乳首 相撲。 「女性だけ乳首を隠すのはおかしい」ということで公衆の面前で乳首をさらす「Free the Nipple」

「女性だけ乳首を隠すのはおかしい」ということで公衆の面前で乳首をさらす「Free the Nipple」

乳首 相撲

「子供のころ、家庭環境とかいろいろある中で... 」 あらわにしたのは、吉本がこのままでは「壊れていく、つぶれていく」という危機感だった。 宮迫さんの会見内容について、松本さんは自身も知らされていなかった事実が多数あったとしたうえで、こうした状況に追い込んだ吉本側への不満を表明。 20日のうちに会社を訪れた際には、大崎洋会長、元マネジャーでもある岡本社長と会談し、岡本社長に記者会見をさせるよう求めたことを明かすと、直後にその岡本社長がVTR出演、翌22日に実際に会見を行うと発表した。 「そんないつから、あいつら(会社側)は偉そうになったのか。 昨日も会社に行って言ったんですけど、とにかく芸人ファーストでないと。 芸人いてのあなたたちでしょ」 「今、横暴になってるところがあると思うんですね。 テレビ局とかに対しても、ちょっと大名商売してるな、ってところがちょこちょこ見受けられるので」 40年近くにわたって在籍する吉本への厳しい言葉が、生放送のスタジオに響く。 松本さんが繰り返したのは、吉本が「笑い」の会社であるということだ。 「(吉本芸人は)みんなお笑いが好きで、吉本が好きで集まってきてる子らなんで」 「みんなお笑いに助けられたんじゃないですか? 子供のときとか、いろんな家庭環境とか...... 僕なんかはそうですね。 お笑いがなかったら、今の自分はないわけやから」 冒頭の「乳首相撲」は、松本さんも番組などでたびたびやってきたネタの一つだ。 宮迫さん、岡本社長らの面談をセッティングする、という真面目な話題に、唐突に突っ込まれたボケだったが、すぐに東野幸治さんは、「僕は泣きながら行司します」と返す。 進行役を務める佐々木恭子アナが戸惑う中、松本さんは、「そういう会社じゃないとダメなんですよ!」。 「自分たちのやってきたことが失敗だったようになってしまう」 一連の問題発覚以降、芸人の側も含め、「吉本がこの2カ月くらい面白くない」状況に陥っていることに、 「お笑い芸人が笑ってもらえないことに僕は憤りを感じるので。 宮迫とか亮だけの問題じゃなく、僕自身の問題。 お笑いはすごいんだということをずっとやってきて、その自分たちのやってきたことが失敗だったようになってしまうのは絶対に許せない」 と無念をにじませた松本さん。 一連の問題の中では、吉本側に、このままでは会社に「おれなくなる」と退社も示唆したことも明かした。 20日の会社側との面会では、吉本興業内に「松本興業」とでもいうべき部署を立ち上げ、「やらかした」芸人たちの受け皿になるプランも提案し、了承を得たという。 とはいえ、それを大真面目に語ったのち、先輩の明石家さんまさんが、やはり宮迫さんを自らの個人事務所で引き取る考えをラジオで示したことに触れ、やはりこうボケた。 「聞いたらさんまさんも割と同じこと仰ってくれてるみたいなんで、だったら僕がさんまさんのところに行ってもええかなって......

