スクロール r&d。 エクセルのスクロールロックの設定方法と解除方法

ホイール付きマウスのスクロール幅を変更する方法<Windows Vista(R)>: 6tag.sixdegrees.orgサポート情報

スクロール r&d

スクロールロックの解除方法 キーボードのScrLKキーがある場合 まず、 キーボードのScrLKと書かれたキーを探します。 それがある場合は、それを一度押します。 これでスクロールロックが直ります。 ScrLKはScroll Lockの略です。 キーボードのScrLKキーがない場合 キーボードを探してもScrLKと書かれたキーがない場合、以下の手順でスクロールロックを解除します。 スクリーンキーボードを起動• スクリーンキーボードに表示されるScrLKキーを一回クリック これだけです。 スクリーンキーボードを起動する方法を以下で見ていきます。 スクリーンキーボードの起動方法 スクリーンキーボードは、Windowsに標準的に搭載されている機能です。 画面上にキーボードを表示して、通常のキーボードと同じように操作することができます。 ここではWindows10の場合の起動方法を見ていきます。 いくつかの起動方法があり、どれを選んでも大丈夫です。 デスクトップ左下の検索ボックスで検索 Windows10では通常、 デスクトップ左下の、Windowsマークの右横に 大きな検索ボックスが表示されています。 「ここに入力して検索」と書いてあります。 その 検索ボックスに「スクリーンキーボード」と入力しましょう。 すると、 スクリーンキーボードが検索結果に表示されるので、それをクリックします。 これでスクリーンキーボードが起動できます。 スクロールロックを解除したいので、 ScrLKキーを探して押しましょう。 ファイル名を指定して実行 キーボードの Windowsキー(Windowsのマークのキー)を押しながら、Rを押します。 すると、「 ファイル名を指定して実行」というウィンドウが出てきます。 そこに、 oskとアルファベット3文字を入力して、OKを押します。 これでスクリーンキーボードが起動できます。 ScrLKキーがあるので、それを押しましょう。 スクロールロックがオンになってしまう原因 これでスクロールロックが解除できて、めでたしめでたしですね。 ただ、 そもそもなぜ、スクロールロックがオンになってしまったのでしょうか。 主な原因としては、以下が考えられます。 キーボード上の ScrLKキーを誤って押してしまった• スクロールロックが割り当てられている ショートカットキーを誤って押してしまった 一つ目の理由は分かりやすいですね。 キーボード上のScrLKを間違えて押してしまったということです。 二つ目の理由に関して、ScrLKキーが元々キーボードにない場合はこちらが多そうです。 例えば、 Fn+Sキーにスクロールロックが割り当てられていることがあります。 Fnキーを押しながらSを押すと、ScrLKキーを押すのと同じ効果があるということです。 ファイルの保存のショートカットキーは通常Ctrl+Sキーなので、保存する際にCtrl+Sと間違えてFn+Sを押してしまうことはありそうです。 まとめ スクロールロックを解除する方法を見てきました。 エクセルをよく使う方は、エクセルがいつも通り動かないと焦りますよね・・・。 また同じようなことが起きたら、今後は冷静にスクロールロックを解除してやりましょう。 関連する記事• エクセルのデータから、特定の文字だけを消去したい時があります。 例えば、以下のような商品の価格表があったとします。 この表[…]• エクセルで数値を集計したい時、SUM関数を使いますよね。 でも数値にエラーが含まれていると、SUM関数がエラーになってしまい集計できません。 エクセルで、ある特定の条件に一致するデータの個数をカウントしたい時があります。 そんな時に使えるのがCOUNTIF関数です。 […].

