顔 いぼ 液体 窒素。 顔のいぼの原因と除去方法は?【薬やレーザーで治療!】

顔のイボが皮膚科で取れた!治療時間、費用その後の経過を徹底レビュー!

顔 いぼ 液体 窒素

みなさん、こんにちは! 今日もシミ消しがんばっていますか? さて、私の はこちらをご覧いただくとして、実は40代以降になると顔や首に増えるのが「イボ」なのです。 シミだと思っていた黒ずみが皮膚科に行ったらイボだと言われた方も多いのではないでしょうか。 体質や遺伝の影響を受けやすいそうですが、なぜか瞼の上や首にできることも多いようです。 いつのまにか、顔にポツポツができていたら要注意です。 このイボですが、ほとんどの場合液体窒素による凍結凝固法によって取ることができます。 私のイボが取れるまでの治療跡の経過写真をご覧ください。 液体窒素によるイボの初回治療経過 私も皮膚科に行って診察してもらったところ、ウイルス性のイボだという診断でした。 ウイルス性なので、手で顔を触ったりすると、他の場所にどんどん移る場合が多いそうです。 実際のところ、私もなんか顔が痒いなと思っていたところ、様々なところに転移していました。 最初の写真はこの瞼の上のイボに液体窒素を押し当てて凍結させた状態です。 少し赤くなっているのはそのためです。 液体窒素による治療後は週に1度の間隔で来院して3回程度行う必要があるそうです。 液体窒素によるイボの2回目治療経過 この写真は1週間後に来院して再度液体窒素で凍結させた状態です。 すこしイボがかさぶたのようになっていますね。 これが後々肌から落ちていくそうです。 治療費について 液体窒素で凍結療法ですが、数とかによっても異なるのかもしれませんが、私の場合瞼と額の数カ所をお願いしました。 治療費は1,500円(2回目以降は1,000円)でした。 保険が適用されるので非常に安価で治療することができます。 いぼの治療で悩んでいる方はぜひ受診されることをお勧めしますね。 治療方法 綿棒やガーゼに浸した液体窒素を患部に押し当てます。 少しチクッと痛いですが、我慢できないレベルではありません。 とてもポピュラーな治療らしく、はじめて皮膚科に行ってもその場ですぐに治療してもらえます。 治療時間は概ね4,5分くらいではないでしょうか。 治療期間 イボの大きさや出来た場所にもよりますが、概ね3,4回の治療で治りますので、1ヶ月の治療期間を見ておけばよいと思います。 ただし、イボが大きくて芯のあるタイプでは治療期間がかかり、最終的にはハサミで切断することもあります。 液体窒素によるイボの3回目治療経過 さて、3週目のいぼ治療後の結果です。 相当跡が薄くなったのがおわかりいただけるかと思います。 液体窒素おそるべし! 実は顔のイボ取りに気をよくしても行いました。 液体窒素によるイボの4回目治療経過 4回目の液体窒素による治療で、ほぼイボがわからないくらいになりました。 うまくイボが反応してくれると、このくらいきれいに取れます。 なお、まれにイボを取った後が色素沈着を起こして黒ずんでしまうことがあるそうです。 数ヶ月から1年くらでほぼなくなるそうですが、心配な場合はハイドロキノンクリームを塗って色素沈着を早めに薄くすることが可能です。 私はシミ取りもやっているので、ネットで購入したものと皮膚科で処方してもらったハイドロキノンを使っています。 イボ取りの後の黒ずみが気になる方は、ぜひハイドロキノンも試してみてください。

