ウイイレ アプリ 2019 監督 おすすめ。 【ウイイレアプリ2020】監督を選ぶ2つのコツ!おすすめの監督の基準!

【ウイイレアプリ2020】最強監督ランキングTOP10【最新版】|ゲームエイト

ウイイレ アプリ 2019 監督 おすすめ

リンク ブログをみてくださり、ありがとうございます。 つきご()ともうします。 監督・戦術選びのおすすめ ~相手に合わせていく戦術~ 戦術面においては相性がある 今回は、私の監督・戦術選びについての考えについてです。 私の考えとして、 監督・戦術を選んでいくということの重要性は、プレイヤースキルと同じくらい大切なことだと考えております。 サッカーというスポーツにおいても 戦術面において相性があると考えております。 下記の記事で監督まとめてあります。 選手の配置である フォーメーションに相性があるのではなく、どういった戦術を使うのか、ざっくり言うと、 ポゼッションサッカーなのかカウンターサッカーなのかとか、引いて守るのか、アグレッシブに獲りにいくのかとか、そういった選手の動きに関することになります。 プレイヤーの操作スキルに差はない ウイニングイレブン2019での対人戦では、よほどのことがない限り、選手個人の能力値というのは大きく差がありません。 チーム力レベルが同じ方と対戦する機会が多いはずです。 また同じレート帯では、 プレイヤーの操作スキルも大きな差があるとはおもっていません。 仮に、同じようなチーム力で、同じプレイヤーの操作スキルの人同士が対戦した場合、やはり 作戦・戦術的に相性として優位に立てたほうが、アドバンテージが取れると考えているからです。 試合をしながら柔軟に対応していく とはいえ、すべての監督のサブ戦術も含めて、頭に入っているわけではありません。 また、操作する方によって中央攻めが得意な方や、サイド攻撃が得意な方と、様々なので、 試合をしながら柔軟に対応していくことが求められるわけです。 攻守レベル切り替えも大きなポイントです。 私の基本的な考えとしては、 どのような戦術やコンセプトの相手と対戦することになっても、相性が良くなるよう対応できる、という考え方ベースにスカッドを組んでいくことにしております。 それでは、私の監督・戦術選びにおいての考え方をご理解いただけたところで、今現在のスカッドを監督・戦術面において紹介させていただきます。 ただし、今回は対戦相手の監督・戦術に対してどのようにこちらが反応して、戦術を選定していくかという話で、監督それぞれの戦術面の解説などは、別の記事で解説させていただきます。 戦術プラン1 ディエゴ・シメオネ 4-2-2-2 この戦術の使うときは、相手が4-3-3のときで、ポゼッションサッカーしてくるときに選定します。 私の場合ですと、とにかく ユルゲン・クロップ監督のようなタイプには抜群に相性がいいです。 ハイプレスをかけてきて、こちら側の陣地でボールを奪ってからカウンターを仕掛けてくるようなタイプで、前線が3枚の相手のときです。 クロップ監督相手には、シメオネの守備(リトリート:アグレッシブ)は本当によく効きます。 とにかく、相手にシュート機会をつくらせることがすごく少なくなります。 私、個人的にもクロップが相手なら、格上でも負ける気がしません。 (というか、 レート上位の方って、クロップつかってませんねw) また、 相手がシメオネ監督のときも、使用するときがあります。 ミラー戦術です。 ミラー戦術ですと、プレイヤースキルがウエイトを占めることになりますので、格上でない限りは使用するようにしています。 シメオネ監督の攻撃コンセプトは中央ですが、 サイドハーフを使ってサイドから崩してくる傾向が多いので、こちらは、 サイドバックの攻撃参加を極力減らすようにして、しっかり守りから入って、カウンターを狙っています。 守り負けしないように心がけています。 戦術プラン2 ファーティテリム 4-2-3-1 テリム — つきご@ウイイレ サッカー tukigo778 この戦術も、相手が4-3-3のときによく使います。 5人も中盤にいますので、相手に比べて、 中盤の人数が多いことで、ゲームを支配しやすく進める事ができると考えてます。 特に相手が攻撃エリアをサイドを得意としてくる場合ですかね、 セシリオトゥナルやジネディーヌ・ジダンなどです。 サイドにマンマークをつけて、フォアチェックで守るとガンガンと攻撃の芽を詰んでくれます。 私の中では、これがかなりハマってます。 私はうまく使いこなせないフェルナンド・サントス戦術を対戦相手の方々が使いこない、またそれをシメオネ監督では全然ふせぐことができなくて、本当にいろいろ試した結果、ここに今のところは落ち着いております。 こちらもフォアチェックアグレッシブで、 相手以上にハイプレスして、最終ラインの裏に放り込んでいくという形で今はやっております。 また別の機会で選手の先行についても記載させていただことうと考えてますが、このやり方の大きなデメリットとしては、例えば、「戦術プラン1のときしか使えない選手」とかはどうしても、選考外になってしまいますので、選手の選択肢がグッと狭まります。 ただし、それぞれの戦術プランは、試行錯誤したので、だいたい同じくらいの割合で使ってます。 ですので、ベンチを温め続ける選手ってのは、そんなにいません。 当然、ライブアップデートの影響で毎週毎週、やりながらもスカッドは日々組み替えています。 とはいえ、ここ2ヶ月位、レートも勝率も上げることなく下げることなく結果として成長していない、今日このごろですw 「スペイン」で指導する現役指導者が基本から実戦方法までわかりやすく解説してくれています!.

