から か あ 上手 の 元 高木 さん。 「からかい上手の(元)高木さん」スピンオフ作品がマンガワンに連載!

【からかい上手の高木さん】高木さんが西片を好きな理由は?

から か あ 上手 の 元 高木 さん

からかい上手の元高木さんの前におさらい! からかい上手の高木さんとは? 「からかい上手の高木さん」とは、2013年より「ゲッサン(小学館)」にて定期連載されている漫画です。 中学生の高木さんと西片が繰り広げる日常ラブコメディです。 高木さんの上手なからかいと、西片の鈍感で純粋な反応が初々しい大人気漫画なんですよ。 是非「からかい上手の元高木さん」の前に見てみてくださいね。 登場人物 男子の西片と女子の高木さんを中心に話は進んでいきます。 他にも同じクラスの友達や先生も登場します。 美少女の高木さんに対して西片はごく普通の男子中学生といったところでしょうか。 しかし読み進めていくと、かなり純粋でシャイでありますが、優しくて素直でとても可愛い男子中学生です。 弟に欲しいタイプですね。 とてもからかいがいがあります(笑)そんな二人の友達以上恋人未満の期間を描いた甘くて爽やかなストーリーなんです。 からかい上手の元高木さんとは? 大人ver こちらが「からかい上手の元高木さん」に登場する西片家です。 勿論「からかい上手の高木さん」に登場していた高木さんと西片です。 真ん中の女の子はなんと二人の子供です。 後述しますが、めちゃくちゃ可愛いです!高木さんは相変わらずの美人さんですね。 西片はそのまま大きくなった感じですね。 しかし西片はガタイが良くマッチョになっているんですよ。 もしかしたら毎日高木さんにからかわれた賜物かもしれません(笑)タイトルの元高木さんとは、結婚して苗字が変わったためですね。 今回の主役はちーと元高木さん 「からかい上手の元高木さん」では、元高木さんと愛娘のちー、そして時々西片です。 高木さんはおそらく専業主婦のようで、日常でのちーとのからかいの様子を描いています。 「からかい上手の元高木さん」の魅力はほのぼの系家族コメディです。 勿論西片にも相変わらずからかっているようで、「からかい上手の高木さん」同様、ニヤニヤも期待してくださいね。 からかい上手の元高木さんのちーって? 愛娘 年齢や本名は公表されていませんが、親から「ちー」という愛称で呼ばれています。 母親の元高木さんに毎日のようにからかわれているようですが、からかうと同時に教育も兼ねているようにも見えます。 ピーマンが大嫌いで、泣くときは「ぴえ~」と可愛く泣いちゃう子ですよ!元高木さんも西片も溺愛している様子が描かれています。 表情豊かで愛らしいキャラです。 元高木さんと西片の生き写し 母親の影響ですね(笑)普段元高木さんと二人の時はからかわれているちーですが、父親の西片が加わるとほとんどからかわれるのは西片のみになっちゃうんです。 見た目は元高木さんで、中身は完全に西片と思っていいです。 表情にすぐ出て分かりやすく、からかいがいがあります(笑)負けず嫌いなところも西片に似ています。 なので父親の西片とたまに、元高木さんの母親をからかおうと手を組みますが、結局二人共からかわれて終わります。 遺伝ですね(笑) からかい上手の元高木さんの愛情表現は変わらない ちーへ この「いとおかし」というお菓子が好きなようで頻繁に登場します。 ネーミングがいいですよね。 後はおまんじゅうも大好きなちーですが、元高木さんは可愛くてしかなないようで、「からかい上手の高木さん」の時同様からかってしまうようですね。 叱る時は「あぁー。 悪い子どこだー」や、勝負をして促したりととても優しくてしっかりしているママのイメージです。 素敵な家庭ですよ。 西片へ 相変わらずシャイなようです(笑)特にちーの前では父親らしく威厳を見せたいようで頑張ってしまいますが、元高木さんには笑われています。 しかし、それをちーに悟られないようにしているところは素敵な夫婦だなと思います。 西片はまだまだ元高木さんが可愛いようで、少し微笑んだりするだけで顔が赤くなりますよ。 中学から変わらないですね。 そこも西片の良いところでもあります。 からかい上手の元高木さん からかいシーン ここからは少し内容に触れていこうと思います。 元高木さんが一番輝いている、からかいシーンを少しお見せしますね。 「からかい上手の高木さん」とは少し違ったからかい具合で、成長したなと感じるのではないでしょうか! コーヒー 毎日コーヒーを淹れてくれる元高木さんですが、実は西片はコーヒーが大の苦手のようです。 舌も変わってないようですね(笑)しかしそれを悟られまいとポーカーフェイスを続けているのですが、実は元高木さんは知っていたようです。 耐えている姿を元高木さんもポーカーフェイスで楽しんでいたようです。 そして少しでも飲みやすいように砂糖を入れてくれていたようで、元高木さんの手の上で転がっていたんですよね、実は!かなり長期のからかいだったようです。 いつもからかってやろうとしてくる元高木さんが可愛くて、毎日楽しいんだなと思いますよね(笑) 髪型 足元にちーがいますが、もういつもラブラブなんですよね。 元高木さんのヘアゴムを取ったために、結んでなかった元高木さん。 西片が仕事から帰宅後、結びながら「結んでたほうがいい?」と聞くと「どっちでもいいんじゃない?」と冷たい西片に上記のセリフを言っちゃう元高木さん。 この表情も二人共変わりませんよね!そして図星の西片のぐうの音もでない感じがキュンキュンします。 どちらも可愛いと思っていたんでしょうね。 可愛い この後西片のみの時間が止まりますが、普段「可愛い」なんて言わないんでしょうね!ちーを褒めると同時に母親の元高木さんをさらっと褒めるのは、元高木さんもちーも嬉しいことですよね。 ちーの嬉しそうな表情がたまらなく可愛いんですが、元高木さんのニヤニヤして嬉しいのも伝わります。 結局ラブラブなんですよね。 それはもう中学生から変わらないですが、やはり成長して少し変わったドキドキ感がありますね。 からかい上手の元高木さんもなかなかキュンキュンしちゃう! 幸せ家族ですね。 非リア充には痛恨の一撃を描写してますが、やはり思うことはひとつです。 二人が結婚して幸せそうで良かった。 「からかい上手の高木さん」では付き合う前の淡くていじらしい描写が多くみられていましたが、「からかい上手の元高木さん」では見事ゴールして幸せなようです。 是非見てくださいね。

