~)• 厚生労働省主催:「テレワーク推進企業等厚生労働大臣表彰 ~輝くテレワーク賞~」(2015年~)• 総務省主催:「テレワーク先駆者百選 総務大臣賞」(2016年~)• サステナ主催:「SUSTAINA ESG AWARDS」(2018年~)• RobecoSAM主催:「サステナビリティアワード」(2012年~)など ランキング履歴データ 当該企業が行政や民間団体などからランク付けされたランキング情報を掲載。 WWFジャパン主催:「企業の温暖化対策ランキング」 (2014年~)• Newsweek主催:「Green Rankin」(2014年~2017年)• 安全衛生優良企業マーク推進機構(SHEM)主催:「ホワイト企業ランキングTOP100」(2019年)• 日本科学技術連盟主催:「企業の品質経営度調査」(2007年~)• 日本コーポレート・ガバナンス研究所(JCGR)主催:「コーポレート・ガバナンス調査(JCGIndex)」(2003年~)• リンクトイン・ジャパン主催:「LinkedIn TOP COMPANIES 今、入りたい会社 ランキング日本版」(2019年)• FORTUNE主催:「世界で最も称賛される企業」(2014年~)• FORTUNE主催:「世界を変える企業ランキング」(2015年~)• Forbes主催:「世界で最も革新的な企業」(2014年~)• Forbes主催:「世界で最も革新的な成長企業」(2017年~)• FAST COMPANY主催:「世界で最も革新的な企業」(2008年~)• BCG主催:「イノベーション企業」(2010年~)• BCG主催:「最もイノベーションに優れた企業」(2012年~)• BCG主催:「企業価値創造に優れた大型企業ランキング」(2017年~) 外部評価 認定・認証・選定履歴データ 当該企業が行政や民間団体などから認定・認証・選定を受けた情報を掲載。 経済産業省、東京証券取引所主催:「健康経営銘柄」 (2015年~)• 経済産業省、東京証券取引所主催:「なでしこ銘柄」(2013年~)• 経済産業省、東京証券取引所主催:「攻めのIT経営銘柄」(2015年~)• 経済産業省、東京証券取引所主催:「IT経営注目企業」(2017年~)• 厚生労働省主催:「ダイバーシティ経営企業100選」(2013年~)• 厚生労働省主催:「新・ダイバーシティ経営企業100選/100選プライム」(2017年~)• 環境省主催:「エコ・ファースト制度」(2008年~)• 厚生労働省主催:「安全衛生優良企業(ホワイトマーク認定)」(2015年~) ESGスコア By ステークホルダー 当該企業に関わるステークホルダーが、当サイトで評価した情報を掲載。 (評価詳細チャート、評価コメントなど) ESGスコア By セルフレポート 当該企業が当サイトに登録した財務情報(ファイナンシャル・レポート)、非財務情報(サステナビリティ・レポート)を掲載。 企業不祥事情報 当該企業に関する不祥事情報を掲載。 経営環境の変化にスピーディーに対応し、かつ企業理念にもとづき的確な意思決定を図ることができる組織体制の確立がコーポレート・ガバナンスの基本であると考えており、現在の取締役、監査役制度を一層強化しつつ、より透明性の高い公正な経営を目指してまいりたいと考えております。 ・リスク管理体制の整備の状況当社グループは従来より法令の遵守はもとより、社会的良識をもって行動することとその責任の重要性を認識し、企業倫理の実践に取り組んでおります。 監査役監査、内部監査の積極的な実施のほか、グループコーポレートガバナンス担当役員を設置し、総務部・人事部・経理部・リスクマネジメント部・内部監査室等の関係部署とグループ各社の担当部署をメンバーとしたコンプライアンス委員会を組織しております。 委員会では、リスクへの施策を決定し、関係部門と協力してこれを推進しており、これらの活動は随時取締役会に報告がなされる体制となっております。 コーポレートガバナンス・コードの各原則を実施しない理由 【補充原則1-2-4 議決権の電子行使と招集通知の英訳】 当社は、現在、議決権電子行使環境の整備及び株主総会招集通知の英訳を行っておりませんが、今後の株主構成の動向を踏まえて、必要に応じて適切な対応を検討してまいります。 