カー シェア 休憩。 カーシェアリングの利用者数と利用率の推移

カーシェア、「仮眠」目的も多く ドコモ調べ :日本経済新聞

カー シェア 休憩

カーシェアとは?その仕組みや利用方法と大手サービス事業者の料金プランも紹介 カーシェアは、今後ますます定着していくサービスで、利用者も増えていきその利便性も増していくシェアリングエコノミーを代表するビジネスです。 シェアリングエコノミーとは、物を個人が所有するのではなく、一定のルールに従った複数の人で共有し合おうという考えのもとで、経済活動を行っていこうとする考えかたです。 今後、加速するシェアリングエコノミーの流れを受けてサービスの幅を広げていくカーシェアの仕組みやその利用方法、大手サービス事業者の料金プランも紹介します! また、NTTドコモが2017年の11月からスタートさせたカーシェアビジネス「dカーシェア」の話題についても取り上げます。 カーシェアはルールを守りみんなで車を使うヨーロッパ発祥の仕組み カーシェアリング発祥の地はヨーロッパで、複数人で同一の車を利用するというシステムは、日本ほどに公共交通機関が発達していない地域の生活の足として代用させる形で生まれました。 車の購入費用や整備費、車検などの車にかかる維持費は、車を利用する人達で出し合います。 日本で普及しつつあるカーシェアリングは、ヨーロッパで誕生した方式とは異なり、サービス運営会社に会員登録をしたユーザーが会社の所有する車を希望時間に合わせて料金を支払って利用する仕組みです。 カーシェアリングの大手企業の特徴と料金プランを紹介 日本でサービスを行っている大手カーシェアリング企業の「オリックスカーシェア」「タイムズカープラス」「カレコ・カーシェアリングクラブ」「アースカー」の料金を紹介します。 使えば使うほどお得になるオリックスカーシェア オリックス自動車が運営する「オリックス カーシェア」は、関東・東海・近畿の大都市圏を中心にサービス展開しながら、積極的に事業展開を拡大し沖縄県などにもサービスエリアを広げています。 オリックス カーシェアの料金プランは、長時間パックがライバル企業よりもお得です。 特に、ポイント毎にステージが上昇していく最上クラスのプラチナステージでは、月額基本料が無料となり夜間パックでは、一部車種を除けば無料でサービスを利用することが出来ます。 オリックスカーシェアでは、サービスを利用すればするほどお得感を味わえます! スタンダードクラスに分類される車種は、アクアなどのコンパクトカー・プリウスなどのセダン・フィットシャトルなどのステーションワゴンやミニバンなどです。 デラックスクラスに分類される車種はエクストレイルなどのSUVとワゴンタイプの車です。 初期費用はカード発行手数料が1,550円で、月額基本料金の1,030円は学生プランや法人プランで申し込めば無料となります。 車両台数は2万台近くを保有しています! サービス料は、コンパクトカーなどが該当するベーシッククラスが15分ごとに206円、外国車などが該当するプレミアムクラスが15分ごとに412円となります。 パックメニューには、「12時間パック」や「アーリーナイトパック」などが用意されていて、 距離料金として「6時間パック」以外は1Km走行毎に16円が加算されます。 累進割引率 利用時間 時間料金単価割引率 0時間~3時間 0%引き 3時間~6時間 20%引き 6時間~12時間 70%引き 12時間~24時間 80%引き カーシェアサービスの利用の仕方は簡単 カーシェアの運営会社に会員登録をして、車を使いたい日にちと時間が決まったら、パソコンや携帯電話で予約を行えば簡単にサービスを利用する事ができます。 当日は車が置いてあるカーステーションに向かって、会員カードや携帯電話などを使って予約している車の施錠を行います。 車の利用が終わったら同一のカーステーションに車を戻して会員カードと携帯電話を用いて施錠を行えばサービスの終了となります。 カーシェアとレンタカーの違いは「走行距離」と「利用時間」の料金 日本で主流となりつつあるカーシェアリングは、会社に所有権のある車を会員が希望する日時に合わせて利用するシステムであり、レンタカーサービスとの類似性もあります。 互いの相違点は、「走行距離」と「利用時間」がかかわる料金プランです。 レンタカーは旅行先でサービスを利用するケースが多く、長時間・長距離の移動を想定しての料金プランとなっています。 