スマブラ ハンター 参戦。 『スマブラSP』新ファイターを予想!【アンケート結果発表】

スマブラSPに参戦して欲しいファイターをアンケート!1位はKHの「ソラ」!トップ15まで紹介!

スマブラ ハンター 参戦

ゲームwebメディア・INSIDEが「スマブラSP」に参戦して欲しいキャラクターをアンケート。 アンケート回答は3,000件以上、男女比は、男性86. 7%:女性8. 3%(無回答5%)。 年齢別では10代が54. 7%、20代(32%)、30代(6%)、10代と40代(共に1%)、50代以上(0. 5%)と続く(無回答4. 7%) 下記では、アンケートのトップ15を紹介。 気になる方はINSIDEの記事をお読みください。 INSIDEの記事は スマブラSP公式サイトは.

次の

スマブラSP新参戦キャラ予想!【スマブラSwitch(スイッチ)】

スマブラ ハンター 参戦

任天堂 [ ] マリオシリーズ [ ] 参戦済みキャラクター• マリオ、ルイージ、ヨッシー• ピーチ、クッパ、ドクターマリオ DX以降、うちドクターマリオはXを除く• ワリオ X以降• ロゼッタ、クッパjr. の同型モデル替え• デイジー(SPECIAL)• キノピオはキノコ族らしく、必殺ワザには胞子やキノコを使ったワザを多く使う。 通常必殺ワザは、キノコならではのキノコの胞子をためて前方にばら撒く。 ピーチのキノピオガードでカウンターに使用した攻撃。 横必殺ワザは、背中にダッシュキノコを背負って突進する。 ためるほどキノコが増える(3つまで)。 上必殺ワザは、「マリオカートWii」のコース「キノコキャニオン」に出てた(原作よりもとても小さい)トランポリンキノコで大ジャンプ。 下必殺ワザは、ピーチと同じく野菜を引っこ抜く。 ピーチよりも素早く、アイテムが異なる。 最後の切りふだは、マリオカートシリーズのパワフルキノコを使う。 一定時間パワーアップ。 デイジーはピーチと少し似たファイター、またはピーチのモデル替えキャラとして参戦。 ワルイージは手足が長く、攻撃のリーチが長い。 ただし基本的な技はルイージと同じ。 キャサリンはヨッシーと少し似たファイターとして参戦。 もちろん通常必殺ワザは口からたまごを吐き出す。 キノピコはおさげを使って攻撃したり復帰したりする。 ほねクッパはクッパと少し似たファイター、またはクッパのモデル替えキャラとして参戦。 ポリーンはピーチと少し似たファイターとして参戦。 ボスパックンは葉を翼にして飛行する。 ボムキングはボム兵が武器。 キングテレサはテレサが武器。 ドンキーコングシリーズ [ ] 参戦済み• ドンキーコング• ディディーコング X以降• キングクルール SPECIAL ディクシーコング• ポニーテールを使って攻撃したり復帰したりする。 横必殺ワザはガムボール・ポップガン(スマブラでは連射タイプ)。 クランキーコング• 必殺ワザは初代ドンキーコング風なワザが多い。 下必殺ワザはデンタル・ポップガン(スマブラでも原作通り)。 最後の切り札で一定時間初代ドンキーコングの姿に若返る。 その間は攻撃力が上がる。 最後の切り札ということで現在のドンキーコング以上の攻撃力になるかもしれない。 ドンキーコングjr. 必殺ワザはドンキーコングと同じ。 容姿はスーパーマリオカートに出たときのものになりそう。 ディンキーコング• 必殺ワザはドンキーコングと同じ。 キングクルール• ワニらしく、爪や噛みつき、水を使った攻撃を使う。 通常必殺ワザは「スーパードンキーコング」での様にクラウンをブーメランの様に投げ飛ばす。 下必殺ワザは「スーパードンキーコング」での死んだフリ(スマブラではカウンタータイプ)。 ファンキーコング• サーフボードに乗りながら登場する。 必殺ワザによっては武器を使う。 最後の切り札はバズーカ砲をステージ中に発射。 チャンキーコング• 必殺ワザはドンキーコングと同じ。 星のカービィ [ ] 登場済• カービィ• デデデ大王 Xから• ワドルディ デデデ大王の技使用時のみ• メタナイト Xから デデデ大王• もちろんハンマー所持。 ついに登場!!やったね!! ワドルディ• 既にザコ敵として登場している個体ではなく、プレイアブルを経験したことのあるバンダナを巻いている個体。 もちろん槍所持。 未登場 アドレーヌ• もし非桜井枠があった場合の想定で。 