宝くじ を ネット で 買う。 【図解】宝くじのネット購入便利過ぎぃぃぃ!!世界一わかりやすく買い方を説明します

宝くじ(ロト・ナンバーズ)をネットで購入!

宝くじ を ネット で 買う

連番、バラ、縦バラとは? 宝くじには「連番」「バラ」「縦バラ」のような購入方法があります。 それぞれの購入方法の特徴を紹介します。 「連番」で買うと、組は同じで連続した番号の宝くじ買うことになるので、1等の前後賞を狙いたいときによく使われる買い方です。 「バラ」で買うと、組も番号もバラバラの宝くじを買うことになるので、前後賞は狙えませんが、1枚1枚宝くじを照合する楽しみがあり、組違賞を狙うこともできます。 「バラ」でも10枚単位で購入すると末尾は『0~9』となるので、下一桁で当せんするくじが1枚は出ることになります。 バラでの購入でも前後賞を狙うために「縦バラ」という買い方が使われます。 同じ組数と番号が連番になるようにバラを選んで買うことで、中身の宝くじが全て組と番号が連番になるようにする買い方のことです。 20枚の購入も可能ですが、通常30枚単位で買われる場合が多いようです。 「縦バラ」は非常に複雑な買い方であるため、規模の小さい宝くじ売り場では対応できない場合があります。 出典: 宝くじ初心者のための基礎知識 ダブルってなに? ダブルとは、宝くじの購入方法のことです。 ユニット違いで、同じ組・同じ番号のくじを購入することを言います。 例えば「ダブル連番」の場合、 17ユニット 12組 109710、 12組 109711、 12組 109712・・・ 25ユニット 12組 109710、 12組 109711、 12組 109712・・・ という買い方になります。 「ダブルバラ」の場合は、 17ユニット 12組 109715、 08組 11983、 47組 128347・・・ 25ユニット 12組 109715、 08組 11983 47組 128347・・・ という買い方になります。 ユニット違いで同じ番号を買うことで、当せんした場合には賞金が2倍になるというメリットがあります。 ユニットってなに? ユニットとは、主にジャンボ宝くじで用いられます。 宝くじの販売側にとっては、ユニット(塊)を調整させることによって、宝くじの販売枚数をコントロールすることができますし、ユニットを増やすことで発売できる枚数が増えるので、売り切れになるということを防ぐことができます。 1ユニットごとに必ず1等の番号が入っているので、74ユニット販売された場合は、1等の番号が74個あることになります。 2006年の年末ジャンボ宝くじは、「億万長者が370人!」というキャッチコピーで販売されました。 出典: 宝くじガイド.

次の

宝くじをスマホやPCからネットで買う方法(取り扱いサイト一覧)

