若 おかみ は 小学生 泣ける。 若おかみは小学生!

若おかみは小学生! (わかおかみはしょうがくせい)とは【ピクシブ百科事典】

若 おかみ は 小学生 泣ける

小学生が若おかみになりますが、それだけではありません。 アニメとしての完成度が半端ではない! スタジオジブリ出身のスタッフも多数!)• 各エピソードが有機的に絡み合う物語が完璧!• ラストはもう号泣! これ以外の情報はいらないんですよ。 間違いなく、老若男女が分け隔てなく楽しめる、アニメ映画の大傑作なのですから。 の充実っぷりもスゴい。 「若おかみは小学生!」映像的な面では光や反射の表現がとにかく細かくて、床に反射する人物、包丁の刃に写る卵焼きもちゃんと描かれてる。 そしてなにより最後のカットの蛇口やソープボトル、そして鏡に反射するソープボトルにまでちゃんとキャラが描きこまれてて衝撃。 ミスミソウ 2. 若おかみは小学生! 4. クレしん オトナ帝国 5. ズートピア 6. 聲の形 7. 天空の城ラピュタ 8. 新感染 ファイナル・エクスプレス 9. 君の名は。 ターミネーター2 — ヒナタカ HinatakaJeF SNSとファンの愛が奇跡を起こした! ここからは、なぜ『若おかみは小学生!』が今この時に観なければいけない作品か…その理由を1つ1つお伝えしましょう。 毎日、いや毎時間ごとに絶賛をするツイートが投稿され、イラストレーターおよびマンガ家さんからのファンアートや紹介マンガも続々投稿。 その全てが作品への愛に溢れ、また「この映画を多くの人に観て欲しい」という想いに溢れたものなのです。 とてもいい映画だったので記念にちょっと描いてみました。 — 服部膵蔵 suizoh2 — YO! SNSがなかった、または十分に広まっていなかったひと昔前では到底考えられなかったことです。 しかしながら、前述したSNSの盛り上がり(口コミ)のおかげで注目が集まり、前週の興行記録を超え続けるという、まさに「盛り返して」行ったのです。 絶対に"何か"が起こっている「!」。 本日お昼の上映1回の動員が、公開初週土曜日の4回上映合計動員を上回る異常事態に、 は来週、更なるキャパシティをご用意して皆さまをお出迎え。 一部、最大スクリーンULTIRAでの上映も!シアタス調布の おっこに会いに来て。 — ぬまがさワタリ@『絶滅どうぶつ図鑑』10月発売&吉祥寺PARCOで個展開催! numagasa これはまだ序の口、公開から1ヶ月が経った現在、 異例中の異例の劇場復活&新規上映が決定。 東京都内の5箇所のTOHOシネマズ、その他劇場も上映延期や短期間の復活上映を決定。 トークイベントも各地で毎週のように開催され、特別展示もされる運びになったのです。 とっくに終了していたかもしれない作品が、ファンたちの力により映画館を動かした……これが奇跡と言わずして、なんだと言うのでしょうか。 しかしながら、これは都心と一部劇場に限った話。 地方の劇場ではすでに上映終了しているか、そろそろ打ち切りとなるところもあります。 いいですか、まだ観ていないというあなた、今すぐ観るのです。 映画館という最高の環境で、最高の映画を堪能するために(真剣)。 ヴェノムとプレデターともトモダチに! もう1つ、『若おかみは小学生!』にはSNSにまつわる珍現象が。 ネットの表示で「『若おかみは小学生!』でも実はヴェノム」に見えるというツイートがめちゃくちゃリツイートされたのです。 これはスパイダーマン・ユニバースにおっこ参戦フラグ……! — 砂義出雲 sunagi さらに、『ザ・プレデター』の公式Twitterが『若おかみは小学生!』の原作者である令丈ヒロ子さんにメッセージを送っていたりもしました。 プレデターさんから素敵なメッセージが!是非花の湯温泉にいらして、お疲れを癒してくださいね。 すごい偏ってしまいましたが実際観ればそんなに偏っていないかもしれません。 若おかみに祝福あれ。 グローリー・水領さまに栄光あれ。 — ぬまがさワタリ@『絶滅どうぶつ図鑑』10月発売&吉祥寺PARCOで個展開催! numagasa 若おかみは小学生観てきました。 絵柄やタイトルに抵抗感がある人も、きっと問題ないから観に行って! 本作は絵柄、そしてタイトルに抵抗感を覚えるという大人の声も、決して少なくはありません。 SNSで大絶賛が止まないアニメ映画『!』をまだ観ていないという方にお聞きします。 なぜ観ないのでしょうか。 どれを答えても僕からは「いいからさっさと一生のお願いだから観に行ってください」とお伝えします。 忙しい社会人にも(にこそ)響く作品だから…。 — ヒナタカ HinatakaJeF 原作の児童書そのままとはいえ、やはり直接的すぎる、劇場でタイトルを言うのが気恥ずかしいという意見もわからなくはありません。 』に比べれば大したことないと思いますよ! 劇場でチケットを買う時、タイトルが言いにくい映画はどれ?(2018年公開作品) — ヒナタカ HinatakaJeF 子供の目が大きく描かれた絵柄も、苦手と感じる方も少なくはないようです。 (こちらも原作の児童書のキャラデザインをリスペクトしたもの) 結論から言えば、 映画を観てしまえば慣れるので問題ないです。 むしろ大人のキャラはスタジオジブリを彷彿とさせるキャラデザインになっていて、それとの違和感もほとんどないことにも驚きました。 ちなみに、本作のポスターにはジブリ作品を彷彿とさせる、「原画」を採用したものもありました。 こちらのビジュアルであれば、観に行きやすいと思う方も多かったのかもしれませんね。 とにかく、絵柄とタイトルのせいで観に行かないという選択をするのは、あまりにもったいないということだけは、強く強調しておきたいです。 子供をターゲットにした映画だからこそ、必要だと思うこと さてさて、このように映画『若おかみは小学生!』の興行はSNSという現代の力が大きく働いていたわけですが、宣伝担当者や製作陣は「大人に受けることは想定外だった」というフシもあったようです。 (3年以上をかけて全力で作り上げた作品なのに!) 原作が児童書で、シリーズでは累計300万部を超えるヒット作で、(映画とはストーリー上の関係がない)テレビアニメ版も放送されていたから…248館という大規模公開でも大丈夫であるだろうと、大人に向けてのアピールはさほどしていなかったのでしょうね。 (一応は大人限定のオンライン試写会を開催していたこともあったようです) しかし……当然といえば当然のことですが、 映画館にお金を払うのはメインターゲットである子供ではなく(同伴する)大人ですし、子供はSNSを使っていません。 映画『若おかみは小学生!』の宣伝には(例えば試写会の回数を増やすなどの)大人の観客へのアピールが真に必要だったのではないか、と思うのです。 実は、「初動は厳しかったけど口コミで動員を増やしていった」という(子供をターゲットにした)アニメ映画の事例は過去にも、『マイマイ新子と千年の魔法』でもありました。 こちらも初動はかなり厳しかったのですが、大人中心の口コミにより徐々に動員を増やし、ロングランヒットになっていきました。 (同じ監督の『この世界の片隅に』はそれを参考にしたおかげか、試写会での評判が早くから聞こえてきて、見事に大ヒットをしています) 子供をターゲットにした作品は、大人向けのものよりもさらに宣伝するのが難しいのでしょう。 そうであれば、「誰もが知っている」「安心して観られる」映画(例えば『ドラえもん』や『クレヨンしんちゃん』くらい)のネームバリューがない場合、やはり強力になるのは、作品そのものの力ではないか、とも思うのです。 2018年は『カメラを止めるな!』と『若おかみは小学生!』の2本が、SNSのおかげで前代未聞の興行を記録し、話題を呼びました。 これは紛れもない事実です。 公式の宣伝だけに頼らず、良い作品がしっかり評価され、多くの人に触れられるようになる。 そういう時代になったんです。 とはいえ、SNSの力にも限界があるというのも、また事実。 