同人 アプリ。 同人イベントで便利な会計アプリ「即売レジ」

同人イベントで便利な会計アプリ「即売レジ」

同人 アプリ

親戚の叔父さんが管理するマンションに引っ越してきた 大槻 麻衣ちゃん。 優しそうなおじさんではあったが、 催眠アプリで女の子を催眠にかけてアレやコレな目に 遭わせる人であった。 彼女にはこれからどんなことが待ち構えているでしょうか。 タイトル: サークル:高温注意 ジャンル:ロールプレイング(戦闘なし) 発売日:2020年05月25日 プレイ時間:約2時間でクリア 手軽で楽しめそうな作品だと手に取ってみれば 以前記事にした、たのしいパパ活のすゝめ を制作された高温注意のサークルさんでした。 今回紹介する作品は アニメーション付きHで楽しめるようになっています。 おじさんに騙されて催眠アプリで操られた 麻衣ちゃんがマンション住民にHな事をしながら より過激な行為をしていくゲームとなります。 チュートリアルである通り、 マウス操作で画面上部のスマホ画面を選択し、 催眠で今の催眠状態や服装を変更し、 その状態でのHシーンを見ていくようになっています。 あいさつの回数、SP上限値などの必要条件を満たせば、 イベント解放のメッセージが表示され、 次の段階の催眠状態にすることができます。 最初に動ける範囲はマンション1階のみで、 朝に住人と催眠状態のあいさつをして登校、 帰宅後もあいさつをして自宅ベッドで休む繰り返しとなります。 次の段階へと進んでいくと2階、3階も自由に行き来でき、 各部屋の中に入り、それぞれのHシーンを見ることができます。 しばらくすると自室から回想場面に移ることができ、 まだ見ていないHシーンの条件を確認することができます。 この作品には3種類のエンディングが用意されており、 それぞれのエンディングHを見てゲームが終了します。 エンディングに入る前にセーブをお勧めします。 この条件も回想から確認ができます。 衣装チェンジに髪染めの露出高めな服に変更でき、 さらには全裸状態にも変更可能となります。 特に時間制限のないゲームなので、好きなように プレイをしてみてください。 最後には色々な体位で本番Hと発展していきます。 Hシーンを見るための条件として、 アプリでH慣れ、関係、感度、常識改変、 あいさつの設定、服装と変更して その条件に合わせないといけなかったのが手間になっていました。 回想場面で必要な条件が載っていますが、 マンション住人と回想場面のヒントの場所を往復しながら Hシーンを埋めていったので結構時間が掛かりました。 一度見たHシーンをスキップする機能もなく、 メッセージ早送りの決定キー長押しで早送りしかできないなど、 前作までの良かった操作性が今回は残念な部分となっていました。 Hシーンは前回にも増してのパワーアップしたエロさとなっていました。 序盤の催眠が弱い状態でのわずかな露出シーンから始まり、 最後はドスケベ状態でのHシーンまで発展していき アニメーションで演出されていたのは満足いく内容でした。 割と短時間で(欲を言えばもっと短時間ならグッド)遊べる Hなゲームは好きなのでこれからもこういった 気軽に遊べる作品をプレイしてみたいと思いました。 以上、催眠アプリマンション ~えっ?住民の方と会ったらおまんこ見せてあいさつするのが 常識ですよね?~ のレビューとなります。 最後までご覧いただきありがとうございました。 下記より購入ができます。 iframe 対応のブラウザでない場合、こちらをクリック.

