ハクビシン 駆除 相場。 害獣駆除班の評判・口コミは大丈夫?料金やサービス内容も詳しく紹介

自治体(役所)がおこなう「ハクビシン駆除」のサポート内容2つ

ハクビシン 駆除 相場

その名の通り、 額から鼻にかけて白い線があることが特徴です。 ジャコウネコといえば、インドネシア産の「コピ・ルアク」という世界一高価なコーヒー豆をつくる動物として有名ですが(その豆、実はジャコウネコが食べたコーヒー豆の排泄物です!)、日本でお目にかかるジャコウネコ科のハクビシンは、 悪名高き害獣として有名になってしまっています。 【ハクビシンの特徴】ハクビシンの3つの特徴について知ろう!• ハクビシンは頭がいい• ハクビシンは繁殖能力が高い• ハクビシンは年中活動し、行動範囲が広い ハクビシンは頭がよく学習能力が高いため、その性質を逆手に取り、 家に寄せ付けない為の対策をとることが有効とされています。 ハクビシンの出産は、基本的には 年に1回ですが、 1回の出産で 約30匹を 産む言われています。 ハクビシンの寿命は、 約10年です。 ハクビシンはもともとは、高所にある木の実を食べることから森林や、山間部で生活し樹木の上を住まいとしています。 しかし環境適応能力や、学習能力が高いハクビシンは、都市部で生き残る知能も持っており、 郊外区域だけでなく、都市部での生息数が日本全国で増えています。 屋根裏や天井裏は、本来のハクビシンの隠れ場所によく似た環境とになっているので、 ハクビシンが棲みつきやすい場所の 1つに挙げられます。 【ハクビシンの被害】ハクビシンを放置すると被害があります!• ハクビシンは家も、人間にも様々な被害をもたらすんだよ! ハクビシンは「ため糞」をする習性があり、 巣の近くの同一箇所にたくさんの糞をためます。 これにより様々な被害を引き起こします。 【ハクビシンの被害】ハクビシンの糞で家屋が腐敗する! 家の天井裏にハクビシンが住み着いてしまった場合、大量にたまった「ため糞」により、 天井が腐食して抜け落ちてしまうという被害が多数報告されています。 ハクビシンの糞尿の湿気が天井裏にこもると、天井裏は常時湿っぽい状態になりますので、グラスウール等の断熱材が湿気を吸い、本来の断熱性を失います。 また、桁(けた)、野縁(のぶち)、吊木(つりぎ)、小屋束(こやづか)、垂木(たるき)、棟木(むなぎ)、野地板(のじいた)など、 天井裏の木材の腐食を早める恐れがあります。 【ハクビシンの被害】ハクビシンの糞で電気配線等への悪影響がある! 天井裏の電気配線や設備配管にも悪影響を及ぼし、 最悪の場合は火事になってしまう懸念があります。 特に、天井裏に配線されている電線のジョイント部分などに、糞や尿がかかると電気がショートする危険性があります。 【ハクビシンの被害】ハクビシンの糞で家庭菜園などが荒らされる! 家庭菜園があるお宅の収穫間近の農作物や、きれいに咲いていた美しい 花々や植物が食い荒らされる被害も多発しています。 【ハクビシンの被害】ハクビシンの糞は悪臭、害虫発生、人体への健康被害がある! ため糞や糞尿により悪臭が家中に立ち込める被害も大変多いです。 それだけではなくノミ、シラミと言った 害虫が発生し、人体への健康被害も懸念されます。 【害獣】ハクビシンの駆除は専門の業者に依頼するのがオススメ ハクビシンを見つけても、 自分で駆除はすることはできません。 「鳥獣保護法」という法律があり、いくら害獣と言えど、 許可なくハクビシンなどの害獣を駆除することは法律で固く禁じられているからです。 ハクビシン駆除と言いますが、その意味合いはハクビシンを捕獲することです。 ハクビシンを捕獲する場合には、都道府県知事の許可が必要になり、お住まいの市区町村役場に相談してから申請を出すことになります。 つまり、 ハクビシンの駆除(捕獲)は、プロの業者に任せるのが正解です! その際に気になるのが、料金相場や失敗しない業者選びについてですよね。 ハクビシン駆除を業者に依頼したら料金相場はいくら? 家の広さや棲み付いたハクビシンの頭数、家の広さ、作業環境によって大きく変わりますが、捕獲をする場合は最低でも 10万円前後が 必要な可能性が高いです。 