ケムトレイル 日本。 花粉症はケムトレイルで作られる可能性

花粉症はケムトレイルで作られる可能性

ケムトレイル 日本

上の写真のような飛行機雲のようなものを一度は見かけたことあるのではないかと思いますが、私の住んでいる所でもかなり頻繁に散布されています。 これらを「ケムトレイル」といいます。 このケムトレイルが大量に散布された次の日は雨になると言われています。 ではケムトレイルとはいったい何なのでしょうか? Wikipedia には、ケミカル( chemical、化学的)にトレイル( trail、航跡)をつなげた混成語である。 ケム・トレイルは通常の飛行機雲と比較すると、航跡がより長く残留して拡がり、独特な雲に変化していくことが多いと書いてありますが、どんな科学物質なのかはいまいちよくわかりませんでした。 『RAPT BLOG』では ケムトレイルの正体を明らかにされています。 「ケムトレイル」の正体は「ヨウ化銀」と「ドライアイス」だそうです。 —『RAPT BLOG』より転載— この日本で「ドライアイス」を生産しているのは以下の三つの企業だけです。 (出典は) ・ ・ ・ -旧昭和炭酸 このうち、問題は「昭和電工ガスプロダクツ」です。 この「昭和電工プロダクツ」はその名の通り「昭和電工」の子会社なのですが、実はこの「昭和電工」がくせ者なのです。 というのも、「昭和電工」は天皇家一族と深い関わりのある企業で、第二次大戦後の「戦後復興」を通してボロ儲けしてきた企業でもあるからです。 これについては、過去にも記事にしたことがあります。 それが以下の記事になります。 さらに、「ヨウ化銀」が「ケムトレイル」として上空にバラ撒かれても、これまた同じように「天皇家一族」がボロ儲けできる仕組みになっています。 しかも、「ヨウ化銀」も「ドライアイス」も、どちらも「放射能被曝」を演出するにはうってつけの物質です。 特に「ヨウ素」は世間一般では放射性廃棄物だと言われていますので、こんなものを空にばバラ撒けば、当然、地上にいる多くの人々が「被爆」したような症状を患ってしまいます。 そして実際、「3. 11」の後に「甲状腺がん」になった子供たちが増えたとのニュースが報道され、世間でも話題になりました。 11」の直後、福島周辺では異常気象が何日も続きましたが、あの異常気象が「ケムトレイル」によって作られたものだったとしたら、その「ケムトレイル」の正体も「ヨウ素」だったのかもしれません。 なんとも悪質な詐欺師ぶりです。 そもそも、「二酸化炭素」によって地球が温暖化しているというのも真っ赤なウソ。 これについても、過去に記事を書きましたね。 本当に彼らは、どこまでも限りない悪のカタマリです。 —ここまで— このようにケムトレイルを散布して病気を引き起こしたり、雨を降らせたり二酸化炭素をまき散らしていたなんて、ケムトレイルはとても恐ろしいものだったのです。 そしてこれだけではなく、花粉症やインフルエンザなどの病気との関係がTwitterなどで明らかになってきています。 また『RAPT BLOG』では人工降雨の方法も詳しく解説されておりますのでこちらの記事もご覧ください。 そしてこのようなことをいつまでも続けることができないように、『RAPT BLOG』で真実を知った読者の方々が情報を拡散しております。 そして更に新たな証拠が次々と発見されTwitterで話題になっております。 一人でも多くの方々がこの世の真実を知って悪の無い世界へと変えていかなければなりません。 その答えは『RAPT BLOG』にあります。 まだご覧になっていない方は是非ご覧ください。