宝くじ を ネット で 買う

宝くじを購入するときは、普通であれば町や駅構内などの宝くじ売り場で購入することが多いでしょう。 でも、今はネットでの宝くじ購入も整ってます。 というのも、以前はジャンボ宝くじを購入しようとすれば、みずほ銀行「ラッキーライン」での購入のみでした。 そしてロト系、ナンバーズ系の数字選択式宝くじは、みずほ銀行はじめ楽天銀行やジャパンネット銀行などのネット口座があると購入が可能です。 しかし 2018年10月より宝くじ公式サイトでネット購入ができるようになり、ジャンボ宝くじをはじめ通常宝くじやブロックくじなども購入が可能になったんです。 しかも購入ごとに特典があったりとか、クレジットカード購入がついにできるようになったりして、今まで以上にお得に便利になりました。 でも「宝くじのネット購入って当たらないんじゃないの?」って思っちゃう人も多いと思うんですね。 現物がないし、操作されてるんじゃないかと疑ってしまう人もいるかもしれません。 でも、ネット購入でもしっかりと当たっている人はたくさんいます。 その当選実績も公表されているので、そちらをまとめてみました。 特に当たらないという印象はないですよね。 ネット購入でもしっかりと当選者は出ています。 ジャンボ宝くじ1等でいうと、2016年の全国第694回ドリームジャンボで1等5億円が1本でています。 宝くじ公式サイトのネット購入当選者 宝くじ公式サイトでもジャンボ宝くじの販売がありますが、こちらでも2018年年末ジャンボで1等の当選者がいるようです。 ネットでの購入者もたくさんいますので、こういった当たりがよく見られます。 購入者が多い分当たりも出やすいんでしょうけど、ネットで買える環境があるならこれはこれでアリだと思います もちろんジャンボ宝くじだけでなく、ロト7やロト6などの数字選択式宝くじでも高額当選者は表れているようです。 こういう羨ましいことも良く起きているようですが、数字選択式宝くじだと操作しようにも難しいんじゃないでしょうか。 宝くじのネット購入で当たった人の実績 みずほ銀行のラッキーラインに限りますが、例えば2017年度に宝くじラッキーラインで購入した人の中で当たった実績で1千万円以上の高額当選者は ジャンボ宝くじ、全国通常宝くじ、ブロック宝くじで11本(合計3億2千万円) 数字選択式宝くじで19口(合計1,061,102,500円) このような実績になっています。 この宝くじラッキーラインでの当たった内訳について2017年度のものをまとめてみました。 回号 種類 抽選日 等級 当選金額 本数 全国第719回 ドリームジャンボ ミニ1億円 2017. 8 1等 1億円 1本 全国第724回 サマージャンボ ミニ1億円 2017. 20 1等 1億円 1本 第2542回近畿 夏・キラキラくじ 2017. 31 1等 6,000万円 1本 第2542回近畿 夏・キラキラくじ 2017. 31 1等 前後賞 1,000万円 2本 全国第731回 年末ジャンボ 2017. 31 2等 1,000万円 2本 全国第732回 年末ジャンボ ミニ 2017. 31 2等 1,000万円 2本 まあ、普通の宝くじ売り場で購入しても、そんなにバンバン1等当選を出しているところなんて少ないですよね。 でも普通に高額当選のクジは出ているので、特別ネットが当たりにくいなんてことは無いんじゃないでしょうか。 スポンサードリンク ロト系のネット購入当選実績 回号 種類 抽選日 等級 当選金額 口数 第906回 ミニロト 2017. 17 1等 19,387,700円 1口 第1145回 ロト6 2017. 2 2等 33,835,800円 1口 第1157回 ロト6 2017. 16 2等 16,203,700円 1口 第1168回 ロト6 2017. 24 2等 14,103,000円 1口 第920回 ミニロト 2017. 25 1等 12,658,300円 1口 第210回 ロト7 2017. 28 1等 81,938,200円 1口 第1172回 ロト6 2017. 8 2等 12,203,400円 1口 第922回 ミニロト 2017. 9 1等 18,147,700円 1口 第1173回 ロト6 2017. 511 1等 245,503,400円 1口 第213回 ロト7 2017. 19 1等 221,975,000円 1口 第1176回 ロト6 2017. 22 2等 13,642,400円 1口 第1187回 ロト6 2017. 29 2等 11,730,300円 1口 第1191回 ロト6 2017. 13 2等 16,228,300円 1口 第935回 ミニロト 2017. 8 1等 17,283,400円 1口 第1212回 ロト6 2017. 25 2等 18,797,200円 1口 第955回 ミニロト 2017. 26 1等 13,043,900円 2口 次はロト系のネット購入での当選実績です。 ロト系に関しては毎週行われるので当たる人も多くなっています。 そして「何か当たりが操作されてるんじゃないか?」と勘ぐってしまう人でも、ロト系ならしっかりと数字を自分で選び、抽選番号もしっかりと出るのでそんな疑いの心配もありません。 実際に結構な数の1等が出ていることからもわかるように、ネットの購入で当たらないという事はないでしょう。 スポンサードリンク 宝くじをネットで購入したときの当選確率は? 宝くじをネットで購入したとき、当選確率が変わったりするんだろうか? そんなことを考えるかもしれませんが、 ネットでも現物でもその当選確率が変わることはありません。 賞金額はその時の宝くじの種類によって変わりますが、だいたい3億円前後で年末ジャンボなら7億前後です。 また数字選択式宝くじでは、• 特に数字選択式宝くじなら、当選確率はネットで買おうが現物で買おうが疑いの余地はありませんよね。

次の

ネットで宝くじを買う方法!使えるクレジットカードの種類や手順!

