大学生 塾講師 アルバイト。 大学生の塾講師のバイトの月収はいくら?仕事内容なども解説します!某有名私大生が教えます。|アルバイトラボ

【稼ぐコツ】大学生のアルバイトは塾講師が最強です。月収〇十万いった話

大学生 塾講師 アルバイト

大学生の塾講師のバイトの月収はいくら?仕事内容なども解説します!某有名私大生が教えます。 こんにちは、大学生ラボラトリーです。 僕は某有名私立大学生でありながら体育会にも所属しています。 そんな僕が解説した記事ですので、ある程度の信頼性はあると思います。 「大学生でおすすめのバイトで 塾講師バイトが出てくるけど、月収っていくら?」「大学生の塾講師バイトの仕事内容はどんなもの?」 今回はこういった疑問にお答えしていきたいと思います。 塾講師バイトは、かなり大学生に人気のバイトです。 約4割の大学生が講師系のバイト経験があるというデータもあるぐらいです。 実際に僕が大学生活を送っていても塾の講師バイトをしている大学生とよく会います。 しかし、塾の講師アルバイトは万人におすすめ出来るアルバイトでもないでしょう。 そのため今回は、 塾の講師バイト仕事内容と月収はどのくらい稼げるのかについて解説していきたいと思います。 また、 個別指導塾と集団塾の違いや塾の講師バイトのメリットもご紹介していきたいと思います。 この記事を最後までお読みいただければ、大学生の塾バイトに関してはある程度マスターできるでしょう。 大学生に人気の塾バイトは個別指導塾と集団塾がある では早速、塾の講師バイトについて見ていきましょう。 主に「 個別指導塾バイト」と「 集団塾バイト」の2つに分けられます。 最初は集団塾のバイトについて見ていきましょう。 集団塾バイト 集団塾のバイトは 学校のクラスの様に10~20人ほどを相手にして授業を行います。 集団塾は講師が黒板やホワイトボードを利用して授業を進めていきます。 生徒たちは講師の授業を聞きながら、回答を解いていきます。 当然のことながら、塾によってカリキュラムは違ってきますが、基本的に集団塾は学校のクラスのような雰囲気になります。 そのため、先生のように 出来るだけ皆に分かりやすく授業を進めること能力が求められます。 個人塾バイト 個別指導塾バイトの場合は、 基本的には2人を相手にして授業をします。 個別指導塾は、1対1が多いため、大学生で塾のバイトをしたことがないという方はこちらをおすすめします。 基本的には、学校のように授業を行うというよりも、問題を回答してもらい、生徒が間違えた問題をわかりやすく解説したりするバイトになります。 講師と生徒の距離はかなり近く、生徒が講師に色々な質問をしやすい環境になっています。 そのため、生徒一人一人に根気強く教えていくイメージを持つとわかりやすいでしょう。 また、こちらのほうがマンツーマンで教えるためやりがいも感じられるでしょう。 大体の場合は生徒は問題を解いていることが多いため、 暇な時間もかなり多いです。 大学生の塾講師バイトの時給と月収 ではみなさんが気になる大学生の塾講師バイトの時給と月収について解説していきたいと思います。 図にまとめるとこんな感じです。 また、 大学や学歴によっても時給は前後します。 僕の友達はなんと、個人塾のバイトで時給3000円と言っていました。 そのため、月収は余裕で10万を超えているでしょう。 また、上記で示した数字は参考なのでもっと稼ぐことは全然可能です。 集団塾バイトは個別指導塾バイトよりも一度に教える生徒の数が多いため、必然的に時給が高くなります。 そして注意していただきたいのが、塾バイトでは 1コマが必ずしも60分授業ではありません。 塾や教える学年によって異なってきます。 45分授業、90分授業など、授業時間が異なってきます。 つまり、月収を計算する際も、1コマ分に注目するのではなく、時給で計算すると良いでしょう。 大学生が塾講師のバイトをするメリット では次に大学生が塾講師のバイトをするメリットついて解説していきます。 僕が思う大学生が塾講師のバイトをするメリットは2つあります。 まとめるとこんな感じです。 大学生が塾講師のバイトをするメリット• 大学生という立場を活かせる• 塾講師のバイトは大学生という立場を活かせる これが僕の思う一番のメリットです。 大学生という立場を活かせるというのはそのままの意味で、 大学生しか塾バイトが出来ないため、大学生の皆さんは積極的に塾バイトをするべきだということです。 バイトの時給の価値ってどのように決まっていると思いますか? それは 希少性です。 市場に価値があればそれは必然的に時給が上がります。 つまり、月収が高くなります。 大学生しか出来ないバイトっていうことはそれだけ絞られています。 だから時給がある程度高いのです。 迷っているそこの大学生は今すぐ 塾バイトをやって見る価値はあると思います。 時給が高いから、月収が高いわけではないですが ある程度は比例します。 上記でも説明したように、塾バイトは大学生しか出来ないバイトであるため、希少性があります。 積極的に塾バイトをしてみましょう。 そうすれば、必然的に月収は上がっていくと思います。 大学生が塾講師のバイトをするデメリット では次に大学生が塾講師のバイトをするデメリットについて解説していきたいと思います。 メリットだけではないので注意してください。 僕が思う大学生が塾講師のバイトをするデメリットも 2つあります。 まとめるとこんな感じです。 大学生が塾講師のバイトをするデメリット• 授業前に準備が必要• シフトの融通がきかない 一つ一つご紹介していきたいと思います。 塾バイトは授業前に準備が必要 僕が思うデメリットは授業前に準備が必要ということです。 普通のバイトであるならば、バイト前に準備などは必要ありません。 しかし、塾バイトの場合は 事前の準備が必要になります。 この作業を面倒と思うかはあなた次第ですが、やり方次第でどうにでもなる問題なのであまり心配は必要ありません。 塾バイトはシフトの融通がきかない これも僕が思うデメリットになるのですが、塾バイトはシ フトの融通がきかないということです。 入りにくいというわけではなく、シフトの融通がきかないということです。 つまり、一度入れてしまったシフトなどはあとから変更できないということです。 学校が入ってしまったというときでも、あまりシフトの融通がきかないため面倒になってしまいがちです。 前もってしっかり考えてからシフトを提出する必要があります。 まとめ 皆さんいかがだったでしょうか? 今回は、大学生の塾講師のバイトの月収はいくら?仕事内容なども解説します!某有名私大生が教えます。 というテーマでお伝えしました。 塾のバイトはメリットとデメリットが存在します。 しかし、大学生の立場を利用するのであれば 絶対的にやっておいて損はないバイトであると思います。 また、ある程度時給が高いため、 月収も比較的上がりやすいです。 月収をもっと上げたいという大学生は一度やってみてはいかがでしょうか? ではまた次回の記事でお会いしましょう。