次の

スマートフォンで使えるレジアプリ「同人会計レコーダー」を実際にイベント会場で使ってみた

同人 アプリ

即売レジ 数年前からイベントで使っている ()がとっても便利で、オススメです。 暗算、特にお釣りの計算が苦手な人間なので、お釣りの計算ができるレジアプリを探して、この即売レジに行き着きました。 個人的オススメポイントは、• 預かり金額が頒布価格ちょうどのときは預かり金額を入力せずに「完了」をタップすればOK。 会計画面では縦置き、横置き、どちらでもOK。 と、こんなところでしょうか(ここにピックアップしていない機能もあります)。 例えば、会計画面はこんな感じ(横置きの場合。 縦置きも可能)。 このように、表紙イメージなどの登録した画像をタップするだけで簡単に計算できるアプリです。 頒布物の種類が多かったり、頒布価格がワンコインやキリのいい数字ではなくお釣りが出ることの多いサークルさんにオススメです。 設定画面などの下部に広告が表示されますが、会計画面には広告はありません。 設定 上の図が起動した画面です。 右上の歯車アイコンをタップすることで設定ができます。 設定画面右上の?マークアイコンをタップすると設定のヘルプを参照することができます。 設定項目の一部を紹介しますと、 金額入力形式 会計画面での金額入力形式は、【金額ボタン】と【電卓ボタン】のどちらかを選択できます。 販売画面ヘッダー 販売画面の上部(ヘッダー)に販売実績や年齢確認を表示させることができます。 年齢制限のある本を頒布するサークルにはありがたい機能です。 ヘッダーの表示例は以下の通り。 アイテム管理 イベント前の準備として、予めアイテムを登録しておきましょう。 アイテムの登録は【アイテム管理】から。 アイテムセットは3つあり、1セットあたり40種の登録ができます。 会計で複数のセットを同時に使用することはできません。 グレーの四角をタップしてアイテムを登録していきます。 画像の四角の部分をタップすると画像の登録ができます(任意)。 スマホやタブレットに保存した表紙のイメージ画像を選択したり、カメラを起動させてその場で撮影した画像を登録することもできます(画像の準備を忘れてしまっても当日スペースに届いた本を撮影すればいいですね)。 販売 販売開始 のように、アイテムボタンをタップすると選択されたアイテムが青枠で囲われます。 お買い上げのアイテムすべてを選択し終えたら、右下の会計ボタンをタップします。 会計画面でお預かり金額を入力するとお釣りが表示されます(上図は【金額ボタン】の場合)。 最後に右下の【完了】をタップすれば会計は終了です。 預かり金額がちょうどでお釣りがなく、お釣りの計算が不要の場合はマイナス表示になっていますがそれを無視して、何もせずにそのまま【完了】をタップすればOK。 買い手さんも予め小銭を用意してピッタリちょうどの金額を出してくれることも多いですよね。 販売終了 右上の、点が3つ縦に並んでいるようなアイコンをタップすると【販売終了】ボタンが表示されますので、この【販売終了】をタップすれば、最初の起動画面に戻ります。 販売記録 設定画面で【販売記録】をオンに設定していると下図のようにCVSファイルに記録されます。 このファイルはPCや他のデバイスと共有することができます。 お品書き画像の作成 アイテム管理画面の右上、点が3つ縦に並んでいるようなアイコンをタップし、【お品書き画像を作成】をタップします。 下図のようなお品書き画像が簡単に作成できます。 シンプルな画像ですが、TwitterなどのSNSでのPRにもちょうどよいのではないでしょうか。 アイテムセットのアップロード・ダウンロード アイテムセットのデータを一時的にサーバにアップし、別のデバイスなどへダウンロードすることができます。 たとえば、会計口が複数必要な場合はまず1つのデバイスでアイテム登録を行い、そのデータを一時サーバにアップして、他の人が持つ別のデバイスにダウンロードできます。 ) アイテム管理画面の右上、点が3つ縦に並んでいるようなアイコンをタップし、【このセットをアップロード】をタップします。 ダウンロード時に必要となるパスワードを設定します。 送信ボタンをタップします。 ダウンロードIDが発行されるので、控えておきます(枠内をタップするとコピーされるという親切設計)。 アイテムセットデータをダウンロードしたい端末から【このセットをダウンロード】をタップします。 ダウンロードIDとパスワードを入力し、【受信】ボタンをタップします。 これで、アイテムセットデータが簡単に他の端末へコピーできます。 以上が即売レジの使い方になります。 表紙画像は()を利用して作成しました。

