難しい場合 敬語。 「大丈夫です」の敬語の言い換え表現は?ビジネスメールでの使い方は?

「対応できない」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現

難しい場合 敬語

「ちょっと難しい」と英語で言うと? さっそく、ちょっと難しいですを英語に訳してみましょう。 直訳しようとすると、難しい表現ではないですよね。 もしくは、 It might be a little difficult. という表現が思い浮かぶでしょう。 この2つの表現は、文法的には間違っていませんが、日本人が言う、ちょっと難しいですの意味合いとは少し違った捉え方をされてしまいます。 It might be a little difficult. と言うと、ネイティブはどのように捉えるのかを次章で紹介します。 ネイティブの捉え方は? 日本人がちょっと難しいですと言った場合は、冒頭でも書いた通り、やんわりと断っていますよね。 つまり、 難しい=できないというニュアンスを含んでいることが多いと思います。 日本人にとって、できませんと断るのはダイレクトすぎるので、ちょっと難しいです。 とやんわりと断っているのです。 や、 It might be a little difficult. と伝えた場合は、どのように捉えられるのでしょうか。 結論から言うと、難しいのはわかった。 だから何?と思われてしまうことが多いです。 むしろ、難しいけどできるということね。 と思われてしまうこともあるでしょう。 difficultは、ただ難しいかどうかというの難度を表しているだけであり、できる・できないの回答とはなりません。 ネイティブは、 難しいこと=できないとは捉えないことを頭に入れておきましょう。 「ちょっと難しい」と断りたい時は? 私たち日本人が伝えたいちょっと難しいです(なのでできません)というニュアンスを、ネイティブに伝えたい場合は、はっきりと言い切らないと伝わりません。 たとえば、以下のような表現をすれば、日本人が伝えたいニュアンスと近いのではないでしょうか。 〜をすることが、できるとは私は思いません。 〜することはちょっと難しいです。 というニュアンスになります。 そのことについては、あなたを助けすることはできないかもしれません。 という風に、できるかできないかを表す canや possible を使い、言い切ったほうが、ネイティブにも伝わりやすいです。 というフレーズ以外にも、先ほど紹介したように、 canや possibleという、単語を使えば、ネイティブはきちんと理解してくれます。 と言うと、日本人の感覚からすると少しきつく感じてしまいますよね。 したがって、やんわりと断りたい場合には、相手に申し訳ない気持ちを伝えるのもいいでしょう。 日本語を英語に直訳するとニュアンスが違う場合がある ここまで見てきたように、日本人は遠回しの表現を好む傾向にあるので、日本語を英語に直訳してもネイティブには違うニュアンスで捉えられてしまうことがあります。 〜はちょっと難しいです。 という表現以外にも、たとえば仕事の場面で、 〜したほうがいいですよ。 と言われた場合、日本人は、 〜しなさいと言われたと捉えますよね。 しかし、ネイティブは、 〜したほうがいいですよ。 と言われた場合、自分には、やるかやらないかという選択肢があると捉えます。 はっきりと、 〜してください。 と頼まれなければ、忙しい場合はやらないことを選ぶ場合があります。 このように、日本人がする遠回しの表現をしても、ネイティブには日本人が伝えたい意図が伝わらない場合があるので、英語では遠回しの表現はせず、はっきりと表現しましょう。 はっきりと言い切ってしまえば、確実に通じることが多いですし、ミスコミュニケーションもなくなるはずです。 まとめ 日本人は遠回しの表現を好みます。 しかし、海外の人とは文化がちがうので、はっきり表現しないと伝わらないことも多いでしょう。 ネイティブと話す際は、できるだけ言い切る表現で、わかりやすく伝えるように気をつけて下さいね。 と伝えても、ネイティブは、できるのかできないのか、はっきりとした回答が欲しいといます。 動画でおさらい 海外では伝わらない!「〜はちょっと難しいです」を英語で言うと?を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

次の

「難しい」の6つの類語とは?その使い分けも紹介!