次の

顔の大きいシミイボを液体窒素治療で取る・除去費用&経過と感想・平べったくザラザラしたシミ

顔 いぼ 液体 窒素

顔のシミイボが取れる液体窒素治療の方法って? 顔のシミイボは私が通う病院では綿棒に液体窒素をつけて焼いて治療します。 少しちくちくっとしますが、私は全然痛くありません。 フライパンや鍋で火傷をした方がものすごく痛いです。 イボを焼いた後に少し腫れますが1日もすると収まりました。 液体窒素治療 除去前、顔の大きなシミイボの状態 液体窒素治療前、顔の大きなシミイボの画像です。 眉の端に急に出来ました。 直径約1cmです。 それまであまり気にしていなかったので、いきなり発生したように感じました。 茶色く平べったくて触るとザラザラしています。 結構目立ちます。 美的に気になるので皮膚科に行くことにしました。 春夏は紫外線が強いので、シミ取りをすると弱った皮膚に日焼けが心配です。 秋に取りに行くことしました。 液体窒素治療大きいシミイボ取り 除去の経過と感想 大きいシミイボを液体窒素治療で取った経過画像です。 1日目 液体窒素治療で焼いた日の画像。 全体的に赤く腫れています。 3日目 ちょっと黒くなりました。 6日目 皮がペロッとむけました。 まだ膨らんでいてあまり変化がありません。 10日目 前日に2回目の液体窒素治療をしました。 前回の治療で取れていないので念入りに焼いてくれました。 水膨れになり、うっかり手をひっかけて潰してしまいました。 13日目 ちょっと黒くカサブタになりました。 35日目 少しシミの上の方に膨らみが残っています。 37日目 3回目の液体窒素治療をしました。 腫れて膨らんでいます。 39日目 少し黒くなりました。 その後カサブタになって剥がれます。 54日目 ザラザラして膨らんだ部分はなくなり、少し茶色部分が残っています。 55日目 4回目の液体窒素治療をしました。 58日目 カサブタになりました。 62日目 カサブタが取れましたが、なんとなくまだ色が残っている気がします。 やりすぎもどうかと思ったので、しばらく様子を見ることにしました。 111日目 現在は赤みが残っている状態です。 完璧ではないですが、茶色い部分を取ることができたので良かったです。 顔の大きいシミイボ取り 液体窒素治療の結果と費用 顔の大きいシミイボは液体窒素治療で綺麗に除去できる? ちょっと眉毛に寝ぐせがついていますが、結果このようになりました。 計4回の液体窒素治療、大体2か月くらいでシミイボを取ることができました。 私が通った保険のきかない美容外科の治療代、 レーザー1回分の半額くらいと思いました。 レーザーが2回必要な場合は4分の1ですね。 早く取りたい場合はレーザーと思いますが、 他の小さいイボも複数取りたい場合は皮膚科と思いました。 液体窒素やレーザー後の皮膚は弱っているので、日焼けに注意した方がいいと思います。 私は以前レーザー治療をした病院で貼ってもらった、 3M マイクロポア スキントーン サージカルテープを使っています。 不織布なので皮膚呼吸が妨げられず肌に優しいです。 色も肌に合うので使いやすいですよ。 アマゾンや楽天などネット通販で購入可能です^^.