次の

ケムトレイルに関わった自衛隊員の殺害と佐呂間町の異常高温について

ケムトレイル 日本

皆さんの住んでいる街の空では、飛行機雲を見ることはできますか? 子どもの頃、空に描かれる一筋の飛行機雲を見て、あの飛行機はどこから来て、どこへ行くのかと想像を膨らませたことがあるのではないでしょうか。 そんな、誰もが一度は見たことがある飛行機雲ですが、 実はその夢の広がる白い水蒸気に、人間に有害な化学物質が含まれているかも知れないという話を聞いたことはありますか? 今回は、実は多くの真実に気付き始めている人々によって警鐘が鳴らされ始めている、ケムトレイルの恐怖の実体についてお話していきます。 ケムトレイルの目的 何筋にも重なる飛行機雲、まるで魚の鱗のような薄雲、 空で目にすることのできる多くの雲には、自然に発生した雲以外に、人工的に作られた雲があるのです。 飛行機がそんなにたくさん通ったわけでは無いのに、雲を切り裂くような通り筋がたくさんできていたり、逆に細い雲の筋が描かれていたり・・・ 空に不自然な模様が浮かんでいる時はケムトレイルを疑ってみてください。 飛行機の機体に大量に積まれた人体に有害な化学物質を地球上にバラ撒いて、地上の 我々に身体的な悪影響を及ぼしています。 中には、インフルエンザウイルスなど、人間を死に至らせ得る最近やウイルスを撒き散らしていることもあるようです。 ただの飛行機雲は長時間跡を残さない そんな人体に害がある物質が空中にばら撒かれていると言っても、飛行機雲との違いなんて分からないと思いますよね。 実は飛行機雲は、私たちが認識しているように、長時間雲をその場に残すことはありません。 本来ならば、 本物の飛行機雲は水蒸気なので、すぐに空中に消えて無くなるはずなのです。 ですので、飛行機のすぐ後ろには水蒸気の煙のようなものが後をついているように見えますが、飛行機がいなくなった後も白い筋が残っている場合は、ケムトレイルの散布を疑ったほうがいいかも知れません。 人工削減が目的? ではなぜ、ケムトレイルが空中からばら撒かれているのでしょうか。 政府や国家、正義といったものに反抗しようとしているような悪魔に魂を売った悪のテロ集団が、平凡な一般人を地獄に突き落とすために行っているのでしょうか。 実は、ケムトレイルの散布を行っている主体は、世界中の 政府・軍・製薬会社の共同組織だと言われています。 上記の第一の政府は、 人口削減や人口操作を目的にケムトレイルを散布しています。 具体的にどういうことかと言うと、日本のような国から見ると、毎年人口減少していること、少子高齢化していることが問題になっていますが、 逆に、発展途上国の国々の多くは人口が増えています。 このように世界的に見ると世界の人口は増え続けていますよね。 人口が減ってしまって不安になっているのは日本だけではありません。 人口が増えすぎて困っている国もあります。 世界の各地での人口の増減は、世界の先進国の意図あって操作されていると考えることができます。 日本は、国の税金負担になっている高齢者を、そして人口増加している国は国民の総数全体を減らそうとしているのかも知れませんね。 第二に、 軍がケムトレイルを撒く目的は、 気象操作と化学兵器の実験のためだと言われています。 世界で頻発している、大雨・洪水・温暖化・大地震などの異常気象は、今や人間の操作によって引き起こすことができるとアメリカの TV番組で専門家が答えたこともあるそうです。 さらに、日本人にとっては遠い世界の話かもしれませんが、度重なる内戦や抗争を繰り返す地域では、いつまでも的中率が低く大金のかかる銃器にお金をかけていられませんし、 効率的に戦率を上げていくために化学兵器に注目が置かれているのは科学の進歩を見れば言うまでもありません。 そうすることで、軍も兵器メーカーもどちらも合理的に成果を上げることができます。 第三の製薬会社は、 まさしくケムトレイルの散布媒体に混入させるための病原菌を売ること、そしてその病気に罹患した人々の治療薬を売ることで、 ダブルの儲けを得ることができます。 分かりやすい例えで言うと、インフルエンザウイルスをバラ撒いて、インフルエンザ流行の不安を煽ることで、国民に多くの予防接種(ワクチン)を受けさせ、さらに治療薬であるタミフルを売ることができます。 日本でケムトレイルが撒かれる目的は? 日本でも多くの方がケムトレイルの散布目撃情報をネット上に上げてくださっています。 人口の多い地域だと、散布されない日は無いと言ってもいいくらい、毎日数回に渡ってケムトレイルが撒かれています。 