であれば、それこそ公式による「作品の魅力を伝える工夫」「様々なメディアでの露出」が必要になるでしょう。 (『カメラを止めるな!』もワイドショーの特集によってさらに広まっていきました) 配給会社の宣伝(とSNS に、より良い映画の未来がかかっていると言っても過言ではないでしょう。 9分30秒ごろからネタバレ全開なのでご注意を。 自分よりも一緒にしゃべっているさんの評論の方がはるかに面白い内容になっています。 僕が観に行った時はオッサンオタクかオタクばっかでしたね。 この映画知ったのはallcinemaってサイトでTVアニメ知って番宣で「動画の質いいな」と思い観に行こうとしました。 今年SF大会で「『若おかみは小学生!』観たいんだよね」と言ったらSFファンにバカにされまして「『ママは小学4年生』みたいでさぁ」と言われました。 (『ママは小学4年生』と言うのは90年代サンライズ初の女の子向けアニメで星雲賞取った名作アニメです) ただこういう伝説化するアニメってこういう状況ですね。 これはmixiの日記に書いたんですが絵コンテ・演出の方法がブライアン・デ・パルマとエドガー・ライトに似てますね。 今日偶然BDでブライアン・デ・パルマ監督の『ミッドナイト・クロス』見たらカメラ・ワークそっくりなシーンがありましたね。 細田守さんはレイアウト力あるけど原画力と動画力あんまりないから必然的にキューブリックのようなカメラワークになるんですね。 細田守神話があった時はこう言う演出ばっかですね。 そこは高坂希太郎さんはレイアウト・原画・動画においては超一流ですから超一流のアニメーターが絵コンテや演出やる場合必ず360度パンやるんですね。 『放課後のプレアデス』の9話「プラネタリウム・ランデブー」でメカ作画監督の大御所の吉田徹さんが絵コンテ・演出でやっぱ360度パンやってますね。 それだけ360度パンって絵コンテ・演出に高度な技術が必要なんですね。 後,エドガー・ライトの演出も彷彿させましたね。 エドガー・ライトって意味のない演出一切やらない監督だから買い物で「ジンカンバンジージャンプ! 」流すのは『ホット・ファズ』や『ベイビー・ドライバー』彷彿しました。 そうそう交通事故のトラウマのフラッシュ・バックのシーンはあれ『ベイビー・ドライバー』と似てましたね。 物語のクライマックスもテーマも『ベイビー・ドライバー』に似てるんですが恐らく偶然ですね(笑) 唯一欠点はあのクライマックスつけるなとは言わないんですが94分の映画だから仕方ないんですが葛藤が短いんですね。 今は女の子が頑張る話で葛藤させなくていいんだ!って風潮がどうもあるのか?わからないんですがそれにしては葛藤が短い。 これアニメの場合時間数で10分で10ヵ月かかるし製作費かかるんですがもっと葛藤させた方がいいんじゃないの?って気になりましたね。 テーマも良いしい結論もいいのに葛藤が少ないのは問題だな!って言うのが気になりましたね。 基本は『クリスマス・キャロル』やイングマール・ベルイマン監督の『野いちご』みたいな構成だからわかるんですがだったらグローリー水領さん出すならウリケン出した方がテーマが濃厚になる気はするんですがやっぱ予算が限られてたのかな?と予算が限られてたんでしょうねとは思いました。 そういう意味で難しいなぁと感じました。 メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。 このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。。 movieこちらの記事もおすすめです 今までに書いた映画レビューの中から、この記事を読んでいただいたあなたにおすすめの記事をピックアップしています。 ネタバレ前の感想をまずは読んで下さい。 映画を見終わった後、ネタバレを含む解説を読んでいただけると1記事で2度楽しんでいただけるのではないかと思います。 カゲヒナタ映画レビューが少しでもあなたのお役に立てれば幸いです!あなたが良い映画と出会えますように: done アニメ.