一方のカーシェアリングは、生活の拠点を置く地域で利用するケースが多く短時間の利用を想定した料金プランとなっており、 同一の車を長時間利用した場合にはレンタカーの方が割安となる事がほとんどです。 カーシェアリングの車は、借りた場所に返却する事が前提となります。 そのため、レンタカーのように系列店に乗り捨てることは出来ません。 カーシェアリングのメリット・デメリット カーシェアリングのメリットやデメリットを紹介します。 メリットは、24時間好きな時間帯に車を使えて、レンタカーのように担当者に身分証明書をみせ、必要な書類にサインする等の手続きは省かれるため簡単に車を利用できることです。 また、レンタカーを利用した際には、ガソリンを満タンにして返却しなければなりませんが、カーシェアリングの場合には燃料を満タンにして返却する必要はありませんし、燃料代はかかりません。 給油は燃料が各社定めた一定量以下となれば、次の利用者の事も考えて車内に置かれているクレジットカード決済で行います。 カーシェアリングのサービス料には、燃料代も含まれているため会社負担となります。 利用者が給油を行った場合には、手間賃としてサービスの一部が割り引かれる料金プランを用意する事業者も多くあります。 デメリットは、近所にカーステーションがないと利用がしにくく、レンタカーのように前利用者の使用後にスタッフが随時メンテナンスチェックを行わないため、車内が汚れているなど状態の悪い車も想定しなければならない事です。 通信業界の雄・ドコモは、2017年11月8日から個人間でカーシェアリングができる「dカーシェア」のサービスをスタートしました。 同サービスではアプリを利用して個人が所有する車の中から、目的や場所、予算に合わせた車をレンタルすることができます。 dカーシェアでは、「事業者が運営するカーシェア」「レンタカー業者」をアプリ上で選択できるだけではなくて、個人所有の車を利便性に即してカーシェアできる「マイカーシェア」のサービスも展開します。 マイカーシェアは、ドコモが独自に行う新サービスで、クルマのオーナーが、クルマの利用を希望するドライバーに車を直接貸し出すシェアシステムです。 利用希望者は、アプリを使って直接オーナーに申し込み、予約する際に車両保証や対人・対物賠償がセットになった「1日自動車保険」に加入してから、オーナーとやり取りを決めた場所でクルマの受け渡しが行われます。 お金のやり取りはその場では行わずに「dカーシェア」上での決済となるため安心感もともないます。 dカーシェア専用のコールセンターを設けて、24時間・365日サポート体制を整えてトラブル発生時にはスムーズに対応します。 また、システム面ではオーナーと利用者、ドコモが3者間でチャット機能を用いて事前にコミュニケーションをとり、相互評価を行い過去の利用状況を確認した上での利用となります。 ドコモが不適切であると判断した人物はサービスを利用することができず、利用規約に違反する行為をしたユーザーにはサービスを停止する処置をとって、更なる安全性の強化をはかります! カーシェアは今後広まっていく!シェアリングエコノミーの普及と浸透の流れを受けて カーシェアは今後ますます広まっていきます。 それは、カーシェアも分類されているシェアリングエコノミーが社会に普及して浸透していくからです。 経済産業省の報告によると、2013年に世界で150億ドルであったシェアリングエコノミーの世界の市場規模は、2025年には10倍以上の3350億ドルになると予想されています。 市場規模が急成長する背景には、スマホなどでSNSを利用する事で個人と企業・個人と個人との距離が近づくことが大きく影響を与えています。 NTTドコモが始めた新サービス「dカーシェア」は拡大するカーシェア市場を狙ったものです。 シェアハウスという言葉が定着していったように、今後はカーシェアという言葉も定着していきます。 シェアリングエコノミーがどんどん普及していけば、車や物は所有することが当たり前の時代から上手に賢くシェアする時代へと変わっていくでしょう。 社会と密接なかかわり合いをもつ車をシェアする流れが加速していけば、法体系や諸制度もそれに付随して変わっていきます。 そんな未来社会では、個人は一台の車の所有者となるのではなくて、複数の車をシェアすることで、沢山の車に乗れる喜びを味わっているはずです。