キャンバスに描いた絵を実体化させる能力はチームバトルでその凶悪ぶりを最も発揮するだろう。 以下の実体化は描いている最中は背景に隠れる為完全無敵。 マキシムトマト:味方全員全回復• 1UP:ストック制で味方全員の残機を1増やす 時間制は落下数1減• 無敵キャンディ:味方全員15秒無敵• スマブラに出てくる様々なキャラ:アシストフィギュア扱いで実体化• 必殺技最大溜めで画面全体に絵の具を撒き散らしての敵に回避・ガード不能の大ダメージ。 復帰技は絵筆で虹を描きながらハイジャンプ。 リボン• 最後の切り札はクリスタル。 黄金の太陽シリーズ [ ]• ロビンはアシストで参戦。 B横はムーブ。 最後の切り札はハルマゲドン。 ファイアーエムブレムシリーズ [ ] 参戦済み• マルス DX以降• ロイ DXから• アイク Xから• カムイ、クロム SPECIAL• ベレト、ベレス SPECIAL• ロイのヒロインとしてリリーナマルスのヒロインとしてシーダが参戦• アイクの妹のミストが参戦。 クロムはアイクのスピード系のモデル替えだろうか?• なくはないです。 「なくはなかったー!! 」 どうぶつの森 [ ] 登場済み• むらびと for• しずえ SPECIAL• リセットさんはアシストで参戦• リセットさんが参戦する。 最後の切り札の時の音楽はリセット後の音楽。 アシストで登場。 よかったね。 ただ説教するだけだけど…• もちろんリセットしたらでてきてしまう。 ポケットモンスター [ ] 登場済みキャラクター• ピカチュウ、プリン• ピチュー、ミュウツー DXから• リザードンはforでは単独登場• ルカリオ Xから• ガオガエン SPECIALから• そのほか、モンスターボールから出てくるポケモンとして多数参戦。 ライチュウ• ピカチュウのパワー系のモデル替えになりそう。 ピチューも復帰したらピカチュウの進化形が完成。 イーブイ• モンスターボールに出てくるポケモンとしては既に参戦しています。 ヤドン• 通常必殺ワザはやはりマイペース。 エルレイド• メタナイトやファイアーエムブレムのキャラのようにになりそう。 サーナイト• ロゼッタのようになりそう。 グレッグル• 通常必殺ワザはやはりどくづき。 ドーミラー• 通常必殺ワザはやはりふゆう。 ププリン• プリンよりもさらにかよわい。 最弱タイプのププリン、一撃必殺タイプのプリンに差別化される。 プリンのモデル替えキャラとして参戦。 プリンよりもさらにカービィに姿が似ており、カービィよりも若干小さい。 プクリン• プリンにあったかよわさがなくなり、魅力が半減。 ただし強さと引き換えに、多段ジャンプが無くなっていると思われる。 プクリンもふうせんポケモンなので、少なくなるだけでも良いと思う。 プリンとは体型が異なり、モデル替えキャラにならない。 姿はプリンに比べるとカービィには余り似ていない。 ゾロアーク• ルカリオの後釜として参戦。 モンスターボールでした。 ゾロア• ゾロアークとは体型が大幅に異なり、モデル替えキャラにならない。 リオル• ルカリオを弱くした感じのキャラになりそう。 ルカリオのモデル替えキャラとして参戦。 エンペルト• 空中戦ではゲッコウガより弱いが、地上ではゲッコウガより素早い。 バクフーン• 空中戦ではリザードンより弱いが、地上ではリザードンより素早い。 下必殺ワザは噴火。 いくらかの技やモーションがクッパからの流用になりそう。 原作ではバクフーンとリザードンの種族値は同じ。 ミュウ• モンスターボールに出てくるポケモンとしては既に参戦しています。 ミュウツーの小柄版キャラになりそう。 ミュウツーと同じく動いたりアイテムを持つときなどに超能力を使う。 ミュウツーとは異なり、動きが素早く体も小さいためコンボを喰らいにくい。 ミュウツー同様、常に宙に浮いており縦横共に吹っ飛ばされやすい。 しかもその吹っ飛ばされやすさはプリン以上。 身軽タイプのミュウ、重戦車タイプのミュウツーに差別化される。 最後の切り札は勿論専用Z技の「オリジンズスーパーノヴァ」。 セレビィ• モンスターボールに出てくるポケモンとしては既に参戦しています。 レックウザ• 通常必殺ワザはやはりりゅうのまい。 ゲコガシラ、ケロマツ• ゲッコウガを弱くした感じのキャラになりそう。 