七夕 賞 2019。 【七夕賞2019】結果・動画/ミッキースワローが早め先頭から押し切る

【七夕賞2018】予想考察|オッズと出走馬分析

七夕 賞 2019

今回は 【七夕賞2018】予想考察|オッズと出走馬分析についての記事です。 福島競馬場・芝2000mで行われる七夕賞2018。 予想オッズでは サーブルオールの1番人気が濃厚ですが、 昨年の京都新聞杯以来の復活を狙う プラチナムバレットを含め、 重賞2勝目を狙う キンショーユキヒメや マイネルサージュなど、 骨っぽいメンバーが虎視眈々と勝利を狙いスタンバイ。 混戦ムードで予想としては難解と考えそうですが、 個人的には買いたい馬が4頭に絞れています! 後はそこから印の順列をどの様に付けるか…。 (苦笑) ただ、今週末はこの大雨の影響でグチャグチャの不良馬場が濃厚であり、 小柄な牝馬だけにその点は大きな不安材料ですが、 それでも能力の違いで近走の鬱憤を晴らして欲しいのが本音…。 1 サーブルオール 3.6倍 2 プラチナムバレット 5.2倍 3 キンショーユキヒメ 6.5倍 4 マイネルサージュ 7.8倍 5 レイホーロマンス 9.6倍 以下、 マイネルフロスト・マイネルミラノ・ワンブレスアウェイなど…。 2番人気は重賞2勝目を狙う プラチナムバレット 骨折明けは本来の力を発揮することなく来ているが、 前走はアクシデントによる大敗と参考外でOK。 叩き4戦目となる今回はそろそろ前進する可能性も…!? 3番人気は得意の福島で巻き返しを狙う キンショーユキヒメ 2走前の福島牝馬ステークスに続く重賞2勝目となるか。 今回は北村宏司騎手と初コンビとなりますが、 これまでとは違う新たな1面が見られる可能性も!? 後は軽ハンデの レイホーロマンスに マイネルフロストなどが続く…。 つまり、この敗戦は参考外と考えてOK。 今回は凡走後でストレス疲労がタイミングであり巻き返せる順番。 牡馬との力関係は未知数の部分もあるが狙う価値は十分にあるはず。 今回は前回に比べると相手ダウンのメンバー構成で少頭数もプラス材料。 外枠からスムーズな競馬が出来れば大崩なく着をまとめて来るだろう。 骨折明けの3戦は結果が出ていないとは言え、 京都新聞杯で見せた高いパフォーマンスを見る限り、 秘めたポテンシャルは非常に高くハマればアッサリと勝つ力はある馬。 そして、中間の調整過程を見ても脚下に不安はなく力は出せる状態。 後はデビュー前から稽古を付けてきた岩崎騎手が実践で初騎乗となるが、 変に気負い過ぎずシッカリとメリハリを付けた溜める騎乗が出来れば…。 実際に近走で好走をしているレースは全て上記の条件に該当している。 つまり、今回はダウン戦に反応した福島民報杯を完勝した後の臨戦であり、 狙うべきタイミングとしては微妙な局面。 休み明けのローテーションである点は悪くないが、 馬券的な期待値を考えると積極的には買い辛い1頭。 今回は1度使われた上積みも見込める状況であり、 実績のある小回りの福島コース。 長期休養後の2走ボケさえなければチャンスは十分にあるだろう。 結果的に1番人気を裏切り6着に敗れているとは言え、 レースを見ればコノ着順まで追い上げたことを評価できる競馬。 今回は2走続けての凡走後でノーストレスの状況であり、 斤量の51キロも明らかに恵まれた印象。 乗り替わりとなる剛腕の内田騎手とも合いそうで前回からの巻き返しを期待したい。 その馬の名はリンク先、りょう店長の競馬予想ブログの紹介文にて公開中! <推奨理由> 前走の内容は長期休み明けを考えれば上々の競馬。 先行馬が不在でスッと先行出来るメンバー構成も歓迎であり、 2走目のポカがなく前回より上積みが見込めるなら馬券圏内の確率は高いはず。 ローカル開催場のハンデ戦で 「荒れる重賞」と 言われている。 過去10年の平均配当でも、馬連8380円、3連複5万0020円、3連単28万0180円。 3連単では100万馬券を超える超特大馬券が1度、10万馬券以上も5度出ているように大波乱が多いハンデ重賞だ。 しかし、『荒れるハンデ重賞』だが、意外と軽ハンデ馬が穴を開けるケースは少ない。 過 去10年で5勝を挙げているのは57キロ。 48~51キロの軽ハンデ馬には馬券圏の好走もない。 軽バンデ馬では52キロ2勝、53キロ1勝となっているが、直近6年での連対馬の斤量は55~ 58キロとなっており軽ハンデ馬は苦戦している。 過去10年の人気別の成績では、1人気[3. 5]、2人気[1. 7]、3人気[1. 1人気 馬は3勝しているが、信頼度は高くない。 また、二桁人気の伏兵馬が好走したのは、16年オ リオンザジャパン 11人気3着 、15年マデイラ 16人気3着 、14年ニューダイナスティ 10 人気2着 、13年タガノエルシコ 14人気3着 、12年アスカクリチャン 14人気1着 、10年 ドモナラズ 11人気1着 、08年ミストラルクルーズ 11人気2着9、と過去10年で7頭の二 桁人気馬が馬券圏に好走。 信頼度の低い人気馬よりも狙いは人気薄の伏兵馬か。 昨年の七夕賞も馬連1420円、3連複6180円、3連単2万1540円のパーフェクト的中!競馬セブンでは今年も万券的中のキーホースとなる激走情報馬の存在を極秘入手!週末情報は必見です! 騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。 今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの 『七夕賞・3点勝負』を特別公開。 情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