ハクビシンの駆除にかかる費用の中で、 以下の3項目が 大きく作業費に影響します。 ハクビシンを捕獲する罠の設置費用• ハクビシンを捕獲後の処理費用• 害獣捕獲申請を代行する費用 安心できるハクビシン駆除業者を選ぶための3つのポイント 数ある業者の中には、お宅にお邪魔して許可なく罠を設置し、捕獲してその場で処分する荒っぽい業者もいるようですが、 これは完全にアウトです。 駆除業者に依頼する場合は、 3つのポイントを 必ず確認して業者選びをしましょう。 害獣駆除の経験が豊富かな業者なのか?• 法的な手続きをしっかりしてきれる業者なのか?• 作業内容ごとの単価が明確になっている業者なのか? ハクビシンの駆除は費用もそれなりに高額になるので、必ず 3社以上の相見積を取って、失敗しない業者選びをしましょう。 【ハクビシンの対策】自分でハクビシンを寄せ付けない対策• うんうん!またハクビシンが寄り付かないようにするのは大切だよ! 業者にハクビシンを駆除してもらい、 そのままめでたしめでたしと終わらせてはいけません! 一時的にハクビシンを駆除することに成功しても、ハクビシンが再び寄り付かない環境を作らなければ、 また別なハクビシンが住みついてしまいます。 そこで、ハクビシンの駆除が終わったら、再発防止策をしましょう。 ハクビシンは、握りこぶし大の穴があれば、やすやすと基礎の風窓などのちょっとした隙間から侵入します。 隙間を見つけたら、 金網を張るなどの対策をしましょう。 身体能力が極めて高いハクビシンなので、家の脇に生えているちょっとした高さの木を伝って、やすやすと家の屋根に登ってしまいます。 幹や枝が伸び、家の屋根にかかるような状況であれば、 枝打ち・木の伐採などをしましょう。 自分でするのが難しければ、庭師や便利屋さんなどにお願いするといいですよ。 家の脇の茂みや、落ち葉の中にも身を潜めることがありますので、 草刈りや落ち葉取りをしてハクビシンが身を潜める場所をなくしましょう。 また、生ごみの匂いも大好きなので、家の近くに生ごみを放置しないようにしましょう。 【ハクビシンの対策】ハクビシンを寄りせつけない効果的アイテム• また、ハクビシンの天敵である、犬の毛を等間隔にネットに入れて置くことにより、 約90日間 忌避効果が持続するという事例も報告されています。 環境によってわかりやすい効果がある時、ない時はどうしてもありますが、こういった商品を 試してみるのも 1つの方法です。 また、ハクビシンは非常に学習能力の高さ故、電気柵に触れて痛い思いをしたり、苦手な青色の光を浴びたりすると、その場所を避けるようになります。 電気柵の設置はそれなりに費用がかかりますが、敷地面積の広いお宅ほど設置すべきでしょう。 青色のLEDストロボもインターネットショッピングや、ホームセンターなどで購入可能です。 電源不要のソーラー蓄電式製品も出ていますので、予算とお好みに応じて購入しましょう。 ハクビシンの駆除は専門の業者に依頼するのがオススメです! 今回は、 ハクビシンの特徴や、ハクビシンがもたらす被害や、自分でできるハクビシン対策について紹介しました。 まずは、ハクビシンの生態をよく知り、ハクビシンがもたらす被害の恐ろしさをよく知ることが重要です。 ハクビシンの駆除を業者に依頼すると、最低でも 10万円程度の費用が必要のようです。 最低でも 3社以上の相見積を取り、 法的手続きをちゃんと取ってくれる、駆除実績が豊富な業者に依頼しましょう。 また、ただハクビシンを駆除するだけではなく、再びハクビシンが家に寄り付かない環境をつくることが非常に重要です。 自分でできることが数多くありますので、ハクビシン対策をしましょう。 を探す時は、を使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。 まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。 ハクビシン・アライグマ・イタチ駆除をプロに依頼するなら ハクビシン・アライグマ・イタチ駆除を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。 すまいのほっとラインなら、簡単にの業者を探すことができます。

