南沙良 堀越。 sumikaの新作『Harmonize e.p』待望のティザー公開!!|株式会社ソニー・ミュージックレーベルズのプレスリリース

南沙良(午後の紅茶)整形の噂の真相や彼氏や高校はどこ?

南沙良 堀越

sumikaが3月4日にリリースする新作『Harmonize e. p』から収録楽曲の「エンドロール」のショート・ムービーが完成。 映像には南沙良と清原翔が出演しており、ティーザー映像が公開となった。 ストーリーを作り、映像をイメージして、その映像に合う音楽を作る。 言わば架空の映画の主題歌を作るようにして書いた『エンドロール』は、清原さんと南さんに出会えなかったら、世に出ることはありませんでした。 架空を現実に。 更には想像以上にまで連れて行ってくれた二人に、最大級の感謝を。 普段からsumikaさんの曲に励まされることが多かったので、お話をいただいたときはすごく嬉しかったです。 「 エンドロール」を初めて耳にした時は、純粋に綴られた歌詞とメロディーから拡がる情景が頭の中にすっと溶け込み、更に撮影が楽しみに思えました。 清原翔さんも、温かくて柔らかい雰囲気があり、終始心地良い空間の中でお芝居することができました。 sumikaの片岡さんと荒井さんも、撮影現場に駆けつけてくださって、私にとってすごいサプライズでした。 笑 優しいメロディーと重なり、誰かのどんな想いにも寄り添えるような、鮮明に記憶に残る映像で、 私もsumikaさんの世界観を大切に、丁寧に演じさせていただきましたので、みなさまの大切な誰かに届きますように。 今回のMVは、付き合ってる男女の葛藤が描かれてると思います。 僕と南沙良さんの演じる2人がどのようになっていくのか。 丁寧に演じましたので見届けていただけたら嬉しいです。 南沙良さんとは初めましてだったのですが、とても綺麗な雰囲気を持った方だなと思いました。 今回のsumikaさんの楽曲にぴったりだと感じました。 沢山の方に観て、聴いていただけたら嬉しいです。 また、『Harmonize e. p』発売日の3月4日20時から、音楽専門チャンネル スペースシャワーTVの公式スマートフォン・アプリ"スペシャアプリ"&公式LINEアカウントにて、sumikaの『Harmonize e. p』リリース記念スペシャルの生配信が決定。 プレミア公開に先駆けショート・フィルムを見ることができる。 p』 2020. 04 ON SALE 【初回生産限定盤】(CD+DVD) SRCL-11457~8/¥2,500(税別) 【通常盤】(CD) SRCL-11458/¥1,500(税別) [CD] 1. ライラ 3. 5 4. 30 at 大阪城ホール 01. 10時の方角 02. フィクション 03. ふっかつのじゅもん 04. Monday 05. ファンファーレ 06. ゴーストライター 07. 秘密 08. Flower 09. 願い Instrumental 4. ハイヤーグラウンド Instrumental [Disc 2:初回生産限定盤A 特典CD] "sumika Live Tour 2019 -Wonder Bridge- 2019. 29 at Zepp Tokyo"ライヴ音源 1. Lovers 2. Flower 3. enn 4. Traveling 5. まいった 6. ハイヤーグラウンド 2. 願い 3. ハイヤーグラウンド Instrumental 4. ただ今テレビで続々とオンエアされている"進研ゼミ2020"CMソングとなった「センス・オブ・ワンダー」を手掛けたのだ。 [1000行分もノートに書き込んだ/"やりたい"の先で"なりたい"自分]という、子供の日常的な言葉を文学に昇華した歌詞が、すぐに暗記できそうな軽快なメロディに乗る。 彼ら自身も子供の頃の気持ちを忘れていないからこそ書けた楽曲なのだと思う。 それでいて、この楽曲が収録されている4曲入りEPである今作には、レゲエ・テイストの「ライラ」や、大人の恋の匂いがする「No. 5」など、今の等身大の彼ら自身の姿も惜しみなく投影。 大人になっても成長を止めないことを体現している。 (高橋 美穂) 2018年に初の日本武道館公演を成功させ、映画やアニメのタイアップが話題を呼ぶなど、勢いの止まらない彼らの2ndフル・アルバム。 タイアップ曲を多数含む今作には、幅広い層のリスナーから支持を集めるポップ・サウンドや、正統派ロックが詰め込まれているのも魅力だが、その他のバラエティ豊かな新曲たちにも終始驚かされる。 優しい歌声の中に大人の色気をちらつかせるTrack. 4や、間奏をたっぷり設けたジャジーなTrack. 6、ディズニー音楽にありそうな軽快なインストのTrack. 9など、これまでにない新たな側面を見せている。 また、ゲストVoとして吉澤嘉代子を迎えたTrack. 12では、前半/後半で同じメロディをまったく違うアレンジで聴かせ、男女対照の心情を表現。 彼らの音楽性溢れる快作だ。 (三木 あゆみ) sumikaが、劇場アニメ"君の膵臓をたべたい"のOPテーマ、主題歌を収録した両A面シングルをリリースした。 映画の楽曲を手掛けるのは彼らにとって初のことで、制作は映画の監督 牛嶋新一郎とイメージを共有しながら進めたという。 OPテーマである「ファンファーレ」は、疾走感溢れる爽快なロック・チューン。 主題歌の「春夏秋冬」は、季節を巡りながら大切な人を想う切ないバラード。 両曲ともに映画の世界をより鮮やかにする真心のこもった楽曲だ。 常に"縁"を大切にしてきたsumikaは、作品に携われた喜びをSNSなどで何度も語っていた。 本作は、そんな彼らだからこそ生み出すことができた傑作と言えるだろう。 (三木 あゆみ) 新メンバー加入後初のリリース。 生命の集合体という意の『Vital Apartment. 』と名づけられたミニ・アルバムで描かれるのは、日常の中に転がる冒険心。 音楽家以外にも様々なクリエイターと創作活動を行い、人と人との繋がりを大切にする彼らだからこそ、オモチャ箱をひっくり返したような楽しさと、他愛もない日常に寄り添うあたたかさとを共存させることができるのだろう。 そして1度聴いたら覚えられそうな歌メロと、ギター・ロック王道ど真ん中のサウンドも格段にブラッシュアップ。 "キャッチーな音楽"の行き着く先が"ありきたり"で終わるか、J-ROCKの棚に閉じ込めておけないほどの可能性を光らせるか、の2択ならば、この作品は紛れもなく後者だと断言したい。 (蜂須賀 ちなみ) 2013年結成の3ピース、sumikaの初の全国流通となるミニ・アルバム。 タイトルの読みは"イコイ"。 ライヴでは、音楽家だけでなくさまざまな芸術家やクリエイターとコラボレートするという。 そんなふうに仲間が自由に集い、刺激的な空間や物事を生みだし、さらに新たな仲間が加わって...... と、このバンドを基地に広がる楽しいことを音に封じ込めた作品だ。 アップ・テンポの弾むビートに、グッド・メロディと陽性コーラスのハーモニーに心躍る「ソーダ」にはじまり、キャッチーな歌と掛け声にハンド・クラップしてしまうダンス・チューン「ふっかつのじゅもん」。 誰かと過ごしたり、誰かに会いたくなったりする、温かさを呼ぶ曲が揃った。 (吉羽 さおり).

