コロナ 次 亜 塩素 酸 水 有効 性。 次亜塩素酸水を手指に?厚労省のコロナウィルス有効濃度ppm

季節性ウイルスや口臭・歯周病予防に期待が出来る次亜塩素酸水とは|荻原歯科医院

コロナ 次 亜 塩素 酸 水 有効 性

「次亜塩素酸水」が保留された 独立行政法人 製品評価技術基盤機構 略称:NITE は、家庭や会社で使うための、新型コロナウイルスに有効な消毒方法を探しています。 先日は、台所用洗剤に含まれる「界面活性剤」による殺菌効果を確認して公表しました。 しかし、「界面活性剤」に続いて検討が進んでいた「次亜塩素酸水」については、「今回の委員会では判定に至らず、引き続き検証試験を実施する」として保留されてしまいました。 「次亜塩素酸水」は、一般的な除菌剤として、よく流通している製品です。 それが判定を保留された、つまり有効性が確認できなかったというのは、意外な結果です。 いったい何が理由で「次亜塩素酸水」の効果は公認されなかったのでしょう。 検討委員会が公開した資料をもとにして、確認してみましょう。 機能を保障する数値が書かれていない NITEの検討委員会の事務局が、判定のためのに用意した資料を読むと、判定が保留された理由が推測できます。 まず、「販売実態について」から紹介します。 最初の前提として、「次亜塩素酸水」を含む製品は、「製法」「原料」「有効塩素濃度」「酸性度」の4つが明記されていないと、どれぐらい有効な製品なのかがわかりません。 しかし、実際の製品については、それらが明記されていない製品が多数あります。 それらは、「次亜塩素酸水」を含んでいると言っていますが、実際に、どれぐらいの濃度なのかもわからないというわけです。 先日、アルコールを含む除菌製品で、「アルコール度71%」と言いながら、実際はアルコール濃度が低い製品が摘発されましたが、それと同じような状態なのです。 「噴霧」したときの危険性が明記されていない もう一つ、NITEが指摘している問題点があります。 それは、人がいる場所で、「次亜塩素酸」等の噴霧をすることを認めるような表示がされていることです。 少なくとも、その危険性を警告する表示が欠けています。 「次亜塩素酸水」を噴霧することは危険です。 もちろん、人に用いてはいけません。 例えば、この件についてWHO 世界保健機関 は、次のように警告しています。 「COVID-19 注:新型コロナウイルス について、噴霧や燻蒸 くんじょう による環境表面への消毒剤の日常的な使用は推奨されない」とする。 さらに、「消毒剤を人体に噴霧することは、いかなる状況であっても推奨されない。 これは、肉体的にも精神的にも有害である可能性があり、感染者の飛沫や接触によるウイルス感染力を低下させることにはならない」としている。 つまり、消毒薬を噴霧することは、危険なのでやってはいけないと言っています。 同じ注意は、日本の厚労省をはじめ、米国疾病予防管理センター CDC や中国国家衛生健康委員会からも発せられています。 つまり、「噴霧」をしてはいけないと統一見解があるにも関わらず、商品には、その危険性を知らせる表記がないのです。 同じように、「次亜塩素酸水」を酸と混ぜたり、長期間保管していると、塩素ガスが発生する危険があります。 しかし、それについても警告がありません。 「次亜塩素酸水」以外に有効な手段がある NITEの資料を読むと分かるのは、「次亜塩素酸水」を名乗る製品の多くが、その効能を証明するための基本的な情報を欠いていることです。 実際に、科学的な実験を行なっても、新型コロナウイルスへの効果が確認できませんでした。 これでは、NITEが「次亜塩素酸水」を推奨するのをためらってしまうのも理解できます。 もし、あなたが「次亜塩素酸水」を含む製品を購入するときは、次の2つの点が書かれていることを確認してください。 「次亜塩素酸水」に対する「製法」「原料」「有効塩素濃度」「酸性度」の4つの情報が明記されている• 「噴霧」や「酸との混合」の危険性を知らせる注意書きがある それが無い製品は、アルコール度数が書かれていない「アルコール殺菌剤」と同じで、信頼できる製品とは言えません。 それに、消毒が目的であれば、すでに効果が証明されている選択肢が他にあります。 例えば、「界面活性剤」は家庭用洗剤を、「次亜塩素酸ナトリウム」は漂白剤を薄めるだけなので、潤沢かつ安価に手に入ります。 なんとなく効きそうというイメージだけで、わざわざ効果が不明な製品を選ぶ必要はありません。

次の

コロナ禍で注目の消毒液「次亜塩素酸水」は本当に有効? 噴霧による安全性確立されず…似た名前「次亜塩素酸ナトリウム」は危険 (1/2ページ)

