労働 安全 衛生 法。 プレス機械の安衛法一覧表

安全衛生情報センター

労働 安全 衛生 法

「労働安全衛生法」って何? それでは、まず、「 労働安全衛生法」とは何か、簡単にご説明します。 「労働安全衛生法」とは、 労働条件の中で、 安全衛生に関する最低基準を定めた法律です。 主な目的は、 職場における、 労働者の安全と健康を確保することです。 昭和47年(1972年)に、労働基準法第5章(安全及び衛生)を独立させるような形で、制定されました。 「労働安全衛生法」では、 「 労働災害の防止」「 健康の保持増進」「 快適な職場環境の形成」等を促進するような規定が定められています。 具体的には、以下のようなことを、事業者に義務付けています。 安全衛生管理体制の確立• ) 安全衛生管理体制の確立にあたっては、 一定規模以上の事業場ごとに、以下の者等を選任する必要があります。 総括安全衛生管理者• 安全管理者• 衛生管理者• 産業医 他 また、危険有害な作業が必要な「 機械」や「 危険物・有害物」に関して、 製造過程や 使用方法等に、一定の規制を設けています。 このように、働く人々にとって、とても身近な法律だと言えます。 労働安全衛生法の「総則」は? 次に、労働安全衛生法の「 総則」について、簡単にご説明します。 「総則」とは、 その法令全体に通して適用される原則のことです。 当ページは、初心者向けなので、シンプルな部分だけをご紹介します。 事業者の責務 労働安全衛生法の「総則」では、 事業者が負うべき 責務について、定められています。 事業者は、 「労働災害の防止」のための最低基準を守るだけでなく、 「快適な職場環境の実現」や「労働条件の改善」を通して、 職場における、「労働者の安全と健康」を確保するようにしなければなりません。 また、事業者は、 国が実施する 「労働災害の防止に関する施策」に協力するようにしなければいけません。 このように、「職場における、労働者の安全と健康の確保」という責務が、事業者には生じているんですね。 労働者の責務 労働安全衛生法の「総則」では、 労働者が負うべき 責務についても、定めがあります。 労働者は、労働災害を防止するために 必要な事項を守らなければなりません。 また、事業者等が実施する、 「労働災害の防止に関する措置」に協力するように努めなければなりません。 安全と健康の確保のために、当たり前と言えば、当たり前のことですね。 「労働災害」「事業者」「労働者」の定義 労働安全衛生法の「総則」において、以下の 定義も定められています。 ・ 「労働災害」 事業場での危険な機械や有毒なガス・粉塵、 労働者の作業上の行為等が原因で、 労働者が負傷し、疾病にかかり、又は死亡すること。 ・「事業者」 事業を行う者で、労働者を使用するもの。 ・「労働者」 労働基準法で規定されている労働者のこと。