次の

アライグマの駆除方法6つと業者に頼んだ場合の相場

ハクビシン 駆除 相場

ハクビシンの侵入を防ぐ効果的な方法は? 以前「」の記事で詳しくご説明しましたが、ハクビシンは一度ねぐらと決めたところに住み着いてしまう習性があります。 そのため、まだ家にハクビシンが棲み付いておらず、近くでハクビシンを見かけたり、ハクビシンの痕跡を見かけた場合は棲み付かれる前に対策を取りましょう。 棲み付かせないためには 「寄せ付けない&侵入させない」必要があります。 餌になる物 ゴミ・未収穫の果実 を放置しない ハクビシンが都会に順応し繁殖しているのには 「餌がある」というのが大きな理由の一つです。 果樹を好むハクビシンですが、雑食性で 昆虫や鳥、人間が出したごみなども食べます。 そのため、庭先にゴミを放置したり、果樹 柿の木など がある場合は、収穫しない果実や落ちた果樹を放置したりすると餌場として寄りついてしまいます。 完全夜行性のハクビシンは、夜中に餌を求めて動くので、深夜のゴミ出しなどをしないようにするだけでも寄せ付けなくすることはできるでしょう。 隠れ蓑になるような落ち葉・雑草は掃除をする ハクビシンは警戒心が強く、 見通しの良い場所を通るのを避ける習性があります。 移動経路となりやすい 排水溝や側溝、家の庭先などの落ち葉や枯れ枝を取り除いたり、伸びた 雑草を綺麗に刈り取るだけでもハクビシンは警戒して通らなくなることがあります。 除草方法については「」の記事で紹介していますので、参考にしてみてください。 屋根に渡れるような枝が伸びている木があれば剪定する ハクビシンは木登りが得意で、樹上生活者と呼ばれています。 細い電線も器用に渡ってしまうので、木や電線をつたって移動するため、 自宅の屋根に渡れそうな木の枝があれば剪定するというのも一つの対策です。 ハクビシンは垂直跳びが1m10cmできるという特徴がありますが、ジャンプして家に侵入することはなく、ほとんどが屋根伝い、電線、木を移動してきます。 「自分の家に渡らせない」というのは棲み付かせないうえで大切な対策です。 自宅周辺、屋根の上を移動しにくいように細工をする 隣家との距離が近く、自宅に渡らせない対策を取ることがどうしてもできない場合は、 「バードスパイク」のようなハクビシンの歩行を困難にするような障害物を設置するのも一つの方法です。 主に鳥よけとして販売されているこれらの商品は、ハクビシンのように塀や屋根の細い場所を通る害獣にも効果があります。 青色ストロボを利用して寄せ付けない ハクビシンのような 夜行性の生物は、青色の光を嫌うため「青色ストロボ」や「青色LEDライト」などを用いて寄せ付けないという方法があります。 これは、夜行性の動物は色覚が発達しないと言われているためで、以前、 虫の可視光域が人と違うので、赤色のネットを利用することで作物を守る方法があると説明したことがありますが、これと同じで 夜行性の動物は青い光を認識しやすいという特徴があるのです。 参考>>> 青色光は、ハクビシンだけではなく他の夜行性の動物にも有効なため、忌避効果は高いのですが、1つ難点としては「この青色光を目印に虫が寄ってきてしまう」という事でしょう。 「畑に設置するから虫はどうでもいい!」とか「虫はともかくハクビシンを寄せ付けたくない!」という人は、青色光を点滅させるストロボなどを設置すると良いでしょう。 ウルフピーで寄せ付けない ハクビシンは、肛門腺に悪臭のある分泌物を持っていて、仲間との連絡を取るという事で 「ウルフピー」などの大きな肉食動物の尿を使った忌避剤があります。 夜行性のハクビシンは、視覚よりも嗅覚や聴覚が発達しており、臭いを利用した忌避剤は効果があると言われています。 ただ、この忌避剤の難点は、• ペットを飼っている場合は使用しにくい• 臭いがするので一般家庭の庭などには使いにくい• 雨が降るとが効果が薄まりやすく、数日しか効果が持続しない 等の点でしょう。 ハクビシンの学習能力に期待して、一時的に恐怖感を与えることとで逃げて行ってくれるといいのですが、効果はさほど満足いくものではないかもしれません。 都会で生まれ育ち狼を見たことがないハクビシンにも、DNAに狼という存在はすり込まれているのでしょうかね?.

