寝かせ 玄米 レシピ。 酵素玄米を作る。腸が喜ぶ酵素玄米(寝かせ玄米)は、今までの玄米とは味わいが違います|ナイトウガラシ.com

酵素玄米を作る。腸が喜ぶ酵素玄米(寝かせ玄米)は、今までの玄米とは味わいが違います|ナイトウガラシ.com

寝かせ 玄米 レシピ

色んな種類を混ぜ込むほど、栄養バランスも味わいも総じて上がってくるものと思われます。 季節に応じて、その時収穫できたとうもろこしや栗、芋、南瓜(賽の目切り)、その他豆類なども入れても面白そう。 作り方の手順• 玄米と豆類、穀類をそれぞれ、いつものように普通に洗う• 蓋をして半日以上浸水。 玄米を発芽状態にすることで発酵力が高まります。 通常通り玄米を炊き上げる。 1日1回は全体を混ぜる(天地返し)• まぁ数日で食べきってしまいますが... 少なくなったら新たに酵素玄米を炊いて継ぎ足していくと良いです。 するとジャーの中で日に日に発酵が進み、美味しくなっていきますよ。 作り方の詳細 作り方は簡単に述べましたが、以下詳しく写真入りで1から説明していきます。 そして蓋をして半日以上寝かせ、玄米をプチ発芽(発酵)状態にします。 圧力鍋の場合は圧をかけて通常通り炊いてもいいし、炊飯器の場合は玄米モードでOKです。 すぐ食べられますが、3日目頃からが食べ頃と判断されます。 3日目以降、色濃く香り高い玄米ご飯を味わうことが出来ました!(2015. 12) 4.寝かせ玄米の継ぎ足し 継ぎ足しは随時行うことが出来ます。 1日消費した分を毎日継ぎ足すのが理想です。 炊飯器の場合 炊飯器の場合は、保温中のご飯を「おひつ」に取り出して、新たに玄米を炊いてから前の分を上に被せておくといいです。 鍋で炊いて継ぎ足す 圧力鍋で炊いたのを追加する場合、新しく炊いた酵素玄米を炊飯器に残った上から追加し、よく混ぜ、1日以上寝かせればOK。 おすすめ炊飯器 保温に使う炊飯器は「なでしこ健康生活」がおすすめです。 おすすめの圧力鍋 炊飯器のみでも作れますが、シラルガン圧力鍋があると色々と応用効きます。 シラルガン圧力鍋は、小豆の色味が玄米になじむ、119度ギリギリに設定された温度帯、これがおそらく一番ベストな火力です。 酵素玄米(寝かせ玄米)の効果 酵素玄米を日々のご飯と置き換えるだけで、小豆に含まれる抗酸化作用、美肌効果、血糖値の抑制、冷えやむくみの改善を始め、発酵(有用微生物もしくは酵素の働き)による腸内の浄化、免疫強化、あらゆる病の体質改善、便秘の解消、そしてダイエットに嬉しい効果があったりと、多くのメリットを兼ね備えています。 古くから伝わる日本食といえば、この酵素ご飯と味噌汁に漬物を主軸とした一汁一菜にあったと思います。 しかも、主食は決してお米一色では成り得なかった。 お米を豆や麦、粟、ひえ、芋、黒ゴマなど、土地柄や季節に応じた様々な雑穀類と炊き合わせてたのがポイントですね。 複合的な栄養素が絡み合い、発酵し、バランスの良い美味しさで炊きあがっていたと思います。 だから現代のお米でも、そういうふうに炊くとイイでしょう。 本物の味はどうなのか?一度味わってみると、ご自宅で作る寝かせ玄米が成功したかどうか、判断が付きやすいです。 玄米乳酸菌によるものか、小豆の酵素によるものか、或いは複数の要素が複雑に絡み合ってるのか真意は定かではありませんが、何らかの未知の力が働いているのは確かです。 特筆すべきは、小豆や黒ゴマのアントシアニンやサポニンからなる美肌、アンチエイジング効果ですよ。 熟成させた分だけエネルギーの持続性が高くなり、少食で済むようになるばかりか、美容に欠かせない多様なミネラルを、毎日のお茶碗一杯で賄えてしまう。 色々試してみると面白いかもしれませんね。 ぜひ皆さんも、酵素玄米(寝かせ玄米)を取り入れてみましょう. 熟成黒にんにくも一緒に(笑) 炊飯器の中に、にんにく1個としょうが1片、一緒に入れておくと、薬味の香りが美味。 14).