次の

若おかみは小学生! (わかおかみはしょうがくせい)とは【ピクシブ百科事典】

若 おかみ は 小学生 泣ける

9月21日に公開されて以来、『』の監督や「GANTZ」の漫画家・ら著名人のツイートなどにより「泣ける」と口コミが広がる本作の新規上映、及び再上映が決定した。 10月19日よりTOHOシネマズ日比谷、新宿、上野、秋田、仙台、宇都宮、ひたちなか、水戸内原、甲府、上田、ららぽーと磐田で、20日よりTOHOシネマズ与次郎で再上映。 20日より渋谷、日本橋で新たに上映される。 おっこを抱きしめるグローリー・水領 「講談社青い鳥文庫」で累計発行部数300万部を誇り、4月よりテレビ東京6局ネットでテレビアニメも放送された「若おかみは小学生!」シリーズ(原作:・絵:)。 劇場アニメ版では、交通事故で両親を亡くし、祖母の温泉旅館「春の屋」で暮らすことになった小学6年生の女の子・おっこ(声:)が、ユーレイのウリ坊(声:)や同級生でライバルの秋野真月(声:)らに助けられながら、若おかみとして奮闘する様子が描かれる。 [PR] 観客の大人男女構成比は6. 5:3. 5で男性客が多く、特に30代以上は大半が男性。 20代(学生、社会人)は女性が多く、子供は女子児童が多くを占める。 また都心部では夕方以降、20代から50代の男性一人客が半数以上を占め、カップルや老夫婦、仕事帰りの女性の一人客が目立つ。 土日は、約50%以上が就学児童とその保護者。 当初から見込んでいたファミリー層のほか、SNSなどの口コミ効果により、特に都心部では夕方以降の回で大人層が増えてきているという(配給調べ)。 生前のおっこの父と、おっこの良き思い出 公開されたイメージボードは、シンガーソングライターのによる主題歌「また明日」をBGMにしたエンドロールで映し出されるもの。 おっこと父が仲睦まじく御神楽(舞台となる「花の湯温泉」に古くから伝承されている行事)を眺めるシーンをはじめ、真月やグローリー・水領(声:)、ユーレイのウリ坊と美陽(声:)ら、おっこの心の支えとなるキャラクター達とのショットが収められている。 高坂監督がスタッフにイメージを伝えるために描いたものだという。 (編集部・石井百合子).

