兄弟の孫 呼び方。 敬語の使い方と基本一覧

葬儀における祖母の呼び方とは?弔電の敬称について分かりやすく解説

兄弟の孫 呼び方

家系図・親等数 家系図・親等数まとめ 血統や発祥を重んじる日本では、ルーツ探し・家系図ブームのようなので、親族の呼び名をまとめてみました。 親等…親族関係の親疎を示す等級で、親子関係を1親等と数える。 血族…血縁によってつながる親族関係、人々のこと。 姻族…本人または血族の婚姻によってつながる親族関係、人々のこと。 直系…血筋が親子関係によって直接につながっている系統のこと。 傍系…血筋が、直系から分かれた枝葉の系統のこと。 尊属…親等の上で、基準となる人より先の世代の血族のこと。 卑属…親等の上で、基準となる人よりあとの世代の血族のこと。 父や母は直系尊属、伯父や叔母は傍系尊属、子は直系卑属、甥や姪は傍系卑属と呼びます。 民法で定義される「親族」とは、血族で6親等以内・姻族で3親等以内の身内です。 配偶関係が2回となる関係(例: 配偶者の兄弟の配偶者)は、姻族ではありません。

次の

自分から見た親族の呼び方まとめ

兄弟の孫 呼び方

「いとこ」とは何? 「いとこの子供」の名前に触れる前に、まずは「いとこ」の定義についてご紹介します。 一言に「いとこ」と言っても、様々な定義があるからです。 最も簡潔に説明すると、いとことは父母の兄弟である伯父(叔父)や伯母(叔母)の子供です。 さらに詳しく言うと、次のような説明ができます。 いとこの定義 いとことは何か、それを詳しく説明していくと下記の通りです。 父親と母親の祖父母から見て「孫」に当たる者から、自分と自分の兄弟姉妹を除いた者同士の関係。 同じ祖父母を持つ者同士の関係。 父母がそれぞれに兄弟や姉妹の関係にある時の子供同士の関係。 いとこの父親か母親のいずれかが、自分の父親か母親と兄弟姉妹の関係がある。 自分の子供との続柄が「甥」や「姪」である場合の関係。 自分の親にとっての「甥」と「姪」は自分のいとこ。 伯父(叔父)や伯母(叔母)の子供。 ただ注意したいのは、伯父(叔父)や伯母(叔母)の子供でも、母親と父方の伯父(叔父)との間に生まれた子供、そして父親と伯母(叔母)の間に生まれた子供は「異父母兄弟姉妹(いふぼけいていしまい)」と呼びます。 いとこにとって、2組いる祖父母の内、いずれか1組が自分にとっても「血縁関係」のある祖父母であること。 「いとこ同士」と呼べるのは、それぞれが「兄弟姉妹の子供同士」に当たる関係の場合。 ひと組の夫婦にとって「外孫(そとまご)」と「内孫(うちまご)」との関係を「いとこ」と呼ぶ。 自分と「4親等」の血縁関係である血族。 いとこの定義は、ほぼ以上です。 これ以外に、いとこを「父方いとこ」と「母方いとこ」の二つに分けていう言い方もあるので覚えておくと良いでしょう。 「父方いとこ」とは、父親の甥と姪• 「母方いとこ」とは、母親の甥と姪 いとこについては、これ以外にも 「義理のいとこ」と呼ぶ関係が発生します。 どんな場合かというと、自分や自分の近親者の結婚や「養子縁組」に伴って発生する関係です。 義理のいとこは、家系図上は自分と同じ世代に位置付けられますが、親子ほどの年齢差が見られる場合もあるようです。 