スイッチ ボット ハブ ミニ。 【レビュー/簡単設定】Switch Bot Hub Miniをアレクサに繋ぐと生活がこう変わった!

Switch Bot Hub Plusはスイッチボット活用シーンが多い家にオススメのスマートリモコンだ!

スイッチ ボット ハブ ミニ

この記事の目次 クリックすると該当箇所へ飛べます。 SwitchBotとは SwitchBotとは、自動のボタン押しロボット。 SwitchBotで家電を操作するために必要なもの まず前提といて、 SwitchBotを音声操作するにはSwitchBot Hub Plus(スイッチボットハブプラス)という、ハブ(echoとSwitchBotの中継器)が必要です。 さっきの写真の左側の雲の形のやつがそうです。 遠隔操作はしないという方であればBluetoothで接続できるので家の中だけであればスマホから操作も可能に。 SwitchBot Hub Plusについて 遠隔操作には欠かせない中継機(ハブ)の役割を担いますが、SwitchBot専用ハブ「switchLink」でも同様のことができます。 ただ、SwitchBot Hub PlusはスマートリモコンとSwitchBotのハブ両方の役割を持っています。 そのため、SwitchBot Hub Plusを使うことでテレビやエアコンなどの家電も操作ができるようになるためおすすめです。 詳しくはこちら「」を御覧ください。 それを踏まえたうえで、Amazon echoから操作する場合には以下のものが必要です。 SwitchBot(スイッチボット)• SwitchBot Hub Plus(スイッチボットハブプラス)• スマホ用SwitchBotアプリ• スイッチボットスキル(アレクサスキル) では、実際に手順を見てみましょう。 Amazon echoと連携させる方法・手順 音声で自動化するには大まかに以下の手順を踏みます。 SwitchBotアプリ設定• スイッチボットスキル(アレクサスキル)のインストール• スイッチボットスキルとSwitchBotアプリの同期• SwitchBotアプリでAlexaと連携 SwitchBotアプリでSwitchBot Hub Plusの設定 まずスイッチボットのアプリから設定に入ります。 まずはアプリをダウンロードしてください。 まだの人は以下のリンクからできます。 アプリを開いたら以下の手順で設定します。 アプリ画面で左上にあるメニューアイコンをタップしてメニューを開く• メニュー内にある「デバイスの追加」を選択• ここは簡単なので次に進みます。 デバイス本体をコンセントに繋いで電源を入れます• 本体裏面にあるスイッチを「ON」にする ここでやっとデバイス本体の電源を入れます。 電源を入れると、 このように本体が光り始めます。 次に本体裏面のスイッチを入れますが、 最初は「AUTO」の位置になっているので、一番上の「ON」までスイッチをあげてください。 一番上まであげるとペアリングモードと言って、Wi-Fiの設定ができる状態になります。 では、アプリに戻ります。 接続するWi-Fiのネットワーク情報(パスワード)を入力• ネットワーク接続が完了できれば、設定は完了 最後に SwitchBot Hub Plusを接続するWi-Fiネットワークの設定を行います。 設定をする際にはスマートフォンも接続するWi-Fiに接続している状態で行いましょう。 Wi-Fiに関しては、2. 4GHz帯のネットワークに接続するようにしてください! SwitchBot Hub Plusは2. 4GHzにのみ対応しています!5GHzには未対応です。 4GHzとなっています。 ここまででSwitchBot Hub Plusの設定が完了となりました。 冒頭でも言いましたが、SwitchBot自体はBluetoothで自動で接続されるので最初から追加されています。 次に、そのSwitchBotとHub Plusを連携させましょう。 SwitchBotのHOME画面からSwitchBot Hub Plusを選択• 下部にある「Bot」を選択• SwitchBotを選択• Alexaと連携するためにタブをONにする Amazon Alexaと接続するにはAlexaタブを選択します。 SwitchBotの名前を入力• 設定が完了 名前の編集が開きます。 分かりやすい名前に変更済みであればそのままで大丈夫ですが、変更していない方は名前を入力しましょう!ここでは「お湯はりスイッチ」という名前にしました。 Amazon Alexaのスキル設定• Amazon Alexaアプリのメニューを開きスキルストアへ行く• 「switchbot」でスキルを選択• スキルの有効化ボタンをタップ さて、次はアレクサにスキルを入れます。 アレクサアプリを開き、検索するとスイッチボットのスキルが出てきますね。 あとは有効にします。 SwitchBotアプリで作ったアカウント情報を入力• 「完了」ボタンをタップ• 「端末を検出」ボタンをタップする 有効化すると自動的にさきほどのSwitchアプリと連携しようとします。 先ほどSwitchBotアプリでアカウントを作った時のメールアドレスとパスワードを入れれば連携完了です。 検出が完了し、「続行」をタップ• 複数端末が検出されたらセットアップする端末を選択• 設定が完了 ここまでで一通りの連携は完了。 なお、呼びかけは 「アレクサ、スイッチ(任意の名前)を入れて」です。 ここが複数のSwitchBotを違う名前で分けて使うことで、「アレクサ、子ども部屋の電気をいれて」や、「アレクサ、コーヒーをいれて」が可能になります。 これまでの設定で言うと「アレクサ、お湯はりスイッチを入れて」です。 いよいよAmazon echoで動かしてみます。 結果は下の動画。 無事PCのディスプレイをつけられました!• 特集コンテンツ 売れ筋スマートガジェットランキング smartioでみんなが買っているスマートホームガジェットをカテゴリー毎にランキング形式で紹介しています。