次の

顔の大きいシミイボを液体窒素治療で取る・除去費用&経過と感想・平べったくザラザラしたシミ

顔 いぼ 液体 窒素

読みたい場所へジャンプ• 顔にいぼができる原因とは? 顔にできるいぼには 加齢と ウイルス性の2つの原因があります。 以下で詳しく説明していきたいと思います。 加齢 加齢によりできる 茶褐色~黒色のいぼです。 老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)や老人性角化腫(ろうしんせいかくかしゅ)と呼ばれています。 顔以外にも全身にできるもので、 放置するとどんどん大きくなり、数も増えてしまいます。 加齢によるいぼの原因は、遺伝や紫外線による皮膚の老化と言われており、 特に紫外線を浴びやすい部位にできやすいと言われています。 ウイルス性 主に ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染によってできるいぼです。 ヒトパピローマウイルス(HPV)は150以上の種類があり、型の違いによりいぼの種類が異なります。 このいぼは、ひっかき傷やカミソリ負けなどの小さな傷から皮膚内にウイルスが入り込んでしまうことによりできるものです。 そのため、いぼを気にして いじりすぎてしまうとどんどん広がってしまう可能性もあります。 いぼの種類 いぼは専門用語で 疣贅(ゆうぜい)と言います。 顔にできやすいいぼにはいくつかの種類があります。 尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい) 最も一般的な顔にできるいぼです。 子どもにできやすいいぼとも言われています。 ヒトパピローマウイルス(HPV)は、感染しても抗体ができないため 放置しても治ることはなく、いじってしまうとウイルスが広がり、周囲に新たないぼができてしまいます。 また、ウイルス性のため 人にうつしてしまう可能性があります。 傷がある手で触る• タオルなどを一緒に使う• 風邪などで体調が悪い などの場合には、 感染しやすくなるため注意が必要です 水いぼ(伝染性軟属腫) ポックスウイルスの感染によりでき、感染力が強いのが特徴です。 水いぼは 手ひら・足裏以外にできやすいと言われています。 また 10歳以下の子どもが感染しやすく、いぼを 直接触らなくても プールやお風呂で感染してしまうことがあります。 これは肌が触れ合うことの他に、遊具やタオルの共有によっても感染してしまうためです。 水いぼは半年〜1年で抗体ができ、 自然に治るものです。 扁平疣贅(へんぺいゆうぜい) 若者に多くみられるため、青年性扁平疣贅(せいねんせいへんぺいゆうぜい)とも呼ばれています。 実際には、子どもから中高年までにできるヒトパピローマウイルス(HPV)が原因のいぼです。 平らな褐色で、 顔や手に 一度にたくさんできやすく、かゆみや赤みを伴うこともあるためニキビに間違われやすい特徴があります。 老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい) 加齢や紫外線による皮膚の老化が原因でできる茶褐色〜黒色のいぼで、 顔以外にも全身にできると言われています。 脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)とも言います。 高齢者に多くみられるいぼですが、若い人でもできてしまうことがあるようです。 いぼのかゆみは病気のサイン? スポンサーリンク 基本的にいぼは かゆみや痛みを伴わない良性の腫瘍です。 しかし、 強いかゆみや痛みが現れた場合には 内臓疾患が隠れている可能性もあります。 また、 短期間にいぼが大きくなったり、たくさんできたり、色が茶色〜黒色に変化したりした場合には、 悪性腫瘍(がん)の可能性も考えられるため注意する必要があります。 気になるいぼがある場合には毎日観察し、上記の症状が見られたら早めに皮膚科を受診しましょう。 顔いぼを取るには? ウイルス性の顔いぼは、取り除く際に他のところに感染させ増殖させてしまう可能性があります。 そのため未だに確実な治療法が存在していないそうです。 以下では、一般的に行われているいぼを取る方法について紹介していきたいと思います。 レーザー治療 もっとも一般的な方法で、レーザーによっていぼをまるごと除去してしまう方法です。 痛み、出血が少なく、傷跡も残りにくいと言われています。 短時間で治療が終わり、 1回の治療で複数のいぼを除去できるメリットがあります。 レーザー治療は細胞ごと除去できるため、 ウイルス性のいぼには最適な治療法だと言われています。 *レーザー治療について、詳しくはこちらの記事を参考にしてください。 低温火傷を人為的に起こして、いぼを除去するため 強い痛みを伴うことがあります。 また、いぼの大きさによっても痛みは異なり、いぼが大きいほど痛みも強くなると言われています。 ウイルス性のいぼの場合、1回で完全に除去することは難しいため 繰り返し治療することが多いようです。 そのため、いぼを完全に除去するまでに 長ければ1年ほどかかる場合もあります。 *液体窒素による治療について、詳しくはこちらの記事を参考にしてください。 痛みはほとんどなく、短時間で処置でき、傷跡も残りにくいものです。 いぼの大きによっては、出血することもあるようです。 自分でも簡単にできそうな方法ですが、 一般的なハサミを使うと 感染症を引き起こしてしまう 可能性がある ため、 自己判断で行わないようにしましょう。 *医療用のハサミによる治療について、詳しくはこちらの記事を参考にしてください。 麻酔を使用して切除するため痛みはありませんが、 術後に痛みを感じることがあります。 術後のケアや抜糸などもあるため、 何度か通院する必要があります。 手術のため傷が 完治するまでに半年ほどかかると言われています。 *いぼの切除手術について、詳しくはこちらの記事を参考にしてください。 ヨクイニンはハトムギの種から作られたもので、 体の免疫力を高めてウイルスの力を弱めていぼを治す というものです。 そのため痛みは伴いませんが、いぼを 完治させるには長い時間がかかると言えます。 内服薬は 全身のいぼに対して効果が期待できる点がメリットと言えるでしょう。 ヨクイニン以外にも、いぼに効くと言われている市販の内服薬も多くあり、その 多くがウイルス性のいぼにも効果を期待できるようです。 *いぼの内服薬による治療について、詳しくはこちらの記事を参考にしてください。 市販のいぼ治療薬といえば「イボコロリ」が有名ですが、顔には使用することができません。 また、ウイルス性のいぼに対しての効果は期待できないようです。 その他にもいぼに効くと言われる市販の外用薬は多くありますが、 ウイルス性のいぼに対しては、どの外用薬もあまり効果的ではないようです。 *外用薬によるいぼ治療について、詳しくはこちらの記事を参考にしてください。 化粧品としては、イポケアEXなどのいぼ専用の美容液やピーリングジェルなどがあり、 化粧品であるため顔にも使える商品が多くあります。 天然エキスやオイルとしては、ドクダミエキスや杏仁オイル、木酢液などがいぼに効くと言われています。 *天然成分によるいぼ治療について、詳しくはこちらの記事を参考にしてください。 まとめ• 顔にいぼができる原因は加齢とウイルス性の2つある。 顔にできやすいいぼにはいくつか種類がある。 いぼは基本的にかゆみや痛みを伴わない良性の腫瘍である。 強いかゆみや痛みが現れた場合には別の病気が隠れている可能性がある。 顔いぼを取るための治療は色々な方法がある。 自分で色々試してみても効果がない場合やいぼが増えたり大きくなったりした場合には、早めに皮膚科を受診することが大切。 いかがでしたでしょうか? いぼにも種類があり、それに合った治療方法を選択することが、いぼ除去への近道ではないでしょうか? まずは、手軽に試せることからはじめるも良し、最初から皮膚科へ行くも良し。 自分に合った方法で、いぼのない綺麗な肌を手に入れましょう。

次の