次の

短期OKの塾講師バイト・アルバイトの一覧|塾講師ステーション

大学生 塾講師 アルバイト

プリント・資料の用意• 時間内の講義 仕事としてはこの3つメイン。 学校を進み具合や生徒のレベル・希望をあらかじめ知っておいて、計画を立てる必要があります。 とはいえ、自分で何か資料を作ったりする必要はありません。 基本的には、塾に置いてある資料・問題集をコピーして使う感じになります。 1〜2教科のみ専任担当のところもあれば、バイト応募条件に「1教科からOK!」と書いてあっても、実際は5教科担当をお願いされることもあるので注意! 塾講師・家庭教師のバイトは稼げるの?平均時給について 塾講師・家庭教師は時給が高いことでも有名ですが、実際の平均時給はいくらなのでしょうか? 塾講師・家庭教師バイトの平均時給 「個別塾講師」のアルバイトの場合、大体の相場は1000円〜3000円で 平均時給は1200円前後と言われています。 「家庭教師」のアルバイトはそれよりも少し高めで、 1500円〜1800円が平均時給。 やはり、塾講師・家庭教師はうわさの通り、かなり時給がいいアルバイトではあります。 時給が高いからといって稼げるとは限らない! ただし!塾講師・家庭教師は生徒ありきの仕事なので、担当生徒がいない限り働けません。 例えば、1200円の時給で「1日5時間」アルバイトをしたいと思っていても… 実際には 担当する生徒が1人しかいなければ、1回の授業分(90分など)しか働けないということ。 時給が高いので稼げるイメージがありますが、実際に稼ぐにはたくさん生徒を担当する必要があります。 塾講師・家庭教師のシフトについて 私が個別塾講師だった時も、家庭教師だった時も、基本的には 担当する生徒とスケジュールを決めるのがシフトでした。 なので、生徒がお休みするともちろん自分のバイトも休みになります! 個別塾でバイトしていた時は、教室まで行ったのにもかかわらず「今日は〇〇ちゃん欠席です」と言われて、そのまま帰ったことがありました。 笑 また、家庭教師も生徒の体調不良などで連絡が来ると、また別日に移ることもあります。 塾講師・家庭教師の大学との両立について 上でも書いたように、シフトは確定・固定されているものではなく、割と 生徒の都合に合わせて柔軟に対応する必要があります。 実際にやってみて思いましたが、正直サークルや部活と両立するのは難しいかもしれません…。 ある程度、生徒に合わせてスケージュールを立てられるくらいの余裕がある大学生の方がいいと思います。 ただ、大学の授業との両立はほとんど問題ありません。 恋愛や友達作りは?塾講師・家庭教師バイトの職場雰囲気 塾講師・家庭教師は個人でやる作業がほとんど。 特に家庭教師は完全に一人なので、新たな友達作りや恋愛などは難しいでしょう。 塾講師の場合も、ほとんど他の講師と話すことはありませんが、たまに講師同士で打ち上げなどがこともあります。 私も教えるのが好きですが、どうすれば分かりやすく伝わるか、どうすれば身につくかを考え、工夫しながら教えるのがとても楽しかったです。 読み上げるだけで理解する生徒もいれば、図に書いて噛み砕いて初めて理解してくれる生徒もいるので、それぞれのレベルに合わせた教え方が必要です。 生徒の質問に答えられないなんてことがないように、苦手な分野はあらかじめさっと予習も必要。 教養を改めて身につけられるので、社会人になってからも役に立ちます。 受験を控える生徒はもちろん、「次の期末試験では〇点目指そう!」など、目標・ゴールに向かって 講師も一緒に頑張っていく仕事。 生徒に愛着が湧けば湧くほど、「なんとかこの子の点を上げたい!」「どうすれば理解してくれるだろう?」など、どんどん本気になっていく自分に気がつきます。 私が大学時代塾講師・家庭教師のバイトで苦労したこと 私が大学時代に個別塾講師と家庭教師のバイトをしてみて大変だったことをそれぞれまとめます。 教養科目の知識・復習• 人を導く力• 人の特徴や得意・不得意を理解する力 塾講師・家庭教師のバイトで学べることは深いです。 教養科目の復習ができ、知識が深まるのはもちろん、 いろんな生徒の得意不得意を見極め、どうやって授業を進めればいい結果を出せるのか考えます。 一言では表すのは難しいですが、 人を導くことを本気で考える経験になります。 興味のある大学生は塾講師・家庭教師のアルバイトを探してみよう! 正直、大学生のうちに1度は塾講師・家庭教師のアルバイトは経験してみた方がいいと思います。 私も個別塾と家庭教師を両方を経験しましたが、アルバイトの中で一番いい思い出になっています。 「塾講師・家庭教師のアルバイトをしてみたい!」という大学生は、.