リザード、ヒトカゲ• リザードンを弱くした感じのキャラになりそう。 リザードンとは異なり、翼がないため多段ジャンプは無い。 カメール、カメックス• ゼニガメのモデル替え。 進化すればするほど重戦車タイプになる。 フシギダネ、フシギバナ• フシギダネはフシギソウを弱くした、フシギバナはフシギソウを重戦車タイプにしたキャラクターになりそう。 タブンネ• 第五世代で唯一、メガシンカ可能なポケモン。 人気も高いため、ゾロアークがモンスタボールならこのポケモンのファイターとしての参戦余地はある。 下必殺技はチーム戦での味方を回復させるいやしのはどう スマブラでは自分も回復可能。 ディアンシー• 第六世代で唯一、メガシンカ可能なポケモン。 ジュカイン• 体格が大きい割には重くない 中量級 が、運動性能に優れる。 ヌマクロー• 姿はクッパjr. には余り似ていない。 アチャモ• ワカシャモを弱くした感じのキャラになりそう。 ジャローダ• ジャノビーを重戦車タイプにしたキャラクターになりそう。 ゼラオラ• 圧倒的なスピードとパンチ中心の格闘技で相手を翻弄するスピードファイター。 スピードとしてはCFより上、ソニックに肉薄するほど。 最後の切りふだは「プラズマフィスト」。 ピクミン [ ] アルフ(登場済み)• ピクミン3からアルフが参戦。 登場するにあたり、オリマーは首になるか、紫と白はオリマー専用、岩と羽はアルフ専用となる可能性がある。 オリマーは残留が決定したが、果たして?• オリマーの同型モデル替えでした。 ルーイorブリトニー• オリマーのスピード系のモデル替え。 ブリトニーはルーイの色替え。 社長orチャーリー• こちらはオリマーのパワー系のモデル替え。 チャーリーは社長の色替え。 Mii [ ]• 「Miiファイター」として条件付 肖像権等の問題により『オンライン対戦』モードの『だれかと』での起用が不可能 ながら参戦決定。 スマブラでも自分だけのオリジナルキャラクターを作れるようになる。 最後の切り札は選択制。 専用ステージは「ウーフーアイランド」• やっぱりここも「作ったステージ」でしょう。 東北大学未来科学技術共同研究センター川島隆太教授監修 脳を鍛える大人のDSトレーニング [ ]• 川島教授が登場、空中に浮きながら脳トレ攻撃をしてくる。 最後の切りふだで鬼に変身する。 アシストフィギュアでした。 実際には、1桁の数字が飛んできて和が10になれば攻撃できるというものだそうだ。 Splatoon [ ] 登場済み• インクリング SPECIALから• 発売後すぐにメインキャラであるインクリングが参戦するという異例の好待遇だった。 何気にサブウェポン使用時の消費量が原作よりも少ない。 任天堂以外 [ ] ソニック・ザ・ヘッジホッグシリーズ [ ]• 参戦済み:ソニック• テイルスは上Bでシッポを回してしばらく自由に飛び回れる• ナックルズは横Bで滑空パンチを繰り出し、途中で壁に当たった場合は壁に張り付いて壁登りができる。 エミーはピコピコハンマーを振り回して攻撃。 ルージュは4回空中ジャンプができる。 シャドウはBでカオスアタック、下Bでカオススピアを発射。 最後の切り札は時空をゆがめるカオスコントロール。 クリームは上Bでホバリングができる。 ロックマン [ ]• アイテムに「E缶」と「アイテム2号」が追加される。 チャージ射撃ももちろん装備。 2コンのとあるボタンを足で押えながら穴に落ちると無敵に。 ステージの音楽は「エアーマンが倒せない」のカラオケ。 おっくせんまんのJAM Project版希望。 「Dr. Wily Stage II」(第2作)のほうが公式だしいいんじゃないか?もしくは10のワイリーマシン戦。 「ロックマン原曲メドレー」として同曲も入っています。 2014年に3DSとWiiUにて発売される最新作に参戦決定!! 声は誰になるのだろう?• 最後の切り札にて、歴代ロックマン(ロックマン、エックス、ロック・ヴォルナット、エクゼ版ロックマン、星河スバル)が揃い踏み!! ブルース• 通常必殺ワザ:ブルースバスター• チャージをするとブルースストライクやビッグバンストライク• 横必殺ワザ:ブルースシールド• 上必殺ワザ:トライアタック• ロックマン7からのサンダーストライク、フリーズクラッカー、バーニンホイールが使われています。 