次の

カーシェアで車中泊〜ガソリン代も距離料金もかからずエアコン使い放題

カー シェア 休憩

それが月額で最大30万円という事。 誰も借り手がいなかったら0円。 なんなんじゃ、そりゃー!!!! 車を貸す側としてはデメリットの方が大きくて、とてもとても貸す気にはなれませんな。 そういうビジネスモデルが成り立つのが不思議ですね。 カーシェアリングビジネスって固定費が大きいんですよ。 駐車場や、車両の購入・維持にかかるお金が。 借り手がいなくても駐車場代金やら車両の減価償却やらのお金が無くなっていきます。 これをユーザーに押し付ける事で、カーシェアリング企業自体が駐車場も車両も持たなくて良い。 借り手がいなくても、本社の運営経費だけしか支出が無い。 リスクをユーザーに押し付けて、自分は手数料で儲ける。 机上の空論としては良いビジネスだと思いますよ。 ほら最近の地銀なんか熱心に外貨建て保険を売りまくっているじゃないですか。 あれも為替変動リスクや運用リスクなんかを全てユーザーに押し付けて、銀行は高い手数料で儲けるビジネスですよね。

次の

カーシェアの利用者、約1割が「仮眠」「歌の練習」目的

カー シェア 休憩

ETC車載器が分かりにくいところに設置している理由とは PEXELS 以前は、ダッシュボードの上など分かりやすいところにETC車載器は設置されていましたが、レンタカーやカーシェアを利用する際には「 あれっ、ETCはどこ?」と探すことも少なくありません。 ほとんどのケースでは、 運転席や助手席の分かりにくいところやダッシュボードの中に設置されています。 もちろん、運転手を困らせようとしてわざわざ分かりにくいところに設置しているのではなく、見た目の問題もありますが、それ以上に セキュリティ上の理由からそうされています。 車上荒らしなどからすれば、車外からETC車載器にカードが刺さっているのが見えたら、このクルマには隙があるかも思われてしまいます。 つまり、セキュリティという面からは、 ETC車載器からはその都度カードは取り出すほうがよく、ETCカードををさしたままエンジンを切ると「カードが残っています」と比較的大きな音量でアナウンスされてしまいますから、メーカーもカードを取り出すことを推奨しているのでしょう。 短時間の休憩でもいちいちカードを抜き取るでしょうか? 今では、おそらくこのようなケースではカードはそのままにして休憩するという人も少なくはないと思われます。 その理由は 2つあります。 ETCカードは、高速道路などの有料道路での利用料金だけに利用できるカードとなっています。 つまり、たとえ車上荒らしなどによって、運悪く短時間の間にETCカードが盗まれたとしても、利用される可能性は極めて低くなります。 高速道路料金以外には使えませんし、仮に、高速道路のSAやPAで盗んだ場合にも。 出口だけで別のETCカードを利用することはできません。 ETCカードのシステムとして、入り口と出口の料金所で同一のETCカードを利用しなければなりません。 一旦高速道路から降りて、次の移動の際に盗んだETCカードを利用しようとしても、その間に、盗まれた人がカード会社や警察に通報していたら、ETCカードは利用できなくなりますし、 料金所で御用となる可能性大です。 ETC挿し忘れによるデメリットも pexels. com もう一つの大きな問題として、 ETCを刺し忘れた場合のデメリットが挙げられます。 たまの高速道路でのETCカード利用の場合、いったん抜いてしまうと、そのまま挿し忘れて出口の料金所まで行ってしまうというケースも少なくはないのです。 セキュリティという面からは、やはりその都度クルマから離れる際には、カードは抜きとるという習慣も大切でしょうが、そもそも クレジットカードとして利用される可能性は極めて低く、しかも 挿し忘れによるデメリットもありうるわけです。 