【原則2-6 企業年金のアセットオーナーとしての機能発揮】 当社は、現在、企業年金の運用をスチュワードシップコードの受け入れを表明している資産管理運用機関に委託しておりますが、運用機関から定期的に運用状況の報告及び運用方法の助言を受けております。 また、企業年金の受益者と当社との間に生じ得る利益相反がより適切に管理されるよう、現在その体制を検討しております。 【補充原則4-10-1 任意の仕組みの活用】 当社は、取締役候補者の指名等につきましては取締役会におきまして十分な説明及び議論を行い承認を得ることとしております。 取締役会における重要な事項につきましては、独立社外取締役及び独立社外監査役の適切な関与をもと議論を行っておりますので、取締役会は十分にその機能を果たしていると考えておりますが、今後の状況によって、適宜検討してまいります。 【原則4-8 独立社外取締役の有効な活用】 当社は、社外取締役1名と社外監査役から1名を独立役員として届出しております。 独立社外取締役は1名ではありますが、社外取締役としての客観的な立場から、他取締役及び監査役と忌憚のない意見交換を適宜行っており、独立社外取締役としての責務を十分に果たしております。 今後の状況によって、独立社外取締役を増員する必要が生じた場合には、候補者の選定を検討してまいります。 コーポレートガバナンス・コードの各原則に基づく開示 【原則1-4 いわゆる政策保有株式】 当社は、取引先との安定的・長期的な取引関係の維持・継続の観点から、中長期的な企業価値向上に資すると判断する場合に限り、株式の政策保有を行う場合があります。 また、政策保有株式に係る議決権行使にあたりましては、企業価値向上の効果及び取引先企業の状況等を総合的に判断しております。 【原則1-7 関連当事者取引】 当社は、関連当事者との取引につきましては、取締役会にて定めました「関連当事者取引管理規程」に従い、取引の合理性及び取引条件の妥当性について、あらかじめ所定の手続きに則って検討することとしており、必要に応じて、取締役会に付議し承認を得るものとしております。 取引実施後につきましては、内部監査及び監査役監査にて検証がなされ、必要に応じて取締役会に報告することとしております。 【原則3-1 情報開示の充実】(1)会社の目指すところ(経営理念等)や経営戦略、経営計画 「人が、心が、すべて。 」 創業以来変わることのない当社グループの企業理念であります。 当社ホームページにおきまして公表しておりますので、ご参照ください。 starts. php 経営戦略、経営計画等につきましては、四半期毎の決算短信及び有価証券報告書に記載のほか、年2回開催しております決算説明会資料におきまして掲載しております。 資料は、当社ホームページにおきまして公表しておりますので、ご参照ください。 starts. (3)経営陣幹部・取締役の報酬を決定するに当たっての方針と手続き 当社の取締役報酬につきましては、株主総会の決議により定められた限度額の範囲内にて、1年毎に会社の業績や経営内容、取締役本人の成果・責任等を考慮し、代表取締役及び担当取締役にて検討しております。 (4)経営陣幹部の選任と取締役・監査役候補の指名を行うに当たっての方針と手続き 経営陣幹部の選任、取締役候補者指名につきましては、企業理念にもとづく的確な意思決定、適切なリスク管理等のバランスを考慮し、適材適所の観点から、代表取締役及び担当取締役が総合的に検討した上で、取締役会にて十分な説明及び議論を行い承認を得ることとしております。 監査役候補指名につきましても、財務・会計に関する知見、企業経営全般に関する知見、リスク管理に関する知見等多様な視点のバランスを考慮し、代表取締役及び担当取締役が総合的に検討し、監査役会の同意を得た上で、取締役会の承認を得ることとしております。 (5)取締役会が上記(4)を踏まえて経営陣幹部の選任と取締役・監査役候補の指名を行う際の個々の選任・指名についての説明 社外取締役及び社外監査役の選任理由につきましては、本報告書「経営上の意思決定、執行及び監査に係る経営管理組織その他のコーポレート・ガバナンス体制の状況【取締役関係】【監査役関係】」に記載のほか、取締役及び監査役候補者につきまして、「株主総会招集ご通知」の株主総会参考書類「略歴、当社における地位および担当ならびに重要な兼職の状況」に個人別の経歴を記載しております。 【補充原則4-1(1) 取締役会の役割・責務】 取締役会は、法令・定款に定めるもののほか、当社「取締役会規程」に定める事項の決定を行います。 