次の

労働安全衛生法とは?簡単にご説明!まずは総則を知ろう!【初心者向け】

労働 安全 衛生 法

労働安全衛生法は、労働者の安全と健康を守るための法律です。 企業のコンプライアンス意識が叫ばれる現在、法令に遵守して適切に衛生管理を行うことは、企業の責務でもあります。 労働安全衛生法の内容を理解して、適切な社内体制を構築することで、従業員の満足度の向上、対外的な信頼度の向上、求職者へのアピールにもつながります。 今回は、「労働安全衛生法」について詳しく解説します。 労働安全衛生法とは まず、「労働安全衛生法とは何か」という点について解説します。 労働安全衛生法とは、労働基準法とともに労働災害を防止し、労働者の安全と健康の確保、快適な職場環境を促すための法律です。 制定は1972年で、労働基準法から独立する形で生まれました。 それ以前は、高度経済成長を背景に、新しい機械を次々に導入したり、作業員に無理のある働き方が採用されるなど、労働環境が目まぐるしく変化していました。 その結果労働災害による死亡者数が年間6,000人を超える状況が続いていたそうです。 しかし、労働安全衛生法の施行により、それから10年で事故件数は半分以下に減少しました。 労働者が安心して働ける環境を整えるために、時代に合わせた改正を続けながら運用されています。 労働安全衛生法における「事業者」 労働安全衛生法において「事業者」として定義されるのは、「事業を行うもので、労働者を使用するもの」です。 事業者は、労働安全衛生法に従って安全管理や衛生管理を行う義務があります。 ただ、事業が請負契約に基づいて行われる場合には、事業者だけでなく、元方事業者(請負契約における注文者)に対しても一定の義務が求められるケースがあります。 安全衛生管理を行う理由 労働安全衛生法にしたがって安全衛生管理を徹底すると、さまざまなメリットが得られます。 生産性向上 安全な作業を行うための教育も、安全衛生管理の一環に含まれています。 従業員が正しい知識を持って業務にあたることで、企業全体の生産性向上が期待できます。 また、現場での事故やトラブルが防げるため、予想外のロスも発生しません。 安心して業務に励める環境があることは、大きな利益につながります。 従業員のモチベーション向上 安全衛生管理を徹底するということは、現場の作業環境を常に見直す環境が整うということです。 現場の人が感じる「働きにくさ」は、そのまま重篤な事故につながるリスクを秘めています。 そういったリスクが少なく、自分たちの声が反映される職場環境は、働く側にとっても好ましいものです。 自ずと、仕事に対するモチベーションも上がることが期待できます。 人手不足の解消 安全衛生管理がしっかりされているという安心感は、求職者が就職先を決めるときのポイントとなります。 人手不足により従業員の確保に苦しむ企業も多い中、安全衛生管理の徹底をメリットとして打ち出すことで、採用市場でも他社との差別化を行うことができます。 安全衛生管理をするために事業者が行うべきこと 一つの事業所で働いている従業員の人数に応じて、安全衛生管理の取り組みが異なります。 「今までも事故は起きなかったから、これからも大丈夫だ」と思っている経営者もいるかもしれません。 しかし、労働災害はいつ起こるかわからないものです。 万一が起きてから後悔する前に、経営者自らが安全衛生管理の必要性を認識し、積極的に活動を推進しておきましょう。 ここでは、「従業員が50人を超える製造業」を例に挙げて、具体的に取り組むべきことを紹介します。 具体的にやるべきことは、業種や企業規模によっても変わってきます。 この項目を参考にしながら、最新の法令に照らして対応を進めてください。 参考: 安全衛生の担当者を専任する 従業員が50人以上の事業所においては、安全管理者・衛生管理者・産業医を選任する必要があります。 ここでの従業員には、パートタイマーや期間従業員も含まれます。 ちなみに、従業員数が300人以上の事業所は上記の三つの役割に加えて総括安全衛生管理者を専任します。 10人以上50人未満の場合はいずれも必要ありませんが、安全衛生推進者の選任を行う必要があります。 