あお ざく ら 最新 話。 あおざくら 防衛大学校物語165話最新話のネタバレと感想!|マイコミック|漫画のネタバレや無料で読む方法を紹介!

あおざくら防衛大学校物語158話ネタバレ!あなたが近藤様か…!

あお ざく ら 最新 話

Contents• あおざくら 最新142話のあらすじをネタバレ! 近藤の寺子屋 近藤はみんながやけにそわそわしているのを感じます。 授業が終わると「 寺小山まだか!?」と、他の学生たちが近藤の周りに集まりました。 近藤は明日の14日に部屋を抑えた事を伝えます。 その事を聞いた乙女も参加を希望します。 寺子屋が始まり、近藤は皆に勉強を教えます。 乙女が近藤にノートを借りました。 そして皆が見ていないのを確認すると、開いたノートをカバンへと入れるのでした。 寺子屋は無事に終了します。 部屋を出た近藤は乙女に呼び止められました。 乙女は先程近藤に借りたノートを返します。 訳が分からず部屋に戻る近藤ですが、ノートを確認すると、箱がが挟まっているのに気が付きます。 それはすごく高そうなチョコレートでした。 近藤は荷物が届いていると言われ、週番室に行きます。 両手いっぱいの荷物を手渡されながら、「 いいよなー 近藤はよー」と言われますが、何のことだかわかりません。 近藤が週番室を出ると、そこには恋愛撲滅委員会の男子生徒が立っていました。 必至で逃げながら、近藤は部屋へと戻ります。 部屋に戻ると、今度は松岡から、卒業ダンスパーティへの協力を求める内線が入ります。 自分が気が付かない所で何か噂されてる気がするのです。 近藤は今日届いた荷物にヒントがないかと調べ始めます。 荷物はクリ団に参加してくれた女性たち、沖田の姉、常代からの物もあります。 乙女からのチョコレートは… クリダンの女性たちからのチョコレートは、義理だと確認しました。 一人一人に手紙とお返しを用意するつもりです。 しかし気になるのは乙女からのチョコレートです。 結局眠れずに朝を迎えた近藤ですが、儀仗隊の練習で、乙女の様子が気になります。 近藤はノートに挟まれたチョコレートの事を話そうとします。 乙女はため息をつくと「 何を勘違いしているんですか?」と近藤に言いました。 周囲に知られると、11中隊の男子全員にチョコレートを配らなければならなくなります。 だから乙女は兄と近藤だけにチョコレートを渡したのです。 近藤は「 わかってるよ、ありがとう」とお礼を言いました。 背を向けた乙女は「 …本当に分かっているんですか?」と帽子を被り直します。 その顔は真っ赤になっているのでした。 スポンサーリンク さらに『あおざくら』を楽しむために 「あおざくら」の142話の全体のストーリーをあらすじでご紹介しました。 ネタバレ記事と並行して実際にマンガで最新話を読みながら、展開を予想して作品を2度楽しめればさらに良いですよね。 作画を見なければ推し量れない部分がありますので、やはり マンガは絵付き!に限ります。 そこでおすすめなのが 『U-NEXT』。 31日間の無料お試し登録で『あおざくら』が連載されている雑誌 「週刊少年サンデー」の最新刊を 無料ですぐに読めますよ! あおざくらの142話を読んだ感想や予想 クリダンの女性たちや常代からチョコレートをもらった近藤。 相変わらずモテモテです。 これは噂になっても仕方がありません。 大量のチョコレートをもらって、お返しが大変そうです。 近藤にお返しの購入は絶えられるのでしょうが…心配です。 そんな高級チョコレート、義理でなんてあげません。 気が付かないところが近藤らしいですが…。 そしてもう2月も半ばです。 卒業まであと1ヶ月と少し。 訓練もますます厳しくなりそうな予感です! あおざくら ネタバレ最新142話の感想と考察「2月のプレゼント」のまとめ 今回は 『あおざくら』の最新142話をネタバレ&感想を紹介してきました。 引き続きも次回の展開について、考えや想像を膨らませながら楽しんでいきましょう! 無料で最新話や単行本を読みたいけど 『無料でマンガが読み放題!』と謳っているサイトの多くはお目当てのマンガ作品を タダで読めない事が往々にしてありませんか? もしくは今現在、利用している無料サイトが 『漫画村』の類だったりした場合には、 サイト利用自体が違法になるのに加えて、マンガをダウンロードした場合に ウィルス感染の可能性もあったりと、常に 危険なリスクが付きまといます。 動画配信・電子書籍サイト大手の U-NEXTなら、マンガ作品やアニメ配信数も業界トップクラスなので、 安心・安全・そして目的の作品を無料で読めますよ! さらに、U-NEXTに登録すればこんなサービスが待っています!.