中でも、中部から 西日本の地域での目撃情報が数多く寄せられているのです。 なぜ西日本の方が、ケムトレイルが多く目撃されるのでしょうか。 日本を地域別に見てみると、西日本は、東日本の特に関東圏の人口の多い都市に比べ医療機関が多くあり、医療が発展していることと比例してか、西日本のほうが 65歳以上の高齢者の数が多くなっています。 しかも一人暮らし・高齢者のみ世帯の高齢者数も西日本のほうが多いです。 しかし、高齢者ばかり増えては、年金などの国の負担は大きくなるばかりですし、高齢者からはたくさんの医療費を取ることができません。 そのために、予想できることとすると、西日本に大量のケムトレイルを撒くことで、原因不明の病を起こさせて、免疫の弱い高齢者の 人口を減らそうという企てがあるのかも知れません。 西日本に限らずの話ですが、別の発想では、現代の日本人は、高齢者と同じく免疫の弱い子どもも含め、昔に比べて室内に籠もることが多くなりました。 その日本人に、天気のいい日にちょっと外に出ただけでケムトレイルに含まれた化学物質や細菌などの影響を与えることで、 体調不良や鬱状態を起こさせることができるとします。 そうすれば、その治療薬や、免疫アップのための最近流行りのサプリメント、滋養強壮成分のある漢方薬などを売ることができるでしょう。 あくまですべて憶測のお話ですが。 ケムトレイルの成分は何? ケムトレイルには、電磁波の反射材としての利用目的や、地球の地熱を下げないために空気に不純物(チリやホコリや化学繊維)を混ぜている、あるいは他の気象操作のためのエアゾールが含まれていると一般的に言われています。 他には、インフルエンザウイルスなどの ウイルス・細菌類。 化学物質で言うと、 臭化エチレン、バリウム、アルミニウムなどが含まれています。 上記の物質一つひとつの人体に及ぼす影響についてご説明します。 臭化エチレン 臭化エチレンは、農薬や殺虫剤、自動車の添加剤などに含まれています。 毒劇法や危険物船送則などにも指定されている劇物です。 大量に摂取すると麻痺などが起こる前に死に至ることが確認されていて、口腔だけでなく、皮膚からも吸収されます。 症状は、抑うつ状態や、頭痛、気持ち悪さ、気管支炎などがあり、生殖機能や胎児への悪影響も懸念されています。 発がんのおそれもあります。 バリウム 日本において、バリウムは、人間ドックなどの健康診断で胃のレントゲンを取るために飲まされるものという認識があるかと思います。 なので、人体に影響が無い物質なのでは?と思う方もいるかも知れませんが、バリウムも歴とした金属です。 そして、 バリウムを飲むなんていう検査をしているのは世界中探してもほぼ日本だけです。 バリウムは発がん性が高いために、ほぼ全てのお医者さんたち自身はバリウムでの X線検査はしない方が多いとのこと。 レントゲン自体も被爆しますので、がんにならないためには良いことはないですよね。 また可溶性のバリウム化合物を大量に摂取すると、呼吸困難や心理的な不安、不整脈などの体調不良の原因となるため、知らぬ間にケムトレイルによって撒かれたバリウムを摂取したことによって、体調をおかしくしている人がいる可能性はあります。 アルミニウム アルミニウムというと、ジュースや缶詰食品のアルミ缶は大変身近な存在ですよね。 また、意外と知られていませんが、胃薬やベーキングパウダー、ミョウバンにも含まれています。 ベーキングパウダーといえばお菓子やパン、ミョウバンといえば漬物などの食品に含まれているということですので、それらの食品を食べることでも体内に取り込まれます。 すなわち、アルミニウムは添加物の一種として既に使われている金属類だということです。 しかし、 アルミニウムは人間の体にとって必要な成分ではないのです。 そのため、アルミニウムの害についての議論が起こると、アルミニウムは身体には必要では無いが、排出されるから大丈夫だという説明が多く見られます。 なので、添加物やアルミニウム容器などから微量に体内に吸収される分には何ら害はないということらしいです。 ですが、実際には、腎臓や肝臓などの解毒や排泄をつかさどる器官に異常のある人や、機能の低下した高齢者、乳幼児などは、注意が必要です。 自分の力で体外に排出できないので、脳などの中枢神経系や、骨、脂肪などにアルミニウムが蓄積することが報告されています。 それによって、 アルツハイマーや骨軟化症、貧血などの症状が引き起こされる可能性があるのです。 ケムトレイルは嘘か真実か アメリカの学校の教科書などでは、ケムトレイルの存在を肯定しています。 