下必殺ワザ:ブルースの特集武器• ロックマン5、ロックマン6の特集武器を選んだりします。 選んだ後は特集武器を使う。 最後の切り札:ライトナンバーズとサポートロボット• 演するのは、エディ、ビート、タンゴ、ライトット、デュオ、ボンドマンというキャラクターと一緒に攻撃をします。 ロール• 通常必殺ワザ:• 横必殺ワザ:• 上必殺ワザ:• 下必殺ワザ:• 最後の切り札:ロールオールスターズ• 演するのは、ナナ、ロール・キャスケット、エクゼ版ロール、響ミソラというキャラクターと一緒に攻撃をします。 パックマン [ ]• プレイヤーキャラにパックマンが参戦。 通常必殺ワザは、食べる。 最後の切りふだは、一定時間無敵になり、猛スピードで体当たりできる。 アイテムにパワークッキーが追加。 スーパースターと同じ効果。 ストリートファイター [ ] 参戦済み• リュウ forから• ケン・マスターズ SPECIALから• スマブラシリーズで初のアーケードを出しそうな予感。 残念ながら? 、史実では据え置き型での参戦だった。 リュウ• 通常必殺ワザ:波動拳• 横必殺ワザ:竜巻旋風脚• 上必殺ワザ:昇龍拳• 最後の切りふだ:真空波動拳• 下必殺ワザは、思いつかなかった…• 漫画に出てきた「風の拳」はどうかな?• 当たりにくい代わりに、当たったら大きく吹っ飛ぶ。 真空波動拳を下必殺にして、最後の切り札を殺意の波動覚醒にするのは?性能は小さくしたギガクッパ的な感じ。 ただし真空波動拳はゲージが溜まっていないとフェイント技の波動の構えになる。 2015年6月、ついにガチで追加要素で参戦決定。 ストIIIがベース。 って事は、中の人は草薙素子と同じ人になるな。 そういえば中の人、 魔女ですから。 通常必殺ワザ:百裂脚• 横必殺ワザ:気功拳• 上必殺ワザ:スピニングバードキック• 下必殺ワザ:覇山蹴• 最後の切りふだ:鳳翼扇 ザンギエフ• 通常必殺ワザ:ダブルラリアット• 横必殺ワザ:バニシングフラット• 上必殺ワザ:フライングパワーボム• 下必殺ワザ:スクリューパイルドライバー• 最後の切りふだ:ファイナルアトミックバスター ベガ• CVは若本。 緊急回避でベガワープを使う。 通常必殺ワザ:サイコクラッシャーアタック• 横必殺ワザ:ダブルニープレス• 上必殺ワザ:ヘッドプレス• 下必殺ワザ:サイコバニッシュ• 最後の切りふだ:ニープレスナイトメア 豪鬼• 通常必殺ワザ:豪波動拳(地上)、斬空波動拳(空中)• 横必殺ワザ:竜巻斬空脚• 上必殺ワザ:豪昇龍拳• 下必殺ワザ:阿修羅閃空(地上)、天魔空刃脚(空中)• 最後の切りふだ:瞬獄殺 モンスターハンター [ ] 参戦済み• リオレウス SPECIALから アシストとして登場、さらにアドベンチャーでまさかのボス敵としても登場。 クラウド forから• クラウド・ストライフが配信キャラとして、まさかの参戦! チョコボのぼうし(Miiファイター用)も配信! セフィロス• 剣関連の攻撃はマルスやベレスと同じく剣先に当たればダメージが大きくなる。 カービィと同じく5回くらいはジャンプできる 翼で5回ジャンプできる。 通常下攻撃は名前にはないが、獄門という技を使用する。 通常上攻撃は同じく名前はないが、天照という技を使用する。 通常必殺:ブラックマテリア• 溜める事が出来、溜めた時間によって技が変わる。 横必殺:居合い切り• 上必殺:漆黒の翼• 下必殺:閃光• カウンター技だが、FE系キャラ等と異なりガードしなくても攻撃に入ってしまう。 最後の切り札:スーパーノヴァ• 全体攻撃。 ペルソナ5の主人公 SPのDLCから P4U参戦者• ここに当てはまるキャラは意外とやりやすそう ドラゴンクエストシリーズ [ ] 参戦済み• DQ11主人公、DQ3勇者、DQ4勇者、DQ8主人公 SPのDLCから DQ1勇者• プレイヤーキャラクターに勇者(I)、ダッシュファイターで勇者(III)で登場。 技とかは2人分まとめて。 通常必殺ワザ:ギラ、長押しでベギラマに変化• 横必殺ワザ:つうこんのいちげき• 上必殺ワザ:ルーラ• 最後の切り札:ライデイン• アシストフィギアでりゅうおうが登場 餓狼伝説 [ ] 登場済み• テリー・ボガード• 必殺ワザは以下のとおり。 通常必殺ワザ:パワーウェイブ• 横必殺ワザ:ライジングタックル• 上必殺ワザ:バーンナックル• 下必殺ワザ:パワーゲイザー•

