英語 を 生かせる 仕事。 英語を使う仕事一覧!こんなにあるグローバルな仕事まとめ!

【完全版】英語を生かせる仕事って何? TOEICの点数は? あなたの英語力が役立つ仕事ガイド

英語 を 生かせる 仕事

高度な「読む・書く・聞く・話す」スキルが生かせる仕事 英語力のなかでも、とくに読み書きの高いスキルを持っている人が活躍しやすい仕事があります。 まず「 」は、異なる言語をお互いの国の言葉に訳す仕事です。 政治の場や国際会議、ビジネス上の取引、スポーツや芸能など、さまざまな分野や場所で通訳が活躍しています。 話し手の言葉を聞くと同時に訳す「同時通訳」や、ひと呼吸置いて話をまとめる「逐次通訳」など、専門的な技法を身につけていく必要があります。 続いて「 」は、外国語の文章を日本語に訳す仕事です。 海外の小説や映画、学術書などを日本で利用する際に翻訳が求められることが多く、英語を正しく読む力はもちろん、日本語の表現力も必要になります。 「 」は、おもにに貿易会社に勤務し、商品の輸出・輸入に関する書類作成や入力業務、打ち合わせ、ファイリングなどの事務業務を担当します。 英語の文書を読む機会も多いため、高いレベルの英語力があると実務に役立ちます。 また、メーカーや金融、ITなど、さまざまな業種の外資系企業で働くのが「外資系企業社員」です。 そこでの仕事内容は営業から 、 、管理など多岐にわたりますが、海外との取引が日常的に行われるため、英語の文書を読んだり、英語で会議が行われたりする機会が多くあります。 外資系企業社員 外資系企業社員とは、外資系企業(外国法人または外国人が一定程度以上の出資をする日本の企業のこと)に勤めて働く人のことをいいます。 ひとくちに外資系といっても、金融、IT、コンサル、メーカーなどさまざまな業界の会社があり、社内では営業、エンジニア、 、 など、多様な職種に就く社員がいます。 外国人の社員と一緒に働くことが多く、日常会議は英語を用いて行われるケースも目立ちます。 海外でも活躍できる仕事 英語が得意な人であれば、海外で働くことを夢見ることもあるでしょう。 そのような夢が実現できる可能性がある仕事として、まず「 」がいます。 商社マンとは、一般的に商社で営業職に勤める人のことをいい、勤務先や担当業務によっては海外赴任をすることもあります。 またメーカーなどで「 」に携わる場合も、海外に駐在して現地の顧客と密にコミュニケーションをとったり、新規市場の開拓などをする可能性があります。 続いて「 」です。 バイヤーは、小売店や などの店頭に並べる商品を買い付ける仕事で、海外の展示会や生産工場に自ら足を運ぶ機会も多いことが特徴です。 「 (CA)」として働く場合も、国際線を担当すれば海外のいろいろな国を訪れることができますし、外資系 に勤務する場合には「ベース」といわれる拠点になる国に住んで世界各地へのフライトを行うこともあります。 旅に関わる仕事としては、日本から海外へ旅行するお客さまを現地で出迎え、観光案内を「 」もあります。 現地に駐在し、その土地のガイドをすることでお客さまにとって安心な旅のサポートをします。 さらに、世界の諸問題に立ち向かう職業として「 」と「 」がいます。 国連職員は、国連本体やその下部機関で働き、紛争や人権、貧困といった世界のさまざまな問題解決のために活動します。 外交官は、国内の外務省や世界各地の大使館や総領事館に勤務し、外国との政治的な交渉事や経済的な連携などを通して、日本の平和と国民の安全を守るために尽力します。 接客やサービス関連の仕事 英語力を生かしながら接客やサービスに携わることができる仕事を紹介します。 「フロント(ホテル・マンション)」は、ホテルやマンションのメインホールで来訪者を迎える仕事です。 ホテルでは外国人の利用客もたくさんいるため、英語力のある人は採用時に歓迎されやすいです。 「 」として、海外からの観光客を各地に案内しながら、日本の文化や伝統を外国語で伝える仕事もあります。 街案内などのガイド的な役割と、ホテルやレストランの予約といったツアーコンダクター的な役割の両方を担うこともあります。 意外なところでは、日本の伝統食である寿司を握る「 」も、英語力を生かせることがあります。 最近は外国人が寿司を食べる目的で来日することも珍しくなく、また海外で寿司店を出す職人も増えているようです。 そして、学校や英語専門のスクールなどで生徒に英語を指導する「英語教師」も、英語力は必須です。 英語教師の場合は英語のスキルに加えて、生徒の個性や理解度を見極めながら、わかりやすく指導する力が求められます。

次の

英語を活かせる理系の仕事とは?就職先は○○がおすすめ!?

