お世話 かけ ます。 「お手間を取らせる」「かけさせる」「手間」の類義語と正しい使い方

「お手数おかけしました」の意味・正しい敬語か・使い方と例文

お世話 かけ ます

世話と面倒の違いとその使い方 世話と面倒 違いとその使い方 世話と面倒はほとんど同じ意味ですが、通常、「お客様のお世話をする」とは言いますが、「お客様のご面倒をみる」とは言いません。 世話も面倒も同じような行為ですが、「世話をする」と「面倒をみる」にはニュアンスの違いがあるのです。 それぞれの意味と違いや使い方について説明します。 世話と面倒の意味とその使い方 世話をするの意味 1 自分以外の人の面倒をみること 尽力すること 2 間に立って取り持つこと 3 手間がかかって面倒である 「せわ」の語源は、「せわしい 忙しい 」にあると言う説もあります。 1 の例 子供の世話をする・・子供の着替えや食事など 部下の世話をする・・部下の困っていることに助言をするなど 病人の世話をする・・病人の介護や付き添い 客人の世話をする・・お客様の浴衣を出したり食事を出したり 2 の例 斡旋する・・就職先を紹介する 取り持つ・・仲人として間を取り持つ 仲裁する・・喧嘩の仲直りのために力を貸す 3 の例 世話がかかる・・子供がまだ小さいので面倒がかかってしまう 世話をかける・・自分の困っていることに対して手伝ってもらったり助言をもらう お世話様・・大変お世話をおかけしてしまいました。 余計なことは言ってもらわなくても結構です。 これらの例のように、「世話」の内容、行為は「面倒」と同じで、他の人のために労力なり、知恵なりを使って何らかの行為を行うことです。 世話をしてもらった人は、世話をしてくれ人に対し、感謝することになります。 その感謝されるような行為を「世話」と言います。 面倒をみるの意味 世話をする・尽力する 手入れ・気を配る・守る 担当・後見・後押し・力添え などの意味を持ちますので、ほとんど「世話をする」と同様の意味になります。 相手が楽になれるように取り計らうという意味です。 世話と面倒の使い方 「世話」と「面倒」は、その行為や意味はほとんど同じなのですが、使い方においては重要な違いが出てきます。 「世話」と「面倒」にはニュアンスの差があるからです。 「面倒をみる」の場合 「面倒をみる」は上司や客人に対しては使いません。 「面倒をみる」は「世話をする」と同じで相手が楽になれるように取り計らうという意味は同じなのですが、少し見下した意味を持っているからです。 「部下の面倒をみる」は使っても良いのですが、「上司の面倒をみる」というのは使わない方が良いです。 部下に対して、「面倒見てやるよ」と言うのは不自然さはありませんが、上司に対して、「ご面倒見させていただきます」と言うのはどうも不自然になってしまいます。 「世話をする」の場合 「世話をする」は上司や客人に対しても使えますし、部下に対しても使えます。 「世話をする」は「面倒をみる」と同じで相手が楽になれるように取り計らうという意味は同じなのですが、見下したりはしていないからです。 ただ、上司や客人にたいして使う場合は、「お世話をさせて頂きます」などと丁寧に言った方が良いです。 「世話になっている人」とは 「世話になっている人」と言うのは「世話をした人」の事でしょうかそれとも「世話を受けた人」の事でしょうか。 お歳暮は世話になっている人に送ります、という場合。 