規定があるのは10人以上の事業所ですが、労働者数10人未満の事業所には管理者が不要というわけではありません。 担当者が決まっている方が活動を積極的に進めることができるため、独自に設定しておくとよいでしょう。 小規模な事業所であれば、経営者が担当者になるケースもあります。 ストレスチェックの実施 50人以上の労働者がいる場合、1年に1回ストレスチェックを実施して、結果を労働基準監督署まで報告する必要があります。 50人未満の会社であっても、ストレスチェックの実施は努力義務になっています。 メンタルヘルス不調を未然に防止するため、できるだけ実施を検討してみましょう。 衛生委員会・安全委員会の設置 労働者が50人以上の場合、業種を問わずに衛生委員会を設置する必要があります。 安全委員会は、業種によって50人以上で必要な場合と、100人以上で必要な場合があります。 委員会を通じて従業員の意見を聞き、現場の問題改善に生かしていきます。 開催頻度は、月に1回以上開催することとされています。 定期健康診断結果報告書の提出 健康診断そのものは労働者が1人でも実施しなくてはなりません。 しかし、50人以上となると健康診断の結果を労働基準監督署へ報告する義務が生じます。 安全衛生教育 従業員の人数にかからわず、安全かつ健康に作業が行えるように教育を行いましょう。 特に、危険有害業務に携わる場合は、資格取得や法令で定められた特別教育を実施しなくてはなりません。 最新の労働安全衛生法改正で押さえておくべきこと 労働安全衛生法は1972年に制定されましたが、時代の流れに合わせて適宜改正が行われています。 最新のものとして抑えておくべきなのは、2019年4月に施行された働き方改革関連法による変更点です。 特に、以下2点は大きな変更です。 しっかり理解しておきましょう。 参考: 産業医・産業保健機能の強化 今回の法改正により、産業医の果たすべき役割が大きくなります。 独立性・中立性をもった立場にするため、事業者は産業医が辞任したときや解任したときは、おおむね1カ月以内にその旨を衛生委員会・安全衛生委員会に報告しなくてはなりません。 また、衛生委員会を設置している企業では、産業医から安全衛生管理に関する勧告を受けた場合に、衛生委員会に報告することが求められます。 さらに、産業医が従業員の健康確保のための活動を行いやすいように、健康診断や長時間労働者に対する面接指導、ストレスチェックにもとづく面接指導の内容、時間外労働が月80時間を超えた従業員の情報などを提供する必要があります。 長時間労働者に対する面接指導の強化 タイムカードによる記録、パソコンの使用時間記録などの客観的な方法を使って、従業員の労働時間を把握する必要があります。 そしてその記録は、3年間保存が求められます。 1カ月あたり80時間を超える時間外・休日労働を行った従業員がいる場合は、その情報を本人に通知し、疲労が蓄積している従業員については面接指導を行います。 また、従業員が産業医に直接相談できるための環境を整え、安心して健康相談が受けられるような社内体制を作らなくてはなりません。 労働安全衛生法にもとづく安全衛生管理についてご紹介しました。 労働災害は、いつ起きるかわかりません。 問題を未然に防ぐために、経営者自らが先人を切って、安全衛生管理体制を見直しましょう。 Squareのブログでは、起業したい、自分のビジネスをさらに発展させたい、と考える人に向けて情報を発信しています。 お届けするのは集客に使えるアイデア、資金運用や税金の知識、最新のキャッシュレス事情など。 また、Square加盟店の取材記事では、日々経営に向き合う人たちの試行錯誤の様子や、乗り越えてきた壁を垣間見ることができます。 Squareブログ編集チームでは、記事を通してビジネスの立ち上げから日々の運営、成長をサポートします。 執筆は2019年7月11日時点の情報を参照しています。 当ウェブサイトからリンクした外部のウェブサイトの内容については、Squareは責任を負いません。 Photography provided by,.