次の

七夕賞2019|芸能人・有名人・プロ予想まとめ、万哲・弥永・虎石・細江純子の予想は?

七夕 賞 2019

6 優勝騎手:菊沢 一樹 馬場:稍重 レース後のコメント 1着 ミッキースワロー(菊沢一樹騎手) 「ゲートを切る前から、馬のリズムを大事にしようと思っていた。 気分良く走っていたし、ポジションは前になったけど押し切れると思った。 馬を信じて騎乗した結果で、馬に感謝です」 2着 クレッシェンドラヴ(内田博幸騎手) 「良くなっている。 勝ちたかったけど、甘くはない。 ただ、オープン3戦目で強いメンバー相手にこれだけできれば」 3着 ロードヴァンドール(横山典弘騎手) 「よく頑張った。 いいころの状態にはまだまだだけど、よくここまで立ち直ってきている」 4着 ゴールドサーベラス(藤田菜七子騎手) 「前半は脚をためて、しまいを伸ばす競馬をしました。 4角で外を回されてしまったところがもったいなかったですね。 それでも前半でためた分、最後はよく伸びてくれました」 5着 アウトライアーズ(野中悠太郎騎手) 「内田さん(クレッシェンドラヴ)の後ろで、この馬の競馬はできた。 3コーナーで苦しくなったけど、頑張った」 6着 タニノフランケル(福永祐一騎手) 「ペースが速かった。 最後は脚が上がったけど、頑張った。 理想は楽に行けること」 7着 クリノヤマトノオー(和田竜二騎手) 「うまく内に潜り込めたけど、全体的に流れていたから…。 スローの瞬発力勝負の方がいい」 8着 ソールインパクト(大野拓弥騎手) 「久々の2000メートルで追走に苦労した。 最後の最後に追い上げたけど…」 9着 ウインテンダネス(柴田大知騎手) 「2000メートルは忙しいし、コースも合わない。 広いコースの方がいい。 それに、のめっていた」 10着 エンジニア(津村明秀騎手) 「1、2コーナーでいい位置につけられたけど、3、4コーナーで渋くなった。 ただ、力はあるので通用する」 11着 ロシュフォール(三浦皇成騎手) 「ゲートを出たし、リズム良く進めた。 右回りも大丈夫だったけど、速くなった時に戸惑った。 伸びかけたけど、道悪でもあったから」 13着 マルターズアポジー(武士沢友治騎手) 「自分の競馬はできたけど、楽に行かせてはくれない。 ただ、どこかで頑張れる元気がある」 14着 ブラックスピネル(石橋脩騎手) 「ペースが速かったし、あれ以上行くとオーバーペースになる。