この場合は「世話になっている人」は「世話をした人」を意味しています。 Aさんの世話になっている人はたくさんいますね、と話に出る場合。 この場合は「世話になっている人」は「世話を受けた人」を意味しています。 日本語と言うのは難しいものです。 日本人である私たちにとっても難しいですから、外人さんにとってはさぞ難しいでしょう。 同じ「世話になっている人」が、「世話をした人」になったり「世話を受けた人」になったりしてしまいます。 「世話」+「になる」=「世話になる」 この「になる」は助詞と動詞からできている言葉で、補助形式と言われます。 この補助形式を使った言葉として、 ご馳走になる、厄介になるなどと言った言葉もあります。 「世話になっている」というのは、誰かが誰かの世話をしている状態ですが、これだけではその状態は分かりますが、どちらの人を指しているのか分かりません。 これは文脈から判断しなくてはならないのです。 感謝をしなくてはならない人について語る場面であれば、「世話になっている人」は「世話をした人」を示します。 世話をしてくださった方に感謝の意を示しているわけです。 もし、反対にこの感謝しなくてはならない場面において、「世話になっている人」を「世話を受けた人」と解釈すれば意味が通りません。 「世話を受けた人」になぜ感謝しなくてはならないか不自然です。 やはり、世話をした人に対して有難うございましたと感謝するのが当然ですから、この文脈の場合には「世話になっている人」は「世話をした人」と解釈されるわけです。 困っていることに助言をするなど普段尽力をされている方のことに話題が移っている場面において、その尽力されている方の「世話になっている人」という場合は、その「世話になっている人」は「世話を受けた人」と解釈されることになります。 これを逆に「世話をした人」と解釈すればその言葉は意味不明になってしまいます。 また、「Aさんのお世話になっている人」と言う場合もその場面や文脈によって、Aさんは「世話をした人」にもなりますし、「世話を受けた人」にもなります。 たくさんの人や学生がAさんに面倒をみてもらっている話の中ならば、Aさんは「世話をした人」になります。 Aさんの生活が苦しく、多くの人から援助を受けている話の中ならば、Aさんは「世話を受けた人」になります。 この例においては、「お世話になっている人」は、それぞれ「世話を受けた人」と「世話をした人」になります。 感謝の意を込める場合 感謝の意を表したい場合、 「世話」の言葉を使うか、「面倒」の言葉を使うか場合によって使い分ける方が良いでしょう。 一般的に無難なのは「お世話になりました」です。 しかし、大変なトラブルを解決していただいた場合などには、「ご面倒をおかけいたしました」と言うこともできます。 退職時の挨拶などで、部下の人たちに述べる言葉としても、 無難なのは「お世話になりました」です。 しかし、大変なトラブルを一緒に乗り越えてきた場合などには、「ご面倒をおかけいたしました」と言うこともできます。 「面倒」と言う言葉を使う場合の注意すべき点は、話の文脈として、私は皆さん 又は貴殿 のご尽力のおかげで今こうしていることが出来るのです。 有難うございましたと言う感謝の気持ちを十分に表すことです。 そうすれば「面倒」はその尽力を引き立ててくれる言葉になります。 この文脈や感謝の言葉を述べませんと、空々しい「ご面倒をおかけいたしました」になってしまいます。