英語 を 生かせる 仕事

Contents• 女性が英語をつかって働くメリットとは? 英語をつかって働くメリットは3つあります。 1一生つかえる有効な武器になる 語学スキルが高い人に対する企業のニーズは常に高く、生涯を通して有効な武器になります。 「語学力のある人が少ない」ということではなく、「語学力をアピールする人が少ない」のが現状です。 英語に限らず、語学力はつかっていないと忘れていってしまうもの。 少しでも語学の下地があるのなら、仕事を通して、それを積極的に伸ばして活用することがとても大切です。 2チャンスが広がる 女性は相手を気遣うコミュニケーションが得意です。 そうした女性特有のきめ細やかさは、異なるカルチャーが存在する外資系企業や、日系企業の複数の海外拠点を束ねるプロジェクトなどでも重宝されます。 語学力がある女性は、自身の持ち味をフルに発揮しながら仕事の幅を広げていけるはずです。 3応募条件で諦めなくて良い 求人サイト上では、TOEICのスコアを応募条件にあげている企業が多くあります。 条件を満たしていれば、こどもがいたとしても企業の採用ニーズが高いため面接に進みやすいことも。 英語がつかえることは、国内外問わず働くチャンスがあり、キャリアにとってプラスになる要素が多いことがわかります。 転職に活かせる資格も合わせてチェック! 英語が活かせる仕事にはどんなものがある!? 「 英語が活かせる仕事」には具体的にどのようなものがあるのでしょうか。 今回は、大きく下記の4つの項目にわけ、ひとつずつその 必要とされる英語力と 平均年収を比較してみます。 サービス業 外国人と接する機会のあるサービス業(ホテル/観光業など)• 事務職 英語を必要とする部署での事務職(貿易事務/海外営業事務など)• 英語専門職 語学そのものが商売道具となる専門職(通訳/翻訳/英語教師など) サービス業 ツアーコンダクター• 日常会話レベル、またはTOEIC500• 平均年収イメージ:300万~400万 ツアープランナー• 日常会話レベル、またはTOEIC500• 平均年収イメージ:400万~500万 テーマパークスタッフ• 日常会話レベル、またはTOEIC500• 平均年収イメージ:300万~400万 日本料理店スタッフ• 日常会話レベル、またはTOEIC500• 平均年収イメージ:200万~300万 レセプタント• 日常会話レベル、またはTOEIC500• 平均年収イメージ:300万~400万 ホテルスタッフ• TOEIC600• 平均年収イメージ:300万~400万 事務職 貿易事務• TOEIC700• 平均年収イメージ:400万~500万 秘書• TOEIC750• 平均年収イメージ:300万 英文事務• TOEIC750• 平均年収イメージ:400万 総合職 人事• TOEIC470~700• 平均年収イメージ:450万 海外市場調査• 中級レベル、またはTOEIC470~750• 平均年収イメージ:500万 海外営業• ビジネスレベル、またはTOEIC750• 平均年収イメージ:500万 外資系金融• TOEIC750• 平均年収イメージ:800万 トレーダー• ビジネスレベル• 平均年収イメージ:1,000万 専門職 空港スタッフ• TOEIC550• 平均年収イメージ:200万~350万 通関士• 日常会話レベル、またはTOEIC500• 平均年収イメージ:400万~600万 留学コーディネーター• 日常会話レベル、またはTOEIC500• 平均年収イメージ:300万~400万 英会話講師• ビジネスレベル、またはTOEIC700• 平均年収イメージ:300万~500万 翻訳• ネイティブレベル、またはTOEIC950• 平均年収イメージ:400万 通訳• ネイティブレベル、またはTOEIC900• 平均年収イメージ:400万 英文速記者• ネイティブレベル、またはTOEIC900• 平均年収イメージ:400万 バイヤー• TOEIC750• 平均年収イメージ:600~800万 大使館事務員• ビジネスレベル、またはTOEIC600• 平均年収イメージ:300万 特許事務員• TOEIC800• 平均年収イメージ:300万~500万 英語を活かせる仕事を選ぶ際におさえるべき3つのポイント 26職種をご紹介しましたが、数多くの職種で英語が活かせることがわかりました。 ですが、単に「英語が使いたいから」という転職目的だけではうまくはいきません。 英語やその他の言語においても、語学力は「ツール」であり、その「ツール」を活用して、どんな成果を出していくか、が企業の求めるところだからです。 下記に、応募や選考面接前におさえておくべきポイントをお伝えします。 01|希望するキャリアの方向性と照らし合わせて選ぶこと 目標を「英語を使える仕事に就く」ことに定めずに、「この先、英語を使ってどうキャリアアップしていきたいのか」という長期的なビジョンを描いた上で転職活動に臨みましょう。 「英語が使える」人は、世の中に大勢います。 応募条件を満たした上で、「どういった目標をこの企業で実現したいのか、その実現に必要なツールに英語があってそのスキルを有している」といった志望動機のストーリーをつくることができればベストです。 02|求められる語学力のレベルを確認すること 例えば、同じ外資系企業の仕事であっても、規模の大きな外資系企業の日本支社の場合、一般的に業務は日本語のみで完結することが多く、英語を使う機会は限られます。 中一方小規模の企業では、任せられる仕事の幅も広く、実際に英語を使っての仕事の機会も多い傾向にあります。 日系企業であれば、海外営業のようなポジションがあれば、英語を使う頻度は高いでしょう。 このように、企業規模・組織構成・仕事内容によって、英語を使用する頻度は異なるため、事前に、仕事内容や日々相対するであろう顧客層について調べたり、直接企業の採用担当の方に確認したりすることが大切です。 03|語学力の何が強みなのかを把握する 通訳や講師など、英語の知識そのものを業務の主として使う専門職以外の場合、これまでビジネス英語を使った経験がない人でも基礎的な語学力と、必要な業務経験スキルがあれば、英語を活かせる職種へ就けるチャンスは増えます。 転職活動の際には、「ライティングは苦手だけど、スピーキングやリスニングにおいてはこのレベルまでできます」と具体的にアピールすることができれば、面接官に業務に従事するイメージを持ってもらえるため有効です。 最後に いかがでしたでしょうか。 「英語が活かせる」といっても、職業も業界もジャンルは多様で求めれらる英語力も異なります。 英語が強みであると、仕事の選択肢が非常に広がることがわかりましたね! 「どの程度の英語力があれば転職できるのかが不安」だと感じていた方は、自分がやってきたことに自信を持って、ぜひチャレンジしてみてください。 そのときは、単に「英語を活かしたい」というアピールではなく、5年後、10年後に自分はどうなっていたいのか、というビジョンが説明できるように、今後のライフキャリアを考えることも忘れないでくださいね。 英語を使った仕事に挑戦したい 英語はあくまで仕事をするためのツール。 英語力をどう活かすか、どんなビジネスシーンで活かせるか、まずは自分自身のスキルチェックやキャリアの棚卸しを実施してみましょう。 モアキャリーエージェントでは、 転職サポートや ライフキャリアの相談を通して、あなたの可能性を拓く求人をご紹介しています。 ぜひ一度ご相談にいらしてくださいね!.