A型で几帳面という方なら、クルマから離れる際にはETCカードを抜き取るというのもありでしょうが、そうでない場合にはかえってデメリットの方が強くなる場合も十分あります。 料金所出口でETCカードを挿し忘れに気づいた場合、もちろん事故の可能性もありますし、渋滞を引き起こしてしまうことにもなりかねません。 NEXCOやカード会社の推奨はどっち? PEXELS NEXCOやクレジット会社は、どちらを推奨しているのでしょうか? 調べてみたところ、当たり前ということかもしれませんが、 その都度ETC車載器からカードを抜き取ることを推奨していました。 これは、 挿し忘れることがないということが前提となっており、挿し忘れがデメリットになるということは、いったんおいてということでしょうね。 」というポスターもあります。 まあ、運転手さえ挿し忘れなければよいわけですから、これは当然の推奨となるのでしょう。 結局どちらがいいのか? PEXELS 結局どちらのほうがよいのかということになりますが、 理想ははやりその都度クルマから離れる場合には抜き取るということでしょう。 ただし、これは個人差もありますし、一人で運転している場合と、家族など他の人が同乗している場合で異なってくるでしょうね。 他の同乗者がいれば、互いに注意することで挿し忘れの可能性はかなりなくなるでしょうし、忘れていた場合にもすぐに差し込むことが可能です。 また、 物忘れが激しいという方の場合には、車上荒らしに盗まれて不正利用されるという可能性よりも、挿し忘れて事故などに遭う可能性のほうが高いかもしれませんので、このケースでは、差し込んだままにしておくほうがよいかもしれません。 どちらのリスクのほうがより大きいのか、自分で考えて判断するのが良いですね。 カーシェアでETCカードを利用する場合 photoAC カーシェアのクルマにはETC車載器が常備されていますので、ETCカードを準備すれば、いつでも高速道路などで利用することが可能です。 最近は、高速道路のSAなどでも多くのカーシェアの車両を見かけますので、カーシェアでETCカードを利用している人も相当増えているはずです。 カーシェアのクルマに備え付けてある給油カードはETCカードではありません。 ETCカードは、所有するクレジットカード会社で発行してもらう必要があり、自分で用意しなければなりません。 カーシェアで利用する場合にも、自分で前述のどちらのリスクが大きそうか判断して利用する必要があります。 また、返却時間が迫っている場合などはETCカードを抜き忘れることも多いので、十分注意して余裕を持って利用するようにしましょう。 なお、焦ってしまってETCカードを抜き忘れて返却処理した場合でも、 多くのカーシェアサービスでは一定時間内であれば一度だけクルマを解錠することができます。 時間が過ぎてしまっている場合には、なるべく早く サービスセンターに連絡して対処するようにします。 個人的には、トイレ休憩だけなら抜き取らないかもしれませんが、食事などで一定時間以上休憩するのなら抜き取っていくと思います・・・いや、抜き取らないか? いずれにせよ、車上荒らしなどに盗まれるリスクと、挿し忘れるというリスクを自分自身で判断してどうするか決めるのが良いでしょう。 カーシェア利用時にもETCカードを利用する人は増えていますので、理想的には都度抜き取ることですが、リスクを判断したうえで検討してみましょう。 そんなカーシェアリングを、あなたのお近くのカーステーションを探したり、レンタカーや他のカーシェアリング会社との料金比較ができる『』で探してみることをおすすめします!.

次の