次の

七夕賞

七夕 賞 2019

(2年前の府中競馬場の花火大会) 七夕賞2019の予想です。 七夕賞2019の出走馬は、ロシュフォール、クレッシェンドラヴ、タニノフランケル、クリノヤマトノオー、ミッキースワローなど16頭。 福島競馬場芝2000mで行われるハンデ・G3戦です。 7月7日(日)の平場の勝負レースはから( 今週は下半期スタート記念ということで通常の【50%OFF】にしています。 予想は当日の9時ごろに掲載します)。 ただ相手が安く、1番人気トロワゼトワルは2着までと割り切っていたので儲からず。 全体的には可もなく不可もなくの結果でした。 以下、ショボいですが、的中したレースです。 前走トップオブメジャー組では、ラスト200m手前まで先頭をキープしており、1200mへの距離短縮はプラスに働きそう。 元々、新馬ではトオヤリトセイトの3着がある馬(しかもスタートをアオり気味に出てスローペースの中、終始外々を回らされる厳しい競馬だった)。 このメンバーなら力は一枚上なのではないか。 相手は非常に難解だが、前走案外も戦ってきた相手が手強いブールバール、前走脚をやや余した感があり、鞍上魅力のレッドルーナ、休み明けで見せ場を作ったビッケとツクバハナコまでを上位に評価したい。 馬券は3連複で1列目にフェニアンサイクル、2列目にブールバール、レッドルーナ、ビッケ、ツクバハナコ、3列目に印を打った馬へ流したい(ワイド4点でもOK)。 あとは馬連、馬単を押さえる。 大混戦なので手広く流して高めが引っかかればラッキーくらいの気持ちで買いたい。 近2走はともに勝ち馬に完敗だったが、時計の出やすい東京ダートで切れ負けした感じ。 新馬は中山ダート1800mで2着。 右回りに替わるのは全く問題ない。 相手はショウナンタイヨウ。 このメンバーなら単騎逃げを打てるはずで、今の馬場なら多少マークされても簡単に止まることはないはず。 それでも戦績にややムラがある分、全幅の信頼だけは置かない方がいいだろう。 ノブベックは近2走が東京ダート1600mの内枠で流れに乗れず。 それでも終いはよく差を詰めており、能力はおそらくシゲルグリンダイヤ以上。 大外枠から中団付近に収まれば、勝ち上がるだけの力はある。 馬券は3連複で1列目にシゲルグリンダイヤ、2列目にショウナンタイヨウ、ノブベック、3列目に印を打った馬へ流したい(ワイド2点でもOK)。 前走朱雀ステークスは道中で折り合いを欠いた上、3コーナー手前から早めに動いてしまい、鞍上のアヴドゥラ騎手が上手く乗れなかった。 それでも5着に粘ったのだから使われつつ徐々に復調してきたと判断していいだろう。 タフな馬場での芝1400mはベスト条件。 気分よく行き過ぎるとかえって伸びないかもしれないが、外のカネトシブレスが先行策を取るはずなので、その直後で折り合いをつけられれば、直線でしっかりと伸びてくるはず。 相手はアダムバローズ。 前走フリーウェイステークスは展開に恵まれた面があったものの、今回はメンバーレベルが低い上、楽に主導権を奪えそうで、引き続き堅実に走ってくるだろう。 トロワゼトワルはここに来て充実しているが、ディーパワンサ、ブラッククローバーが位置を取りに行きそうなので、ポジションを落としそうなのが心配。 ペースもそこまで速くならないはず 馬券は3連複でジョイフル、アダムバローズから印を打った馬へ流したい(ワイド1点でもOK)。 本線はキアロスクーロまで。 あとは馬連、馬単を押さえる。 日曜日はガツンと行きたいですね。 これからじっくりと検討していきたいと思います! LINEでは1日1頭、厳選軸馬も配信しています。 続きはメルマガで配信しています。 ご登録は以下からお願いいたします。 詳細はをご覧ください。 七夕賞2019の予想です 七夕賞は前傾ラップからの消耗戦になりやすいレース。 昨年は前後半の1000mが58. 