次の

からかい上手の高木さん西片の本名をネタバレ考察!本編中に名前は出てきた? | マジマジ情報局

から か あ 上手 の 元 高木 さん

好きな男の子をからかいながらも、ところどころで自分の本心をちょい出しして翻弄する小悪魔的なやりとりが話題の『からかい上手の高木さん』。 思春期の男子中学生・西片くんと、西片くんをいつもからかって遊んでいるクラスメイトの女子・高木さんが、大人になった未来が見れるとしたら気になりませんか? そんな2人の未来を描いたのが本作です。 『からかい上手の高木さん』の作者:山本崇一朗のアシスタントをしている稲葉光史が、スピンオフとして発表しています。 スピンオフ作品だからと侮るなかれ、西片くんと高木さんのちょっぴりドキドキするやりとりがしっかりと引き継がれています。 本作での気になる二人の関係性はというと、なんと結婚して子供ができているのです。 2人の間に生まれた子供というのが、「ちー」ちゃんという女の子です。 「ちー」ちゃんは西片くん譲りのリアクションの大きさと負けず嫌いに、高木さん譲りのおちゃめさと可愛らしさを受け継いでいるのです。 ちーちゃんとお父さんになった西片くんに、お母さんになった高木さんの親子3人のほのぼのとしたやりとりが、本作の見どころです。 本作はリアクションが大きい主人公・西片くんと、彼のクラスメイトで茶目っ気のあるヒロイン・高木さんのやりとりを描いた『からかい上手の高木さん』の10数年後を描いています。 中学生だった2人もすっかり大人になって結婚しています。 2人の間には娘の名前は「ちー」という娘が生まれているのです。 ちーは、お父さんの西片くんのようにリアクションが大きく、お母さんの高木さんのようにいたずら好きで可愛らしい女の子に成長します。 本作では、主にお母さんになった高木さんが、いたずら盛りのちーの遊び相手をしながら、機転の利いた諭し方でちーにしつけを行っていくのです。 お父さんになった西片くんは、本作ではすぐには登場せずに7話から登場します。 大人になっても変わらず、ちーの前で高木さんにからかわれる西片くんの姿は少し頼りなく感じるも、夫婦の関係性が垣間見えるいい空気感が漂っています。 本作は『からかい上手の高木さん』の10数年後の物語ですが、本編の5巻に掲載されている1話で、大人になった高木さんとちーが登場して昔のことを思い出すというエピソードがあります。 そのエピソードは、西片くんと高木さん2人の将来を示唆しており、本作の1巻の1話へとつながっているのです。 本作を見る前に、本編の『からかい上手の高木さん』の5巻もあわせて読むとより楽しめるでしょう。 『からかい上手の(元)高木さん』の魅力をネタバレ紹介!:結婚した後もラブラブ!昔があって今がある 本作では西片くんと高木さんの2人が結婚して、娘のちーが生まれていますが、中学時代と変わらず西片くんが高木さんにからかわれて、西片くんが悔しがるといった、2人のやりとりは健在です。 中学時代は、高木さんが西片くんに好意があることを小出しにして、西片くんがまごつく様子を楽しむといった内容が定番でした。 本作ではすでに2人が結婚しているため、高木さんが西片くんへの好意をストレートに表現しているところが本編と違います。 本作の7話では、この高木さんの西片くんへの愛情表現の仕方の変化をわかりやすく描いているので紹介します。 西片くんが仕事から帰ってくると、高木さんに早速からかわれてしまう危険を察知して、からかわれないように西片くんは腕立て伏せをはじめるのです。 そんな西片くんをみてちょっかいを出してくるちーに、西片くんはちーを自分の味方につけようと、「お母さんにからかわれるから腕立て伏せをしてるんだよ。 