いとこの表記 次にいとこの漢字表記についてご説明します。 いとこは性別や年齢の違いによって「従兄」「従弟」・「従姉」「従妹」と表記上の区別が付いています。 親族上の区分 表記 読み方 詳しい関係 いとこ 従兄 じゅうけい 年上の、男のいとこ 従弟 じゅうてい 年下の、男のいとこ 従姉 じゅうし 年上の、女のいとこ 従妹 じゅうまい 年下の、女のいとこ このように、同じ「いとこ」を意味する言葉でありながら、厳密な言い分け方や表記上の区分もあるので注意が必要です。 いとこの子供とは 「いとこの子供の呼び方」とは いとことは何かについて詳しくご説明してきました。 さて、このいとこの子供が、一般的には「従甥(じゅうせい)」或いは「従姪(じゅうてつ)」と呼ばれています。 さらに詳しく説明すると下記の通りです。 いとこの子供の呼び方「男の子の場合」 男の子、すなわち いとこの息子の場合は「従甥」と表記して「じゅうせい」若しくは「いとこおい」と呼んでいます。 或いは「従兄弟違」と表記し、「いとこちがい」と呼ぶことも可能です。 いとこの子供の呼び方「女の子の場合」 いとこの子供の内で女の子、すなわち「娘」の事を 「従姪」と表記して「じゅうてつ」或いは「いとこめい」と呼んでいます。 または「従姉妹違」と漢字で書いて「いとこちがい」と読む場合もあります。 いとこの子供をまとめて呼ぶと いとこの子供は男女によって呼び方が違うことをご説明しました。 しかし、まとめて呼ぶ場合も見られます。 息子、娘関係なく(男女の区別を付けずに)呼ぶ場合は「従甥姪」と表記します。 呼び方は「じゅうせいてつ」若しくは「いとこおいめい」です。 いとこの子供から見た自分の呼び方 さて、いとこの子供の呼び方が「従甥(じゅうせい・いとこおい)」、「従姪(じゅうてつ・いとこめい)」であることは、前章でご説明した通りです。 それではいとこの子供からみた自分の呼び方は、一体どう表記し、何と呼んでもらえば良いのでしょう? その答えは、 「従兄弟違」若しくは「従姉妹違」と表記され、「いとこちがい」と呼んでいます。 さらに厳密に言うと、男性であれば 「従兄弟伯父(いとこおじ)」、女性であれば「従姉妹伯母(いとこおば)」とそれぞれ別々に呼ぶことも可能です。 いとこの子供にとって「自分」とは、父や母のいとこです。 系図で見ると遠い存在のようにも感じますが、いとこの子供は自分から見れば5親等の血族。 言い換えると、いとこの子供は、民法上に定義されている「6親等内の親族」です。 まとめ 「いとこの子供の名前」をご説明するために、「いとことは何か」、「いとこ同士の様々な関係とは」等についてご紹介してきました。 ご理解頂けましたでしょうか? 因みに余談ですが、いとこの子供と自分とは結婚できます。 民法第734条の条文には、近親婚の「禁止事項」が次の通り記載されています。 「民法第734条」 直系血族又は三親等内の傍系血族間では、婚姻することができない。 いとこの子供が5親等であることはご説明した通りです。 従って、自分といとこの子供とは結婚することができます。 親族でありながらも、法律上は婚姻が許可されている、「近くて遠い親族」がいとこの子供というわけです。