次の

全19職種・英語を使う仕事一覧 ~英語レベル、年収も解説~|転職Hacks

英語 を 生かせる 仕事

A job that requires you to use English may not be every day but most of the time, it is a skill needed for this job. When English is the main form of communication, it means that most speaking and writing is done in English. If it is the main form of communication, it could suggest other languages are used but English is the most favoured. "I can't wait"means that you are excited. This means that you are excited to work where you can speak English. "dream job" is a job that you always wanted and cant wait to have. If you get a job where you are "able to communicate in English", it means that you might be using Japanese as the main language, however you would still have various opportunities to use English from time to time. " "Hey Henry, I was wondering if you had any luck with your job interviews? " "Well, not yet. But I'm very picky and am really only looking for a job in which my English skills may be an asset. " (ボクサーとして彼の素早い反射神経は重要な資産です) 例 "Hey Henry, I was wondering if you had any luck with your job interviews? " (やあ、ヘンリー。 仕事の面接はうまく行きましたか?) "Well, not yet. But I'm very picky and am really only looking for a job in which my English skills may be an asset. " (ええ、それがまだです。 だけど、僕の英語の能力を重要視する仕事を探しているんだ) When you want to express that in the future you would like to get a job where you can put your English skills to use, then you may say it in the following ways: -I would like to get a job where I can put my English skills to use -In the future, I hope to get a job where I can make use of my English skills If you wanted to express that in the future you would like to get a job that you can put your English skills to use, you could say either of the following: "Ideally, I would like to find a job in the future that means I can have the opportunity to put my English skills to use" or "In the future, it would be great to get a job that I can put my English skills to use". If you want to say that in futurem you would like to get a job that puts your English skills to use, you can use any of the folowing statements. In the future, I hope to get a job that allows me to use my English skills. The job that I hope to get in the future is one which allows me to use my English skills. These two statements mean that you have acquired some skills using the English language and in future you hope to get a job that uses these skills.

次の