アメトーク ラップ 大好き 芸人。 ラップ大好き芸人のアメトーク・アメトーーク・ヒプマイが話題

アメトーク若い女の子大好き芸人の内容や出演者は?闇と話題に!

アメトーク ラップ 大好き 芸人

ベタなところかもしれませんが、 creepy nutsの影響からラップも好きになりました。 しかし、音楽大好きで生きてきた私はこれまでラップを遠ざけていたんです。 同じような方って結構いるんじゃないでしょうか。 それって、 思い込みの壁に阻まれていませんか? わたし自身にも存在する思い込みの壁について、今回のアメトーク『ラップ大好き芸人』から考察していきたいと思います。 ラップはダサいと思っていた 音楽もファッションも、時代によって流行はありますが、大きなカテゴリ分けされた中で好みの部分に属すイメージがあります。 私が生きてきた人生では下記のカテゴリが中心となっていました。 小学生から高校生時代までファッション雑誌の「 Zipper」が大流行• 漫画ではロックバンドが題材ともなっている「 NANA」が社会現象となる• 聴く音楽は王道ロックだけでなく、 青春パンクや サイケデリックなどちょっと変わったもの この頃は 個性的がカッコいいの対象でしたね。 もちろん、ラップやヒップホップの存在は知っていました。 ZeebraやTWIGYなどをカラオケで歌っている同級生がいたかな。 ただ、周囲でそういった音楽を聴いているのがこぞってヤンキーかぶれだったんですよね。 聴いている人をカッコいいと思えないこともあり、ラップはダサいと思っていました。 フィルター無しで受け入れる 私は過去にバンドをしており、挫折して嫉妬にまみれていたと下記の記事でもご紹介しています。 挫折や嫉妬心を認めるようになって、色んなものを 無駄なフィルター無しに受け入れられるようになりました。 そうなったのは20代後半なのでだいぶん遅いですね; 大人げない人間でしたよ、わたしって。 そうした時に出会ったのが creepy nuts。 オススメされて聞いたのが初めでしたが、 サウンドのカッコよさとリリックの面白さにやられました。 合法的トビ方って、めっちゃ共感するし! しかも二人ともナチュラルな雰囲気で親しみやすい! ああ、ラップってこんなにかっこいいんやーって、純粋な気持ちで聞けたんですね。 思い込みの壁 アメトーク内でも話題になりましたが、ラップやヒップホップ界隈の人は「恐い」というイメージがある、と。 確かに、ワルだった人が有名ラッパーになっている事例も多いので嘘ではないかもしれません。 でも、恐い気がするから遠ざけるってのいうのはもったいないですね。 また、私のように音楽をファッション感覚とした時にダサい気がする、って理由で聞かず嫌いなのも大変もったいないです。 しかし、 思わせる側 として思い込みの壁を作るのは作戦としてアリだと考えます。 例えば、ラッパーの人が恐く見せる理由は、 フリースタイルバトルで舐められないようにするとか、勝負に勝つために威圧するとかの真意があるかもしれません。 逆に、平凡に見せかけて実は圧倒的実力がある、という ギャップ勝ちもファンをつける作戦としてよくあると思います。 ホストも分かりやすい事例ですね。 昔はギャル男風で黒スーツのかっちりさせたような風貌が当たり前でしたが、最近ではカジュアルな私服で柔らかい雰囲気を出す可愛い系のホストが多いようです。 これは、ホスト業界を親しみが持てるように近しい存在と思わせたり、オシャレな印象から好ましく思わせる作戦なのでしょう。 このように、印象操作は良くも悪くも身近にあります。 是非思い込みの壁に気づいて頂き、一歩ずつ世界を広げていきませんか。

次の

アメトーク

アメトーク ラップ 大好き 芸人

(この記事は見る前と見た後に書いたものがあります。 後半に見た感想とか、説明かいてます。 ) アメトーーク、ラップ好き芸人。 出演者の、とろサーモン久保田、RG、カミナリ、あばれる君はわかるけど、 アンジャッシュ渡部がリーダーで番組回すのは、バラエティだから仕方ないのかな。 確かにこのラインナップでは渡部以外、回せなそうだし。 笑 渡部はPUNPEEとも面識があるとかないとか。 でも、hiphopではないよなぁ。。 佐々木希をゲットしたのはヒップホップか。 つーか、あくまで『ラップ芸人』か。 で、何故オードリー若林がいないの!? アメトーーク、スケジュールNGなのかな? 1:25ぐらいから若林のラップ一見の価値あり! 調べてみた。 翌週のアメトーークには出演するから、アメトーークとの間にトラブルは無さそうだ。 二週連続出演した芸人も何人かいるみたいだし、それもクリアー。 裏番組かな。 色々調べてるんだけど、一時間あとぐらいに放送される番組があるだけで、真裏には何もなかったが。。 真相はわからないままですね。 ツイッター見てたら、くりぃむしちゅーの有田の要望が結構あったけど、これはギャラ問題だろうね。 (くりぃむってかなりダウンタウンと並ぶぐらい高額だとか。。 )それにね、普通に他の若手食われるよ。 くりぃむしちゅーはこのあたりよくわかってて、若手に譲れるところは譲るってスタイルっぽいよね。 これは俺の勝手な想像だけどね。 というわけで、アメトーークめっちゃ楽しみ。 ここまでが観る前に書いたもの。 さて、当日リアルタイムで観てた。 渡部の「これまでヒップホップについて語ってくれとのオファーは断ってきた。 短い時間じゃ語れないから!」はパンチラインでしょ。 フリースタイルバトルの話になってから静かめになったのは渡部。 一方でずーっと何かしら会話に入り込んできたのはカミナリたくみ。 元々音源出すぐらいラップやってた。 あと、久保田も曲出してるし、あばれる君はバトル経験有り。 全体的にちゃんと笑いにしていたのは良かった。 これ、笑い無しでやるならアメトーークじゃなくていいからね。 一部のヘッズが怒っていたけど、仕方ない。 これはバラエティ番組だから。 T-Pablowのバトルが晋平太戦だったのとか、精一杯の配慮でしょ。 ちゃんと怖い人がいるんだよ、っていう。 これがただの韻踏み合戦みたいなバトルばかりをだしてたら『ラップって楽しそうだねー』ていう感想しか生まなかったよ。 あと印象的だったのが、般若のエピソードだけで1時間いけたんじゃない?ってぐらい皆んな般若好きなのね。 とろサーモン久保田のUMBに周りはセコンドを引き連れてきたのに、般若だけは1人で来たってエピソードはあがった。 見終わったあと、ブッダブランド聞いたぜ。