次の

あおざくら防衛大学校物語157話ネタバレ!乙女が近藤のお試しカノジョに!??

あお ざく ら 最新 話

今日の場に東堂は校友会が忙しく結局来れなかった。 その代わり…というわけではないが、武井がタブレットをつけ映った人物…それは西脇だった。 西脇は今広島の江田島にある海上幹部候補生学校にいるから、さすがに横須賀まで外出はできないが広島の居酒屋からリモートで参加してくれる。 近藤、沖田、武井に西脇はカッター優勝おめでとうと伝え、原田は残念だったがこれが原田を成長させてくれるはずだと声をかけた。 武井に言われ、苦手ながらも坂木が乾杯の挨拶をする。 「…すでに卒業はしたが、訓練課勤務の打診を受けて出戻る形になった。 怪我で躓きはしたが、これからは立ち止まらずに進んでいくつもりだ。 オマエらも頑張って進んでけよ。 」 そして坂木は部屋会を開いたてくれたことにお礼を言い、乾杯をするのだったーーー…。 恐怖の遠泳 乾杯から20分後…西脇は泣きながら近藤達がカッターを乗り越えられてよかったと話すーー…もう19回目の話だ。 開始20分でワイン2本を西脇はすでに開けていた。 『いやぁしかし、オマエ達ももう二学年かァ…後輩かわいいだろ?』 西脇のこの言葉に近藤たちは「はいっ!」と返す。 西脇は右も左もわからない子供みたいな後輩を、これから遠泳も始まるししっかり見てやれよと話す。 遠泳は防大最初の難関となるイベント…キチンと経験を活かしてケアを怠るな…と話す西脇は、 自分の方も7月は再び遠泳が待っているから無事を祈ってくれ…と口にした。 これに固まる近藤…西脇も遠泳?とキョトンとしたのだ。 「知らないのか?海上の幹部候補生学校も遠泳があるぞ。 8キロじゃなく8マイル…約13キロだ。 初お酒 部屋会が盛り上がる中、近藤は今日坂木にもらったライターを持って来たからそれを取り出して坂木に話しかける。 しかし近藤の右にいた坂木は、近藤が手に持ってあげているライターにパッと気づくことができずしっかり近藤の方を振り向いてからライターに気付いて返事をした。 坂木は今ちょっとタバコをやめているからライターはいいとのことだが、 近藤は坂木の振り向き方に何だか違和感を感じるのだった。 「なあ近藤 おまえもう20歳なんだろ?酒飲んでみて感想教えてくれよ。 」 そんな時原田の提案があり、坂木も1杯くらいいいだろうと言ったので近藤はお酒を飲んでみることにする。 水を飲むも近藤は復活することなく机に突っ伏して寝てしまう。 日夕点呼には引きずってでも連れて行かなければいけないので、近藤を原田と沖田が抱えながら店を出るのだったーーーー…。 違和感 店を出て坂木は西脇にありがとうと言って、タクシーに乗る。 一緒に潰れている近藤と案内の武井も一緒にタクシーに乗り込んだーー…近藤は一旦松原と同じ下宿で着替えさして学生舎に連れて行こうという算段だ。 近藤は車の中でハッと目を覚ます。 坂木は左側の窓から外を眺めていたので、それに気づいた武井が外にいた一学年のことを見ていたのかと思い、 「あ…一学年ですかね?」 こう声をかける。 しかし坂木は「ん…」と言って、もう一度左の窓を…そしてじっと眺めて防大に戻る一学年がいることに気づいたようだった。 近藤はそんな様子を眺めながら、やっぱり坂木は左に振り向く時の動作がやけに大きいことに気づく。 もしかして左眼の視力があまり回復していないからじゃのか…と感じるのだった。 そんな時近藤が自分を見ていることに気づいた坂木は目が覚めたのかと声をかけた。 近藤は制服姿の一学年がバラバラいることを話すと、坂木はこの環状線は防大につながっているからなと返す。 一学年の休養日明けは辛くて当たり前ーー…短い休みの後、すぐ集団生活に戻って辛い訓練が再開だからだ。 「テメーもそうだったろ。 」 坂木はそう言って近藤の左頬のぐっと右手でおし、水飲んどけと言ってペットボトルを渡してくれるのだったーーーー…。 無事近藤達は日夕点呼の時間には間に合い、点呼をすまして部屋に戻ろうとする。 「…あの、近藤さん……」 そんな時近藤に小島が話しかけてくるーーーー…何か言いたそうな様子だったが、何もはなすことなく自室へ帰ってしまうのだった。 消灯の時間がやってくるーーーー…近藤は眠りにつくが、小島は何だか緊張している様子。 そして近藤は坂木の目の違和感に気づいきましたね。 …そうだよ…坂木は左目の視力がほぼ回復しないんだよ…。 一瞬小島なのかな…って思ったんですけど、小島は脱走しそうな同級生を知っていて近藤にそれを打ち明けようとしたのかな?と考えています。 まぁこれで小島だったら…相当悩んでいたのに、近藤はそれに気づくこと、フォローすることができなかったってことですよね…。