次の

ハクビシン駆除業者9社の料金・費用相場とおすすめ業者ランキング! | 害獣駆除博士|害獣のおすすめ対策方法やグッズを徹底比較!

ハクビシン 駆除 相場

ハクビシンの駆除、農作物や畑の対策は? ハクビシンとは、ジャコウネコ科の動物、 「 白鼻芯」と漢字で書きますが、 その名の通り鼻筋に白いラインが入った、 かわいらしい顔をしています。 甘い果物が大好きなので果樹園の被害が多かったのですが、 現在では家庭の生ゴミなども食べる様になったことから 山から降りて来ては都心部などでも被害が出ています。 ハクビシンの農作物、畑などへの対策は、 ジャンプ力が優れていて、登ったりすることも得意です。 フェンスで主に侵入を防ぐ方法を取りますが、 上からの侵入か下からの侵入かによって異なります。 まず、基本としては 電気柵の併用で、 上からの対策としてフェンスの上に登ると電線に触れる様に設置し、 ポイントとしては フェンスの10cmくらい手前に、 高さ5~15cmほどの位置に電線を引くと、 間を探してフェンスの手前で立ち止まったハクビシンに触れ、 電線があたりやすくなります。 なお、 下から侵入される場合の防止には、 ネットを地面に張って防止しましょう。 他にも 害虫駆除用の燻煙剤も、 追い出し効果があります。 さらに追い出した後は、 速やかに侵入口を塞ぐ様にしましょう。 ハクビシンの駆除方法、業者は?費用・料金の相場は? ハクビシンを駆除に関しては、 本来は 鳥獣保護法により捕獲を禁止されているため、 捕獲をする際には 保健所や市役所などに申請する必要があります。 そして、 ワナを使用し捕獲する場合には 免許が必要なので、専門業者へ依頼をします。 その費用ですが、例をあげると一軒家の屋根裏に ハクビシンが侵入している案件で、 実際カメラなどで状況を確認する 相談については無料とし、 駆除に際しての施工計画をたて、 侵入口の遮断や糞などの回収清掃、 殺菌消毒や捕獲に使用するあらゆる内容に付き料金が発生しますが、 有害鳥獣捕獲申請代行費が発生し、 檻の設置には必ず必要となります。 長期戦や頭数などによって檻の設置数やエサ交換、 回収処分料金も変わるので業者によっても差があり、 一般的な料金として、 追い出し工事料金は 1平方メートルあたり700~900円ほど、 侵入口の遮断で8,000~25,000円程度、 有害鳥獣捕獲申請代行料が 1回50,000円くらい、 捕獲後の回収処分処理で 1頭20,000~40,000円 などといった細かな料金が発生し、 一般的には 最低120,000円はかかります。 カテゴリー• 892• 410• 119• 189• 148•

次の