ほうれん草 名前 の 由来。 ほうれん草の由来や語源は何?仏教?地名?

ドラゴンボール サイヤ人一覧【名前の由来まとめ】

ほうれん草 名前 の 由来

ほうれん草の漢字をご存知な方はいますか。 これって、知っていそうで案外知らない方の方が断然多いのです。 実際には、すごく難しい漢字を用いて書かれています。 ほうれん草は「菠薐草」と書きます。 「草」という漢字は、現代においても頻繁に使用されていますが、「菠」「薐」についてはほとんど見たこともないと思います。 「菠薐(ほうれん)」については、ほうれん草の原産地であるペルシャを指しているそうです。 これは、回教徒の聖地巡礼によって、日本へ渡ってきたのがその流れであり、当時の日本においてほうれん草は「唐菜(からな)」と呼ばれていたそうです。 漫画『ポパイ』の影響は大 日本でほうれん草が飛躍的に需要が増えたのは、昭和時代が始まりであると言われています。 これは、「ポパイ」の漫画が大きく影響していたからです。 昭和時代に生まれ育った方であれば、ポパイをよくご存知だと思います。 その当時から、「ほうれん草を食べることで強く元気になれる」といったイメージを持ったまま現在に至っていませんか。 このポパイが影響したことにより、アメリカでのほうれん草の需要は10年間物間に6倍にも膨れたと言われています。 テレビは、この頃から私達の生活の中で大きな影響を与えていたことが分かりますね。 ほうれん草の原産地 ほうれん草は、ヒユ科アサガ亜科ホウレンソウ属に属し、その原産地はアジアペルシャ地方であると言われています。 ほうれん草は、料理の基本としてとても人気であったことから、庶民にも慕われるような野菜として定着しました。 ほうれん草の語源や由来は? ほうれん草の語源については、ペルシャから伝わった伝説と、ネパールから伝わった伝説があると言われています。 ペルシャ説 ペルシャから唐に伝わった伝説としては、ほうれん草は、ペルシャで栽培が始まりました。 「菠薐(ほうれん)」は中国の唐時代にペルシャのことを「「菠薐国」と呼んでいて、この時にほうれん草は「ポーリン」と呼ばれていました。 ネパール説 一方、ネパールから唐に伝わり、ネパールの地名「頗陵(ポリン)国」に由来するとも言われているのです。 そして、「ポーリン」から「ほうれん」といった発音に変化していったのだそうです。 ネパールから伝わった伝説としては、ほうれん草は「菠薐草」と名付けられ、その唐音の呼び名がそのまま日本に伝わったと言われています。 ほうれん草にはどんな品種がある?• 東洋種• 西洋種• 交雑種 東洋種の特徴 東洋種は、7世紀にネパールより中国に渡り誕生しました。 東洋種はほうれん草の葉が薄く、葉先が尖っていて根は鮮紅色です。 西洋種のほうれん草と比較してもアクが少ない為、日本人好みの食感や味をしています。 西洋種の特徴 西洋種は、2世紀以降に北アフリカからヨーロッパへ、そしてそこで誕生しました。 西洋種は、ほうれん草の葉が厚めで波状に縮んでいる品種が目立ち、根が赤く淡いです。 また、葉全体的にも土臭い臭いがする上にアクが強い為、日本人好みの味ではないと言われています。 しかし、東洋種のほうれん草よりも収穫量が多いのが難点です。 実際にほうれん草が日本に伝わったのは、江戸時代となる16世紀頃であり、最初に中国からの東洋種が渡ってきたそうです。 その後、フランスやアメリカから西洋種が渡ってきました。 しかし、東洋種と西洋種で同じほうれん草でも、日本人の口には西洋種が合わなかったと言われています。 その為、西洋種のほうれん草は日本に渡ってきても普及することはありませんでした。 交雑種の特徴 東洋種と西洋種の良いところをまとめて品種改良し、出来上がった交雑種です。 また、日本で本格的にほうれん草が広まったのは昭和時代です。 この頃、ほうれん草の栽培方法に駆使しながらも、東洋種と西洋種の良いところを品種改良させた交雑種を生み出しました。 交雑種は、アクが少なく歯ごたえも抜群、かつ、葉がしっかりとしたものが多いと言われています。 そして、現在のほうれん草の生産は、東洋種と西洋種の交雑種であるほうれん草が栽培されているのです。 ほうれん草の旬の時期は ほうれん草は、もともと冷涼となる気候の際に収穫高が多くなる野菜である為、旬は冬であると言えます。 最近ではハウス栽培などが盛んに行われていることから、ほうれん草は通年見られる野菜でもあります。 しかし、冬季に収穫されるほうれん草こそ、葉の色が鮮やかな緑色が濃く、甘味も多く、そして栄養価も夏季収穫時よりも断然高く、とても美味しくいただけると言われているのです。 特に初霜が降りると言われている11月~3月頃が一番の旬の時期であり、最高に美味しい時期だと言えます。 ほうれん草はどこで作られる? ほうれん草は、冬季においては、群馬県や福岡県、埼玉県、愛知県が中心となり栽培されます。 また、下記は北海道や群馬県、岐阜県の高冷地、そして石川県が中心となり栽培されています。 美味しいほうれん草はどれ?選び方と調理法! では、美味しいほうれん草の選び方や調理法をみていきましょう。 ほうれん草の選び方は? ほうれん草は、葉先がしっかりとまっすぐ張っていて、根元が鮮やかな紅色のものがとても新鮮です。 できれば茎も太く、葉が大きいものほどほうれん草本来の旨みが凝縮されていると言えます。 ほうれん草を購入する際は、このような点に気を付けて選んでみてください。 ほうれん草の栄養価は? ほうれん草には、カロチンやビタミンB2、ビタミンC、葉酸、そしてカリウムや鉄分といった豊富な栄養素が含まれています。 特にカロチンについては、摂取することで体内において皮膚粘膜を作る為のビタミンAに変化することから、肌荒れ改善の効果があると言われています。 また、抗菌作用や身体の免疫力アップに繋がり、風邪予防にも効果的です。 ほうれん草の上手な調理方法 洗い方 ほうれん草は根元にこそ旨みが凝縮されていることから、この部分は切り取ることなくキレイに洗って調理しましょう。 特に根元に土が付着していることが多い為、指先で軽く揉み洗いするように土を綺麗に落としましょう。 購入後、葉がしんなりとしているようであれば、10分ほど冷水にくぐらせておくと水分を吸収し、シャキッと元気になります! ほうれん草の茹で方 ほうれん草はシュウ酸が含まれている為、下茹でを行い、冷水にくぐらせて冷まして水気をしっかりと取ってから調理しましょう。 この時、ほうれん草に含まれるビタミンCは水に溶けやすい上、熱でも壊れやすいことから、短時間でサッと茹でる程度に留めてください。 できるだけ素早い行程で行うようにしましょう。 美味しいほうれん草レシピ このように、ほうれん草はお浸しなどシンプルな調理法でも美味しいものです。 ぜひ、試してみてください。 さいごに.