次の

スマブラSPでこの中で参戦する可能性があるキャラはありますか? ...

スマブラ ハンター 参戦

今回のアンケートでも、10年を軽く超える歴史を持つ作品も並んでおり、支持の厚さを改めて感じるばかり。 そんな強豪がひしめく中、2017年に発売された『ニーア オートマタ』の「2B」が、見事に第5位を勝ち取りました。 『ニーア オートマタ』は、開発を手がけたプラチナゲームズが得意とする優秀なアクション性が光り、2Bを操作して繰り出す攻撃の数々は爽快感たっぷり。 彼女を使いこなして立ち回る感覚は、刺激と興奮に満ちたプレイ体験でした。 それを思えば、「『スマブラ』でも2Bを操作してみたい!」といった気持ちが沸き上がるのも、ごく自然なことでしょう。 ・原作が面白かったし、見た目がお洒落だから。 ・2Bはゲーム内では色々な武器で多彩で、派手な攻撃を行い面白いと感じたし、音楽も良いものなので2Bを要望させて頂きました。 ・ロゼッタのように追従する小型キャラ『ポッド』や、ジョーカーのペルソナ、ベヨネッタのマダムバタフライのように近接攻撃時に出現する装備武器など、スマブラspでの再現例に近いキャラであるため。 ・キャラクターが際立っている。 2B以外に7SやA2とキャラクターが存在しており、7Sに関しては武器を投げる、ハッキングと他にはない能力を持っている。 武器も4種類あり自爆もあるため技には困らない。 また、Miiキャラクターとしてエミールを入れることもできる 顔だけ。 『ゼノブレイド』シリーズからは、一作目の「シュルク」が既に参戦しているので、彼の存在が予想・要望の追い風になった模様です。 シリーズ展開として言えば、追加コンテンツ『黄金の国イーラ』が2018年に登場しましたし、『ゼノブレイド』のリメイク版が2020年に登場予定と、話題性も充分。 レックスは、原作では「ホムラ」や「ヒカリ」といったブレイドと共に戦っているため、『スマブラSP』に参戦するとしたら、彼女たちのサポートも楽しみです。 リメイクもでるし、タイムリーじゃないかと思った。 ・ブレイドスイッチを再現した面白い戦い方が出来そう。 なによりゼノシリーズがすきだから。 ・ゼノブレイド2はニンテンドーSwitchを代表する名作だと思うので。 ・桜井氏が「SP発売には間に合わなかった」と言ったが作りたかったという意思は感じられ、かつゼノブレイドシリーズからの参戦がシュルク1人のため。 ・原作で思い入れがある ・ホムラとヒカリの切り替えや多彩な武器などファイターとして闘えたら面白そう ・スマブラより後発のFE風花が間に合うなら出して欲しい。 最新作『モンスターハンター:ワールド』やDLC『アイスボーン』でも変わらぬ活躍を見せるプレイヤーの分身が、『スマブラ』ファイターとして強く望まれています。 原作で見た目をある程度カスタマイズできるキャラクターは、「ルフレ」をはじめ既に参戦済みなので、ハンターの実装も充分可能性があります。 多くの武器が使えるのも『スマブラ』向きの特徴ですし、『ワールド』の世界的なヒットもあるので知名度も充分。 もし実装が決まれば、国内外で喜びの声が挙がることでしょう。 