次の

大学生でバイト 塾の講師ってアホじゃないですか? 塾の講師なんて教え...

大学生 塾講師 アルバイト

【大学生向け】アルバイトで稼ぐなら塾講師が最強です 大学生になるとお金を稼ぐためにアルバイトを始める方が多いです。 大学の授業料のため、自動車学校に入学するため、交際費のためと目的はそれぞれかと思います。 一般的にアルバイトというとコンビニやスーパーのレジを考える方が多いと思いますが、僕はあまりお勧めはしません。 理由は忙しいわりにそこまで時給が高くないから。 そこで僕が経験談からお勧めしたいのが、学習塾での講師のアルバイトです。 理由はそこまで忙しくないのに時給が高いからです。 塾講師のアルバイトとは、 個別指導のことです。 講師1人につき、生徒2~3人を教えます。 塾講師アルバイトの月収は? 僕が塾講師をやっていた頃は今から10年くらい前ですが、月収はだいたい 5万~7万円くらいでした。 学生のわりに結構稼いでいたと思います。 アルバイトをやっていたのが週2だったので、これを週5とかで入れていたら、かなり稼げていたのではと思います。 大学の講義が忙しかったので、あまりバイトを入れられませんでした。 当時の塾講師の 時給はだいたい1600円くらいでした。 もちろん塾にもよります。 僕が働いていたのは佐鳴予備校という塾です。 記事執筆時(2019年6月)で調べてみると、時給1200円くらいにまで下がっているようですが、それでもアルバイトにしては多いのではないかと。 僕の知り合いで週5で入っていた学生は、月給が10万円を超えていました。 夏期講習が稼ぐチャンスです どこの学習塾も、夏休みには夏期講習をやります。 当然普段より忙しくなるので、アルバイトもたくさん必要になります。 夏期講習って朝から夜までやることが多く、忙しいときは朝10時から入って、夜10時まで居たこともありました。 こうなると、サラリーマンの日給くらい稼いでいます。 なので、塾講師は夏休み、冬休みなどの長期休みは大胆に稼ぐチャンスなのです。 ちなみに僕は大学2年の夏、夏期講習で約20万円稼ぎました。 塾講師アルバイトは大学生がほとんど 塾講師のアルバイトをやってみるとわかりますが、大学生のバイトがかなり多いです。 学生ではない一般の方はほとんどいなかったと思います。 ただ、学生しかアルバイトできないわけではなく、一般の方も募集はしています。 興味があれば連絡してみましょう。 大学生が塾講師アルバイトをするメリット 大学生なら塾講師のアルバイトをおすすめします。 その理由は以下のメリットがあるからです。 つい最近まで勉強していた教科を教えるので覚えている (数学、英語、理科、国語、社会など)• 基本的にデスクワーク。 忙しくないわりに時給が良い• シフトは希望を考慮してもらえる• 先生と呼んでもらえる ざっとこんな感じ。 まず学生なら大学受験のために5教科の勉強をせっせとやってきたはずです。 なのでとくに予習・復習することなく自然と勉強を教えることができるかと。 教えるのも小学生~中学生(たまに高校生)なので、簡単です。 教壇に立つ教師ではないので、基本的に椅子に座っての仕事です。 まったく疲れません。 それなのに時給が良いのです。 個別指導は1コマ目、2コマ目とコマ数で授業を行うことが多く、1コマは90分だったり60分だったりします。 ここでシフトの希望を言えば相談に応じてもらえます。 たとえば、金曜日は講義が遅くまであるので、最後のコマだけ入る、と臨機応変にスケジュールを組んでもらえることが多いです。 あと中学生から「先生、ここ教えてください!」と質問されることがあるので、なかなか気分がいいです。 おすすめの塾【個別指導】 僕が個人的におすすめなのは以下の塾です。 佐鳴予備校• 秀英予備校• 明光義塾 理由は実績があり比較的広範囲に展開しているからです。 