次の

家系図・親等数

兄弟の孫 呼び方

核家族化が進んで、自分の「親戚」や「親類」と呼んでいる「親族」の関係や、その呼び方に、私たちは普段やや無頓着です。 けれど、いったん自分のルーツを探ろうとする時には、親族の関係や呼び方を無視するわけにはいきません。 至って重要です。 特に、今流行の「家系図作り」において、親族の名前を正確に理解し、把握しておかないと、収拾が付かないことになります。 例えば、「いとこの孫」の呼び方を正しく答えることが出来ますか? ほとんどの方はわからないと思います。 この記事では、普段めったに使われることのない親族の正しい呼び方や注意点などを詳しくご紹介します。 中々聞き慣れない呼び方も出てきますが、この機会にぜひ頭の隅に置いておくと、いざという時に便利です。 それでは順にご説明します。 親族とは 親族とは、親子のような血縁関係や、結婚によって繋がりをもった婚姻関係を有する者の総称です。 親族関係の繋がり方によって直系・傍系(ぼうけい)、尊属(そんぞく)・卑属(ひぞく)といった名称で別途関連付けられています。 特に、法律上の親族は、「6親等内の血族と配偶者、3親等内の姻族」です。 まずは、この「血族」と「姻族」についてご説明します。 血族と姻族 血族 血族とは、親や子供のように 血縁関係のある親族を指します。 普通は「血縁者」と呼ばれることもあります。 ただし、養子縁組によって結ばれた養子と養親は、「法定血族」と呼ばれ血族の一種です。 しかし、この場合、養親と実親との間に親族関係は発生しませんのでご了解下さい。 姻族 姻族とは、夫と妻、それぞれの血族と血族との関係を指す言葉です。 すなわち、 夫の血族と妻の血族は姻族という関係になります。 ただし、この姻族の関係は、あくまでも夫と妻それぞれに限った関係です。 配偶者以外の者同士が姻族になるわけではありません。 直系と傍系 親族の呼び方を見ていく上で、重要な関係が「直系」と「傍系」です。 それぞれ次のような意味を持っています。 直系 直系とは、親子関係や親の親とのつながり、子の子のような上下に直接的な親子関係を持っている間柄(系図)を指し示します。 ただし、自分と祖父母とは直接的な親子ではありません。 間に父母を挟んでいます。 自分と孫との関係も同様です。 間に子どもを挟んでいます。 しかし、自分と祖父母、孫とは直接的な親子関係はなくても、連続的に続いている関係なので直系であると言えます。 傍系 傍系とは、兄弟姉妹や叔父や叔母などのように、 「同じ祖先を持っている分かれた系統」を意味します。 父母や祖父母、孫のように上下直線的な関係に比べ、傍系とは左右のつながりです。 同じ祖先の元に生まれた子孫でありながらも、別の系統に属している場合を「傍系」と呼んでいます。 最も身近な傍系が兄弟姉妹ですが、自分の先祖の兄弟姉妹も全て傍系であると言えます。 もちろん「いとこ」も傍系です。 尊属と卑属 親族を血族と姻族に分けた場合、血族はさらに「尊属」と「卑属」の2種類に分けることが出来ます。 尊属 尊属とは、父母や祖父母、叔父叔母、曾祖父母など、自分よりも前の世代に属する血族を指し示します。 一般的に「先祖」と呼ぶ血族が尊属です。 この中で父母や祖父母、曾祖父母を、特に「直系尊属」と呼んでいます。 それに対して叔父叔母や祖父母の兄弟姉妹が「傍系尊属」です。 卑属 卑属とは、簡単に言うと自分の「子孫」のことを意味します。 例えば子や孫、曾孫、甥姪などが卑属です。 自分の世代よりも後に続く世代に属する血族を、卑属と呼んでいます。 卑属にも子や孫、曾孫のような「直系卑属」と甥や姪などの「傍系血族」の2種類があります。 注意したいのは、卑属とは「後の世代」を指し示す言葉であり、 「年齢が下」であることを意味しません。 