ということは、ケムトレイルという存在自体は真実と言えますね。 しかし、なぜ日本ほどに安全に敏感な国で、一般的に知られていないのでしょうか? 日本の情報は限られ、遅れている 日本はアメリカなどの国に比べるとメディアの数が明らかに少ないです。 そのため、その少数のメディアからの統一された情報だけを頼りにしてしまい、自ら選択する機会が限られています。 自発的に多種多様な情報を求めようとしない限り、言語的にも世界でのシェアが少ないので、世界の新しい情報が入って来ません。 日本人の英語への苦手意識も、操作されて組み込まれたのかも知れませんね。 少数意見の真実は嘘とみなされる アメリカの教科書の例では、ケムトレイルは、地球温暖化や急な気象変動を防ぐことを目的に、気候を操作するための物質を撒いているというように記述されています。 ですから、世界中の国では、それが人体への悪影響をもたらす散布か否かはさておき、一般的にケムトレイルというものが撒かれていることは認知されています。 しかし、日本ではほとんど公のメディアでは、ケムトレイルについて語られることはありません。 日本は、言論の自由といえども、 人と違ったことを発言すると、その発言はおかしな発言として潰される文化が未だにある国なので、なかなか新しい常識が理解されにくい状況が続いています。 このままですと、国民の反対が起きないままの日本は、ケムトレイルの実験対象として格好の餌食になるでしょう。 私たちにできる対策 ここまで、空からばら撒かれている恐怖の化学物質、ケムトレイルについてお話してきましたが、 やはり気になるのは、そのケムトレイルからの被害を防ぐための対策法ですよね。 その章では、ケムトレイルの害から身体を守るための方法を紹介します。 体内への吸収をできるだけ予防する ケムトレイルの主な狙いは、民間人の人体に悪影響を及ぼすことでした。 ということは、ケムトレイルによって撒かれた物質を体内に取り込まないようにするのが一番の対策ですよね。 できればマスクなどで口や鼻からの吸収を防いで、外から帰ったら手洗いうがい、そしてシャワーを浴びて身体を清潔にするといった、衛生的に基本の習慣を心がけることで外気からのケムトレイルを防ぐことが可能です。 ただ、ここで見落としがちなのが、食べるものからの体内への侵入です。 外気にさらされて育っている植物にはケムトレイルが降り掛かっていますし、土壌から吸った水分にも物質が含まれています。 特に水中生物などの生き物を食べる場合も、化学物質が蓄積されていることが予想できますよね。 なので、なかなか完全にケムトレイルからの被害を防ぐことは難しいのですが、 より安全な行動はどれなのかを自分で判断していく必要があります。 自分から情報を得て未然に防ぐ ケムトレイルの目撃情報は多くの方々がインターネット上に報告してくださっています。 ですので、どんな場所、時期、時間、天候、気温のときにケムトレイルが散布される傾向にあるのかはネット情報から掴むことができます。 また、先ほども上記でお伝えしましたように、食べるものからの摂取が心配であれば、どんな食べ物が化学物質の蓄積が多いのかということや、安全な場所や製法で作られているオーガニックの食べ物の情報なども得ることができます。 最近では、 日本食の素晴らしさも見直されてきていますね。 外気にさらされた野菜を生のサラダで食べるよりも、葉物はおひたし、根菜は煮物などの方法で調理することで、有害物質を体内に取り込みづらい食事にすることもできます。 食について知識を増やすことも対策の一つと言えるでしょう。 気にしすぎない 最後の対策は、ケムトレイルを信じる信じないの議論ではなく、ケムトレイルの事実を認めた上でも、気にしすぎないことです。 本当に気になるのであれば、ケムトレイルの害の少ない別の国に移住すればいいですが、安易なことではありませんよね。 ここ日本で暮らしていくのであれば、精神的なストレスをかけないためにも気にしすぎないことが得策です。 ストレスが最も、体内で病気がつくられる原因になりますので、快適な生活を優先して対策に執着しすぎないようにしましょう。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は世界の支配層が、私たち民間人を利用したお金儲けの企みや、人体実験のために行っていると言われているケムトレイルについてお話ししました。 ケムトレイルは、空気なくしては生きていけない私たち人間を、逃げ場のない危険に毎日さらしています。 早く真実が公に明らかになって、その計画自体が排除されていく未来を期待しましょう。