次の

労働基準法における事業場とは?「事業場」と「企業」はどう違う?

労働 安全 衛生 法

統括安全衛生責任者 第十五条 事業者で、一の場所において行う事業の仕事の一部を請負人に請け負わせているもの 当該事業の仕事の一部を請け負わせる契約が二以上あるため、その者が二以上あることとなるときは、当該請負契約のうちの最も先次の請負契約における注文者とする。 以下「元方事業者」という。 のうち、建設業その他政令で定める業種に属する事業 以下「特定事業」という。 を行う者 以下「特定元方事業者」という。 は、その労働者及びその請負人 元方事業者の当該事業の仕事が数次の請負契約によつて行われるときは、当該請負人の請負契約の後次のすべての請負契約の当事者である請負人を含む。 以下「関係請負人」という。 の労働者が当該場所において作業を行うときは、これらの労働者の作業が同一の場所において行われることによつて生ずる労働災害を防止するため、統括安全衛生責任者を選任し、その者に元方安全衛生管理者の指揮をさせるとともに、第三十条第一項各号の事項を統括管理させなければならない。 ただし、これらの労働者の数が政令で定める数未満であるときは、この限りでない。 店社安全衛生管理者 第十五条の三 建設業に属する事業の元方事業者は、その労働者及び関係請負人の労働者が一の場所 これらの労働者の数が厚生労働省令で定める数未満である場所及び第十五条第一項又は第三項の規定により統括安全衛生責任者を選任しなければならない場所を除く。 において作業を行うときは、当該場所において行われる仕事に係る請負契約を締結している事業場ごとに、これらの労働者の作業が同一の場所で行われることによつて生ずる労働災害を防止するため、厚生労働省令で定める資格を有する者のうちから、厚生労働省令で定めるところにより、店社安全衛生管理者を選任し、その者に、当該事業場で締結している当該請負契約に係る仕事を行う場所における第三十条第一項各号の事項を担当する者に対する指導その他厚生労働省令で定める事項を行わせなければならない。 2 第三十条第四項の場合において、同項のすべての労働者の数が厚生労働省令で定める数以上であるとき 第十五条第一項又は第三項の規定により統括安全衛生責任者を選任しなければならないときを除く。 は、当該指名された事業者で建設業に属する事業の仕事を行うものは、当該場所において行われる仕事に係る請負契約を締結している事業場ごとに、これらの労働者に関し、これらの労働者の作業が同一の場所で行われることによつて生ずる労働災害を防止するため、厚生労働省令で定める資格を有する者のうちから、厚生労働省令で定めるところにより、店社安全衛生管理者を選任し、その者に、当該事業場で締結している当該請負契約に係る仕事を行う場所における第三十条第一項各号の事項を担当する者に対する指導その他厚生労働省令で定める事項を行わせなければならない。 この場合においては、当該指名された事業者及び当該指名された事業者以外の事業者については、前項の規定は適用しない。 事業者の行うべき調査等 第二十八条の二 事業者は、厚生労働省令で定めるところにより、建設物、設備、原材料、ガス、蒸気、粉じん等による、又は作業行動その他業務に起因する危険性又は有害性等 第五十七条第一項の政令で定める物及び第五十七条の二第一項に規定する通知対象物による危険性又は有害性等を除く。 を調査し、その結果に基づいて、この法律又はこれに基づく命令の規定による措置を講ずるほか、労働者の危険又は健康障害を防止するため必要な措置を講ずるように努めなければならない。 ただし、当該調査のうち、化学物質、化学物質を含有する製剤その他の物で労働者の危険又は健康障害を生ずるおそれのあるものに係るもの以外のものについては、製造業その他厚生労働省令で定める業種に属する事業者に限る。 2 特定事業の仕事の発注者 注文者のうち、その仕事を他の者から請け負わないで注文している者をいう。 以下同じ。 で、特定元方事業者以外のものは、一の場所において行なわれる特定事業の仕事を二以上の請負人に請け負わせている場合において、当該場所において当該仕事に係る二以上の請負人の労働者が作業を行なうときは、厚生労働省令で定めるところにより、請負人で当該仕事を自ら行なう事業者であるもののうちから、前項に規定する措置を講ずべき者として一人を指名しなければならない。 一の場所において行なわれる特定事業の仕事の全部を請け負つた者で、特定元方事業者以外のもののうち、当該仕事を二以上の請負人に請け負わせている者についても、同様とする。 製造時等検査等 第三十八条 特定機械等を製造し、若しくは輸入した者、特定機械等で厚生労働省令で定める期間設置されなかつたものを設置しようとする者又は特定機械等で使用を廃止したものを再び設置し、若しくは使用しようとする者は、厚生労働省令で定めるところにより、当該特定機械等及びこれに係る厚生労働省令で定める事項について、当該特定機械等が、特別特定機械等 特定機械等のうち厚生労働省令で定めるものをいう。 以下同じ。 以外のものであるときは都道府県労働局長の、特別特定機械等であるときは厚生労働大臣の登録を受けた者 以下「登録製造時等検査機関」という。 の検査を受けなければならない。 ただし、輸入された特定機械等及びこれに係る厚生労働省令で定める事項 次項において「輸入時等検査対象機械等」という。 について当該特定機械等を外国において製造した者が次項の規定による検査を受けた場合は、この限りでない。 第四十六条第一項 第三十八条第一項 第四十一条第二項 製造時等検査 第四十一条第二項の性能検査 以下「性能検査」という。 第四十六条第三項第一号 別表第五 別表第八の上欄に掲げる機械等に応じ、それぞれ同表の下欄 製造時等検査 性能検査 第四十六条第三項第二号 製造時等検査 別表第九の上欄に掲げる機械等に応じ、性能検査 別表第六第一号 同表の中欄 同表第二号 同表の下欄 第四十六条第三項第三号 別表第七 別表第十 製造時等検査 性能検査 第四十六条第三項第四号 特別特定機械等を製造し、又は輸入する者 特定機械等を製造し、若しくは輸入する者又は特定機械等の整備を業とする者 製造時等検査 性能検査 第四十六条第四項 登録製造時等検査機関登録簿 登録性能検査機関登録簿 第四十七条第一項及び第二項 製造時等検査 性能検査 第四十七条第三項 特別特定機械等 特定機械等 製造時等検査 性能検査 第四十七条第四項及び第四十八条 製造時等検査 性能検査 第四十九条 製造時等検査 性能検査 あらかじめ 休止又は廃止の日の三十日前までに 第五十条第二項及び第三項 製造時等検査 性能検査 第五十二条及び第五十二条の二 製造時等検査 性能検査 外国登録製造時等検査機関 外国登録性能検査機関 第五十二条の三 外国登録製造時等検査機関 外国登録性能検査機関 第五十三条第一項及び第二項 外国登録製造時等検査機関 外国登録性能検査機関 製造時等検査 性能検査 第五十三条第三項 外国登録製造時等検査機関 外国登録性能検査機関 前条 都道府県労働局長 労働基準監督署長 製造時等検査 性能検査.

次の