また、業務執行に関しましては、当社「組織規程」・「職務権限規程」等にもとづき、権限を明確にしております。 【原則4-9 独立社外取締役の独立性判断基準】 社外取締役につきましては、東京証券取引所が定める基準のもと、豊富な経験と経営に関する高い見識を有し、経営全般に対して的確な助言をいただける方を選任しております。 【補充原則4-11(1) 取締役会のバランス、多様性、規模並びに取締役の選任に関する方針・手続き】 当社は、取締役の員数は定款で15名以内と定めており、現在、2名の代表取締役、1名の独立社外取締役、9名の取締役(主要グループ会社代表取締役及び当社管理部門各責任者)の12名で、経営環境の変化にスピーディーに対応し、企業理念にもとづき的確な意思決定ができるバランスのとれた体制としております。 取締役の選任に関する方針・手続きにつきましては、原則3-1(4)に記載のとおりであります。 【補充原則4-11(2) 取締役・監査役の他の上場会社の兼任状況】 取締役及び監査役の兼任の状況につきましては、「株主総会招集ご通知」添付書類の事業報告「会社役員の状況」におきまして、毎年開示しております。 【補充原則4-11(3) 取締役会の実効性の自己分析・評価】 当社は、毎月1回または必要に応じて適宜取締役会を開催し、決議事項及び報告事項についてタイムリーに審議、報告、議論を行っております。 社外取締役及び社外監査役の出席率も高く、忌憚のない意見や助言をいただいており、経営課題について十分な検討を行っております。 【補充原則4-14(2) 取締役・監査役のトレーニング】 当社は、取締役・監査役がその役割・責務を果たすことができるよう、必要に応じて、社内研修や外部講師による研修会を開催するほか、外部セミナー等への参加など、個々の取締役及び監査役にとって職務の遂行上必要な知識・経験等を得る機会を設けております。 【原則5-1 株主との建設的な対話に関する方針】 当社は、株主・投資家とのコミュニケーションの機会として、株主総会(その後の株主懇親会)、年2回の決算説明会(説明会資料の開示)、個別ミーティング等を開催し、当社グループの事業内容の説明に努めております。 また、IR担当役員を設置し、株主・投資家とのコミュニケーションを統括するとともに、関係部署が連携して情報の発信及び株主・投資家からの情報収集に取り組んでおり、その内容につきましては必要に応じてIR担当役員または取締役会等に報告することとしております。 経営管理組織及びコーポレート・ガバナンス体制の状況 組織運営情報 組織形態 監査役設置会社 取締役会の議長 社長 監査役会の設置の有無 設置している 指名委員会又は報酬委員会に相当する任意の委員会の有無 無し 社外取締役の選任状況 選任している 社外監査役の選任状況 選任している 取締役情報 取締役の人数 12人 社外取締役の人数 1人 社外取締役のうち独立役員に指定されている人数 1人 監査役情報 監査役の人数 3人 社外監査役の人数 2人 社外監査役のうち独立役員に指定されている人数 1人 独立役員情報 独立役員の人数 2人 業務執行、監査・監督、指名、報酬決定等の機能に係る事項(現状のコーポレート・ガバナンス体制の概要) 当社は取締役12名(うち独立社外取締役1名)で取締役会を、監査役3名(うち社外監査役2名)で監査役会を構成しております。 取締役会は、経営の基本方針、法令で定められた事項や経営に関する重要事項を決定するとともに、取締役の職務の執行を監督する機関と位置づけ、月1回開催し、また必要に応じて随時開催し、相互に業務執行をチェックできる体制としております。 また、監査役3名のうち1名は常勤監査役として執務し、取締役会や当社グループ責任者会議等の重要な会議に出席するほか、当社グループの業務監査を積極的に実施し、社外監査役2名(うち1名は独立役員)とともに業務執行の適法性、妥当性のチェックをしております。 さらに内部監査体制として内部監査室があり、随時内部監査を実施し、内部規程等にもとづき適正に業務推進がなされているか監査しており、監査役監査とあわせて、業務執行の適法性をチェックできる環境を整えております。 当社の会計監査業務を執行した公認会計士は監査法人日本橋事務所に所属する小倉明氏、木下雅彦氏のほか業務補助者として公認会計士6名、その他2名であり、公正普遍な立場から監査が実施される環境を整備しております。 