」と言って、うまく丸め込むことに成功します。 しかし、高木さんもちーに西片くんの弱点である、脇腹ツンツンをちーに教えて、2人で西片くんをからかいます。 ちーを味方につけるのはズルいと、西片くんは高木さんに抗議しますが、高木さんがちーにあることを耳打ちして、ちーを完全に自分の味方につけてしまうのです。 ちーに高木さんが耳打ちした内容は、「お父さんが好きだからからかうんだよ。 」というものでした。 中学時代から2人の関係性は大きく変わったものの、高木さんの西片くんへの愛情表現は「からかい」がベースになっているのがよくわかるエピソードです。 『からかい上手の(元)高木さん』の魅力をネタバレ紹介!ちーがかわいすぎ!3人の生活にほっこり 本作が本編と最も違う点といったら、やはり西片くんと高木さんの間に生まれたちーがいることでしょう。 いたずらっ子っぽい顔や真ん中分けの髪形は高木さんそっくりです。 でも、お母さんにウソをつこうとする時や隠し事をしようとしている時に動揺しやすいところは西片くんにそっくりです。 子供というだけでも無邪気で可愛らしいのですが、2人の特徴をそれぞれ受け継いでいるため、『からかい上手の高木さん』を読んでいた読者の人からしたら、親戚の子供を見ているような気持ちで楽しめるでしょう。 ここで、ちーの子供ならではのかわいいエピソードをひとつ紹介します。 本作では4話として収録されているエピソードです。 ちーが部屋の片づけの途中で魔法少女のアニメを見ながら、変身シーンを真似して遊んでいるところに高木さんがやってきます。 部屋の片づけの途中で「変身して遊んでたなー?」と咎められたちーは、 変身して魔法で遊んでいるように見せていたとごまかすのです。 いかにも子供が言いそうな幼稚な言い訳で可愛らしいです。 なかなか片付けが進まないちーを見かねて、高木さんもちーが進んで片づけをする方法を考えます。 その方法というのが、ちーに外出用のかわいいワンピースを着させるのです。 「それだけ?」と思いますが、ここからがからかい上手な高木さんの本骨頂です。 ちーがかわいい服に変身したことを利用して、「魔法でお掃除しよっか?」と、ちーに持ちかけるのです。 変身したことでご機嫌なちーは、この持ち掛けに当然乗ってきます。 そして、ちーをもっとその気にさせるために「一瞬でこの部屋をキレイにしてほしい。 そのために強力な力が必要になるから、お母さんは部屋から出とくね」と言うのです。 もちろん、ちーもお母さんには魔法で掃除したことにしたいので、大きな音をさせながら、お母さんが部屋に入ってくるまでに一生懸命片づけを頑張ります。 西片くん譲りの負けず嫌いで、人に乗せられやすい頑張り屋さんという特徴が顕著に描かれていて、可愛らしいエピソードです。 このエピソードにはまだ続きがあるのですが、オチになる高木さんの言葉と、ちーのアップで終わる最後の一コマが非常に印象的です。 気になる方は手に取ってみてください。 本作の魅力の一つといったら、本編の可愛らしい絵柄を踏襲している点もあげられるでしょう。 ちーの可愛らしさはもちろんのこと、西片くんのちょっと頼りなさげな雰囲気も、しっかりと絵柄から読み取ることができます。 そして、皆さんが最も気になっているのが、大人になった高木さんの描き方ではないでしょうか? 中学生の時の高木さんは、幼さが少し残っていながらも、少し大人びたような不思議な色気があるように描かれていました。 本作では、身長が伸びてすらっとしたスレンダーな美人さんとして描かれていますが、茶目っ気のある笑顔や、からかう時のポーカーフェイスは、本編から引き継がれているのがよくわかります。 本作の11話では、大人になった高木さんの水着姿が披露されています。 