浅野 アタカ 株式 会社。 浅野財閥

浅野財閥

浅野 アタカ 株式 会社

日立造船は7日、水処理事業を手掛ける子会社の浅野環境ソリューションと、同子会社のアタカメンテナンスを、19年4月1日付で合併すると発表した。 存続会社は浅野環境ソリューションで、合併後の新社名は浅野アタカとなる。 小規模の各種水処理施設の分野において、浅野はEPC(調達・設計・建設)とAOM(アフターサービス・運転・メンテナンス)を、アタカはO&M(運転・メンテナンス)を事業領域としていた。 両社を統合することで、両社が培ってきたリソースやノウハウを融合し、EPCからAOMまで一貫して請け負える、小規模の水処理施設の総合メーカーとしての地位の確立を目指すとしている。 7日終値は、前日比変わらずの367円。 提供:モーニングスター社• ・本情報は、投資判断の参考としての情報提供を目的としているものであり、投資勧誘を目的にしたものではありません。 ・掲載されている内容に関しては、万全を期しておりますが、その正確性、安全性等について保証するものではありません。 著作権等の知的財産権その他一切の権利はモーニングスター株式会社または外部の情報提供者に帰属し、許可なく複製、転載、引用することを禁じます。 ・「日経平均株価」に関する著作権並びに「日経」及び「日経平均株価」の表示に対する知的財産権その他一切の権利は、全て日本経済新聞社に帰属します。 また、「日経平均株価」は20分以上遅れた値を表示しています。 ・為替情報はSBIリクイディティ・マーケット株式会社から提供されています。

次の

浅野アタカ株式会社|東京都台東区の建設工事会社

浅野 アタカ 株式 会社

社名 浅野アタカ(株)• 所在地 〒 110-0014 東京都台東区北上野2-8-7• 設立 -• 資本金 1億円• 売上 -• 代表者名 小川 暢也• 自社職人数 -• 加入保険 社会保険• 保有資格 特定建設業許可 国土交通大臣許可 第010770号 土木一式工事 特定建設業許可 国土交通大臣許可 第010770号 建築一式工事 特定建設業許可 国土交通大臣許可 第010770号 電気工事 特定建設業許可 国土交通大臣許可 第010770号 管工事 特定建設業許可 国土交通大臣許可 第010770号 機械器具設置工事 特定建設業許可 国土交通大臣許可 第010770号 水道施設工事 特定建設業許可 国土交通大臣許可 第010770号 清掃施設工事• 経営事項審査 -• グリーンサイト登録 -•