次の

「宮迫と岡本社長が乳首相撲を」 松本人志、ボケに込めた吉本へのメッセージ...「みんなお笑いに助けられた」: J

乳首 相撲

いわゆる闇営業問題を発端に、揺れに揺れている 吉本興業。 宮迫博之さんと田村亮さんによる衝撃の記者会見から、間もなく2週間が経とうとしている。 宮迫さん、田村さんの両名に加え、吉本興業、松本人志さん、そして加藤浩次さん。 全員が納得する着地点は今のところ見えていない。 ただし、2019年7月21日の「ワイドナショー」にて松本さんから、問題解決の具体的な提案があったことをご存じだろうか? 番組内で松本さんは「 岡本社長と宮迫が乳首相撲をやること。 これですべて解決する。 ・乳首相撲とは あなたは乳首相撲をご存じだろうか? 乳首相撲とは読んで字の如く、 洗濯バサミを介して互いの乳首を引っ張り合う競技(?)である。 かつて放送されていた「ダウンタウンのごっつええ感じ」では、ダウンタウンとゲストによる乳首相撲対決がたびたび繰り広げられていた。 だがしかし、本当に乳首相撲で人は仲直りできるものなのだろうか? ましてや松本さんの言う「 乳首相撲は世の中のものを全部解決する」なんてことがあり得るとは思えない。 とはいえ、お笑いの神様・松本人志さんが言うのである。 これは試す価値があるハズだ。 というわけで、洗濯バサミとタコ糸で、お手製の乳首相撲キットを制作。 すぐ近くにいた編集長と乳首相撲スタート! ……と言いたいところだが、1つとても重要なことを忘れていた。 私、P. サンジュンと編集長のGO羽鳥は仲直りも何も、 別に仲が悪くない。 このままではシンプルに乳首をいじめるだけの企画になってしまう。 熟慮した結果、乳首相撲の直前に「 ケツキック」を敢行することにした。 人間も動物である。 外的な暴力を受ければ、本能的に相手を憎む感情が湧くハズだ。 GO羽鳥は優しい男。 手加減があっては意味がないので、私から本気のケツキックをブチかますことにした。 ・手加減なしのケツキック 中年男性とは思えぬほどプリっとしたGO羽鳥の尻。 前かがみでケツキックを待つその無防備な尻は、 中腰でありながら丸腰だ。 その尻めがけて渾身のケツキックを放つッッ……! GO羽鳥:「ウァアォァオウォォォォオオオオオッッ!」 GO羽鳥:「ウァアォァオウォォォォオオオオオッッ!」 ぶっちゃけ、蹴った右足が翌日まで痛かったほどの渾身のケツキック。 羽鳥は思わず「クッソォォオオオ!」と漏らすほどだったから、 怒りのバロメーターは頂点へ達したハズだ。 そしてすぐさま攻守をチェンジし、今度はGO羽鳥が私の尻を蹴り上げる。 サンジュン:「イヤァァッハハァァァッハアアアアアッッッ!」 こ、この野郎……! 出会ってから5年以上、いつだって大好きなGO羽鳥が 一瞬で嫌いになった。 この感情が消えないうちに洗濯バサミを乳首にセットし、いざレディ……ファイッッ!! 結果…… 〇 P. んが、それよりも 圧倒的にケツの方が痛かった。 そして何よりも重要なのは「憎しみの感情は一切消え去っていた」という事実である。 ・憎しみは消えていた 乳首から邪気が抜き取られたのか、それともケツキックが怒りもろとも全てを破壊したのかはわからない。 ただ、インパクト的にはケツキックの方が遥かに大きかったので、もし宮迫さんと岡本社長が対決する際は「 乳首相撲 + ケツキック」を推奨する。 尊敬する松本人志さんに物申すのは恐縮の極みであるが、松本さんが仰っていた「乳首相撲は世の中のものを全部解決する」は誤りだと言わざるを得ない。 正確には「 乳首相撲とケツキックは世の中のものを全部解決する」だ。 吉本問題収束の鍵はここにある……のかもしれない。 参考リンク: Report: Photo:RocketNews24.

次の

“女性キャラの乳首”描写NGの「週刊少年ジャンプ」 一方、電子版「ジャンプ+」では“乳首OK”!?|おたぽる

乳首 相撲

連日のように大きく報じられている新型コロナウイルス。 そんな中、ツイッターではハッシュタグ「#コロナばっかりで気が滅入るから単純に好きな動画を貼る」が話題を呼んでいる。 様々なユーザーがお気に入りの動画をアップするなか、とくに注目を集めているのが、ボディビルダーのBIGKILLERさんの投稿だ。 マッスル手押し乳首相撲 コロナばっかりで気が滅入るから単純に好きな動画を貼る pic. twitter. 両者は紐で繋がれ、乳首の先端には洗濯バサミが挟まれている。 手押し相撲ならぬ「マッスル手押し乳首相撲」----。 前かがみになれば紐はゆるみ、体勢を直そうと後ろにのけぞれば、乳首は引っ張られる。 中央にしゃがみ込む行司(?)によれば、勝者は左のマッチョだ。 お互いに両手をぶつけ、左側がのけぞった反動で右のBIGKILLERさんの乳首から洗濯バサミが取れてしまったからだ。 倒れ込んだのは左のマッチョなのに...。 凄いゲームだ...。 しかし終始笑顔のマッチョたちを見ていると元気がでてくる。 動画を見た人も、ツイッターに、 「思わず声出して笑った」「バカすぎて好きなやつ」「どんなルールなの... 」 といった反応を寄せている。 ルールは「決めてなかった」 Jタウンネットが17日、この動画を投稿したBIGKILLERさんに話を聞くと、彼自身が「マッスル手押し乳首相撲」の考案者だという。 BIGKILLERさんはモフモフとムキムキを愛するボディビルダー。 ペットのハムスターなどと一緒に筋トレをする動画でたびたび話題になる人物だ。 お願い噛まないでマッスル デグーとサイドチェスト pic. twitter. そこで考えたのがモフモフとムキムキによる乳首相撲。 深く追求はしないが、引っ張られることで鍛えられるのだろう。 この流れで生み出されたのが人と人による乳首手押し相撲なのだ。 しかしゲーム性はそこまで考えていなかったようで、 「どうなったら勝ち負けなのか、決めてなかったです。 倒れた方が乳首(の洗濯バサミ)も取れると思っていましたから!」(括弧内は編集部編) と話した。 どうやら、勝者は行司の一存で決まるらしい。 広島県福山市で「フクヤマッチョ隊」としてボディビル仲間とともにイベント活動を行っているというBIGKILLERさん。 新型コロナウイルスの影響で、イベントが中止となり、ボディビルコンテストの開催も危ぶまれ、落ち込んでいたという。 「他にもたくさんこんな気持ちになっている人がいるなら、笑って過ごそうということで、ハッシュタグを付けました」 また、SNSで反響があったことについて、 「モフモフとムキムキでも何度もバズって影響があったのですが、ムキムキだけでこんなに反響があるとは思いませんでした。 やはり筋肉は笑顔と力にすることができる、素晴らしいものだと改めて認識しました」 と感想を述べた。 筋肉の力って凄いな...。

次の