例えば、自分が生まれる前に、兄弟姉妹に子ども(甥や姪)が生まれる場合や、自分の子供が自分よりも年上の相手と結婚した場合も、それぞれは自分にとって卑属に当たります。 家系図で見る親族の呼び方 それでは次に、具体的な親族の呼び方について解説します。 親族の呼び方は、直系と傍系との2つに大きく分けることが出来ます。 直系の親族 属種 関係 呼び方 読み方 4代前の尊属 祖父母の祖父 高祖父 こうそふ 祖父母の祖母 高祖母 こうそぼ 3代前の尊属 祖父母の父 曾祖父 そうそふ 祖父母の母 曾祖母 そうそぼ 2代前の尊属 父母の父 祖父 そふ 父母の母 祖母 そぼ 1代前の尊属 男親 父 ちち 女親 母 はは 同じ世代 本人 自分 じぶん 配偶者 夫 おっと 配偶者 妻 つま 1代後の卑属 男の子供 息子 むすこ 女の子供 娘 むすめ 息子の妻 嫁 よめ 娘の夫 婿 むこ 2代後の卑属 子供の子供 孫 まご 3代後の卑属 孫の子供 曾孫 ひまご(そうそん) 4代後の卑属 孫の孫 玄孫 やしゃご(げんそん) 5代後の卑属 孫の孫の子供 来孫 らいそん 6代後の卑属 孫の孫の孫 昆孫 こんそん 7代後の卑属 孫の孫の孫の子供 仍孫 じょうそん 8代後の卑属 孫の孫の孫の孫 雲孫 うんそん 傍系の親族 属種 関係 呼び方 読み方 4代前の尊属 高祖父母の兄 高祖伯父 こうそはくふ 高祖父母の姉 高祖伯母 こうそはくぼ 高祖父母の弟 高祖叔父 こうそしゅくふ 高祖父母の妹 高祖叔母 こうそしゅくぼ 3代前の尊属 曾祖父の兄 曾祖伯父 そうそはくふ 曾祖父の姉 曾祖伯母 そうそはくぼ 曾祖父の弟 曾祖叔父 そうそしゅくふ 曾祖父の妹 曾祖叔母 そうそしゅくぼ 2代前の尊属 祖父母の兄 大伯父 おおおじ 祖父母の姉 大伯母 おおおば 祖父母の妹 大叔父 おおおじ 祖父母の弟 大叔母 おおおば 祖父母の従兄弟 族伯祖父 いとこおおおじ 祖父母の従姉妹 族伯祖母 いとこおおおば 1代前の尊属 父母の兄 伯父 おじ 父母の姉 伯母 おば 父母の弟 叔父 おじ 父母の妹 叔母 おば 父母の従兄弟 従祖父(従兄弟違) いとこおじ(いとこちがい) 父母の従姉妹 従祖母(従姉妹違) いとこおば(いとこちがい) 同じ世代 実の兄 兄 あに 兄の妻 嫂(義姉) あによめ(ぎし) 実の姉 姉 あね 姉の夫 義兄 ぎけい 実の弟 弟 おとうと 弟の妻 義妹 ぎまい 実の妹 妹 いもうと 妹の夫 義弟 ぎてい おじおばの息子 (自分より年上) 従兄 いとこ・じゅうけい おじおばの息子 (自分より年下) 従弟 いとこ・じゅうてい おじおばの娘 (自分より年上) 従姉 いとこ・じゅうし おじおばの娘 (自分より年下) 従妹 いとこ・じゅうまい 父母のいとこの息子 再従兄弟 はとこ・またいとこ 父母のいとこの娘 再従姉妹 はとこ・またいとこ 1代下の卑属 兄弟姉妹の息子 甥 おい 兄弟姉妹の娘 姪 めい いとこの息子 従甥(従兄弟違) じゅうせい(いとこちがい) いとこの娘 従姪(従姉妹違) じゅうてつ(いとこちがい) 2代下の卑属 兄弟姉妹の男の孫 大甥(姪孫) おおおい(てっそん) 兄弟姉妹の女の孫 大姪(姪孫) おおめい(てっそん) いとこの孫 従姪孫 じゅうてっそん 3代下の卑属 兄弟姉妹の曾孫 曾姪孫 そうてっそん 4代下の卑属 兄弟姉妹の玄孫 玄姪孫 げんてっそん まとめ いかがでしたか?一口に「親族」と言っても、「血族」と「姻族」、「尊属」と「卑属」のカテゴリーに分類されます。 また家系図上で見ると「直系」と「傍系」に分けられるなど、実に興味深い続柄です。 普段の日常生活では、あまり気にも留めない「親族」の関係ですが、一旦結婚や葬儀など、冠婚葬祭にまつわる催しがあると、極めて重要になってくるのが親族関係と言えるでしょう。 そうした不意の出来事にも慌てず、まごつくことも無く冷静に対処するためにも、常日頃から自分の親族について、おさらいしておくのも良いですね。

次の