次の

浅野環境ソリューション株式会社 会社案内 会社紹介資料 浅野アタカ

浅野 アタカ 株式 会社

主な対応工事 河川工事は自然災害から人々の生活を守る、土木工事の中でも重要性の高いものです。 河川の上流部では砂防工事、地すべり防止工事、砂防ダムの建設が行われます。 中流部・下流部では堤防の建設、床止め工事、河道整正といった方法が用いられるのが一般的です。 国土の7割が山岳地帯を占める日本では、これまで多くのトンネルが造成され、高度な土木技術が発達してきました。 代表的なトンネル工事工法としては山岳工法とシールド工法があり、岩盤の固さなどに応じて適切な方法が選択されています。 橋梁工事とは河川、渓谷、運河、海などに橋を架ける土木工事のことです。 インフラ整備には欠かせない土木工事といって良いでしょう。 橋梁工事は橋を支える部分を作る下部工工事、橋から上の部分を作る上部工工事から構成されています。 土地造成工事とは自然の地形のままでは使いにくい場所に土木工事を行い、使いやすいように整地することです。 適切な土地改良を行うには、まず、土地の特徴を正しく把握しなければいけません。 さまざまな専門知識と技術が必要といえます。 下水道管埋没工事とは下水道本管を土の中に埋めていく土木作業です。 工事を始める前に周囲の環境を十分に調査することが欠かせません。 また、場所や条件によって違う施工方法が用いられますが、開削工法と推進工法がメインになります。 治山工事とは森林の造成と保全を目的として、山の地盤を安定させる土木工事のことです。 荒廃した特殊な環境に臨むケースも多く、危険に早急に対応する専門的な知識と技術が必要とされます。 山腹工、渓流工、地すべり防止工などに大別されます。 一戸建ての新築工事には工程があり、それぞれの段階の注意点を踏まえ丁寧な建築工事をすることが欠かせません。 居住性、デザイン性、耐震性、耐火性、耐久性、断熱・気密性などのバランスを考慮しながら、良い家づくりをすることが求められます。 増築工事とは現状の建物を壊さないまま床面積を増やす建築工事のことです。 平屋を2階建てにしたり、敷地内に新しい建物を作るなどの方法があります。 建て替えよりもコストの負担が少ないことが特徴です。 ただし、場合によっては修繕費用、補強費用などが発生することもあります。 改築工事とは床面積を変えずに間取りの変更などを行う建築工事のことです。 火災などで滅失した建物、家主の都合で除去された建物を、規模・構造ともに以前とほぼ同じものとして建て直す際などに施工されます。 増築工事、改装工事、修繕工事と混同されることもありますが違う工事です。 減築工事とは家の床面積を減らすリフォームのことです。 まず、ライフスタイルや周囲の環境の変化に応じて、どのような間取りにするかしっかりと計画を立てることがポイントになります。 減築工事はメリットも大きいものの、注意すべきデメリットもあります。 国や自治体の補助金・助成金制度が増えたためか、一戸建ての耐震補強工事の施工例が増加しています。 地震の多い日本では重要度の高い建築工事ともいえるでしょう。 一戸建ての耐震補強工事にかかる平均費用、具体的な施工例などを紹介します。 とび・土工工事 コンセント工事とは、住宅などにコンセントを設置する工事のことです。 とくに新しくコンセントを設置する場合などは配線工事も必要となります。 いずれにせよ、電気工事の一種なので工事中にある程度の危険も伴うこともあり、施工するには資格が必要です。 照明設備工事とは、照明器具を設置する電気工事のことです。 依頼者の要望、建物の形状、他の設備とのかねあいを配慮して、適切な照明器具を設置するようにしなければいけません。 新築住宅の他、店舗の改修工事などでも行われます。 ネオン設備工事とは、ネオン管を点灯するネオン管灯設備、ネオン変圧器、点滅装置などから構成されるネオンサイン設置する工事のことです。 電気工作物に係る法令の規定基づいて工事が行われ、施工するには資格が必要となります。 電気は電柱から引込線によって各家庭に送られています。 この引込線、引込線取付点、メーターなどを経て分電盤に配線する電気工事のことを引込線工事といいます。 この引込線工事が完了して初めて、電気を使用できるようになるのです。 交通信号設備工事とは、道路上に交通信号機を新設したり、交換、移設などを行う電気工事のことです。 交通、電気、通信、情報、土木、建築などの幅広い知識と技術を必要とします。 そのため、交通信号工事士という認定資格もあります。 避雷針工事とは避雷針を設置する電気工事のことです。 建築基準法では高さが20mを超える建物には避雷針を取り付けられることが義務付けられています。 しかし、それより低い一戸建て住宅でも避雷針があった方が良い場合もあります。 電気防食工事とは、電流によって鋼材の劣化や損傷を防ぐシステムを作る電気工事のことです。 塗装やメッキができない部分の金属の防食に役立ち、建物をより強固にします。 金属防食工事にはいくつかの種類があり、状況に応じて選ぶことも可能です。 冷暖房設備工事とはエアコンを取り付ける管工事のことです。 室内機と室外機を設置し、配管工事、配線工事を行うことが主な作業になります。 省電力、低環境負荷型のエアコンも増えてきている昨今、新しい機種に取り替える工事も少なくありません。 冷凍冷蔵設備工事とは冷蔵庫やショーケースなどを設置する管工事のことです。 飲食店をはじめとして、ケーキショップなど生ものを販売する小売店でも欠かせないものと言って良いでしょう。 