次の

「お手数をおかけしますが」の正しい使い方|就活マナーを再確認しよう

お世話 かけ ます

「お手数おかけします」の意味と読み方 「お手数おかけします」の意味 「お手数おかけします」は、行動をしてくれる相手に対し、お詫びや感謝の気持ちを表現する言葉です。 「手間や面倒をかけてしまうかもしれませんが、よろしくお願いします」という意味がこもっています。 「手数」は、行動に必要な動作や細工の数、またそれが多くて面倒なことを、「かける」は、あることや物のために労力や時間などを費やすこと、負担をかけることを示しています。 「お手数」の2つの読み方 「お手数おかけします」は「おてすうおかけします」と読まれることが一般的です。 「手数」=「てすう」は訓読みと音読みが混じった変則的な読み方になります。 一方、「お手数」を「おてかず」と読むこともあります。 「手数」だけを抜き取って考えると「てすう」のほかに「てかず」という読み方が存在しており、「手数」単体では訓読みをする「てかず」が本来の読み方になります。 「てかず」は、なにか物事をするための労力や手間、将棋や碁の手の数、ボクシングでの手を出す数を意味します。 基本的には「おてすう」「おてかず」どちらのの読み方をしても問題はありません。 「お手数おかけします」の類語 「ご面倒をおかけします」との違い 「面倒」は、手数がかかる不快なことや煩雑でわずらわしいことを意味しています。 その「面倒」の負担をかけることかけることへのお詫びや感謝を表現する言い方です。 意味としては「お手数おかけします」と同じで、使うシチュエーションも同じです。 「お手を煩わせる」との違い 手を煩わせる、つまりこれは相手に面倒をかけることをへりくだる表現です。 「お手数おかけします」や「ご面倒をおかけします」は、それ単体でお詫びや感謝を伝えることができます。 「お手を煩わせる」は、「お手を煩わせて申し訳ありません」などのように、お詫びの言葉などと組み合わせて使用します。 「お手数おかけします」の使い方 「お手数おかけします」はクッション言葉 お詫びの気持ちや感謝を伝えるだけではありません。 後に続く文章にワンクッション置く、クッション言葉としても使えるのが「お手数おかけします」なのです。 そのほかには「恐縮ですが」や「申し訳ございませんが」などもクッション言葉です。 ビジネス上でクッション言葉を使用すると、表現を少しぼかすことができ、話や取引を円滑に進めることにつながることもあります。 文章としては助詞がある「お手数をおかけします」が正確ですが、口語で使う場合には「を」と「お」がつながり「お手数おかけします」と使われる場合が多いようです。 改まった場面やメールなどの文章では、「お手数をおかけします」と「を」加えるとよいでしょう。 表現のバリエーションとして覚えておきましょう。 「お手数おかけします」は上司にも使える 上司など、目上の人にも使うことができる表現です。 相手に手間や面倒に当たる「手数」をかけさせてしまう場合に使用する尊敬語にあたります。 単純にお願いをする「よろしくお願いします」などの表現だけを使用するよりも、「お手数おかけします。 よろしくお願いします」もしくは「お手数をおかけして申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします」のように1文加えるだけで、より丁寧で好印象を持たれる表現になります。 相手に何かを教えてもらう時や、確認して欲しい時など幅広いシーンで使うことができます。 「お手数おかけします」の例文や返事 「お手数おかけします」を使った例文• お手数をおかけして恐縮ですが、何卒ご容赦のほどよろしくお願いいたします• お手数をおかけしますが、ご確認いただけますでしょうか• お手数おかけしてすみません(申し訳ありません)• 私用なお願い事で、何かとお手数おかけしました• お忙しいところ、お手数おかけします 「お手数おかけします」だけでも感謝や詫びの気持ちは伝わりますが、さらに「申し訳ありません」や「恐縮です」と言った詫びの意味を持った言葉をつなげて表現することがあります。 ビジネス上で何かと使用する「お手数おかけします」の表現を、いくつか覚えておくと表現の幅が広がるので便利です。 「お手数おかけします」への返事 相手に「お手数おかけします」と言われた場合はどのように返事をすれば良いでしょう。 大丈夫ですよ。 いつでもおっしゃってください。 構いません。 気にしないでください。 どういたしまして。 滅相もないことです。 とんでもございません。 相手は、手数をかけたことに対してお詫びの気持ちを持って「お手数おかけしました」と言ってきているので、その気持ちを打ち消す内容の返事をするようにしましょう。 立場的に対等な相手であれば、どの表現を使っても良いのですが、目上の人には「とんでもございません」「滅相もないことです」などが好ましいでしょう。 まとめ 「お手数おかけします」「お手数をおかけしますが」は、相手への気遣いを感じさせる表現です。 ビジネスシーンはもちろんのこと、あらゆるシーンで使われます。 場面や相手に応じたやりとりを上手にこなすことで、マナーのきちんとした常識のある人物だという印象を相手に与えることができます。 ぜひマスターしておきましょう。