次の

ウイイレ2019のおすすめフォーメーションや監督コンセプトの紹介

ウイイレ アプリ 2019 監督 おすすめ

ムバッペの突破力とグリーズマンの飛び出しでバランスが良いですね。 キープしてタメを作りましょう。 ウイイレアプリ2020は個人の選手で点を取るより、 チームで相手を崩して点をとらないといけません。 なので、シンプルではなく、 多彩さをもっていたほうが点とりやすいです。 CFに点をとらせようという意識ではなく 中盤に点をとらせるという意識でも全然いいと思います。 ですね。 ウイイレアプリ2020では今までより、緻密に相手を崩していかないとゴールが奪えないようになっています。 そのため強烈なミドルなど打ってしまうと、かなりもったいない!ということになってしまいます。 ボールをキープしてタメて周りの選手を走らせてフリーの選手にパス。 それを繰り返していって抜け出してシュートする! という戦法が有効です。 なのでいかに体をいれてキープして、安定した体制でフリーの選手にパスできるかが大事ですよね。 フェルナンドサントス監督はOMFでトップ下に選手を配置できます。 トップ下にボールが入ると360度にパスを出せるので攻撃をビルドアップしやすいです。 パスコースがないなら絶対に無理はせずボールを戻しましょう。 この無理なら戻して立て直す所作がウイイレアプリ2020ではかなり有効です。 ガリガリ攻めずに攻撃サイドを揺らしたりすることで相手を撹乱するのが大事ですね。 フェルナンド・サントス監督のアンカーはDMFではなくCMFをおくと強い 出典ウイイレアプリ2020 フェルナンド・サントス監督のアンカーはDMFではくCMFを配置するといいです。