2-62. 6と4秒以上の差があり、後方2番手+最後方を追走していた馬のワンツーフィニッシュだった。 今年は逃げ、先行勢が多数そろい、馬場は先週の雨の影響で荒れた状態。 例年通り上りがかかっての消耗戦になるのではないか。 ゴールまでバテずにしっかりと伸び続けられる馬を狙いたい。 前走福島民報杯では向上面からロングスパートを打ち、4コーナーでは早くも先頭へ。 最後は勝ち馬レッドローゼスに差されたものの、先に動いた本馬の方がキツい競馬をしており、位置取りや仕掛けのタイミングひとつで着順は入れ替わっていただろう。 相手は確かに強くなるが、舞台適性の高さ、現状の勢いからハンデ重賞なら十分に通用していいはず。 鞍上の内田騎手は同馬で【4. 1】と完全に手の内に入れており、自分から動きやすい外枠を引けた以上、不発に終わるリスクも低いのではないか。 相手は能力最上位の ミッキースワロー 前走エプソムカップでは人気を大きく裏切る形になったが、前半1000m通過63. 9秒という異常なスローペースを後方2番手では届かなくて当然。 2走前の新潟大賞典の内容からロシュフォールとは能力互角で、末脚の持続力勝負になりそうな今回は見直す必要があるだろう。 本命に推すかも考えたが、クレッシェンドラヴと比較した時、本馬の方が乗り難しさがあるので、相手評価に留めたい(乗り替わりも不安)。 3番手は本格化ムードの ロシュフォール 前走新潟大賞典では追い出しがワンテンポ遅れながらも上り最速の脚を繰り出して3着に好走。 新潟大賞典組は1着メールドグラースが次走鳴尾記念1着、4着ルックトゥワイスが次走目黒記念1着、11着スズカデヴィアスが次走巴賞1着などハイレベルレースと言ってよく、あのレースで勝ちに等しい競馬をした本馬なら重賞を勝ち上がれるだけの力はあるだろう。 問題はコーナー4回の小回りコースに替わること。 ミッキースワロー同様、決して乗りやすいタイプではなく、内目の枠順を考えても消化不良に終わる可能性はありそうだ。 クリノヤマトノオーはワンターンコース中心に使われているが、最後に勝利を挙げたのが阪神芝2000mのサンタクロースステークス。 バテずに長くいい脚を使うタイプなので、福島芝2000mでの持続力勝負は合っているのではないか。 今の馬場ならこの枠順も悪くないはず。 ウインテンダネスは近走芝2400m以上のレースを中心に使われているが、芝2000mで4勝を挙げており、距離短縮がマイナスになることはないはず。 前走目黒記念では直線で前が狭くなる場面があり、やや消化不良だった。 淀みなく流れての消耗戦は合っており、変わり身があるとすれば、今回なのでは。 ソールインパクトは2年前の七夕賞で3着に好走。 近走は長距離路線を歩んでいるが、上り36秒以上かかっての消耗戦になれば、この距離でも力を発揮できるだろう。 血統、キャラ的に七夕賞は合う。 エンジニアはオープンクラスに昇級後、【0. 5】と結果が出ていないものの、どのレースも勝ち馬から1. 0秒差内に留まっており、ハンデ重賞なら通用しても驚けない。 前走メイステークスは鞍上の柴田善騎手が上手く誘導できなかった印象が強く、決して力負けではないだろう。 久しぶりの右回りがカギも、血統的には七夕賞に適性がありそうだ。 アウトライアーズは2走前の福島民報杯で2着クレッシェンドラヴから0. 4秒差の4着に健闘。 今回は本馬の方に斤量1キロのアドバンテージがあり、着差は詰まっても不思議ではない。 クレッシェンドラヴに本命を打つ以上、押さえておきたい。 鞍上の野中騎手も不気味。 ロードヴァンドールは同型がそろったので展開的に厳しくなりそうだが、G3、G2で再三好走しているように能力だけなら上位の存在。 自分のリズムで運べれば、逃げなくても力を発揮できそうなので、人気がないなら押さえておきたい。 中距離の消耗戦は向いているはず。

次の