次の

若 おかみ は 小学生 泣ける

若 おかみ は 小学生 泣ける

9月23日:舞台挨拶の動画と公開前の特番の動画を追加しました こちらのブログでは、ほぼ毎週末、新着の劇場アニメを観て感想をアップしています。 今週末封切の新作は「」です。 ということで、「」を観て来ました。 ここから先はネタバレなしのつもりですが初心者目線での感想、公式サイトの情報、劇場で購入したパンフレット、、etc. に記載されている情報にもネタバレのない範囲で触れます。 なので、ここから先はそれでもOKという人でお願いします。 先に画像をアップしておきます。 劇場のグッズ売り場の画像はこちら。 劇場グッズはポストカードセットの「A」と「B」です。 あと画像に写っている小説はこちら。 ムック本はこちら。 追加: 東京の人はマルイの有楽町店で、9月 木 から10月8日 月 まで「劇場版「」公開記念原画展 」を開催しているので、行ってみれば楽しいと思います。 9月 木 から10月8日 月 この作品は来場者特典なしでした。 劇場で購入したパンフレットの画像はこちら。 画像はこんな感じです。 1回アップしておきます。 レビューはこのページに続きを書きます。 レビューですが、良かったです。 子供向けの作品なので、ここまでちゃんとしたお話だと思ってませんでした。 でも、肝となるラスト20%くらいはみんな思いつかないだろうし、その部分で泣かされる。 」 とあるのですが、本当にその通りで、見る前に大体のストーリは予想できます。 ですがラストがみんなの予想と全然と違っていて、本当に感動します。 子供向けの作品なので、もし子供さんが観たいと言ったら、劇場に連れて行ってあげてることをお勧めします。 ということで、プロモーション動画と公式サイトはこちら。 【公式】『』9. 今回は子供向けの作品でストレートなお話で、しかも前述のとおりストーリーが想像しやすい作品なので、いつものように「ネタバレなし」というのはしんどいです。 結末には触れないでおきますが、今回はネタバレありです。 オープニングは神楽で舞を舞うシーンから始まるので、アニメが好きな人なら「」を想い出してしまうシーンです。 探したのですが「」で神楽を舞うシーンのあるプロモーション動画が見つかりませんでした。 この動画に一瞬だけあります。 「」TVCM 大ヒット篇2 30秒ver この神社は実家のある「花の湯温泉」のある神社で、ここからの帰りに高速道路で父 関 正次 の運転するクルマが事故にあい、両親を失ってしまうというところからお話が始まります。 母方の祖母「関 峰子(おばあちゃん)」が「花の湯温泉」で温泉旅館を経営しているため、主人公の小学生 6年生 「関 織子 おっこ 」が祖母に引き取られて旅館で生活を始める、というのが大体のお話です。 「関 織子 おっこ 」は都会から来たので、「花の湯温泉」に来た初日からクモやトカゲを見て思わず大声を出してしまうくらいの都会っ子、というシーンがあるのですが、、、、。 劇場で観た人なら、ほとんどの人は「あの状況なら、誰でもびっくりして、大声をあげてしまう」と言いたくなります 笑。 しかも、クモやトカゲはマシな方で、彼女は交通事故で「一命を取り留めた」というをしたことがキッカケで霊的なものが見えるようになってしまいます。 そのため旅館に憑依している幽霊たちが見えてしまうという設定です。 最近のアニメでは定番の設定で、来週公開の「」のも同じで、彼も普通の人が見えない妖怪が見えてしまうため、人と違う経験をしてしまうというお話です。 「おっこ」の場合は、のように深刻ではなく、幽霊たちはみんな彼女の近しい人たちの関係者で、年も近くて 見た目の 、そばにいてくれることが心強い存在です。 そのため、すぐに友達になってしまうのですが。 前半はいろいろなところで「おっこ」が両親のことを回想するシーンがあり、観ている人は「本当は両親は死んでいなくて、『おっこ』は両親の入院中に祖母に預けられているだけなのでは」と思ってしまいます。 本当にそうならいいのですが、お話が進むに従い「本当に死んだ」というのがわかってくるのですが。 幽霊たちとの出会い、旅館の手伝い、新しい学校生活の始まり、etc. で忙しい日々を過ごすことになるのですが、やはり盛り上がるのは学校生活です。 新しいクラスメイトとの出会いが「おっこ」を待っています。 最初に声をかけてくれたクラスメイト「池月よりこ」は普通の女の子で仲良くなれそうなのですが、強烈な個性の女の子が1人います。 彼女は「ピンふり」と呼ばれているのですが、女の子のアダ名としては全く可愛いくありません。 なので「『ピンふり』ってどういう意味だ?」と思ってしまいます。 「池月よりこ」が言うには、「いつもピンクでフリルのついた服を着ていて、フリフリした格好をしているから」らしいのですが、小学生らしいというか、子供ならいかにも言いそうなアダ名で笑ってしまいます。 本当の名前は「秋野 真月 あきの まつき 」といい、彼女は地元で一番大きい温泉ホテルの一人娘で、個性的な女の子です。 自己紹介の時に「春の屋旅館に住んでいる」と言ったことがキッカケで、「おっこ」は「真月 まつき 」に声をかけられるのですが、、、、。 適当にあしらえばいいものを本人に対して「『ピンふり』さん」と言ったり、「派手で浮いてる」と言ってしまうので話がややこしくなってしまいます。 もっとも、「真月 まつき 」にハッキリ言い返したということで、クラスの人気者になってしまうのですが。 ~ 1回アップしておきます。 続きはこのページで書きます。 続きです。 ここからは声優さんのチェックをしてみます。 この作品の声優さんはすごいです。 声優さんのチェックをしている人は、この作品は絶対この作品を観た方がいいです。 実力派の定番の声優さんから、ユニークな声優さんまで、すごくバラエティに富んでいます。 ということで、わかる範囲でリストアップしていきます。 