内部統制システムに関する基本的な考え方及びその整備状況 当社及びグループ企業各社(以下、「当社グループ」という)は、「人が、心が、すべて」という創業以来大切にし続けている「企業理念」を当社グループ全役職員により具現化するために、適切な組織の構築、規定、ルールの制定、情報の伝達、モニタリング等を行う体制を確立するために、内部統制システムを整備、維持していく。 また、これを常に見直していくことにより、適正かつ効率的な体制を実現するものとする。 1.取締役・使用人の職務執行が法令・定款に適合することを確保するための体制当社グループの役職員は、「人が、心が、すべて」の企業理念、内部規制、宅地建物取引業や建設業法をはじめとする関連法令等の理解が法令・定款及び社会規範を遵守した行動のための基本でることを認識し、その徹底を図るため、リスクマネジメント部においてコンプライアンスが取り組みの横断的に統括することとし、同部を中心に当社グループ役職員の教育等を行う。 また、当社代表取締役が繰り返しその精神を当社グループ役職員に伝えることにより、法令順守をあらゆる企業活動の前提とすることを徹底する。 内部監査室は、リスクマネジメント部と連携の上、コンプライアンスの状況を監査する。 これらの活動は定期的に取締役会及び監査役会に報告されるものとする。 2.取締役の職務の執行に係わる情報の保存及び管理に関する事項当社グループの文書取扱管理規定に基づき、取締役の職務執行に係わる情報を記録し保存、管理する。 取締役及び監査役は、これらの情報を閲覧することができるものとする。 内部監査室は、情報の記録・保存・管理状況等の監査を行うものとする。 3.損失の危険の管理に関する規定、その他の体制当社グループの取締役会がリスク管理体制を構築する責任と権限を有し、コンプライアンス、環境、災害、品質、情報セキュリティ等に関するリスクについては、それぞれ担当部署にて、規制・ガイドラインの制定、研修の実施、マニュアルの作成・配布を行うものとする。 また、リスクマネジメント部は、当社各部と連携して当社グループ全体のリスクを網羅的・総括的に管理する。 4.取締役の職務の執行が効率的に行われていることを確保するための体制当社は、変化の激しい経営環境に迅速に対応すべく、定例の取締役会のほか必要に応じて随時開催し、業務執行上の責任を明確にするため、取締役の任期を1年と定めている。 また、当社グループの取締役会の業務執行の効率を図るため、以下の体制を整備する。 (1) 職務権限・意思決定のルールの策定(2) 取締役会による中期経営計画の策定、中期経営計画に基づく事業ごとの業績目標の設定と月次・四半期業績管理の実施(3) 取締役会による月次業績のレビューと改善策の実施5.当社グループにおける業務の適正を確保するための体制当社グループにおける内部統制の構築を目指し、業務適性については、関係会社各規定に基づき管理し、業務執行の状況について、リスクマネジメント部、総務部、人事部、経理部、内部監査室等の各担当部が評価及び監査を行うものとする。 リスクマネジメント部、総務部、人事部、経理部、内部監査室等の各部は、当社グループに損失の危険が発生し、各担当者がこれを把握した場合には、直ちに発見された損失の危険の内容、損失の程度および当社に及ぼす影響等について、当社の取締役会及び担当部署に報告する体制を確保する。 内部監査室は、内部監査を実施した結果を取締役会、監査役、グループ会社社長等に報告し、内部統制の整備を推進するとともに、各部と協議の上、改善策の指導、実施の支援、助言等を行う。 監査役はグループ全体の監視・監査を実効的かつ適正に行えるよう、会計監査人との緊密な連携体制を構築する。 6.監査役がその補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する体制並びにその使用人の取締役からの独立性に関する事項監査役は、内部監査室所属の職員に監査業務に必要な事項を命令することができるものとし、監査役より監査業務に必要な命令を受けた職員はその命令に関して、取締役、内部監査室長等の指揮命令は受けないものとする。 当該職員の人事異動等については、監査役会の同意を得るものとする。 7.取締役及び使用人が監査役会に報告するための体制その他の監査役会への報告に関する体制当社グループの役職員は、当社監査役会の定めるところに従い、法定の事項に加え、当社グループに重大な影響を及ぼす事項、内部監査の実施状況等を要請に応じて報告および情報提供する。 