その意味で、入塾している生徒も多く、いつでも人手不足であることが多いです。 将来、就職活動をする上でも塾の講師としてアルバイトしていた事実は有利になるはずです。 塾講師アルバイトの面接対策 アルバイトなので面接があります。 僕の経験談から面接対策をご紹介します。 とはいえ、就職活動ではないので、不安になる必要はまったくありません。 肩の力を抜いて臨みましょう。 志望動機は何て書く? まず履歴書を準備すると思います。 書き終わった履歴書は証明写真を貼りつけてアルバイト先に提出します。 志望動機ですが、これは なぜ学習塾の講師をやりたいのか具体的、かつ熱く語ると好印象となります。 基本的には個々で考えることですが、たとえば、以下のような感じでしょうか。 私がまだ中学生の頃、一度〇〇予備校の夏期講習に参加したことがあります。 その時の先生の授業は大変わかりやすく、勉強が好きになり、結果志望校に合格することができました。 今の自分があるのも夏期講習に参加したことが大きいです。 そのため、私もこれまでの経験を活かし、生徒たちに勉強を好きになってもらうべく、力を尽くしたいと考えるようになりました。 こんな感じでしょうか。 あとでバレたときに恐ろしいので。 学力・学歴が評価されることもある 面接の場では、簡単なテストを実施される場合もあります。 僕は数学が得意だったので数学を選択しました。 受験勉強をしていたのであれば、とくに悩むことはないはずです。 教えるのが中学生なら、中学の数学をテストされることになります。 なので、例えば次のような分野は忘れていたら復習しておいた方が無難です。 三平方の定理• 連立方程式の解き方• 円周角の問題 高校だと証明とか円周角とかあまりやらなかったような記憶があります。 なのでいきなり出題されてビックリすることのないようにしておきたいです。 念には念を入れるべきかと。 英語については特別問題ないでしょう。 面接はスーツで挑もう(ネクタイ結び方は要チェック!) アルバイトとはいえ面接のときは正装で挑みましょう。 スーツを着ていけば問題ありません。 ネクタイの付け方が慣れていない方は、あらかじめネットで調べるなりして練習しておきましょう。 塾講師のアルバイトの仕事 塾講師のアルバイトがどんな仕事をするのか経験談からお話しします。 まず塾講師の仕事はおおまかには以下の2つに分けられます。 個別指導• チューター それぞれについて説明していきます。 1コマの時間の中で、生徒たちをかわるがわる教えていきます。 1人を教えている間は、他の生徒には予習・復習など自習をしていてもらいます。 うまく回転していかないと、一人の生徒に付きっ切りになり、他の生徒を待たせてしまうことになります。 基本的には自分の得意科目を教えていくことになりますが、人が足りない場合やスケジュールの関係では、それ以外の科目を教えて欲しいと頼まれることもあります。 僕は数学と英語を希望していましたが、最終的には全科目教えていました。 コマの終わりには、今日やった内容、次回やる内容、出した宿題の箇所など、授業の内容をしっかりと報告書に記載します。 次で説明するチューターよりも時給は一般的に高くなります。 基本的には受付(カウンター)に座っていて、生徒が提出した課題の採点をしたり、点数や結果をコンピューターに入力したりします。 要は、講師全員が授業に入ってしまうと、受付を担当する者がいなくなるので、電話が鳴った場合などに困ります。 僕がいた佐鳴予備校では、チューターは上のような仕事や、その他雑用を行っていました。 まあ事務職のような感じです。 まとめ 大学生がお金を稼ぐなら塾講師が最強です。 学生なら5教科の内容も覚えているはずなので、ピッタリのアルバイトであると思います。 興味があれば、ぜひチャレンジしてみてください。

次の