次の

南沙良はかわいいけど太ったと噂!?高校や出身中学は!?映画で演技力が高評価!

南沙良 堀越

— 2019年11月月11日午前3時10分PST 南沙良さんのご家族の詳細情報は見つかりませんでした(2020年3月29日現在)。 現在わかっていることは、4人家族(父親、母親、兄、ご本人)だとゆうことです。 また、南沙良さんはお母さんとの仲が良いとゆうコメントをされています。 これから様々なメディアで出演されることが期待される注目の女優さんなので、色々とわかってくることもありそうですね。 南沙良さんの出身中学は、出身地である神奈川県内の公立中学校。 一部では制服の画像からの予想だそうですが、神奈川県川崎市立麻生中学校なのではないかとゆう情報も見つかりました。 現在高校生の南沙良さんですが、中学の頃はモデル活動が主な芸能活動だったため公立の学校に継続して通っていたようですが、高校に関しては芸能活動の許可が下りる東京都内の学校に通っている可能性が高いです。 となると 「堀越高校」と「日出高校」のどちらかでしょうか。 憧れのガッキー(新垣結衣さん)は「日出高校」のご出身なので、こちらの可能性が高いように思います。 南沙良さんや出演CM(キリン午後の紅茶/ポッキー)をご紹介!.

次の

南沙良が太ったけどかわいい!麻生中学校は嘘?熱愛彼氏がいる噂も!