次の

酵素玄米・寝かせ玄米の作り方|炊飯器や圧力鍋で美味しく作るコツ

寝かせ 玄米 レシピ

色んな種類を混ぜ込むほど、栄養バランスも味わいも総じて上がってくるものと思われます。 季節に応じて、その時収穫できたとうもろこしや栗、芋、南瓜(賽の目切り)、その他豆類なども入れても面白そう。 作り方の手順• 玄米と豆類、穀類をそれぞれ、いつものように普通に洗う• 蓋をして半日以上浸水。 玄米を発芽状態にすることで発酵力が高まります。 通常通り玄米を炊き上げる。 1日1回は全体を混ぜる(天地返し)• まぁ数日で食べきってしまいますが... 少なくなったら新たに酵素玄米を炊いて継ぎ足していくと良いです。 するとジャーの中で日に日に発酵が進み、美味しくなっていきますよ。 作り方の詳細 作り方は簡単に述べましたが、以下詳しく写真入りで1から説明していきます。 そして蓋をして半日以上寝かせ、玄米をプチ発芽(発酵)状態にします。 圧力鍋の場合は圧をかけて通常通り炊いてもいいし、炊飯器の場合は玄米モードでOKです。 すぐ食べられますが、3日目頃からが食べ頃と判断されます。 3日目以降、色濃く香り高い玄米ご飯を味わうことが出来ました!(2015. 12) 4.寝かせ玄米の継ぎ足し 継ぎ足しは随時行うことが出来ます。 1日消費した分を毎日継ぎ足すのが理想です。 炊飯器の場合 炊飯器の場合は、保温中のご飯を「おひつ」に取り出して、新たに玄米を炊いてから前の分を上に被せておくといいです。 鍋で炊いて継ぎ足す 圧力鍋で炊いたのを追加する場合、新しく炊いた酵素玄米を炊飯器に残った上から追加し、よく混ぜ、1日以上寝かせればOK。 おすすめ炊飯器 保温に使う炊飯器は「なでしこ健康生活」がおすすめです。 おすすめの圧力鍋 炊飯器のみでも作れますが、シラルガン圧力鍋があると色々と応用効きます。 シラルガン圧力鍋は、小豆の色味が玄米になじむ、119度ギリギリに設定された温度帯、これがおそらく一番ベストな火力です。 酵素玄米(寝かせ玄米)の効果 酵素玄米を日々のご飯と置き換えるだけで、小豆に含まれる抗酸化作用、美肌効果、血糖値の抑制、冷えやむくみの改善を始め、発酵(有用微生物もしくは酵素の働き)による腸内の浄化、免疫強化、あらゆる病の体質改善、便秘の解消、そしてダイエットに嬉しい効果があったりと、多くのメリットを兼ね備えています。 古くから伝わる日本食といえば、この酵素ご飯と味噌汁に漬物を主軸とした一汁一菜にあったと思います。 しかも、主食は決してお米一色では成り得なかった。 お米を豆や麦、粟、ひえ、芋、黒ゴマなど、土地柄や季節に応じた様々な雑穀類と炊き合わせてたのがポイントですね。 複合的な栄養素が絡み合い、発酵し、バランスの良い美味しさで炊きあがっていたと思います。 だから現代のお米でも、そういうふうに炊くとイイでしょう。 本物の味はどうなのか?一度味わってみると、ご自宅で作る寝かせ玄米が成功したかどうか、判断が付きやすいです。 玄米乳酸菌によるものか、小豆の酵素によるものか、或いは複数の要素が複雑に絡み合ってるのか真意は定かではありませんが、何らかの未知の力が働いているのは確かです。 特筆すべきは、小豆や黒ゴマのアントシアニンやサポニンからなる美肌、アンチエイジング効果ですよ。 熟成させた分だけエネルギーの持続性が高くなり、少食で済むようになるばかりか、美容に欠かせない多様なミネラルを、毎日のお茶碗一杯で賄えてしまう。 色々試してみると面白いかもしれませんね。 ぜひ皆さんも、酵素玄米(寝かせ玄米)を取り入れてみましょう. 熟成黒にんにくも一緒に(笑) 炊飯器の中に、にんにく1個としょうが1片、一緒に入れておくと、薬味の香りが美味。 14).

次の

寝かせ玄米(酵素ご飯)の作り方

寝かせ 玄米 レシピ

まずは玄米食用のおいしい玄米()を購入します。 どうやら保管方法(乾燥のさせ方)で、発芽するしないが決まるらしく、 ちゃんとしたのを選ばないと発芽しません。 我が家でよく買うのはこの辺にまとめています。 関連記事: 発芽玄米の作り方• 35〜37度くらい(人肌)のお湯で玄米をよく洗う• ボウルか炊飯ジャーの釜に洗った玄米とお湯をたっぷり入れる• ラップするか蓋をして一晩置いておく• 胚芽の部分がほんのちょっとぴょんと上に伸びてれば完成 いかにも芽が出ました!くらいまで発芽させると美味しくないので、 ほーんのちょこっとぴょこんとすればOK。 写真撮るの難しいので絵を描いてみました(上図)が、 これでも伸びすぎな感じ。 もっとほんのちょこっとで。 季節によってもどのくらいで発芽するかが変わる気がするのですが、 春〜秋ならだいたい一晩(12時間くらい)で大丈夫。 冬にやったことがないので分かりませんが、もうちょっと長いのかも。 発芽してたら、お水を捨ててお米を一旦洗って、 炊飯器の規定の分量の水と塩をひとつまみ入れて、 普通に炊飯するだけです。 炊飯した玄米を3日寝かせて酵素玄米(寝かせ玄米)にする方法 で、炊きあがった発芽玄米をそのまま食べても美味しいのですが、 ここから炊飯ジャーの中で3日間保温しっぱなしにしておくというのが、 寝かせ玄米とか酵素玄米とかいうやつ。 よくあるやつは小豆を一緒に炊いたやつ。 うちでは小豆を入れる時もあるし、めんどくさい時は玄米だけ。 ギャバが増えて養たっぷりだとかなんとか。 あと低GIになるとか。 養のことはよく分かりませんが(そんなに気にしてない)、 さらにもっちもちの食感になって、単純に美味しいです。 そして買うより安い。 おにぎりにしても最高。 酵素玄米(寝かせ玄米)の作り方• 発芽玄米を炊飯する• 炊きあがったらかき混ぜてそのまま24時間保温• 1日経ったらまたかき混ぜてそのまま24時間保温• 上記を繰り返す• 炊飯から72時間たったところでやっと完成 だんだん色がヤバい感じになっていきます。 ヤバい感じになったら完成。

次の