着ている水着はビキニで、子供を産んだ後とは思えない程ほっそりとしたくびれには驚きを隠せません。 また、高木さんの水着姿を見て、目のやり場に困ってまごつく西片くんの初々しい描写にも注目しましょう。 結婚しているとは言っても、どこまでも初々しい仕草を見せる西片くんのかわいらしさも、高木さんの水着姿に劣らず一見の価値ありです。 お父さん、お母さん呼びになっても変わらないふたりのいちゃいちゃ加減ですが、やはり家族になってのスピンオフだからこそのほっこり感がたまりません。 2巻の最後に収録されているクリスマスというエピソードは、特にその魅力が感じられます。 クリスマスといえば、本編であれば最強の胸キュン展開が期待されるカップルのメインイベント。 しかしスピンオフは家族のだんらんイベントとして、何があるという訳ではない展開だからこその良さを描いています。 その日、お母さんになった高木さんは、リビングで編み物中。 テレビからは「今日はクリスマス・イブ。 気になる人から『好き』が聞けるかも!」というナレーションが聞こえ、彼女は「言ってくれるかなー」と小首をかしげます。 母親になってからもその可愛さは反則です。 そのあとに「できた!」というと、たぬきの顔のコースターのようなものを完成させ、ちーを呼びます。 しかし彼女の声にちーからの反応はなし。 そこで高木さんは、それをプレゼントボックスに入れ、「あれー?あわてん坊のサンタさんが、プレゼントを置きっ放しにしてるよー」と大きめの言い、そこに……。 ある日、ちーは自分がお父さん役になってままごとをしたいと言い出します。 しかし、家族のために走って帰ってくることや、「ゆでたて」の難しさに、即ギブアップ。 ちなみに「ゆでたて」の正体は作品でご確認ください。 その後、ちーは今度はお母さん役になりたいと言い、高木さんに自分の役をやってもらいます。 ちーは父親譲りで、下手なのにからかってみたい気持ちを抑えきれないと言うように、ご飯に自分の嫌いなピーマンを出します。 そしてちー役の高木さんに食べなきゃダメだと注意するのです。 嫌だとごねるふりをする高木さんに、仕方がないからお母さんがもらってあげると、ちーはドヤ顔で食べるのですが、ちー役の高木さんから「どうおいしいのー?」と聞かれ、困ってしまい……。 このあとまたしても困ったあとに、不思議そうにするちーの表情が可愛らしいです。 それにしても高木さんはナチュラルに逃げ場を無くす言動をしてきますね……。 愛ゆえにではありますが。 『からかい上手の(元)高木さん』のラブラブ家族生活を無料で覗き見してみよう! 中学時代の高木さんが好意を小出しにする感じと、それに翻弄される西片くんのじれったい感じが本作では薄らいでいます。 しかし、それに代わる要素として、高木さんが機転を利かせた作戦でちーにしつけをおこなう描写が、本作の醍醐味になっているといえるでしょう。 それだけではなく、中学時代には見ることができなかった、子供を含めた家族3人での幸せそうな家族団らんの描写をのぞき見している感覚が味わえるのは、スピンオフならではです。 大人になった西片くんと高木さん、そして2人の愛娘のちー、3人のラブラブ家族生活を無料で覗き見できるのは「マンガワン」だけです。 一度、覗きに行ってはどうでしょうか? 『からかい上手の高木さん』のスピンオフ作品というだけで、注目されること必至な本作ですが、本編に負けない面白さがあります。 本編のファンはもちろんのこと、子供を持つお母さんで子育てに悩んでいる方にもおすすめできる内容に仕上がっています。 子供をすぐに叱ってしまうことで、自己嫌悪しているお母さんやお父さんは、一度読んでみることをおすすめします。 少しは心が軽くなるかもしれませんよ。