次の

アプリで出会った女の子と

同人 アプリ

即売レジ 数年前からイベントで使っている ()がとっても便利で、オススメです。 暗算、特にお釣りの計算が苦手な人間なので、お釣りの計算ができるレジアプリを探して、この即売レジに行き着きました。 個人的オススメポイントは、• 預かり金額が頒布価格ちょうどのときは預かり金額を入力せずに「完了」をタップすればOK。 会計画面では縦置き、横置き、どちらでもOK。 と、こんなところでしょうか(ここにピックアップしていない機能もあります)。 例えば、会計画面はこんな感じ(横置きの場合。 縦置きも可能)。 このように、表紙イメージなどの登録した画像をタップするだけで簡単に計算できるアプリです。 頒布物の種類が多かったり、頒布価格がワンコインやキリのいい数字ではなくお釣りが出ることの多いサークルさんにオススメです。 設定画面などの下部に広告が表示されますが、会計画面には広告はありません。 設定 上の図が起動した画面です。 右上の歯車アイコンをタップすることで設定ができます。 設定画面右上の?マークアイコンをタップすると設定のヘルプを参照することができます。 設定項目の一部を紹介しますと、 金額入力形式 会計画面での金額入力形式は、【金額ボタン】と【電卓ボタン】のどちらかを選択できます。 販売画面ヘッダー 販売画面の上部(ヘッダー)に販売実績や年齢確認を表示させることができます。 年齢制限のある本を頒布するサークルにはありがたい機能です。 ヘッダーの表示例は以下の通り。 アイテム管理 イベント前の準備として、予めアイテムを登録しておきましょう。 アイテムの登録は【アイテム管理】から。 アイテムセットは3つあり、1セットあたり40種の登録ができます。 会計で複数のセットを同時に使用することはできません。 グレーの四角をタップしてアイテムを登録していきます。 画像の四角の部分をタップすると画像の登録ができます(任意)。 スマホやタブレットに保存した表紙のイメージ画像を選択したり、カメラを起動させてその場で撮影した画像を登録することもできます(画像の準備を忘れてしまっても当日スペースに届いた本を撮影すればいいですね)。 販売 販売開始 のように、アイテムボタンをタップすると選択されたアイテムが青枠で囲われます。 お買い上げのアイテムすべてを選択し終えたら、右下の会計ボタンをタップします。 会計画面でお預かり金額を入力するとお釣りが表示されます(上図は【金額ボタン】の場合)。 最後に右下の【完了】をタップすれば会計は終了です。 預かり金額がちょうどでお釣りがなく、お釣りの計算が不要の場合はマイナス表示になっていますがそれを無視して、何もせずにそのまま【完了】をタップすればOK。 買い手さんも予め小銭を用意してピッタリちょうどの金額を出してくれることも多いですよね。 販売終了 右上の、点が3つ縦に並んでいるようなアイコンをタップすると【販売終了】ボタンが表示されますので、この【販売終了】をタップすれば、最初の起動画面に戻ります。 販売記録 設定画面で【販売記録】をオンに設定していると下図のようにCVSファイルに記録されます。 このファイルはPCや他のデバイスと共有することができます。 お品書き画像の作成 アイテム管理画面の右上、点が3つ縦に並んでいるようなアイコンをタップし、【お品書き画像を作成】をタップします。 下図のようなお品書き画像が簡単に作成できます。 シンプルな画像ですが、TwitterなどのSNSでのPRにもちょうどよいのではないでしょうか。 アイテムセットのアップロード・ダウンロード アイテムセットのデータを一時的にサーバにアップし、別のデバイスなどへダウンロードすることができます。 たとえば、会計口が複数必要な場合はまず1つのデバイスでアイテム登録を行い、そのデータを一時サーバにアップして、他の人が持つ別のデバイスにダウンロードできます。 ) アイテム管理画面の右上、点が3つ縦に並んでいるようなアイコンをタップし、【このセットをアップロード】をタップします。 ダウンロード時に必要となるパスワードを設定します。 送信ボタンをタップします。 ダウンロードIDが発行されるので、控えておきます(枠内をタップするとコピーされるという親切設計)。 アイテムセットデータをダウンロードしたい端末から【このセットをダウンロード】をタップします。 ダウンロードIDとパスワードを入力し、【受信】ボタンをタップします。 これで、アイテムセットデータが簡単に他の端末へコピーできます。 以上が即売レジの使い方になります。 表紙画像は()を利用して作成しました。

次の