次の

ドラマ『あおざくら防衛大学校物語』の動画配信情報と無料視聴方法まとめ!【1話~最終回】

あお ざく ら 最新 話

もう帰ろうと思ったのに、トイレで常代ちゃんとばったり会ってしまいました。 恋のライバル?の2人が激突 気付かれる前にとその場を去ろうとした乙女でしたが、常代は乙女の顔を覚えていました。 「防大の儀杖隊の人ですよね?クリスマスパーティーでお見掛けして…」 「あ…はい。 捕まっちゃった…! 」 常代はやっぱり!と、防大生に偶然会ったことが嬉しいようで、開校祭やダンスパーティーありがとうございます!とぺこり。 乙女は逃げなきゃ、と焦るばかりです。 常代に近藤を呼ばれそうになって、慌てて断る乙女は話題を逸らそうとしたのか、常代に気になっていたことを質問。 「えーと…あの、もしかして、 近藤学生の……彼女さん…でしょうか?」 問われた常代ちゃんは一瞬表情を暗くしますが、すぐに微笑んで否定しました。 「いえ…高校まで向かいに住んでいた、仲の良い幼馴染です。 」 それを聞いた乙女は、近藤と原田が話していたことは本当だったんだ…と思います。 お互い名前を教え合い、別れた二人。 乙女は、いい子だった!と晴れ晴れした笑顔。 常代はトイレで乙女に会ったことは近藤には言わず、デートを続けました。 近藤を支えたい常代ちゃん デート中、食事を食べる速さだったり 常にいつでも動けるよう急ぐ癖がついている 、靴擦れした常代を気遣って階段で手を引いてくれる力強さだったり、電車で空いていても立っているところだったり… 節々で防大で過ごした1年間での近藤の成長を感じる常代。 別れ際何か言いたげでしたが、「頑張ってね!」とだけ伝えました。 今の私じゃ…月並みなことしか言えない… 自衛官に寄り添う人ってきっと…私が想像してる以上にずっと大変なんだろうな。 常代ちゃんは家に帰ると、ネットで防大生あるあるについて調べます。 スマホはロッカーにしまってあって連絡がとれない、 途中で文章が切れて送られてきた時は先輩とかに呼び出された可能性が高い、 食べるのが早い、 歩幅が決められていて歩くのも早い、etc. 任官したらもっと連絡取れないのかなぁ…と、不安げな常代ちゃん。 転勤も全国区で多く、会うのもままならなそうです。 と思いました。 一方、乙女ちゃん。 渋谷から帰って来て、自室で休んでいた乙女ちゃん。 と、スマホが鳴り、近藤からの返信が来ました。 また誤爆じゃないでしょうね…と独り言しながら開く乙女。 」 乙女ちゃんは口ではそう言ってますけど嬉しそう。 しかし返信は、 『そうですか バッグ買ってくれてもいいですよ』 って、いじわるなお言葉をw 乙女ちゃんのこういう素直じゃないとこ好きですよ。 次回は乙女ちゃんとのデート回かなぁ? あおざくら防衛大学校物語156話感想 最後の乙女ちゃんの返信、常代ちゃんにバッグ買ってあげてたの見てたのバレない??www 大丈夫かな? 近藤学生なかなか立派にデートしてましたね。 ちょっと感動。 でもね、いくら靴擦れしてても、常代ちゃんにしたように自然には、乙女ちゃんの手を握れないと思うの。 常代ちゃんのこと大事に思ってるけど、近藤が意識してるのは乙女ちゃんだよね。 常代ちゃんがすごく一途で近藤の事を思いやってるから、その気持ちは報われて欲しいけどなぁ…。 いつもの防大模様も好きですが、休暇中の彼らも可愛いですね。 春休み編楽しいです。

次の