南沙良 堀越

sumikaが3月4日にリリースする新作『Harmonize e. p』から収録楽曲の「エンドロール」のショート・ムービーが完成。 映像には南沙良と清原翔が出演しており、ティーザー映像が公開となった。 ストーリーを作り、映像をイメージして、その映像に合う音楽を作る。 言わば架空の映画の主題歌を作るようにして書いた『エンドロール』は、清原さんと南さんに出会えなかったら、世に出ることはありませんでした。 架空を現実に。 更には想像以上にまで連れて行ってくれた二人に、最大級の感謝を。 普段からsumikaさんの曲に励まされることが多かったので、お話をいただいたときはすごく嬉しかったです。 「 エンドロール」を初めて耳にした時は、純粋に綴られた歌詞とメロディーから拡がる情景が頭の中にすっと溶け込み、更に撮影が楽しみに思えました。 清原翔さんも、温かくて柔らかい雰囲気があり、終始心地良い空間の中でお芝居することができました。 sumikaの片岡さんと荒井さんも、撮影現場に駆けつけてくださって、私にとってすごいサプライズでした。 笑 優しいメロディーと重なり、誰かのどんな想いにも寄り添えるような、鮮明に記憶に残る映像で、 私もsumikaさんの世界観を大切に、丁寧に演じさせていただきましたので、みなさまの大切な誰かに届きますように。 今回のMVは、付き合ってる男女の葛藤が描かれてると思います。 僕と南沙良さんの演じる2人がどのようになっていくのか。 丁寧に演じましたので見届けていただけたら嬉しいです。 南沙良さんとは初めましてだったのですが、とても綺麗な雰囲気を持った方だなと思いました。 今回のsumikaさんの楽曲にぴったりだと感じました。 沢山の方に観て、聴いていただけたら嬉しいです。 また、『Harmonize e. p』発売日の3月4日20時から、音楽専門チャンネル スペースシャワーTVの公式スマートフォン・アプリ"スペシャアプリ"&公式LINEアカウントにて、sumikaの『Harmonize e. p』リリース記念スペシャルの生配信が決定。 プレミア公開に先駆けショート・フィルムを見ることができる。 p』 2020. 04 ON SALE 【初回生産限定盤】(CD+DVD) SRCL-11457~8/¥2,500(税別) 【通常盤】(CD) SRCL-11458/¥1,500(税別) [CD] 1. ライラ 3. 5 4. 30 at 大阪城ホール 01. 10時の方角 02. フィクション 03. ふっかつのじゅもん 04. Monday 05. ファンファーレ 06. ゴーストライター 07. 秘密 08. Flower 09. 願い Instrumental 4. ハイヤーグラウンド Instrumental [Disc 2:初回生産限定盤A 特典CD] "sumika Live Tour 2019 -Wonder Bridge- 2019. 29 at Zepp Tokyo"ライヴ音源 1. Lovers 2. Flower 3. enn 4. Traveling 5. まいった 6. ハイヤーグラウンド 2. 願い 3. ハイヤーグラウンド Instrumental 4. ただ今テレビで続々とオンエアされている"進研ゼミ2020"CMソングとなった「センス・オブ・ワンダー」を手掛けたのだ。 [1000行分もノートに書き込んだ/"やりたい"の先で"なりたい"自分]という、子供の日常的な言葉を文学に昇華した歌詞が、すぐに暗記できそうな軽快なメロディに乗る。 彼ら自身も子供の頃の気持ちを忘れていないからこそ書けた楽曲なのだと思う。 それでいて、この楽曲が収録されている4曲入りEPである今作には、レゲエ・テイストの「ライラ」や、大人の恋の匂いがする「No. 5」など、今の等身大の彼ら自身の姿も惜しみなく投影。 大人になっても成長を止めないことを体現している。 (高橋 美穂) 2018年に初の日本武道館公演を成功させ、映画やアニメのタイアップが話題を呼ぶなど、勢いの止まらない彼らの2ndフル・アルバム。 タイアップ曲を多数含む今作には、幅広い層のリスナーから支持を集めるポップ・サウンドや、正統派ロックが詰め込まれているのも魅力だが、その他のバラエティ豊かな新曲たちにも終始驚かされる。 優しい歌声の中に大人の色気をちらつかせるTrack. 4や、間奏をたっぷり設けたジャジーなTrack. 6、ディズニー音楽にありそうな軽快なインストのTrack. 9など、これまでにない新たな側面を見せている。 また、ゲストVoとして吉澤嘉代子を迎えたTrack. 12では、前半/後半で同じメロディをまったく違うアレンジで聴かせ、男女対照の心情を表現。 彼らの音楽性溢れる快作だ。 (三木 あゆみ) sumikaが、劇場アニメ"君の膵臓をたべたい"のOPテーマ、主題歌を収録した両A面シングルをリリースした。 映画の楽曲を手掛けるのは彼らにとって初のことで、制作は映画の監督 牛嶋新一郎とイメージを共有しながら進めたという。 OPテーマである「ファンファーレ」は、疾走感溢れる爽快なロック・チューン。 主題歌の「春夏秋冬」は、季節を巡りながら大切な人を想う切ないバラード。 両曲ともに映画の世界をより鮮やかにする真心のこもった楽曲だ。 常に"縁"を大切にしてきたsumikaは、作品に携われた喜びをSNSなどで何度も語っていた。 本作は、そんな彼らだからこそ生み出すことができた傑作と言えるだろう。 (三木 あゆみ) 新メンバー加入後初のリリース。 生命の集合体という意の『Vital Apartment. 』と名づけられたミニ・アルバムで描かれるのは、日常の中に転がる冒険心。 音楽家以外にも様々なクリエイターと創作活動を行い、人と人との繋がりを大切にする彼らだからこそ、オモチャ箱をひっくり返したような楽しさと、他愛もない日常に寄り添うあたたかさとを共存させることができるのだろう。 そして1度聴いたら覚えられそうな歌メロと、ギター・ロック王道ど真ん中のサウンドも格段にブラッシュアップ。 "キャッチーな音楽"の行き着く先が"ありきたり"で終わるか、J-ROCKの棚に閉じ込めておけないほどの可能性を光らせるか、の2択ならば、この作品は紛れもなく後者だと断言したい。 (蜂須賀 ちなみ) 2013年結成の3ピース、sumikaの初の全国流通となるミニ・アルバム。 タイトルの読みは"イコイ"。 ライヴでは、音楽家だけでなくさまざまな芸術家やクリエイターとコラボレートするという。 そんなふうに仲間が自由に集い、刺激的な空間や物事を生みだし、さらに新たな仲間が加わって...... と、このバンドを基地に広がる楽しいことを音に封じ込めた作品だ。 アップ・テンポの弾むビートに、グッド・メロディと陽性コーラスのハーモニーに心躍る「ソーダ」にはじまり、キャッチーな歌と掛け声にハンド・クラップしてしまうダンス・チューン「ふっかつのじゅもん」。 誰かと過ごしたり、誰かに会いたくなったりする、温かさを呼ぶ曲が揃った。 (吉羽 さおり).

次の