コロナ 次 亜 塩素 酸 水 有効 性

スポンサーリンク マスク品薄状態も解消されつつあり、アルコール除菌のスプレーやウエットティッシュなども普通に買えるようになってきましたね。 数日前にもニュースになった【次亜塩素酸水】ですが、コロナに効き目がないという内容でしたが、よく読んでみると『次亜塩素酸水の検証はまだ』という後付けの部分もあり、ツイッターでは賛否両論の声が多くあがっていました。 ウイルスや菌を除菌できて、しかもネット通販で簡単に安価に購入でき、現時点でも適正価格で販売されている【次亜塩素酸水】。 厚生労働省はこの【次亜塩素酸水】を『次亜塩素酸ナトリウムとの同義性』を説明するとともに、細菌やウイルスに対して殺菌効果のある除菌水(食品添加物)としてさだめています。 一番気になるのは『コロナウイルスに効果ある?』『手の消毒できるのか?』ということですよね。 今回は次亜塩素酸水で手の消毒大丈夫?アルコール除菌より強力でコロナウイルスにも効果ある?をお届けしていきたいと思います。 スポンサーリンク 次亜塩素酸水で手の消毒大丈夫?アルコール除菌より強力でコロナウイルスにも効果ある? 厚労省によると、次亜塩素酸水は食塩水を電気分解したもので、塩素系の漂白剤などを水で薄めて作る次亜塩素酸ナトリウムとはまったく別のものだが、同等以上の殺菌効果が得られるとのこと。 体内に入っても問題ないが、光に弱く消費期限があるという欠点がある。 — あいひん RapelTheBabylon 次亜塩素酸水とは? 新型コロナについて、次亜塩素酸水の効果が確認されなかったことが話題だけど、同じNITEが先週金曜日に発表したのも結構大事な内容なのに、あまり報道されていないような…。 家庭洗剤の主成分などとして、ごく一般的に使われている界面活性剤が、新型コロナウイルスに有効であることが確認されました。 — よごれん yogoren 次亜塩素酸水は食塩水を電気分解したもので、塩素系の漂白剤などを水で薄めて作る次亜塩素酸ナトリウムとはまったく別のものですが、 同等以上の殺菌効果が得られるとのことです。 体内に入っても問題ないですが、ただ欠点があり、 光に弱く消費期限があります。 次亜塩素酸水は身体に害がないのでイベント会場などで霧として出すことで空間を除菌する効果が認められるということで、イベント実施を迷っている道内の自治体から相談も来ているようです。 コロナには効果は定かではないということですが、アルコールでは除菌できないノロウイルスなどのウイルス系には効果があるということで、病院や店舗などでは以前から使用されています。 ペットや赤ちゃんにも使えるということで、安全で効果はアルコール除菌より強力ということもあり、ネット通販では売り切れが早くも出てきているところもあります。 アルコール除菌は手荒れが心配されますが、次亜塩素酸水は皮膚の弱い方でも安心して使え、殺菌効果はアルコール除菌より強力ということです。 どこで買えるの? ネット通販だと大容量のものが安価で購入できるので、自分で用意したボトルに詰め替えて使用している人が多いようですね。 ただ、 開封してしまうと1ヶ月ほどしかもたないので、あまり使用頻度が少ない方などはスプレー式になっているものを選んだほうが良いかもしれませんね。 楽天の通販は口コミ評価が高く、安価なものが揃っている印象でしたね。 その中でも特に口コミ評価が多くあがっているものを紹介します。 私は手指の消毒だけではなく、ドアノブやテーブルなどの硬いものにシュッシュッと吹きかけて使用しています。 新型コロナやインフルエンザ、ノロウイルスなどの殺菌に効果的です。 ハイターなど(アルカリ性)と違い、次亜塩素酸水は酸性で、人体への影響はまずありません。 (食品添加物としても使われています。 ・有効性未確認。 ・手指に使用の場合は、濃度に要注意。 ・空間への散布はNG。 人体に影響有。 何しろ、PBFDの鳥の隔離時に殺菌剤として用いる事の出来るレベルですから、それくらいの効果はあると言う事です。 体内に入っても問題ないが、光に弱く消費期限があるという欠点がある。 — あいひん RapelTheBabylon.

次の

新型コロナウイルスに効くのはアルコールより微酸性次亜塩素酸水。

コロナ 次 亜 塩素 酸 水 有効 性

製品評価技術基盤機構 NITE は5月29日、新型コロナウイルスの感染拡大対策として、アルコール以外の消毒方法の有効性に関する検証試験の結果、次亜塩素酸水については、2020年5月29日時点では有効性が確認できていないことを明らかにした。 次亜塩素酸水は、除菌用のアルコールが不足している事業者などが代替品として利用することが増えてきているが、NITEでは液体の販売においては、製法や原料、次亜塩素酸以外の成分などが明記されていないものが多いほか、製造日および使用可能期間、使用可能期間中における次亜塩素酸濃度の低減なども明記されていないものが多いことが確認されたという。 また、安全性については、食品添加物や医薬品としての次亜塩素酸水と同等の液性・濃度であることだけを根拠として安全性をうたっているものがあったり、人がいる空間での次亜塩素酸などの噴霧によるウイルス対策について、新型コロナに関してはWHOや米国疾病予防管理センター CDC 、中国国家衛生健康委員会などの複数の衛生当局が推奨しておらず、また国際的に確立された評価方法が見当たらないこと、次亜塩素酸水の噴霧が新型コロナ対策として有効とされる換気やソーシャルディスタンスなどの手法よりも有効とされる分析も発見されていないこと、噴霧によって生じた液滴中の遊離次亜塩素酸そのものの人体への安全性に関する確立された評価方法が存在していないこと、実際に空間噴霧を行った結果による健康被害と思われる事例が事故情報データバンクに届いていることなどが指摘されている。 NITEが公開している次亜塩素酸水の販売実績、空間噴霧に関するファクトシートの一部。 随時更新が行われていく予定となっている 出所:NITE Webサイト なお、NITEではら国立感染症研究所ならびに北里研究所と共同検証試験を行っており、その結果として、5月29日時点で、以下の7種類の界面活性剤が新型コロナウイルスに対して有効であるとしている。 直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム 0. アルキルグリコシド 0. アルキルアミンオキシド 0. 塩化ベンザルコニウム 0. 塩化ベンゼトニウム 0. 塩化ジアルキルジメチルアンモニウム 0. ポリオキシエチレンアルキルエーテル 0. ただし、これらについては、あくまで身近なものの消毒用としており、手指や皮膚には使用しないようにNITEでは呼び掛けている。 予めご了承ください。 関連記事•

次の