次の

SwitchBot Hub Mini (スイッチボットハブ)とアレクサがうまく連動しない時の対処

スイッチ ボット ハブ ミニ

SwitchBotシリーズから新しいスマートリモコン「SwitchBot Hub Mini(スイッチボットハブミニ)」が登場しました!SwitchBotシリーズはでは既に、「SwitchBot Hub Plus」というスマートリモコンが発売されています。 SwitchBot Hub PlusとMiniではどういう違いがあるのでしょうか、さっそく見ていきましょう。 SwitchBot Hub Miniにはどんな機能がある? SwitchBot Hub Mini(スイッチボットハブミニ)はスマートリモコンと呼ばれるガジェットで、赤外線を発信することができテレビやエアコン・照明その他リモコンがある家電の操作をまとめておこなう事ができるものです。 自宅のWi-Fiに接続をすることで、 スマートフォンの専用アプリから家電の操作ができます。 家中のリモコンがスマートフォン1つに集約できるイメージです。 操作ができるだけでは無く、 時間で家電をONにするスケジュール設定ができたり、外出先からでも家電を操作できます。 そんなSwitchBot Hub Miniは名前の通り、従来モデルのSwitchBot Hub Plusと比べるとサイズが小さくなっていますが、機能にはどのような差があるのでしょうか。 Plusの場合は雲の形をしたスマートリモコンが様々な色に光っていましたが、それ以外は同じですね。 それでいて価格は3,980円という安さ! SwitchBot Hub Plusは素晴らしい商品ですが、「もっと小さく、シンプルで安くなったハブが欲しい」という声も多く、それをきっかけとして、サイズが小さく価格も抑えられたSwitchBot Hub Miniが開発・販売されたとのことです。 なおかつボタンロボット「SwitchBot」のハブの役割を果たし、スマートフォンから遠隔で操作したり、スマートスピーカーに話しかけて操作も可能です。 ボタンロボット単体では遠隔や音声での操作はできませんが、SwitchBot Hub Miniがあればできるようになります。 自宅でペットを飼っている家庭では離れていても適温にでき、夏には熱中症対策として両親の家に置いておくのも良いですね。 LINK• 特集コンテンツ 売れ筋スマートガジェットランキング smartioでみんなが買っているスマートホームガジェットをカテゴリー毎にランキング形式で紹介しています。

次の

SwitchBotハブミニ(Hub Mini)

スイッチ ボット ハブ ミニ

商品写真の他サイトへの無断転載は固くお断りいたします。 商品写真の他サイトへの無断転載は固くお断りいたします。 商品写真の他サイトへの無断転載は固くお断りいたします。 商品写真の他サイトへの無断転載は固くお断りいたします。 商品写真の他サイトへの無断転載は固くお断りいたします。 商品写真の他サイトへの無断転載は固くお断りいたします。 商品写真の他サイトへの無断転載は固くお断りいたします。 商品写真の他サイトへの無断転載は固くお断りいたします。 商品写真の他サイトへの無断転載は固くお断りいたします。 SwitchBotシリーズ製品と組み合わせてご利用いただくと、外出先からの遠隔操作や、スマートスピーカーを利用した声での操作が可能となります。 IFTTT対応アプリケーションとの連携も可能となります。 Switch Botハブミニ Hub Mini は赤外線コントロール機能もついていますので、ご家庭の赤外線リモコン機能がついた機器を遠隔操作することもできます。 例えば、外出先から帰宅前にエアコンのスイッチを入れておいて、家に着いた頃には快適な室温にしておくなんてことも可能になります! 更には、AlexaやGoogle Assistantを利用して赤外線リモコン対応デバイスをスマートホーム対応デバイスにすることも可能です。 加えて、別売りのSwitchbot温湿度計(Meter)と組み合わせて使用すれば、温度湿度によりSwitchbotシリーズをコントロールすることも可能です。

次の