冷凍冷蔵設備工事の工程や注意点などについてまとめました。 空調設備とは正しくは空気調和設備と言い、湿度、温度、空気清浄などの室内環境を調整するための設備です。 そのような空調設備を取り付ける管工事を空調設備工事と言います。 近年、マンションの高層化、気密化が進んでいるため、空調設備工事の需要も高まっています。 給水設備とは生活や業務に必要な水を供給する設備のことです。 一方、給湯設備は風呂、洗面台、キッチンなどにお湯を供給する設備です。 これらを取り付ける管工事のことを給水給湯設備工事と言います。 一般家庭でも店舗でもなくてはならないない工事です。 ガス管配管工事とは、ガス管を配置する管工事のことです。 新築の時はもちろん、増改築に伴ってガス栓を増やす際にも行われます。 ガスにはプロパンガス、都市ガスがありますが、それぞれの工事内容などが異なるので注意が必要です。 ダクトとは気体を運ぶ管のことです。 おもに空調、換気、排煙などを目的として天井裏などに設置されます。 このダクトを取り付ける管工事のことをダクト工事といいます。 ダクトにはさまざまな種類があり、目的に応じて的確に選択しなけれないけません。 浄化槽とは生活の中で発生する汚れた水を、きれいにして川などに流す装置のことです。 そのような浄化槽を設置する管工事のことを浄化槽工事といいます。 現在でも下水道が通っていないエリアでは浄化槽を取り付けることが法律で定められています。 鉄骨造の建造物で、木造の木材、鉄筋コンクリート造の鉄筋コンクリートのような役割を果たすのが鉄骨です。 木材よりも強度が高く、鉄筋コンクリートよりも軽いため、大型建築物などに用いられます。 そのような鉄骨を工場で設計して製作し、現場で組み立てる鋼構造物工事を鉄骨工事といいます。 建築に関する十分な知識と高い溶接技術などが必要となります。 橋梁工事は橋を架ける鋼構造物工事です。 橋梁は河川などで分断された地域をつないで交流を生み、人々の生活をより豊かにするために欠かせません。 木造の橋もありますが、現在ではほぼすべての橋梁が鉄骨を用いた鋼構造物工事により製作されています。 鉄塔とは鉄骨で構成される細長い建造物のことです。 代表的なものに送電鉄塔がありますが、日本全国津々浦々まで電気を届け人々の生活を守るのに欠かせません。 鉄塔工事はインフラ整備のために重要な鋼構造物工事のひとつといえるでしょう。 石油・ガスなどの貯蔵用タンクは、貯蔵用タンク設置工事という鋼構造物工事によって設置されます。 危険物を貯蔵するタンクなので十分な強度を持たせるようにしなくてはいけません。 特に可燃性の物質を貯蔵する際には引火リスクにも十分配慮する必要があります。 屋外広告を設置する屋外広告工事には鋼構造物工事と、とび土木工事の2種類があります。 鋼構造物工事に分類されるのは、鋼材の加工・製作から請け負っていることが特徴です。 ここでは鋼構造物工事のひとつである屋外広告工事について解説します。 水門設置工事は、河川などに水門を取り付ける鋼構造物工事のことです。 水門とは河川などの堤防を分断する形で設置され、流水を制御する構造物のことです。 河川の他に用水路、運河、湖沼、港湾、貯水池などに設けられます。 ここでは、アスファルトの種類と舗装工事の内容を解説します。 アスファルトにも色々な種類があり、水を浸透させるものやそうでないものまで、路面によって使い分けられています。 アスファルトの下にある路盤を造る工事も必要になりますので、その工事の流れも説明しています。 ここでは、コンクリート舗装の特徴についての説明をしています。 一般道路では、施工性の高さからアスファルトの普及率が高くなっていますが、場所によってはコンクリートの路面の方が適している場合もあります。 コンクリートとアスファルトの違いとは、なんなのでしょうか?詳しく説明します。 コンクリートの舗装工事手順を説明しています。 短い施工期間で仕上がるアスファルトと違い、硬化に時間の掛かる生コンを打設して、硬化させる工事です。 真空コンクリート工法と呼ばれる滑り止め対策工事についても紹介しています。 路盤築造工事についての説明です。 道路を造る時には、その基礎となる部分を造って、その上にアスファルトを敷いていく必要があります。 ここでは、その基礎部分となる下層路盤と上層路盤を造るための工事の流れを紹介しています。 ここでは、ブロック舗装工事に使われるブロックの種類と、工事の流れについて説明しています。 ブロックはカラーリングとデザインが豊富で景観性に優れた素材です。 工事ではただ敷いていくのではなく、ブロックから湧水しないよう排水処理を施し、目地に砂を詰めてブロックの噛み合わせを強化する必要があります。 立体駐車場設備工事は立体駐車場を作る機械器具設置工事です。 近年、大型店舗だけではなく小規模店舗、集合住宅、一般家庭などで立体駐車場のニーズが増えています。 立体駐車場の種類や立体駐車場設備工事の際の注意点などについてまとめました。 エレベーター設置工事とは、エレベーターを設置する機械器具設置工事のことです。 高齢化社会の本格化に伴い、ホームエレベーターへの需要も高まりを見せています。 エレベーター設置工事の中でもホームエレベーターを取り付ける際の注意点などを解説します。 揚排水機器設置工事とは、揚排水ポンプなどを設置する機械器具設置工事のことです。 揚排水ポンプにはさまざななタイプがあり、それぞれのケースで注意すべき点も異なってきます。 いずれにせよ、まず現場の状況を正しく把握することからスタートします。 水道施設工事 清掃施設工事 お問い合わせはコチラへ!.

次の