次の

#3 私が「元」高木さんになる前の話 その3

から か あ 上手 の 元 高木 さん

からかい上手の 元 高木さんとは、崇一朗作の作品「」のである。 本作品の担当は史。 単行本は8巻まで発刊。 概要 「」から10年以上先、して一人「ちー」を授かった西片くんと元・さんの生活および親子生活を描く話。 各巻の巻末には者のが描いたが1話だけ掲載されている。 また、以外の登場人物は基本的に西片夫妻とちーのみであり、他のおよび「」のは現状では未出演である。 元さんと西片くんの。 まだ児。 顔つきやはさんそっくりだが、性格はどちらかというと西片くんに似ている。 年相応に活発。 またの気があり、「おおきくなったらおとーさんとけっこんする」というほど。 またの書きはまだできないらしく、はすべてで書かれている。 ちなみに「ちー」は称であり、本名は両親と同様にになっていない。 旧姓:。 現:西片。 後に西片くんとし、のちーを授かった。 相変わらずをからかう日々は続いているのだが、未成立であると違い本作では既にであるためか、西片への好意はになっており発言も増えている。 劇中でをしている描写がいたそらくは専業。 後にさんとしちーを授かる。 はもとして続いており、相変わらずからかわれる日々が続く他、にまでからかわれるハメに。 さんとの関係がにまで進展してもシャイな部分は変っていない。 ちなみに当時した「 先にどちらかがどちらかにをした方が勝ち」という勝負はどちらが勝ったかは現状でも不明である。 関連静画 関連商品 関連リンク• 関連項目• 西片くん•

次の