宝くじ を ネット で 買う

宝くじが公式サイトで買えるって知っていました? なんだか並ぶのが恥ずかしいと思っていたので ネットで購入してみたんですが便利過ぎました!! ネットでの購入はポイントが貯まったり、当選金が自動で振り込まれたり、お得&ラクチンです。 ネット購入のメリット・デメリットについて徹底解説しています。 ネット購入が億万長者への近道かもしれませんよ!! 宝くじをネットで買うメリットってなに?• 店舗に行く必要がなくなる• 宝くじポイントとクレジットカードポイントがダブルで貯まる この2点が大きなメリットです。 店舗に行く必要がなくなる まず購入時に店舗に行く手間が省けます。 当たると噂の店では1時間以上の行列なんて当たり前ですし、普通の販売店でも最終日は結構並んでいます。 ネット購入だと24時間好きな時に購入可能。 販売店の営業時間を気にせず買えるので超便利!! そしてネット購入なら 当選金の受け取りのために店舗に行かなくてもいいんです。 末等の300円の換金ってすごい面倒じゃありませんか?なんか持っていったら負けた気持ちになるし(笑) ネット購入の宝くじの当選金は自動で口座に振り込まれます。 ある日1億振り込まれていた!!なんてことも。 完全に店舗に行く必要がなくなるのでかなりおすすめです。 宝くじポイントとクレジットカードポイントがダブルで貯まる ネットで宝くじを購入するにはクレジットカードが必要です。 今までは現金で買っていてクレジットカードポイントが付きませんでしたが、 ネット購入ならクレジットカードが使えます。 そしてさらにスゴイのが 宝くじポイントという独自ポイントが貯まります。 これは100円につき1ポイント貯まり宝くじの購入に1ポイント1円で使えます。 塵積な話ではありますが10万単位で買う人は ネットで購入しないと文字通り損ですよ!! ネット購入のデメリットってあるの? ネット購入のデメリットはほぼないと言っても過言ではないです。 ただ ネット購入した場合、紙の宝くじが自宅に届くわけではありません。 上写真のようにマイページに自分の購入した宝くじの番号がズラッと並んで表示されます。 新聞と紙の宝くじを見比べて当選確認をするという宝くじの醍醐味は失われてしまいますね... ネット購入組は新聞とスマホとのにらめっこになります。 なんなら当選金は自動で振り込まれるので確認する必要すらありません。 なんとなく宝くじのワクワク感が少しだけ損なわれている気がするというのが唯一のデメリットです。 A店は50枚販売 B店は950枚販売 どっちのお店で買ったほうが当選確率は高いですか? B店のほうが当たりの入っている可能性が高そうじゃありませんか? 確率論の話をすればどこで買っても同じなんですが... そもそも確率論の話をし始めたら宝くじを買わないほうが一番賢いって結論になっちゃいますし... 当たりやすいと噂の売り場に長時間並んでいる人の心理としては 「1等がない確率のほうが高い小規模な店舗で買うよりも、1等があるかもしれない大規模な店舗で買うほうがいい」というロジックがあるんです。 つまり「よく売れる売り場で買いたい」というのが宝くじを並んで買う人の気持ちです。 そのために何時間も並んで買うんですが、そんなものは過去のものになると思っています。 なぜなら今後はネットが一番売れる店舗になるからです。 買いが集中すればジャンボ宝くじは毎回ネットから1等が1人出るなんてことになるかもしれませんね。 5年前に一度2等が出た家の近くの売り場よりネット購入のほうが当たりそうじゃないですか? 宝くじをネットで購入するメリット・デメリット徹底比較まとめ 正直、宝くじをネットで購入しない理由がないです。 ポイントがたまるので確実にお得ですし、手間も少ない。 地方の人は大きな売り場がないと思うのでそういった意味でもネット購入がおすすめです。 遅かれ早かれネットが日本一の売り場になるでしょう。 なんでネットで買えないのか疑問だったのでこれはイイ改革ですね。 公式サイトなので安心して利用できます。 いやぁ億当たったらどうしますか? それを考えただけでワクワクできるのが宝くじのいいところ。 さあ夢を見よう FODプレミアムおすすめポイント• フジテレビのドラマ、バラエティ、アニメが圧倒的ラインナップ• 雑誌読み放題が熱すぎる• 月額888円で毎月1300円分のポイントがもらえる マンガの購入に利用可能 FODプレミアムは映画ドラマが見れるだけではありません!! 最新の雑誌も読み放題です。 ラインナップは100冊以上。 ジャンル 雑誌名 週刊誌 FRIDAY、FLASH、SPA! 、週プレ、週刊現代、女性自身、女性セブン etc. ビジネス・経済 週刊東洋経済、週刊ダイヤモンド、週刊エコノミスト、ダイヤモンドZAi etc. ライフスタイル Pen、Tarzan(ターザン)、Begin、WIRED、週刊プロレス、サッカーダイジェスト、家電批評、Hanako ハナコ etc. *ほんの一例です FODは月額888円なので毎月雑誌を買う人は動画見放題のFODに切り替えがおすすめです。 \FOD を 2週間無料 で楽しむ/.

次の