次の

ホームページの画面上をキーボードを使ってスクロールする方法<Microsoft(R)Intenet Explorer>: 6tag.sixdegrees.orgサポート情報

スクロール r&d

ページ内リンクをスムーズスクロールで行いたい場合はどのようにすればよいでのしょうか? jQueryを利用すれば簡単に対応できますが、非jQueryの案件ですと悩みものです。 筆者は12年前にjQuery非依存のスムーズスクロールのJavaScriptライブラリ「」をリリースしていますがお世辞にも今の時代に利用するのに適したライブラリではありません。 今回は2019年に適したスムーズスクロールの方法をご紹介いたします。 CSSでスムーズスクロール もっとも簡単に利用できるのはCSSのみでスムーズスクロールを実装する方法です。 html要素に scroll-behavior: smooth; を適用することでページ内リンクがスムーズスクロールに変化します。 主なブラウザではChrome Android含む とFirefoxのみで、IE11はもちろんのことMS Edge、Safariにも対応していません。 プログレッシブ エンハンスメントとして対応ブラウザにのみ適用できる要件でないと利用は難しいでしょう。 参考: また、すべてのスクロールがスムーズスクロールに変わってしまうのでSPAのようにページ遷移ごとにスクロール位置の調整が必要な場合にスムーズスクロールになってしまい微妙な挙動になってしまいます。 JavaScriptでスムーズスクロール CSSでの制御が要件に合わない場合はJavaScriptで制御することも可能です。 scrollIntoViewでスクロール scrollIntoView は指定した要素が画面内に収まるようにスクロールさせるためのメソッドです。 スクロール位置に設定したい要素に対して実行でき、オプションで behavior を smooth に、 block を start に設定することで先程のCSSと同じような挙動にすることができます。 Element. 主なブラウザではChrome Android含む とFirefoxのみで、IE11はもちろんのことMS Edge、Safariにも対応していません。 メソッド自体は存在するのでエラーにはならないのですがオプションの指定が無視されます。 参考: ただし、というpolyfillパッケージが公開されておりこちらを読み込むことで以下のモダンブラウザでもスムーズスクロールが実現可能です。 import smoothscroll from 'smoothscroll-polyfill'; smoothscroll. polyfill ; 以下がpolyfillを読み込んだバージョンです。 window. scrollでスクロール scrollIntoViewでは細かい制御ができません。 例えば指定した要素の50px上の位置に移動したいなどといった対応ができません。 そういった場合は古くから利用されている window. scroll でスクロールを行います。 window. scroll でもbehaviorオプションが利用できるようになっておりスムーズにスクロールさせることが可能です。 例えば、以下のようにすると目的の要素の50px上部までスクロールして移動が可能です。 getBoundingClientRect.

次の

悪質サイトについて

スクロール r&d

スクロールロックが解除(OFF)の時! 逆にスクロールロックが解除されている場合は、矢印キーを押すと、 選択しているセルが変わっていくのです。 ちなみに「ON」になっている場合は、Excel画面の左下に以下の様に「SCROLLLOCK」と表示されています。 ノートパソコンなどキーボードがコンパクトな場合、 「ScrLK」と省略されていることもあります。 スタート• すべてのプログラム• アクセサリ• コンピューターの簡単操作• スクリーンキーボード すると以下のとおり「スクリーンキーボード」が表示されますので、あとは「ScrLK」をクリックしましょう。 ただしこのショートカットは、 PCのメーカーによって異なりますし、モデルによっても異なりますので、全ての方が使える方法ではありません。 一応、有名どころとしては以下の通りです。 キーボードに付いていればショートカットはわざわざ使用するほどでもありませんが、一応覚えておくと便利です。 外付けキーボードを使っている場合は 「外付けキーボードの仕様」に引っ張られる可能性もありますので、そこは各々で確認してみて下さい。 最後に簡単にまとめておきます。 スクロールロックがONになっていると、十字キー操作した時に、画面がスクロールされる(選択しているセルはロックされる)• スクロールロックがOFFになっていると、十字キー操作した時に、選択しているセルが変わる(画面はスクロールされない)• キーボードに「Scroll Lock」が見当たらないのであれば、スクリーンキーボードを使えば良い• [Fn] キーと組み合わせたショートカットがあるが、メーカー・モデルによっても異なる 以上、参考になりましたら幸いです! スポンサーリンク.

次の