シム ウンギョン。 【画像】シムウンギョンの子役時代がかわいい!若い頃の顔もイモト似?

女優シム・ウンギョンの日本アカデミー賞受賞を韓国メディアはどう報じたか?(文春オンライン)

シム ウンギョン

名前を呼ばれ、驚きの表情を浮かべたウンギョン。 「(受賞するとは)全然思わなかったので、全然準備をしていませんでした。 ごめんなさい。 本当にありがとうございます」と感極まった様子でコメント。 本作で共演したに向けても感謝の言葉を述べつつ、「これからも頑張って活動します。 本当に今日はありがとうございます」と続けた。 2014年に公開された韓国の大ヒット映画『』に主演したことで知られるウンギョン。 『新聞記者』のほかにも、『』や『』に出演するなど、日本映画界でも活躍している。 同部門ではほかに、『』の、『』の、『』の、『』のが優秀賞を受賞した。 なお、今年の日本アカデミー賞授賞式は新型コロナウィルス感染予防の観点から一般観客の観覧を取り止め、報道各社の取材も中止するなど、例年より規模を縮小して開催された。 (編集部・小山美咲).

次の

シム・ウンギョン、鶴瓶とラジオでトーク 山下達郎好きな一面をチラリ

シム ウンギョン

すでに芸歴16年の女優さんです。 演技を始めたきっかけは、内向的な性格を変えようと両親に勧められて通い始めた演技スクールだったそうです。 演技スクールを始めてから両親の憂いは見事に裏切られました。 普段はとても内気なのに、カメラ前に立った瞬間全く違う人になったからでした。 ここでは単役だったのであまり目立ちませんでした。 このドラマが放送された日はちょうど大型台風が韓国に接近していたときで、画面の下に台風の最新情報を知らせるテロップが流れていました。 ドラマでシム・ウンギョンさんの演じる主人公がクラスの男子にジャンピングキックをするシーンでした。 まるでシム・ウンギョンさんのキックの威力を説明していたかに見えたこのシーンが話題になり、様々なパロディーが作られるほどでした。 ) この映画の公開前の2010年9月(満16歳)にシム・ウンギョンさんはアメリカへ。 幼い時から演技を始め、疲れた心身を休ませこれから演技者としての人生と大学生活のどれを選ぶべきか真摯に向き合うための留学だったそうです。 普段から学びたいことがあれば躊躇せず挑戦し、新しいことへの恐れがない性格だからだとか。 シムウンギョンさんは20歳のルックスのまま、内面は70歳という難しい役どころを見事に演じ、映画関係者や共演者からその演技を称賛されました。 松坂桃李さんと共演の映画が2019年6月28日公開予定です。 この映画は、政権が隠そうとする権力の闇を暴いていく女性記者と、理想に燃えて官僚の道を選んだ若いエリート官僚の間の対立と葛藤を描いた作品だそう。 女性記者はシム・ウンギョンさんが、若手エリート官僚は松坂桃李さんが演じます。 この映画の川村プロデューサーはシム・ウンギョンさんをキャスティングした理由について 「 復習への正体性と苦悩、そして葛藤を併せ持ったキャラクターを表現できる女優はシム・ウンギョンさんしか浮かばなかった」 とコメント。 共演の松坂桃李さんはシム・ウンギョンさんについて 「ものすごくストイックで、監督と毎回相談し確認しながら、演技をしていました。 自分とは全く違う!と思い学ばなければいけないと思いました」 と語っています。 実はシム・ウンギョンさんは2016年頃から日本進出を準備してきました。 韓国と日本を行き来しながら関係者たちとのミーティングやオーディションを続けてきた結果、主人公として日本デビューを果たすことができたのです。 数年前から日本語の勉強にも励み、日常会話はもちろんのこと、日本語での演技も可能なほどにまでのレベルだそうです。 映画でもシム・ウンギョンさんは韓国人ではなく日本人の女性記者として演じます。 努力の賜物。 すごいですね!! shimxe. どこかあどけない表情もみせてくれるシム・ウンギョンさんですが、とても自分をしっかり持っている女優さんだという印象をうけました。 あるインタビューで「 生まれ変わっても演技をしたいのか?」と質問されましたが、しばらく思い悩んで 「 演技が楽しいだけではなく、絶えず悩み努力し続けなければいけない仕事であることを知っているので、これまでやってきた努力を最初からできるかどうかわかりません」 と話していました。 色々悩みも多かったようです。 演技についてとても真剣に努力する女優さんですね。 留学もして英語もできるので、今回は日本ですが次はまた違う国でのデビューの知らせがあるかもしれないですね!! 期待しています。 以上、シム・ウンギョンさんのまとめでした。