次の

大気中に撒かれる「ケム・トレイル」は本当なのか?

ケムトレイル 日本

上の写真のような飛行機雲のようなものを一度は見かけたことあるのではないかと思いますが、私の住んでいる所でもかなり頻繁に散布されています。 これらを「ケムトレイル」といいます。 このケムトレイルが大量に散布された次の日は雨になると言われています。 ではケムトレイルとはいったい何なのでしょうか? Wikipedia には、ケミカル( chemical、化学的)にトレイル( trail、航跡)をつなげた混成語である。 ケム・トレイルは通常の飛行機雲と比較すると、航跡がより長く残留して拡がり、独特な雲に変化していくことが多いと書いてありますが、どんな科学物質なのかはいまいちよくわかりませんでした。 『RAPT BLOG』では ケムトレイルの正体を明らかにされています。 「ケムトレイル」の正体は「ヨウ化銀」と「ドライアイス」だそうです。 —『RAPT BLOG』より転載— この日本で「ドライアイス」を生産しているのは以下の三つの企業だけです。 (出典は) ・ ・ ・ -旧昭和炭酸 このうち、問題は「昭和電工ガスプロダクツ」です。 この「昭和電工プロダクツ」はその名の通り「昭和電工」の子会社なのですが、実はこの「昭和電工」がくせ者なのです。 というのも、「昭和電工」は天皇家一族と深い関わりのある企業で、第二次大戦後の「戦後復興」を通してボロ儲けしてきた企業でもあるからです。 これについては、過去にも記事にしたことがあります。 それが以下の記事になります。 さらに、「ヨウ化銀」が「ケムトレイル」として上空にバラ撒かれても、これまた同じように「天皇家一族」がボロ儲けできる仕組みになっています。 しかも、「ヨウ化銀」も「ドライアイス」も、どちらも「放射能被曝」を演出するにはうってつけの物質です。 特に「ヨウ素」は世間一般では放射性廃棄物だと言われていますので、こんなものを空にばバラ撒けば、当然、地上にいる多くの人々が「被爆」したような症状を患ってしまいます。 そして実際、「3. 11」の後に「甲状腺がん」になった子供たちが増えたとのニュースが報道され、世間でも話題になりました。 11」の直後、福島周辺では異常気象が何日も続きましたが、あの異常気象が「ケムトレイル」によって作られたものだったとしたら、その「ケムトレイル」の正体も「ヨウ素」だったのかもしれません。 なんとも悪質な詐欺師ぶりです。 そもそも、「二酸化炭素」によって地球が温暖化しているというのも真っ赤なウソ。 これについても、過去に記事を書きましたね。 本当に彼らは、どこまでも限りない悪のカタマリです。 —ここまで— このようにケムトレイルを散布して病気を引き起こしたり、雨を降らせたり二酸化炭素をまき散らしていたなんて、ケムトレイルはとても恐ろしいものだったのです。 そしてこれだけではなく、花粉症やインフルエンザなどの病気との関係がTwitterなどで明らかになってきています。 また『RAPT BLOG』では人工降雨の方法も詳しく解説されておりますのでこちらの記事もご覧ください。 そしてこのようなことをいつまでも続けることができないように、『RAPT BLOG』で真実を知った読者の方々が情報を拡散しております。 そして更に新たな証拠が次々と発見されTwitterで話題になっております。 一人でも多くの方々がこの世の真実を知って悪の無い世界へと変えていかなければなりません。 その答えは『RAPT BLOG』にあります。 まだご覧になっていない方は是非ご覧ください。

次の