映画 ゲット バック。 ゲットバック

【映画】『ゲットバック』ハリウッド顔負けのロシアの娯楽映画

映画 ゲット バック

解説 「トロイ」「エアフォース・ワン」のウォルフガング・ペーターゼン監督が母国ドイツでメガホンをとったクライムサスペンス。 ボクサーのクリス、広告マンのマックス、売れない役者のペーターがそれぞれ銀行に預けていた金が突然なくなった。 窓口で知り合った彼らは担当銀行員トビアスを拉致して締め上げ、犯人は頭取であることを知る。 3人は頭取に恨みを持つトビアスも仲間に引き入れ、奪われた金を取り返すべく銀行強盗を企てるが……。 出演は「イングロリアス・バスターズ」のティル・シュワイガー、「ガン・ドック」のマティアス・シュバイクホファー、「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」のヤン・ヨーゼフ・リーファース、「小さなバイキング ビッケ」など監督としても活躍するミヒャエル・ブリー・ヘルビヒ。 2016年製作/96分/ドイツ 原題:Vier gegen die Bank スタッフ・キャスト ネタバレ! クリックして本文を読む 役者ペーター家族持ち ボクサークリス夢追い人 広告マンマックス坊っちゃん 投資顧問トビアス童貞 ベアレン銀行 株で失敗した客3人、投資顧問はハメられた。 それで結託するわけね。 あれ出会い系メールなのか 奥さんも協力金のため マッドマックス 女にはわかる どうやってハメる? まさかの不倫相手 友達が身代わりに 170万ユーロ、残りは くせになっちゃったって事? ひとり10万ユーロでええの 宇宙の入れ墨 最後の方端折った感じ 銀行に投資資金を散逸させられた3人組と、その責任を取らされクビになった銀行マンが、銀行に復讐を挑む物語。 アクションやサスペンスではなく、コメディ映画です。 私はBS鑑賞でしたが、映画館で鑑賞すれば、かなり笑える作品だったと思います。 テンポも軽快で、ストーリー展開も良く、また登場人物がしっかりとキャラが立っていて、楽しく鑑賞することができました。 ストーリーや設定も、サスペンスとしては突っ込みどころはありますが、コメディとしては十分。 クライマックスに向けてのもう一展開は見事でした。 ただ、上述の通りBS鑑賞。 映画館で鑑賞すればもう少し高い評価が可能だと思いますが、家で一人で観る映画としては相応しくないかもしれません。 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ソニック・ザ・ムービー」 C 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 「エジソンズ・ゲーム」 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 」 C 2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios Inc. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の

【映画】『ゲットバック』ハリウッド顔負けのロシアの娯楽映画

映画 ゲット バック

注目のレビュー:ゲットバック• 2012-11-02 by 邦画にも当たり外れがあるが、今年の洋画はその度合いが甚だしいように思う。 本作品はB級エンターテインメント映画としても、「粗」が目立つ。 その「粗」の最大級なのが、終盤の「盗み」。 ビルの床って、あんなに簡単に溶けるのかなあ〜 そもそも「重要な部屋」の下に地下通路は無いよなあ〜 「お宝」を手間暇かけて溶かす意味があるのかなあ〜 そもそも、お金が無ければ「銀行から盗もう!」という発想自体が...... 1人がこのレビューに共感したと評価しています。 2012-11-01 by アメリカ作品らしくハラハラして最後はハッピーエンド。 ちょうど良い95分。 前半怖い感じもあったんだけど、ああいう息詰まる役は似合わないと思うんだけど。 後半のようにちょっと情けないお茶目な方がニコラスらしくて好き。 銀行強盗も上手くいきすぎているし、刑事さんもちょっとしたことで推理を働かせているあたりは映画だなあ。 って感じですが、娯楽作品だったら良いんじゃないでしょうか。 1人がこのレビューに共感したと評価しています。

次の

【映画】『ゲットバック』ハリウッド顔負けのロシアの娯楽映画

映画 ゲット バック

注目のレビュー:ゲットバック• 2012-11-02 by 邦画にも当たり外れがあるが、今年の洋画はその度合いが甚だしいように思う。 本作品はB級エンターテインメント映画としても、「粗」が目立つ。 その「粗」の最大級なのが、終盤の「盗み」。 ビルの床って、あんなに簡単に溶けるのかなあ〜 そもそも「重要な部屋」の下に地下通路は無いよなあ〜 「お宝」を手間暇かけて溶かす意味があるのかなあ〜 そもそも、お金が無ければ「銀行から盗もう!」という発想自体が...... 1人がこのレビューに共感したと評価しています。 2012-11-01 by アメリカ作品らしくハラハラして最後はハッピーエンド。 ちょうど良い95分。 前半怖い感じもあったんだけど、ああいう息詰まる役は似合わないと思うんだけど。 後半のようにちょっと情けないお茶目な方がニコラスらしくて好き。 銀行強盗も上手くいきすぎているし、刑事さんもちょっとしたことで推理を働かせているあたりは映画だなあ。 って感じですが、娯楽作品だったら良いんじゃないでしょうか。 1人がこのレビューに共感したと評価しています。

次の