報告の方法(報告者、報告受領者、報告時期等)については、取締役と監査役との協議により決定する方法とする。 監査役への報告を行った当社グループの役職員に対し、当該報告を行ったことを理由に不利な取扱いを行うことを禁止し、その旨を当社グループ役職員に周知徹底する。 8.その他監査役会の監査が実効的に行われていることを確保するための体制監査役会は、代表取締役社長、監査法人とそれぞれ定期的に意見交換会を開催し、効果的な監査業務の遂行を図る。 取締役は、監査役の適切な職務遂行のため、監査役と子会社の取締役・監査役との情報交換が適切に行われるよう協力する。 また、監査役会が職務を執行する上で必要な費用に関しては、速やかに当該費用の処理を行うものとする。 9.財務報告の信頼性を確保するための体制当社グループは財務報告の信頼性の確保及び金融商品取引法にもとづく、内部統制の有効性の評価かつ内部統制報告書の適切な提出に向け内部統制システムを構築する。 また、本システムが適正に機能し、運用が継続されるよう評価及び是正を行う。 反社会的勢力排除に向けた基本的な考え方及びその整備状況 当社グループは、社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力とは一切の関係を持たず、反社会的勢力からの不当要求・妨害行為に対しては、警察や弁護士等の外部専門組織と連携し、毅然とした態度で組織的に対応することを基本方針とする。 当社グループでは「行動規範ハンドブック」を全社員に配布し、そのハンドブックにおいて、反社会的勢力に対する行動規範を記載し、その事項の遵守を全社員へ周知徹底する。 また、総務部を反社会的勢力対応部署とし、同部が反社会的勢力に関する事項を統括管理し、不当要求防止責任者を配置、「反社会的勢力排除マニュアル」を作成しグループ内に告示し運用する。 反社会的勢力による不当要求に備え、平素から警察や弁護士等との外部専門機関と連携をとる。 最新・正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。 最新・正確な情報につきましてはリンク先のページでご確認ください。 尚、当サイトは投資誘惑を目的にしたものではなく、また個別の銘柄や特定の業種、市場を推奨するものではありません。 投資に関する意思決定はご自身のご判断で行いますようお願い致します。

次の

スターツグループで働く先輩社員に聞く仕事内容|リクナビ2021

スターツ コーポレート サービス 株式 会社

スターツアメニティー株式会社 代表取締役社長 スターツアメニティーは管理戸数約55万戸、月極駐車場台数約8万3,000台、時間貸し駐車場台数約4万1,000台を管理し、その管理戸数は年々着実に増加しております。 この現状に甘んじず常に上を目指して参りますが、これからの時代は量を増やすことよりも質を高めていくことが重要だと考えています。 質を高めるために必要なことは「管理システムの見える化」を推し進めること、そしてなにより働く社員の対応力や現場力といった「人間力」の向上が求められると考えています。 まずお客様からの信頼をいただくためには、お客様が所有されている物件の管理状態をご自身でいつでも確認できることが重要です。 管理業務には多くの業務が存在します。 その様々な項目をお客様がリアルタイムで見ることのできる仕組みを段階的に構築していくことが重要であると考えています。 スターツアメニティーが32年間という長い年月をかけて培ってきたノウハウと専門性を統合し誕生した「管理システムの見える化」を更に向上させ、よりお客様の安心・安全に貢献し、ご満足をいただけるように築いていきたいと考えています。 お客様に満足を感じていただくためには、このシステムの充実に加え、そこで働く社員一人ひとりの「人間力」の向上が不可欠です。 私は常々社員に対して「一生懸命お客様のことを考えて、行動することが大切である」と伝えています。 それは考えて行動したことから得られる喜びが、自分の成長となり、より多くのお客様の満足へとつながっていきます。 お客様の満足 = 社員の喜び(満足)を目指すことがスターツアメニティーとしての質を高め、最終的には一流を目指すことになると私は考えています。 企業情報• トップメッセージ•

次の