次の

ラップ大好き芸人のアメトーク・アメトーーク・ヒプマイが話題

アメトーク ラップ 大好き 芸人

『読書芸人』第3弾あらすじ 1年5か月ぶりという、久しぶりのアメトーク『読書芸人』の第3回企画。 内容は、笑いあり、ツッコミあり、オススメ本のタイトルを挙げて、これでもかという数を紹介してくれました。 あまりにタイトル多くて、後半は録画をひたすらリピートする必要があるほど最初のメモが役に立ちませんでした(苦笑)必死に再生と早送りと巻き戻しボタンの格闘……。 まず、出演陣はアメトーークのメインMCである、雨上がり決死隊の宮迫さん蛍原さんお2人。 また前回と同様に、お笑いタレントであり、『』の芥川賞受賞で大先生の仲間入りを果たしたピース 又吉直樹さん、そしてオアシズ 光浦靖子さん、オードリー 若林正恭さんの本好き芸人3人。 さらに、きっての読書家として名を馳せ、先日「お願いランキング」でのオススメ本5冊が好評だったメイプル超合金 カズレーザーさんが新加入です。 この4人と一緒に、前回は市川紗椰さんだった本好きな芸能人のモデル枠(?)で、読書好きを公言してインタビューもされている、ファッションモデルの池田エライザさんもロケに参加しました。 前回と同じくオールロケで、最初のロケ地はデザインの洗練された空間、さんからスタート。 蔦屋での「オススメ本」紹介は、4人がそれぞれ5作品の合計21作品(又吉さんだけ6作品w)。 つぎに、本屋のポップの見方や4人の本棚も公開。 それから、さんに移動して、カズレーザーさんによる『本屋の歩き方』トーク。 さらに『本の雑誌』編集部にお邪魔しての質問タイムという中盤は怒涛の流れ。 最後に『読書芸人大賞』として、4人がそれぞれ2冊ずつを厳選し、そのエントリーされた8作品の中から「大賞」を選ぶという企画もありました。 8作品の中で2016年の大賞に選ばれたのは、果たして…!!? 多くのタイトルが紹介されていますので、気になる1冊をぜひみつけてみてください。 前回の記事と同様に、書店員用の備忘録としてもお使いいただけます。 【前回のおさらい記事】 4人がオススメする本 新メンバーのカズレーザーさんは年間200冊を読んでいるそうなので、個人的にも期待大。 各人のオススメをご紹介しますご紹介します。 ちなみに、宮迫さんが「ちゃんと読んだことがあるのは『』だけ」なのは変わっていないとの発言もw 見どころは、紹介の尺を巻きたい蛍ちゃんと、4人の攻防です(笑)若林さんがナオコーラ先生の『』を紹介している時にさりげなく差し替えられた『』にも注目! 代官山蔦屋書店では、読書芸人のオススメ本特設コーナーが1か月間できるとの予告も。 前回紀伊國屋書店新宿本店で開催されたときに反響が大きかった、とツイートもされてましたので、代官山でも同じように多くの来店が起こるのではないでしょうか。 「本の雑誌」は約40年間、本とその周辺を偏愛してきた月刊誌です。 たぶん本が好きな人なら楽しんでいただけるのでないかと思います。 本屋さんで見かけたらぜひ手に取ってみてください。 たまに無料配布物と間違えられますが有料です。 どちらも社員が読んでも胸が熱くなる本です!ご興味もたれましたらぜひ読んでみたください。 』 平野啓一郎『マチネの終わりに』 今村夏子『あひる』 平山夢明『ヤギより上、猿より下』 若竹七海『静かな炎天』 — 積読書店員ふぃぶ@夢の本屋ガイド発売! fiblio2011 読書芸人大賞は全受賞というオチw いや、良かったと思うよ。 それぞれ4名のオススメがあるという意味で。 約1年半前の第2弾ではアフィをいれずにがんばったのですが、この春の地震で家と本棚が壊れて以降はamazonアソシエイトのリンクとさせていただいております。 あしからずご了承いただければ幸いです….

次の