次の

「お手数をおかけしますが」の正しい使い方|就活マナーを再確認しよう

お世話 かけ ます

「お世話になりました」の意味 「お世話」の意味は「手間をかける」 「お世話になりました」の「世話」にはさまざまな意味がありますが、その中でも「お世話になりました」という表現に使われているのは、主に二つの意味です。 面倒をみること• 手間がかかり、やっかいなこと 日常会話で「お世話になりました」という場合は、1の意味で使われています。 一方、ビジネスシーンでよく使われる「お世話になりました」には2の意味が使われています。 加えて、丁寧語を使って感謝の気持ちを表しているので、「お世話になりました」とは、「手間がかかる厄介なことをしてもらった」という意味に加えて、感謝の気持ちも含んでいます。 目上の人にも使える 「お世話になりました」は丁寧な表現ですので、目上の人や上司にも使うことができるフレーズです。 初めて会う人や初めて送るメールには違和感 常套句になっているため「お世話になっております」とメールの書き出しに使うことがありますが、初めてメールを送る相手や初めて会う人にこの表現は違和感があります。 状況別!「お世話になりました」の使い方 ビジネスでもよく使われる「お世話になりました」の実用例を集めてみました。 形式的なあいさつに 「お世話になりました」はビジネスシーンでは常套句のようになっていますので、相手への感謝など深く意味を考えずに、別れのあいさつとして使うことができます。 「大変お世話になりました」• 「お引き立ていただきまして心より感謝しております」 また上記の例のように感謝の気持ちを強めた表現を使えば、相手により丁寧な印象を与えることになるので、目上の人に対しておすすめの表現と言えるでしょう。 顧客に向かって使う場合 以前取引きのあった顧客や取引先相手には、次のような言い回しがあります。 「その節はお世話になりました」 その言い換え表現としては、次の通りです。 「その節はご愛顧いただきましてありがとうございます」• 「お引き立ていただき誠に感謝しております」 電話の場合 「お世話になっています」や「いつもお世話になっています」は、顧客相手の電話に限らず社内電話にもあいさつの代わりとしてよく使われます。 電話口で自分の氏名を名乗る前後にこのフレーズを使うのが一般的です。 メールや手紙の場合 日ごろからお世話になっている上司や目上の人に送るメールや手紙にも「お世話になりました」のフレーズは使えます。 毎日のように会う相手になら、「いつもお世話になっています」というフレーズからメールや手紙を書き始めてもいいですし、なにか世話をかけたような内容のメールや手紙の文末に「大変お世話になりました」と記せば相手への感謝の気持ちが伝えられるでしょう。 「お世話になりました」の類語表現と使い方 「お世話になります」の使い方 これも「お世話になりました」の語尾を変化をさせていて、将来を見越した表現です。 まだ相手の世話になってはいないが、これから世話になる場合に使う表現です。 ただ現実的には、すでに相手に世話がかかっている状態でも使われているフレーズで、いつ世話になるのかという境界線はあいまいになっています。 「お世話になっております」の使い方 「お世話になりました」の語尾を「なっております」と変えることで、すでに相手に世話をかけている場合に使えます。 「お世話になりますが、どうぞよろしくお願いします」の使い方 これから世話をかけることがはっきりわかっている場合に使われます。 たとえば新しく契約の取れた取引先や、新しい部署に配置された先などに使えるフレーズです。 「お世話になり、ありがとうございました」の使い方 「お世話になりました」というフレーズにはすでに感謝の気持ちは含まれているのですが、感謝の気持ちを強調したい場合には、このように言うことができます。 「お世話様です」の使い方 「お世話様です」は「お世話になっております」と同じ意味を含む表現ですが、「お世話様です」の方が意味が広く「ご苦労様です」という意図で使われることもあります。 そのため、目上の人には「お世話になっております」という表現を使うと、失礼と感じられてしまうこともあるかもしれません。 ビジネスでは「お世話になっております」を使うとよいでしょう。 「お世話になりました」の英語表現 日本語の「お世話になりました」は英語に直訳しにくい表現です。 「お世話になりました」の意味から、「お世話をしてくれてどうもありがとう」という言い方に変えて、英語に置き換えることができます。 まとめ 特に迷惑をかけた相手でなくても使われる「お世話になっています」や「お世話になりました」というフレーズは、お互いが常に持ちつ持たれつの関係であるために、感謝する気持ちが含まれています。 ビジネスシーンでは欠かせない表現ですから、世話になっている上司や目上の人、また取引先などでも積極的に使ってみましょう。

次の