テレビ版と劇場版で声優さんが違うキャターがいます。 詳細はと公式ページを参照ください。 続きは明日書きます。 続きは夕方 ~ 夜に書きます。 続きです。 これだけ有名な声優さんやタレントさんがいるとみんな紹介仕切れないので、代表で主役「おっこ」のをピックアップしてみました。 僕は劇場で観ている時にプロの声優さんだと思っていました。 なので「上手だけど知らない声優さんだな。 後でチェックしとかないと」みたに感じていました。 ですが、確認したところ、子役のタレントさんで本人もまだ中学生というのにはびっくりです。 アニメでは声優さんが本気モードで演技してくれることがよくあるのですが、今回の「おっこ」=さんも等身大の演技ですごく良かったです。 パンフレットによるとさんは小学生の頃、原作を読んでいたとのことなので、作品に対する思い入れもあるようですし、本当に抜群の演技でした。 パンフレットのコメントは以下のとおりです。 「~前略~ 小学生の頃、原作を読んで、おっこは怒りっぽくて短気な子なのかなと思っていたんですけど、今回演じていくうちに、~ ~中略~ この映画で私が好きなシーンは、グローリーさんと一緒に買い物に行くところです。 おっこがいろんな種類の洋服を着て、とにかく可愛い!普段と違うおっこが堪能できます。 このシーンに流れる曲も歌わせていただいたんですけど、最初は自分が歌っている声を聞いて、本当に恥ずかしかった。 でも、映画を観てくださる方に楽しさが伝わるように、まずは私が楽しんで歌わせていただきました。 ~後略~」 とあります。 星蘭さんの好きなシーンは、僕も印象に残っており、このアニメの見所の1つです。 このタイプのアニメは良い作品であることは間違いないのですが、ちょっと地味な印象があります。 ですが、このシーンはすごくハジけていて、シリーズ、プリパラシリーズ、etc. 、最近のビジュアルに特化したファッショナブルな子供向けアニメと比較しても負けないくらいのビジュアルです。 【HUGっと!】後期エンディング主題歌 「HUGっと!YELL FOR YOU」 第1話「やってみた!」 おまけにショッピングモールに行くために、グローリーさんとクルマで行くのですが、、、。 大人なら誰でも思います。 「ちょっと前に、両親を交通事故で亡くした小学生を助手席に乗せて、高速道路を走っても大丈夫なものなのか?」と。 グローリーさんは「おっこ」が両親を交通事故で亡くしているなんて知らないので、彼女にはなんの責任もありません。 ですがやっぱり心配は現実のものになってしまうのですが、、、。 ハラハラするシーンなのですが、この時に「おっこ」が「グローリーさんとショッピングに行きたい」と想ったり、勇気を出したりしなかったら、あのシーンはないので、本当に印象に残るシーンです。 このシーンのBGMは「ジンカン!」という曲で、前述の通りさんが歌っています。 この曲はまだCD、アルバム、etc. 、販売されていなくて、のプロモーション動画すらないため紹介できなくて残念ですが、ポップでハジけた曲なので子供さんたちは気に入ると思います。 だいぶ前の動画ですが、代わりにこちらでどうぞ。 星蘭さんが観たら「恥ずかしい」と言いそうですが。 / 「ジンカン !」の音楽はさんです。 追加1 昨日アップされていた公開挨拶の動画と公開前日にアップされた特番の動画です。 追加しておきます。 僕は原作やテレビシリーズを見ていないのですが、公開直前の特番の動画違いを語ってくれているので、原作やテレビシリーズを知っている人は軽くチェックしてみたら楽しいと想います。 、小学生役に「私、本当に大丈夫」? の発言に大喜び 劇場版アニメ「」公開記念舞台あいさつ1 【公式】劇場版公開直前!「先出ししちゃうよ若おかみ!」 続きです。 昨日、更新できなくてすいません。 最後にモデルになった旅館、温泉街の話を軽くまとめてみました。 前出の「【公式】劇場版公開直前!「先出ししちゃうよ若おかみ!」」の動画の中で高坂監督が13分00秒くらいから話していますが、監督とのラセターさんと一緒に行った京都の美山荘という旅館がモデルになっていると、話してくれています。 この話はパンフレットにもう少し詳しく書かれており、モデルになった旅館は京都の美山荘ですが、温泉街の町並みのイメージは で、ロケーションは原作の設定が伊豆あたり ということになっているため、伊豆の風景も参考にしているということで、非常にキレイで緻密な町並みになっています。 僕を含め、に行ったことがある人は「有馬に似てるけど、お話の背景が伊豆周辺だから、そんなハズないよな」と思いながら見ていたかもしれませんが、とにかくいろいろな工夫をされていています。 ということで、「ロケーションは伊豆あたりのどこか」ということですが、伊豆は温泉で有名で温泉街も複数あります。 なので、地元の人ならともかく、大阪在住の僕では、どのあたり温泉街がモデルになっているのかよくわかりません。 ですが、、、、前述のとおり、「おっこ」とグローリーさんがショッピングモールにお買い物に行くのに、高速道路を使ってクルマで往復しています。 このショッピングモールのモデルは多分、「」だと思います。 ということで、「」まで高速道路を使って半日程度で往復できる距離にあって、と同じくらいの規模の温泉街というと、、、、やっぱり、よくわからないです 笑。 ロケーション的には「伊豆山温泉」あたりがモデルになっているんだと思います。 ですが、地図で見る限り温泉街の規模は有馬の方が大きいですから。 それに有馬は神戸市内ですが海沿いではありません。 なので「モデルにしている」といってもだいぶアレンジされていると思います。 とはいえ、風景や町並みの設定が非常に緻密な作品であることには変わりないので、温泉街に旅行に行ったことのある人は「この辺りもモデルになったかも」とか思い出しながら見ても楽しいと思います。 ということで、長くなりましたが、今回は以上です。 参考 pen-toss.

次の