次の

【画像】シム・ウンギョンの子役時代から現在までの代表作品を紹介!|暮らしの情報局

シム ウンギョン

すでに芸歴16年の女優さんです。 演技を始めたきっかけは、内向的な性格を変えようと両親に勧められて通い始めた演技スクールだったそうです。 演技スクールを始めてから両親の憂いは見事に裏切られました。 普段はとても内気なのに、カメラ前に立った瞬間全く違う人になったからでした。 ここでは単役だったのであまり目立ちませんでした。 このドラマが放送された日はちょうど大型台風が韓国に接近していたときで、画面の下に台風の最新情報を知らせるテロップが流れていました。 ドラマでシム・ウンギョンさんの演じる主人公がクラスの男子にジャンピングキックをするシーンでした。 まるでシム・ウンギョンさんのキックの威力を説明していたかに見えたこのシーンが話題になり、様々なパロディーが作られるほどでした。 ) この映画の公開前の2010年9月(満16歳)にシム・ウンギョンさんはアメリカへ。 幼い時から演技を始め、疲れた心身を休ませこれから演技者としての人生と大学生活のどれを選ぶべきか真摯に向き合うための留学だったそうです。 普段から学びたいことがあれば躊躇せず挑戦し、新しいことへの恐れがない性格だからだとか。 シムウンギョンさんは20歳のルックスのまま、内面は70歳という難しい役どころを見事に演じ、映画関係者や共演者からその演技を称賛されました。 松坂桃李さんと共演の映画が2019年6月28日公開予定です。 この映画は、政権が隠そうとする権力の闇を暴いていく女性記者と、理想に燃えて官僚の道を選んだ若いエリート官僚の間の対立と葛藤を描いた作品だそう。 女性記者はシム・ウンギョンさんが、若手エリート官僚は松坂桃李さんが演じます。 この映画の川村プロデューサーはシム・ウンギョンさんをキャスティングした理由について 「 復習への正体性と苦悩、そして葛藤を併せ持ったキャラクターを表現できる女優はシム・ウンギョンさんしか浮かばなかった」 とコメント。 共演の松坂桃李さんはシム・ウンギョンさんについて 「ものすごくストイックで、監督と毎回相談し確認しながら、演技をしていました。 自分とは全く違う!と思い学ばなければいけないと思いました」 と語っています。 実はシム・ウンギョンさんは2016年頃から日本進出を準備してきました。 韓国と日本を行き来しながら関係者たちとのミーティングやオーディションを続けてきた結果、主人公として日本デビューを果たすことができたのです。 数年前から日本語の勉強にも励み、日常会話はもちろんのこと、日本語での演技も可能なほどにまでのレベルだそうです。 映画でもシム・ウンギョンさんは韓国人ではなく日本人の女性記者として演じます。 努力の賜物。 すごいですね!! shimxe. どこかあどけない表情もみせてくれるシム・ウンギョンさんですが、とても自分をしっかり持っている女優さんだという印象をうけました。 あるインタビューで「 生まれ変わっても演技をしたいのか?」と質問されましたが、しばらく思い悩んで 「 演技が楽しいだけではなく、絶えず悩み努力し続けなければいけない仕事であることを知っているので、これまでやってきた努力を最初からできるかどうかわかりません」 と話していました。 色々悩みも多かったようです。 演技についてとても真剣に努力する女優さんですね。 留学もして英語もできるので、今回は日本ですが次はまた違う国でのデビューの知らせがあるかもしれないですね!! 期待しています。 以上、シム・ウンギョンさんのまとめでした。

次の