次の

ウイイレ2019のおすすめフォーメーションや監督コンセプトの紹介

ウイイレ アプリ 2019 監督 おすすめ

多種多様なスマホアプリが存在する昨今。 中には、PlayStationや任天堂のゲームがスマホアプリとなって登場するものもある。 今回はそんなアプリの中から、スマホ版「ウイニングイレブン」の紹介をしていこう。 スマホでウイイレができる!? サッカーゲームファンなら知らない人はいないほどの人気作品「ウイニングイレブン」、通称「ウイイレ」。 そんなウイイレがスマホアプリとなって登場したのは、2017年。 毎年大型アップデートを施し、常に最新の選手を扱える。 スマホ版ウイイレの操作方法とは では、家庭用ゲーム機であればコントローラーで操作する選手をスマホだとどのように操作するのか。 その操作方法は「クラシックモード」と「アドバンスモード」に分かれる。 クラシックでの操作は、画面に「パス」や「シュート」のボタンが表示されるので、そのボタン通りに操作するだけの、初心者向けのもの。 アドバンスは、フリックでパス、ダブルタップでシュートなど、スマホに合わせた操作方法ができるモードだ。 いつでも好きな操作モードに変更できるので、自分がやりやすいほうで行うのがいいだろう。 選手のランクを分ける色がある! ウイイレでは、実在するサッカー選手を扱うのだが、選手の強さによってランクが分けられている。 下から順に「白・銅・銀・金・黒」だ。 世界的に有名な「メッシ」や「クリスティアーノ・ロナウド」は黒ランク。 あまりサッカー選手に詳しくないという人は、とりあえず黒ランクの選手を扱うといいだろう。 「FP」「レジェンド」ってなに? ウイイレには、独自に「FP」「レジェンド」という選手を設けている。 FPとは、その時調子のいい選手が、通常の能力よりも高い数値で登場するもの。 レジェンドとは、その名の通り、過去にサッカー界の歴史を作り上げた偉大な選手たちを扱えるものだ。 「ベッカム」や「ロナウジーニョ」といった選手を、現役の選手と共にピッチに送り込める。 スマホ版ウイイレは外付けコントローラーでも操作可能! スマホ版ウイイレは、外付けのコントローラーと接続して操作できる。 また、PlayStation4のコントローラーでも接続できるので、普段そちらでの操作に慣れているという人は試してみるといいだろう。 「スマホ版ウイイレ2020」のおすすめの選手をポジション別に紹介 ここからは、スマホ版ウイイレのおすすめ選手をポジション別に紹介していく。 今回は「FP」や「レジェンド」といった選手は選外とし、通常版の選手の中から選んだ。 あくまで個人的におすすめの選手を選出しただけなので、ご理解いただきたい。 「スマホ版ウイイレ」のおすすめ選手~GK~ まずはGK。 おすすめはマンチェスターシティに所属する「エデルソン」だ。 セービング力などのGKとして大事な能力が平均して高いのに加え、パス精度がほかのGKと比べると群を抜いている。 キーパーからチャンスメイクできるほどの優秀さだ。 「スマホ版ウイイレ」のおすすめ選手~DF~ 続いてはDF。 CBとSBから1人ずつの選出だ。 CBでおすすめの選手 CBの選手でおすすめなのが、昨年オランダの「アヤックス」で大躍進を遂げ、イタリアの「ユベントス」に移籍した「マタイス デ リフト」。 競り合いの強さや安定感はベテランのような存在感があるが、これでまだ20歳の末恐ろしい選手だ。 SBでおすすめの選手 SBでおすすめの選手は、ドイツ代表の「ヨシュア キミッヒ」。 背が高わけではなく、すごく足が速いわけでもないが、すべてのバロメーターが高い水準を誇るバランスのいい選手。 運動量も豊富で安定感が魅力だ。 「スマホ版ウイイレ」のおすすめ選手~MF~ 次はMFの選手。 ボランチと呼ばれるDMF、ピッチのど真ん中で試合を組み立てるCMF、攻撃を司るOMFから1人ずつの紹介。 DMFでおすすめの選手 DMFでおすすめの選手は、世界的強豪チーム「ユベントス」の中盤を後ろからさあさえる「ミラレム ピャニッチ」。 ボランチとしてディフェンス能力がとても高いわけではないものの、パスセンス、精度が抜群に高い。 フリーキックなどのキッカーも任せられる選手だ。 CMFでおすすめの選手 ピッチの中心だけでなく、全体を走り回り、常に自分たちの優位な状況を作り出せる圧倒的なスタミナが魅力の「エンゴロ カンテ」がCMFでおすすめの選手。 2015-2016シーズンに、元日本代表の岡崎慎司らとともに、イングランド・プレミアリーグで強豪たちを退け優勝した「ミラクルレスター」の立役者で、当時の監督からは「いつか自分で上げたクロスに自分で合わせる」といわしめたほどの運動量を誇る。 OMFでおすすめの選手 OMFでおすすめの選手は、「ケヴィン デ ブライネ」。 マンチェスターシティとベルギー代表の攻撃を組み立てるスーパースター。 どこからでも狙えるミドルシュートや、FWの選手を生かすパスセンスなど、攻撃において万能型の選手だ。 「スマホ版ウイイレ」のおすすめ選手~FW~ 残すはFW。 サイドから相手DFを切り裂くWGと、中心でゴールを奪うCFから選出。 WGでおすすめの選手 相手のサイドラインからボールを運び、シュートやクロスで相手を脅かすWGの選手でおすすめなのが、昨年ヨーロッパ最強のチームを決める「チャンピオンズリーグ」で優勝した「リヴァプール」のエース「モハメド サラー」。 圧倒的なスピードと正確な左足を持ち、相手の右サイドから中に切れ込んでのシュートは圧巻だ。 CFでおすすめの選手 最後は、相手のゴールを奪うストライカー。 CFのおすすめは、フランスの強豪「パリ サンジェルマン」に所属する「マウロ イカルディ」。 スピード、パワー、高さとFWに必要といわれている要素を詰め込んだ、点を取るために生まれたかのような選手だ。 現実では素行の悪さがまれに目につくが、ゲームなので関係ないだろう。 「スマホ版ウイイレ」で意外と大切な監督の仕事とは! ウイイレをやる上で意外と大切なのが、監督を誰にするのかという点。 監督によって使える選手コストの上限が決まり、フォーメーションや戦術も変わる。 カウンターサッカーやポゼッションサッカー、3バックや2トップなど自分の好みに合わせた戦術を持つ監督を選ぼう。 文/佐藤 文彦.

次の