難しい場合 敬語

「できない」を敬語に変換するとどうなる?正しい依頼の断り方 ビジネスシーンで必ず訪れる「できない」ことを伝えなければいけない場面で、相手がどんなに偉い人だとしても気後れせずに「No!」という気持ちを伝えることができますか?すべてが順調に進んでいる時には、敬語だってスラスラと出てきますが、少々難しいシチュエーションにぶつかった時、どうしても適切な表現が見つからない場合があります。 社会人に求められるのは、さまざまなシチュエーションに対する適応力と柔軟性です。 あたふたしてしまうような場面では、正しい敬語の使い方を身につけていることで、相手の方に失礼な言動をせずに大人としてスマートな対応をすることができるのです。 普通なら敬語として使うのが難しい「できない」という気持ちを上手に伝えることができると、社会人としても一人の大人としても一目置かれる存在になりますよ。 ここでは、つい口走ってしまいがちな「できない」の正しい敬語変換をビジネス会話と共にご紹介します。 「できない」は敬語としてなぜNG? 仕事をしていて気持ちが重くなる瞬間、それは何かを断らなくてはいけない場面です。 その相手が目上の人や取引先の方などの、敬意を示すべき対象であればあるほど、断りたくても断れない状況に陥ってしまうことも少なくありません。 もちろん、断る理由がハッキリと道理にかなったものである場合には、堂々とできないことを伝えればいいのですが、問題は内容よりもその「伝え方」にあります。 「できない」ことを理解してもらえても、伝え方を間違えてしまうとネガティブな印象だけがより色濃く残ってしまうことから、どれだけ正当な断る理由があったとしても、失礼な言動として受け取られないよう注意が必要なのです。 どんなに申し訳なさそうな顔をしたり、「できません…」と消え入るように語気を弱めたりしても意味がありません。 「できません」自体が敬語ではないので、言われた側は不快な気持ちになってしまうことから、「できない」が丁寧な表現だと思っている人は、すぐにでも「できない」の失礼のない言い回しを身につけていく必要があります。 「できない」の敬語変換の正解は?知っておくべき会話例 「できない」の正しい敬語表現として、最初に覚えておくと便利な言い回しが「致しかねます」です。 では、「致しかねます」を使ったビジネス会話例をチェックしてみましょう。 取引先との商談の場面で A:山田さん、先日のプロジェクト会議では大変お世話になりました。 B:鈴木さん、こちらこそ数々の新しい提案をお伺いすることができて大変勉強させて頂きました。 A:何をおっしゃいますか。 ところで、新しい店舗を渋谷に増やす計画なのですが…。 B:そちらのご提案なのですが、只今地方への店舗進出に向けて動いておりまして、こちらとしても大変残念ではありますが、今回のご提案はお受け致しかねます。 「致しかねます」を使う際に注意することは、受け取る人によっては完全に断られたと感じずに「まだ望みがあるかも!」という期待をさせてしまう可能性があるということです。 したがって、ただ「お受け致しかねます」と言うだけではなく、「大変申し訳ありませんが」や「今回は」など、 できないことを明確に表す表現やフレーズも加えることがポイントです。 ビジネスシーンで使える「できない」の類語表現 いつも同じフレーズばかり使っていると「馬鹿の一つ覚え」みたいでなんだか物足りないですよね?!「致しかねます」に他にも「できない」ことを丁寧に伝える敬語変換がいくつかあることから、いくつかの断るパターンを憶えておくことで、ビジネスシーンや伝える相手に合わせて敬語表現を使い分けることができます。 ここでは、3つの類語表現をご紹介します。 ポイント1.全体的にフォーマルな表現を心がける 普段顔を合わせている相手であっても、やはりお断りのメールをする際には嫌な印象を与えないためにもフォーマルな文章表現になるように注意しましょう。 「致しかねます」という敬語を使いながらも、全体的に丁寧かつ正しい敬語を使ったメール文にすることが、社会人としてのルールであります。 ポイント2.誤解を招かぬよう、あらゆるフレーズを用いてフォローする フォーマルなビジネスメールであっても、「致しかねます」という伝えたい内容だけを記すと冷たい印象を与えてしまうので、こちらの意思を伝えつつ誤解も招かないように、「大変申し訳ございませんが」などのような、内容をフォローするフレーズを加えることも大切です。 2つのポイントを踏まえた具体例は次の通りです。 残念ながら~することはできません Regrettably, it would be difficult to respond to you in the current situation (訳:残念ですが、今の状況ではお答えすることができかねます。 ) 「できません」は、「~することが難しい」「~することが厳しい」というニュアンスに置き換えが可能です。 難しいシチュエーションこそ、「できない」の正しい敬語で乗り切ろう! 誰でも「No!」と伝える時こそ、相手に気を遣ってしまいかえって言いにくくなってしまうものです。 しかし、そんな難しい状況でこそ、正しい「できない」の敬語を使うことで相手の方にも失礼のない表現で分かって頂きたいものです。 ついつい言葉足らずで周囲の人を不快にしてしまうという人は、「できない」の正しい敬語表現を身につけて社会人として欠かすことのできない交渉術を身につけていきましょう。

次の

「できない」の敬語は?ビジネスでの上手い断り方を例文で説明

難しい場合 敬語

例1のような場合、相手は、「あなたからどうしてもとお願いされたから出席したのに」などと不自然なにニュアンスがあります。 おそらく「このたびは(ご無理を申して)ご出席いただきましてありがとうございます」のほうが敬語としてしっくり来ます。 例2でも「(お願いいたしました)議事録をお渡しいただきましてありがとうございました」などの敬語表現のほうが自然です。 上記の2つはいずれも、自分が相手に「出席」や「渡す」という行為を頼んで行ってもらったために、「~いただく」という敬語表現が適当というイメージである例です。 敬語として決して間違いでもなく、どのような場面において使われるかによって受ける印象は違ってきます。 謙譲語:いただく、頂戴する 自分のことを人に話すような場面では変化させるほうがいい場合があります。 「子供に小遣いをあげた」「子供の習い事として剣道の道具を買ってあげた」「孫に本を読んであげた」を変化させるなら、「子供に小遣いを渡した」「子供の習い事に剣道の道具を買い与えた(贈った)」「孫に本を読んで聞かせた」などと変化させることができます。 また、「師匠は毎日木に水をやるんですか」のように、目上の人に対して「やる」という語は失礼にあたるので、「師匠はは毎日木の水やりをなさるのですか」と変化させることができます。 「水をおやりになる」という表現も使えますが、「ゴルフをおやりになる」よりも「ゴルフをなさる」のほうがしっくりくる場合も多いようです。 そのような点からも「水やりをなさる」のほうがしっくりきます。 木や植え込みに水をやることを「遣り水」「水撒き」といいます、ですから文末の相手の動作の部分を「なさる」という尊敬語に変化させることで、しっくりきて、敬意を表現することもできます。 実際にアンケート結果でも認知度はあまりなかった。 今後行うキャンペーンについて見直す必要があると考えられる。

次の