次の

ホウレンソウ,ほうれんそう(菠薐草)の花言葉

ほうれん草 名前 の 由来

ほうれん草が口の中でキシキシするのはなぜ?! 理由 ほうれん草を食べると口の中がキシキシする理由は、ほうれん草に含まれる、微量のシュウ酸のせいだそうです。 このシュウ酸が口の中の唾液に含まれるカルシウムと結合して、物理的にエグミになり、歯がキシキシして感じるようになるそうです。 これは個人差があり、キシキシを感じない人もいらっしゃるそうです。 また、シュウ酸は、鉄やカルシウムの吸収を妨げ、貧血やカルシウム不足による骨粗鬆症や結石を作りやすくなることが証明されているようです。 このような話を聞くと心配になりますよね。 食べ過ぎなければ大丈夫とはよく聞きますが・・・食べ過ぎって一体どのくらいなのでしょう・・・。 具体的には、シュウ酸の影響が現れてくるのは、生で1キログラム以上食べ続けた場合だそうです。 ですので、あまり心配しないでくださいね。 スポンサードリンク 対策 ほうれん草を食べた時の口の中のキシキシを感じなくさせる方法はずばり「あく抜き」だそうです。 お湯約2リットルに、塩大さじ1~2杯入れて、茹でるときは根元からいれるそうです。 30秒ほど入れたら、全体も入れ、軸に歯ごたえが残るくらいで引きあげ、冷水に取ります。 2~3分さらし、ざるに上げて自然に水切りをします。 水にさらし続けると、もともとは栄養満点なほうれん草なので、栄養分がぬけてしまいます。 あく抜きの前に、良いほうれん草を選ぶこともおいしくほうれん草を食べるコツだそうですよ。 最近、市場に出回っているのは、西洋品種のほうれん草で、この種類は根元も赤くないものが多いそうです。 良いほうれん草の選び方は、肉厚で緑濃いもので、軸がむっちりと太いことがポイントだそうですよ。 また、 調理方法の工夫としては、胡麻和えにすると、胡麻に含まれるカルシウムとシュウ酸があらかじめ結合するので、食べてもエグミを感じにくいそうですよ。 ぜひ試してみてくださいね。 他にも、「サラダ用のほうれん草」があるそうです。 これは生食用に品種改良されたサラダ専用の種類だそうです。 生で食べたいと思われている方はこちらを購入されると良いですね。

次の

ナスの名前!由来は?

ほうれん草 名前 の 由来

「ほうれん草」 の由来についてまとめたエッセイです。 由来だけ手っ取り早く知りたい人は下のほうまで飛ばして読んでね。 「ほうれんそう」とは、報告・連絡・相談のこと。 人と人とが物事を進めていく上で絶対に必要なこと。 私はこのうち相談が苦手でいつも怒られます。 自分勝手、独りよがりな行動をとり、後々大目玉を食らいます。 多勢ごとは特にみんなの意見を聞くのが大切。 絶対も無ければ間違いが起きないということもありえません。 皆さんも・・・・ おいおい誰か止めてくれよ。 今日のテーマはそれじゃないよ。 野菜のほ う れ ん 草。 「菠」「薐」 どちらもあまり見かけない漢字ですね。 由来に関係あるのでしょうか。 この「菠薐 ほうれん」とは、原産地であるペルシャ(現在のイラン)のことだと言われています。 回教徒の聖地巡礼より中国を経て江戸へ きたといのがその流れ。 中国から日本に入ったため、当初は「唐菜 からな」と呼ばれていたと言います。 ネパールから唐に伝わったので当時のネパールの地名である「頗陵(ポリン)国」に由来するという説もあるそうですが、原産国とネパール、中国の位置関係を見ると前の説が有力なようですね。 日本においてのほうれん草の需要が飛躍的に伸びたのは昭和になってからだといいます。 これはなぜだと思いますか? なるほどなるほどそれはなんと・・・ アニメの「ポパイ」 確かに確かに私の記憶にも残っています。 「ほうれん草を食べると強くなれる」というイメージ戦略が功を奏したようで、本国アメリカではほうれん草の需要が10年間で6倍にも増えたとか。 テレビの影響って恐ろしいですね。 一言コメントする メールアドレスは公開されません。 一言コメント You may use these HTML tags and attributes: ニックネーム 上に表示された文字を入力してください。 (スパム対策).

次の