ちなみに『モンスターハンター』シリーズからは、「アイルー」や「ニャンター」の参戦希望も複数集まりました。 ・アシストフィギュアでリオレウスがいるんだから、それを狩るハンターが参戦してもおかしくないはず。 ・遺跡平原にリオレウス、BGMまでせっかく一部実装して頂いたのを機会に、このBGMや遺跡平原をストーリーやアシストだけで終わりにする事無く、スマブラに参戦して貰って活躍して欲しいです。 ・武器も装備バリエーションも豊富で、アイルーという相棒も居るので出しやすいように思います。 シリーズ1作目がリリースされたのは2001年8月で、もちろんダンテが主人公を務めました。 そして、ナンバリング最新作『デビルメイクライ5』でもダンテは健在。 今も変わらぬ存在感が、多くのユーザーを魅了しています。 初代と2作目がニンテンドースイッチにもリリースされ、更に『デビル メイ クライ3 Special Edition』が2月20日にリリース。 任天堂ハードでの活躍も続いており、それだけの参戦の期待も膨らみます。 魔人化など切り札に組やすい能力もあるので。 ・他の作品でも実現していない、ダンテ対ベヨネッタが見たい。 ・4つのスタイルとデビルトリガーを使えたら楽しそうだと思ったから。 あとキャラの色変えの時はシリーズ事に変えるとまた面白そうだと思います。 ・国内外で人気が高くアクション性の高いゲームだから。 あと何と言ってもアクションがカッコいいから。 ・Devil May Cryシリーズは技がかっこいいし、海外での評価も高いシリーズ。 ダントツで抜きんでるほどの要望および予想を集める結果となりました。 ソラを推す声には、「最高にかっこいいから」と彼に惚れ込んだ意見を出す方もいれば、「海外でも人気」「任天堂ハードに出たこともある」といった理由を語る人もおり、届いたコメントは実に様々。 ですが、「ソラに参戦して欲しい」という熱い想いは共通しています。 以前から『スマブラ』への参戦が期待されているキャラクターのひとりでしたが、その要望と熱意の大きさを改めて実感させてくれたアンケートとなりました。 ソラを含め、ユーザーが望むキャラクターたちが、今後の『スマブラ』を大いに盛り上げて欲しいと願うばかりです。 ・国内外問わず参戦要望が非常に多いキャラクターだと思われるので。 ・ディズニーは厳しいとは思うけど、要望だけは本当に多いからもしかしたら? ・KHシリーズのソフトはGBAやDSでも発売されているので、参戦の可能性はあると感じるから。 ソラの必殺技で、ドナルド・グーフィー・ミッキーなどのディズニーキャラが活躍するのをこの目で見てみたい! ・「キングダムハーツ」シリーズがすごく好きで、主人公のソラが任天堂の猛者達と戦う姿を見てみたいから! ・クラウドや勇者と並ぶスクエニの看板で世界的に知名度が高く彼が出れば日本、海外ともに盛り上がる。 話題性も高くおそらくスネークやクラウド並みのインパクトがあるキャラはもうソラくらいしか残っていないのではないだろうか。 ・キングダムハーツというキラーコンテンツの主人公。 国内外共に人気のキャラクターであり、技も豊富。 カラーチェンジでロクサスやヴェントゥスになることも出来るようになるとより一層深みが増す。 期待大。 《臥待 弦》.

次の